• 関連の記事

「チタン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チタン」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

高電流密度対応で効率的に水素製造:
3Dプリンターを用いて2層構造のチタン製水電解電極を開発
三菱マテリアル(MMC)と横浜国立大学は、3Dプリンター技術を用いて「2層構造のチタン製水電解電極」を開発した。これを活用すると高電流密度の条件下でも、水素を効率よく製造することが可能となる。(2024/2/6)

Sペン×AIの新フラグシップ「Galaxy S24 Ultra」登場 シリーズ初のチタンフレーム採用
Samsung Electronicsが、フラグシップスマートフォン「Galaxy S24シリーズ」を発表した。最上位モデルである「Galaxy S24 Ultra」は、シリーズとしては初めてチタン素材のフレームを採用したことが特徴だ。【更新】(2024/1/18)

材料技術:
骨に近いしなやかさを持つチタン合金を国内メーカーで初めて量産化
大同特殊鋼は、人工骨などに利用される生体用低弾性率チタン合金Ti-15Moを国内メーカーで初めて量産化した。骨に近いしなやかさを持つことから、体内に埋め込んだ際、治癒の早期化が期待できる。(2023/11/7)

微量の不純物添加で性能を最大化:
次世代蓄電池の負極材料に「酸化チタン」を適用
鳥取大学の研究グループは、化粧品などに用いられている「酸化チタン」を改良すれば、次世代蓄電池の負極材料に適用できることを確認した。(2023/10/17)

「ほぼ裸」をうたうiPhone 15向けミニマルバンパーケース「Arc」発売
ロア・インターナショナルは、バンパーケース「Arc」のiPhone 15シリーズ用を予約販売開始。全モデルで展開し、新色のチタングレーとディープブルーを含めた全5カラーを提供する。(2023/10/12)

iPhone 15 Proのチタンが汚れたらどうすべき? Appleがクリーニング方法を解説
Appleは「iPhone のお手入れをする」と題したWebサイトを更新。「iPhone 15 Pro/15 Pro Max」のクリーニング方法について説明する文言を加えた。チタン合金が変色する……の真相とは?(2023/10/3)

電流中のスピンをほぼ平行にそろえる:
スピン偏極率が約95%の「キラルTiS2」を合成
京都大学は、層状化合物である「二硫化チタン(TiS2)」の層間に、「キラル分子」を挿入した物質「キラルTiS2」を開発した。この物質に電流を流すと、電流中のスピンがほぼ平行にそろうことが分かった。(2023/9/29)

「iPhone 15 Pro Max」レビュー:これまでにない軽さ、Maxだけの“5倍ズームカメラ”も試す
iPhone 15シリーズ最上位モデル「iPhone 15 Pro Max」を実際に使ってみた。チタンフレームを採用したことで軽くなり、これまでMaxを敬遠していた人にも勧めやすい。光学5倍ズームに対応したカメラもMaxならでは。実際に撮影してみた。(2023/9/26)

iPhone 15シリーズ、どのモデルを選ぶ? ITmedia Mobile編集部の場合
iPhone 15シリーズではUSB Type-C対応やチタニウムが話題を集めていますが、買いのポイントはどこにあるのでしょうか。ITmedia Mobile編集部のスタッフが選ぶモデルを紹介。最終的には実物を見て選ぶことをオススメします。(2023/9/24)

iPhone 15 Proのチタンが「変色する」はデマ? 実機画像がX(旧Twitter)で話題
iPhone 15 Pro/iPhone 15 Pro Maxのフレームに使われる素材について、X(旧Twitter)では「変色する」との投稿が注目を集めている。まずは素材のチタン合金(グレード5)の特性をチェックしたい。変色する、とされる要因が何かを考えてみたい。(2023/9/16)

「iPhone 15 Pro/Pro Max」はチタン素材のおかげで保護ケースが不要に? 実際のところを冷静に考えてみた
「iPhone 15 Pro/15 Pro Max」は、軽さと頑丈さを兼ね備えたチタニウム素材をボディーに採用している。頑丈そうなイメージがあり、もしかしたら保護ケースなしで使えるかも……実際はどうだろうか?(2023/9/13)

