「単体テスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「単体テスト」に関する情報が集まったページです。

テストアプローチの基礎を築くには:
ポジティブテストとネガティブテストの違い
TechTargetは「ポジティブテストとネガティブテストの違い」に関する記事を公開した。ポジティブテストとネガティブテストについて詳しく述べ、一連の実例を用いて、両テストによって徹底したテストアプローチの基礎を築く方法を確認する。(2024/6/7)

コンテナ化はCI/CDの導入を、CI/CDはオブザーバビリティの導入を楽にする:
「オンプレミスを踏襲したAWS活用」から「クラウドネイティブ」へ 1日10回のリリースを可能にさせた「NewsPicks」のアーキテクチャ改善ステップ
「@IT Cloud Native Week 2024 冬」の基調講演に、ユーザベース NewsPicks事業 SRE Unit Leaderの安藤裕紀氏が登壇。AWSを利用しながらもオンプレミスを踏襲した構成となっていた同社で、クラウドネイティブなアーキテクチャへの改善の取り組みと、その過程で得られた知見を紹介した。(2024/6/6)

Python、JavaScript、Java、Go、C++、Rustなど主要なプログラミング言語に対応:
IBM、生成AIモデル「Granite」ファミリーをオープンソース化 116のプログラミング言語に対応するモデルを公開
IBMは、同社が開発した生成AIモデル「Granite」において、Granite CodeモデルとGranite Code Instructモデルの2つをオープンソース化した。コード生成、バグ修正、コードの説明など、さまざまなプログラミングタスクに特化したモデルだという。(2024/5/28)

OCIのLLMを利用、Java、SQLおよびアプリケーション開発向けに最適化:
Oracle、社内用AIコーディングコンパニオン「Oracle Code Assist」を社外にも提供する計画を発表
Oracleは、社内で使用しているAIコーディングコンパニオン「Oracle Code Assist」を社外にも提供する計画を発表した。(2024/5/14)

生成AI×開発の可能性
住友ゴムは“生成AI”「Gemini」をなぜ選択し、開発をどう変えたのか?
住友ゴムの開発部門は、生成AIツールを活用して開発業務における課題解決を図った。「Gemini」を選定した理由や活用方法、今後の展望について解説する。(2024/3/28)

車載ソフトウェア:
新車開発期間を2年短縮、Armの最新IPをバーチャル試作で利用可能に
Armは自動車開発向けのバーチャルプラットフォームを発表した。同社のAutomotive EnhancedプロセッサのIPを使用したバーチャルプロトタイピングにより、半導体の生産を待つことなくソフトウェア開発に着手できる。開発期間は最大で2年短縮可能だという。(2024/3/15)

製造IT導入事例:
性能予測プロセスにはびこる古い自動化ソフト 住友ゴムは生成AI導入で変革目指す
Google Cloudは2024年3月7日、同社が展開する企業向け生成AIサービスの活用などを発表するイベント「Google Generative AI Summit Tokyo」を開催した。本稿では住友ゴム工業 研究開発本部 研究第一部長の角田雅也氏による、「製造業における生成AIを使った業務効率化への取り組み」と題した講演を取り上げる。(2024/3/11)

失敗しないセキュアコーディング【後編】
安全なコードを書いただけでは「セキュアコーディング」にならないのはなぜ?
ソフトウェア開発ライフサイクルにおいて、リスクを削減、管理するために「セキュアコーディング」に取り組むことは重要だが、その方法を誤解してはいけない。コーディング以外にも注意すべきこととは。(2024/3/6)

「AI/Automation for System Engineers」ライブ配信セミナー基調講演レポート:
AIを“敵”ではなく“相棒”にするための基礎知識
AIはエンジニアから仕事を奪うのか?――生成AIへの期待値の高まりとともに、改めてAIとの向き合い方が問われている。仕事でAIを使うことが当たり前になる時代に、エンジニアはどう振る舞うべきか。@ITが開催したセミナーからそのヒントを探る。(2024/2/27)

必要なのは「戦略」:
単体テストで終わってない? 重要度が高まるAPIテスト、その始め方について解説
TechTargetは、「APIの機能テスト」に関する記事を公開した。APIの信頼性をテストすることは、全てのチームにとって重要なタスクだ。(2024/2/15)

生成AIを生かすIT戦略
Gartnerが提唱 「生成AI」導入を成功させる“CIOの行動”とは?
近年急速に普及する生成AIは、ビジネスにチャンスとリスクの両方をもたらす。CIOが生成AIの活用を成功させるために取るべき行動とは。3つの視点から解説する。(2024/1/22)

