連載
» 2012年05月11日 11時00分 公開

Androidアプリ開発におけるTweenアニメーションAndroidアプリケーション開発者のためのTips集(13)(1/2 ページ)

Androidアプリ開発者のためのTips集。今回は、Androidアプリケーション開発におけるアニメーションについて紹介する。まずは、Tweenアニメーションの基本を学ぼう。

Android Tips

Tips概要と動作検証環境

用途 便利
カテゴリ 部品外見
レベル 中級
動作確認環境 Android 2.3.1(GingerBread) エミュレータにて動作確認
備考 今回のTipsは上記環境で動作確認・検証を行っています


Tips 13:Androidアプリ開発におけるTweenアニメーション

 基本通りに開発したシンプルなアプリケーションは、どうしても味気のないものになりがちだ――。

 そんなとき、ちょっとしたアニメーションを加えることで見栄えがグッと良くなる。今回は、Androidアプリケーション開発におけるアニメーションの基本について紹介する。

Androidのアニメーション

 Androidには、「Tweenアニメーション」と「Frameアニメーション」の2種類のアニメーションが用意されている。

 Tweenアニメーションは、移動・拡大縮小(拡縮)・回転・透過などを組み合わせてビューをアニメーションさせるものだ。そして、もう一方のFrameアニメーションは、パラパラ漫画やアニメーションGIFのように画像を切り替えることでアニメーションを実現するものだ。

 今回は、前者のTweenアニメーションについて紹介する。

Tweenアニメーションの基本

 Tweenアニメーションは、ビューの“見た目上(補足)”の位置や大きさを時系列に沿って変化させることでアニメーションを表現する。

 用途はいろいろと考えられるが、例えばTextViewに文字情報を表示する際、パッと文字を表示させるのではなく、じわりと浮き上がらせたり、ビューごと画面の外側から登場させたり、さらにそれらを組み合わせたりといった演出が可能である。

※補足:“見た目上”というのがポイント。実は、ビューの実際の位置や大きさは変わらない。


 Tweenアニメーションで見た目を変化させることができる要素は、以下の4つである。

  • AlphaAnimation(透過性を変化させる)
  • RotateAnimation(角度を変化させる)
  • ScaleAnimation(大きさを変化させる)
  • TranslateAnimation(位置を変化させる)

 どのアニメーションも「開始時の値」「終了時の値」「何ミリ秒かけて変化させるか」といった項目を設定する必要がある。また、上記4つのアニメーションを任意に組み合わせ、利用するためのクラス(AnimationSet)が用意されている。

 それでは、具体例として「じわりと浮き上がる」「画面の外側から現れる」という2つのアニメーションを見てみよう。

透過アニメーションの例

 透過率を変化させるアニメーションには、AlphaAnimationクラスを使用する。以下にそのサンプルを示す。

例:透過アニメーション

    // 透過アニメーションの例
    void alphaAnimationTest( View v ){
        AlphaAnimation alpha = new AlphaAnimation(
                0.0f,  // 開始時の透明度(0は完全に透過)
                1.0f); // 終了時の透明度(1は全く透過しない)
 
        // 3秒かけてアニメーションする
        alpha.setDuration( 3000 );
 
        // アニメーション終了時の表示状態を維持する
        alpha.setFillEnabled(true);
        alpha.setFillAfter  (true);
 
        // アニメーションを開始
        v.startAnimation(alpha);
    }


 前述の通り、「開始時の値(透過率)」「終了時の値(透過率)」「何ミリ秒かけて変化するか」の3つのパラメータを設定している。さらにここでは、「setFillEnabled()」「setFillAfter()」という2つのメソッドを使用している。これらはコメントにある通り、アニメーション終了時の表示状態を維持するための記述だ。

 今回は、透過状態からビュー本来の透過率に戻して終了するアニメーションなのであまり意味はないが、例えば、透過していない状態から完全に透明になって、その状態のまま終了するようなアニメーションの場合は、終了時の状態(完全に透明になった状態)を保持するために記述しなければならない。つまり、setFillEnabled()とsetFillAfter()の記述がない場合は、アニメーションが終了すると開始前の見た目に戻る(終了時の状態は保持されない)ということだ。

画像とテキストがじわりと浮かび上がる(1)画像とテキストがじわりと浮かび上がる(2) 画像1、画像2 画像とテキストがじわりと浮かび上がる

移動アニメーションの例

 移動を伴うアニメーションには、TranslateAnimationクラスを使用する。なお、先ほどの透過アニメーションの場合と比べて大きな違いはないので、以下にサンプルと実行例のみを記載する。

例:移動アニメーション

    // 移動アニメーションの例
    void transAnimationTest( View v ){
        TranslateAnimation trans = new TranslateAnimation(
                // 自分の幅の2倍左の位置から開始
                Animation.RELATIVE_TO_SELF, 2,
                // 自分の幅の5倍左の位置(元の位置)で終了
                Animation.RELATIVE_TO_SELF, 0,
                // 縦には移動しない
                Animation.RELATIVE_TO_SELF, 0,
                Animation.RELATIVE_TO_SELF, 0);
 
        // 2秒かけてアニメーションする
        trans.setDuration( 2000 );
 
        // アニメーション終了時の表示状態を維持する
        trans.setFillEnabled(true);
        trans.setFillAfter  (true);
 
        // アニメーションを開始
        v.startAnimation(trans);
    }


画像とテキストが画面の右側から現れる(1)画像とテキストが画面の右側から現れる(2) 画像3、画像4 画像とテキストが画面の右側から現れる

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.