「iPhone 15 Pro」発表 USB-C(10Gbps)採用、チタニウムでPro最軽量に Pro Maxは「5倍ズーム」
米Appleは9月12日(現地時間)、新型スマートフォン「iPhone 15 Pro」「iPhone 15 Pro Max」を発表した。USB-Cを採用したほか、新型チップ「A17 Pro」、Proシリーズ初のチタニウムボディを採用した。(2023/9/13)

「iPhone 15 Pro/15 Pro Max」発表 USB-C採用、チタニウム素材で軽量小型化、アクションボタン搭載
AppleがProシリーズの新モデル「iPhone 15 Pro」「iPhone 15 Pro Max」を発表した。(2023/9/13)

交互積層プロセス技術を開発:
産総研、MLCC内部の誘電層と電極層を薄層化
産業技術総合研究所(産総研)は、誘電層に用いるチタン酸バリウム(BTO)の立方体単結晶(ナノキューブ)単層膜と、電極層として用いる多層グラフェン膜を、交互に積層するプロセス技術を開発した。積層セラミックコンデンサー(MLCC)内部の誘電層と電極層を大幅に薄層化できるという。(2023/9/5)

「MFマテリアル」:
村田製作所ら、チタン酸バリウム製造の新会社を設立
村田製作所、石原産業および富士チタン工業は、共同出資により、チタン酸バリウムの製造と販売を行う新会社「MFマテリアル」を設立した。2027年には、新工場の稼働を予定している。(2023/9/4)

チタン合金フレームも:
iPhone 15向け新型CISに供給不足の懸念、TrendForce
台湾の市場調査会社TrendForceによると、2023年秋の発売が見込まれるAppleの「iPhone 15」および「iPhone 15 Plus」で採用予定のソニー製新型CMOSイメージセンサー(CIS)および、チタン合金フレームの供給不足が懸念されているという。(2023/7/25)

次世代MRAMやAI素子に応用:
界面の電気的スピン変換技術を用い磁化を制御
九州工業大学を中心とした研究グループは、チタン酸ストロンチウム(SrTiO3)薄膜と窒化アルミニウム(AlN)薄膜の接合界面における電気的スピン変換技術を用い、磁化の制御が可能なことを明らかにした。(2023/7/14)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ゲーミングスマホ「REDMAGIC 8 Pro」、海外では日本にはない印象的なカラーを追加
nubiaのREDMAGICシリーズのうち、最新モデルの「REDMAGIC 8 Pro」が日本で販売されています。海外ではチタンカラーのシルバーモデル「Titanium」が追加されました。こちらも透明ボディーですが、イメージはブラックのVoidモデルとは大きく異なります。(2023/6/12)

研究開発の最前線:
偶然の出会いから紫綬褒章へ、東大の岡部教授が語るチタン製錬への思い
令和5年春の紫綬褒章受章が決定した東京大学 生産技術研究所 教授 岡部徹氏に、紫綬褒章受章への思いやレアメタルの研究を開始した経緯、現在注力している研究、今後の展開について聞いた。(2023/5/29)

低い熱伝導率と高い電気出力を両立:
水素を活用、酸化物熱電材料の熱電変換効率を向上
東京工業大学は、チタン酸ストロンチウムの多結晶体に水素を取り込むことで、「低い熱伝導率」と「高い電気出力」を同時に実現し、熱電変換効率を高めることに成功した。(2023/4/21)

工場ニュース:
チタン酸バリウム製造の八幡原工場に新材料棟、積層セラミックコンデンサー向け
太陽誘電が群馬県高崎市の八幡原工場に建設していた、材料棟が完成した。積層セラミックコンデンサーの原材料となる、チタン酸バリウムを製造する。(2023/3/14)