ITエンジニアが投票した「ITエンジニア本大賞2024」発表 単体テストの考え方/AWS運用ノウハウ/ プロジェクトマネジメントの基本が全部わかる、など
ITエンジニアが投票によって技術書やビジネス書を選ぶ「ITエンジニア本大賞 2024」の結果が発表された。(2024/1/17)

「GitHub Copilot Chat」、すべてのGitHub Copilotユーザーが利用可能に
GitHubは、「GPT-4」ベースの開発者向けチャットボット「GitHub Copilot Chat」をすべてのGitHub Copilotユーザーに追加料金なしで利用可能にした。7月に企業ユーザー向けに提供開始し、9月には個人ユーザー向けパブリックβになっていた。(2023/12/30)

「ID情報をマスクする」「アクセス許可の原則に従う」など:
FinTechでも現実に近いデータでテストしたい――データへのアクセスとセキュリティのバランスを取る方法6選
ソフトウェアテストでは実データの利用が役に立つとしても、実データのセキュリティとプライバシーを侵害しないよう注意しなければならない。本稿では、FinTechのソフトウェアテストを行う場合に中核とすべき6つの方針について説明する。(2023/12/28)

「AI使用した開発体制は2〜5年以内に主流に」:
2027年までに企業の50%が機械学習を使ったコーディングツールを使用 Gartnerがハイプサイクルを公開
Gartnerは、先進テクノロジーに関する最新のハイプ・サイクルを示した「Hype Cycle for Software Engineering 2023」を発表した。AIを活用した変革的なテクノロジーは、2〜5年以内に主流になり、2027年までに企業のソフトウェアエンジニアの50%が機械学習を利用したコーディングツールを使用すると予測している。(2023/12/22)

プログラミング支援AIサービスが主要各社から出そろう 各サービスのまとめ GitHub/AWS/Google/GitLab/JetBrains
AIがプログラミングを支援してくれるサービスが主要各社から出そろった。改めて主要各社のプログラミング支援AIサービスをまとめる。(2023/12/18)

組み込み開発ニュース:
マスワークスがテスト/解析機能を拡充、故障注入の前倒しと動的テストが可能に
マスワークスのモデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」は半年に1回のアップデートを行うことで知られている。2023年9月発表の「R2023b」ではテスト/解析関連の機能を大幅に拡充した。(2023/12/12)

“開発者の2つ目の頭脳”をうたう「GitHub Copilot Workspace」も発表:
GitHub、「GitHub Copilot Chat」を2023年12月に一般提供開始 教師、学生、人気オープンソースプロジェクトの管理者なら無料
GitHubは生成AIを活用したGitHub Copilot Chatの一般提供を2023年12月に開始すると発表した。(2023/11/28)

システムテストや統合テストとどう違うのか:
DevOpsチームとQAチームが注目 CIとCDの間にある「CT」とは
CI/CDはアプリケーションの開発とリリース、改善のサイクルを高速化する。この「開発すること」と「リリースすること」の間には「品質を保つこと」という重要な要素が隠れている。本稿は、品質を高く保つために有効な「継続的テスト」(CT)について解説する。(2023/11/20)

「好みのIDEで良い体験をしてほしい」:
Oracle、Visual Studio CodeでJava開発環境を構築できる拡張機能を提供開始
Oracleは、Visual Studio CodeでJava開発を支援する拡張機能「Oracle Java Platform Extension for Visual Studio Code」の一般提供を開始した。(2023/11/7)

「GitHub Copilot Chatを使うとコードレビューが15%速くなる」:
GitHub Copilotで85%の開発者がコード品質に自信を深める、GitHubが調査
GitHubは、GitHub Copilot Chatに関する調査結果を発表した。同社によると、GitHub Copilot ChatとGitHub Copilotを使ってコードを作成することで、85%の開発者がコードの品質に自信が持てるようになったと感じているという。(2023/11/1)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(1):
RustでWebアプリの実装にチャレンジしてみよう【準備編】
Rustを使った「Webアプリ」の開発はどのようなものになるのでしょうか? 本連載のスタートとなる今回は、アプリ開発の下準備として、Rustの現状を踏まえた連載の目的を紹介し、Webアプリ開発環境の構築を通じて、Rustのプロジェクト管理の基本をおさらいします。(2023/10/20)

ソリューションエクスプローラやテストエクスプローラ、AI支援でC#開発体験が向上:
Microsoft、Visual Studio CodeでC#開発環境を構築できる「C# Dev Kit」拡張機能を提供開始
Microsoftは、Visual Studio Codeの拡張機能「C# Dev Kit」の一般提供を開始した。(2023/10/10)

開発や運用における「生成AI」の実力【第2回】
“生成AIが仕事を奪う”なんて話より大事な「IaC」や「SRE」に何が起きるのか
人間の仕事は生成AIに置き換わるのではないかという懸念が広がっている。生成AIは開発者や運用担当者の仕事をどう変える可能性があるのか。(2023/9/29)

