シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜

連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(7):

連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第7回では、活用カテゴリーの「活用場面」に着目する。

[工藤啓治, MONOist] ()
シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(6):

連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第6回では、技術カテゴリーの中で「モデルと計算」とペアになる「ノウハウ活用」に着目する。

[工藤啓治/ダッソー・システムズ, MONOist] ()
シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(5):

連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。連載第5回からは、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。まずは技術カテゴリーの「モデルと計算」に着目する。

[工藤啓治/ダッソー・システムズ, MONOist] ()
シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(4):

連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。連載第4回では、Simulation Governance診断の質問リストを公開するとともに、診断の最新データについて紹介する。

[工藤啓治/ダッソー・システムズ, MONOist] ()
シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(3):

連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。連載第3回は、40項目からなるSimulation Governanceの構成要素を紹介するとともに、実現レベルを自己診断するための仕組みを取り上げる。

[工藤啓治/ダッソー・システムズ, MONOist] ()
シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(2):

連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。連載第2回は「Simulation Governanceの全体像を俯瞰する」と題し、この大きなテーマの姿を大局的に眺めてみる。

[工藤啓治/ダッソー・システムズ, MONOist] ()
シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(1):

連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。連載第1回は、CAE活用レベルのデジタル化3段階の解説と、Simulation Governanceという用語の成り立ちを紹介する。

[工藤啓治/ダッソー・システムズ, MONOist] ()