ChatGPTでソフトウェアテストはどう変わるか【前編】
ChatGPTを「ソフトウェアテスト」に使いたくなるのはなぜ? 経験者に聞いた
OpenAIの生成AIツール「ChatGPT」をソフトウェアテストに活用する動きがある。具体的にどのように役立つのか。専門家の見解や、実際にChatGPTをソフトウェアテストに生かす経験者の声を紹介する。(2023/9/15)

開発チームは「単体テスト」と「結合テスト」のどちらに時間を割くべきか:
なぜソフトウェア開発者はテストのスキルを身に付ける必要があるのか
ソフトウェアの機能に対する要求が日々変わる中で、開発者がテストスキルを学ぶ必要性はこれまで以上に強いものとなっている。(2023/9/5)

Duet AIが多くのGoogle Cloudサービスで利用可能に:
Google Cloudが発表した開発者向けソリューション、機能の新展開をまとめてチェック コーディング、運用支援など
Google Cloudは、ソフトウェア開発者を支援するGoogle Cloudのソリューション、サービス、機能の新展開を発表した。(2023/9/1)

どう作るか、どう活用するか:
アジャイル環境で必須 ビジネス要件定義書(BRD)を作成する際のポイント
アジャイルソフトウェアチームが仕事を行う際には、厳密なプロセスや厳格な監理委員会を設けるべきではない。それでも、ビジネス要件定義書は、チームの中心に据える必要がある。本稿では、そのビジネス要件定義書について考える。(2023/8/30)

コードカバレッジの向上に成功:
Google、OSS向けファジングサービス「OSS-Fuzz」をLLMで改善
Googleは、同社の大規模言語モデルを利用して、オープンソースソフトウェア向けファジングサービス「OSS-Fuzz」の対象プロジェクトのコードカバレッジを高めることに成功した。(2023/8/23)

「Copilot Chatのメリットは気が散らないことだが、使用に懸念も」:
「生成AIがコーディングを助けてくれるのはいいこと、でも不安は残る」 GitHub Copilot Chatをめぐる開発者の率直な意見
GitHub Copilot Chatのパブリックβ版ではVisual Studioにチャットアシスタントを組み込んでいる。便利な半面、一部の開発者にはAIに関する懸念が残る。(2023/8/22)

便利だが攻撃者による悪用の可能性も:
Pythonにおけるimportの危険性とは 全ての運用関係者が知っておくべきPython特有のセキュリティリスク
Pythonのimportステートメントには、開発者や企業が注意する必要があるセキュリティリスクが伴う。これがどのように機能するのか、そしてなぜ簡単な解決策がないのかを解説する。(2023/8/12)

UI強化、「postDebugTask」のサポートなど:
VS CodeのJava開発者向けアップデートで、コード補完パフォーマンスが高速化
Microsoftは、VS CodeにおけるJava関連のアップデート内容を発表した。アップデート内容には、コード補完のパフォーマンス向上やUIの強化などが含まれている。(2023/7/20)

「GitHub Copilot」をテーマに:
ソフトウェア開発者向け生成AI利用のベストプラクティス、GitHubが解説
GitHubは、ソフトウェア開発者が生成AIを効果的に利用するためのベストプラクティスを同社が提供するコーディングアシスタントツールである「GitHub Copilot」をテーマに解説した。(2023/7/11)

より高速にテストを実行可能に:
Microsoft、「Visual Studio Code」向けPython拡張機能の「June 2023」リリースを公開
Microsoftは、「Visual Studio Code」向けPython拡張機能の「June 2023」リリースを公開した。主な強化点は、単体テストやテストフレームワークのアーキテクチャ再設計、オーバーロード演算子のIntelliSenseサポート、Pylance拡張機能におけるインデックスファイル制限の追加だ。(2023/6/28)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
経営戦略とIT戦略はビジネスをドライブする両輪であり車軸となるのがDX戦略――モリタ 取締役 岡本智浩氏
独創的な商品開発を、国内のみならず海外へも輸出することでグローバルに事業を展開。歯科医療の現場に高品質な商品・サービスを提供するモリタ。革新を生み出し、持続的な成長を実現するために積極的に取り組む同社のDX戦略とは。(2023/6/20)

検証不足:
なぜマイナカードでトラブルが起きているのか 原因は5つ
マイナカードに関連するトラブルが頻発している。その多くは、きちんと事前に検証しておけばこんな大事にならなかったのに、と思われる問題ばかりだ。(2023/6/15)

組織の文化をおハックするのよ:
お悩みその8 複雑怪奇なシステムばかり立ち上がる(36歳 男性 SE)
タイパ良くお答えしますわね♪(2023/5/29)

山浦恒央の“くみこみ”な話(165):
業務効率化の道具箱(12)VBSなら面倒な環境構築なしで自作ツールを作れる
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第12回は、Windowsであれば面倒な環境構築なしで使えるVBSのプログラム記述方法を紹介する。(2023/5/18)

顕在化していない課題も:
「レガシーコードの解析」「単体テストの生成」はAIにお任せ KPMGがジェネレーティブAI活用に関する提言を発表
KPMGは、ジェネレーティブAIに関する提言を発表した。それによると、ジェネレーティブAIを開発支援ツールとして採用しようとしている開発者は多く、「課題やリスクはあるものの今すぐにでも検証を開始すべきだ」としている。(2023/4/26)

組み込み開発ニュース:
C/C++言語の新たなコーディング規約に完全対応したテストツールを販売開始
テクマトリックスは、C言語/C++言語のコーディング標準に対応したテストツール「C++test 2022.2」の販売を開始した。(2023/3/24)

一から分かる! テスト自動化(終):
UIテスト自動化の流れをおさらい 導入から運用までのライフサイクルを振り返ろう
テスト自動化に取り組みたいけれどノウハウがない、過去に導入していたがうまくいかなくてやめた人に向けて、テスト自動化の「あるある」な失敗事例とともにどうすればうまく取り入れられるのかを解説する本連載。最終回はテスト自動化のライフサイクルについて。(2023/3/24)

DX 365 Life(4):
ローコードが生み出すのは"ごみアプリ"か? それとも"イノベーション"か? Microsoftのローコード(Power Platform編)
企業がDXを成功させるために、"内製化"は重要なテーマです。「何から始めるべきなのか」「どのように取り組むべきなのか」が分からない人には、「Microsoft Power Platform」がヒントをくれるかもしれません。(2023/3/17)

マウスの「DAIV」が進化! 新たな領域にダイブしたデスクトップPC「DAIV DD-I9G90」を試す
マウスコンピューターのクリエイター向けブランド「DAIV」シリーズに、新デザインのボディー採用のタワー型ハイエンドモデルが登場した。新モデルは、どこが変わって何が継承されたのか。実機を使って細かくチェックした。(2023/1/24)

IaC、シフトレフト、コンウェイの法則をキーワードに:
DevOpsにおける3つのアンチパターンと対処法とは
GitHubは公式ブログで、DevOpsのよくあるアンチパターンとして「活動を広く展開できないチーム体制」「不十分なシフトレフト」「ツールの進化に組織が追い付いていない」の3つを取り上げ、どうそれらを克服すればよいのかを解説した。(2023/1/24)

iOSエンジニアというロールが“爆誕”した日:
エンジニアよ、「キャリアラダー」を駆け登れ!!
2次元のキャリアパスを歩んでいても、想定内の未来しか見えない。エンジニアとして限界突破するために必要なもの。それは、3次元のキャリア構築だ。(2022/12/21)

山浦恒央の“くみこみ”な話(159):
業務効率化の道具箱(6)Google Testを使ってみよう【その2】
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第6回は、前回導入した「Google Test」の使い方と、「アサーション」「パス・カバレッジ」によるテストの方法を紹介する。(2022/11/28)

Cloud Nativeチートシート(22):
クラウドネイティブセキュリティ知らんけど、という人必見!コンテナ/Kubernetesセキュリティツールカタログ
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、開発から運用まで、コンテナ/Kubernetesのセキュリティを強化するツールをカタログで紹介します。(2022/11/22)

CEATEC 2022:
アルプスアルパインが自社製CI/CD開発環境を披露、カーナビ開発などで活用
アルプスアルパインは、「CEATEC 2022」において、カーナビゲーションシステムやディスプレイオーディオなどの自社製品の開発で活用しているソフトウェア開発環境「ACiDS(AlpsAlpine Continuous integration and Deployment Suite)」を出展した。(2022/11/7)

山浦恒央の“くみこみ”な話(158):
業務効率化の道具箱(5)Google Testを使ってみよう【その1】
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第5回は、単体テストで役立つフリーのツールである「Google Test」と「gcov/lcov」を紹介する。(2022/10/20)

非英語話者のサポート、辞書作成、コードテストなど:
AIペアプログラミング「GitHub Copilot」を試したくなる! 8つの便利な利用法がこれだ
GitHubはAIペアプログラミングツール「GitHub Copilot」の楽しく有益な8つのユースケースを紹介した。コードのテストに役立てることはもちろん、不慣れなプログラミング言語を慣れ親しんだプログラミング言語に翻訳するといった使い方もできるという。(2022/9/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。