積層セラコンの生産強化:
太陽誘電、チタン酸バリウムの新材料棟が完成
太陽誘電は2023年3月1日、積層セラミックコンデンサーの原材料であるチタン酸バリウムを製造するため、八幡原工場(群馬県高崎市)に建設していた新材料棟の竣工(しゅんこう)式を実施した。同施設は2023年度中の稼働を予定している。(2023/3/2)

厚さ1.8nmで強誘電特性を確認:
低温水溶液プロセスで、BaTiO3ナノシートを合成
名古屋大学は、60℃という低温の水溶液プロセスで、チタン酸バリウムナノシートの合成に成功した。単位格子3個分の厚みに相当する1.8nmまで薄くしても、強誘電特性は維持されていることを確認した。(2023/2/24)

優れた強誘電性と圧電性を実現:
広島大ら、非鉛系圧電セラミックス材料を合成
広島大学と九州大学、山梨大学の共同研究グループは、優れた強誘電性と圧電性が得られる非鉛系圧電セラミックス材料の合成に成功した。圧電性は従来のPZT(チタン酸ジルコン酸鉛)に匹敵するという。(2023/2/13)

材料技術:
日本製鉄の新たな意匠性チタンが「G-SHOCK」新モデルのベゼルとバンドに採用
日本製鉄が開発したチタン合金「Super-TIX 20AFG」が、カシオ計算機「G-SHOCK」の新モデル「GMW-B5000TCC-1JR」のベゼルとバンドに採用された。ステンレスと遜色ない鏡面性と優れた加工性を備え、電波受信特性も確保している。(2023/2/9)

Zr-Ti合金ベースのC/UHTCMC:
東京理科大ら、2000℃以上の高熱に耐える材料開発
東京理科大学や横浜国立大学、物質・材料研究機構(NIMS)らによる研究グループは、2000℃以上という極めて高い温度に耐えられる、ジルコニウム(Zr)−チタン(Ti)合金ベースの「炭素繊維強化超高温セラミックス複合材料(C/UHTCMC)」を開発した。(2022/11/28)

医療技術ニュース:
金属アレルギー患者でも使用できる歯科矯正用ワイヤを開発
東北大学は、歯科の矯正用スチールワイヤに窒化チタンをコーティングすることで、金属溶出を抑制できることを発見した。金属アレルギー患者にも対応する矯正用ワイヤに使用できる可能性がある。(2022/10/26)

製造マネジメントニュース:
村田製作所など3社、チタン酸バリウム製造の合弁会社設立に向け基本合意
村田製作所は、石原産業と子会社の富士チタン工業の3社で、積層セラミックコンデンサーなどに使用する、チタン酸バリウムを製造する合弁会社設立に向けた基本合意書を締結した。(2022/10/5)

医療技術ニュース:
表面のナノ突起が骨の質を高めるチタンインプラントを開発
東北大学は、歯根表面に存在する歯周組織の一部であるセメント質の物理的性質を模倣し、表面に無数のナノ突起が存在するチタンインプラントを開発した。ナノ突起が骨細胞を刺激することで、インプラントを支える骨の質が高まることが分かった。(2022/9/29)

石原産業/富士チタン工業と合意書締結:
村田製作所、チタン酸バリウム製造に向けた合弁設立へ
村田製作所は2022年9月16日、石原産業および、石原産業の完全子会社である富士チタン工業との3社で、積層セラミックコンデンサーなどに使用するチタン酸バリウムの製造を行う合弁会社の設立に向けた基本合意書を締結したと発表した。今後、合弁契約の締結を目指して協議と検討を進めていく予定だ。(2022/9/22)

大橋未歩アナ、44歳バースデーで10年前の脳梗塞を回想 “首筋のチタン”に「二度目の人生を与えてくれた」
2013年に軽度の脳梗塞で手術。(2022/8/19)

フリーダイビングでも使えるスマートウォッチ「HUAWEI Watch GT3 Pro」登場 「43mmセラミック」と「46mmチタン」の2本立て
ファーウェイのスマートウォッチ「HUAWEI Watch GT3」に最上位モデルが登場する。30mのフリーダイビングに耐えるボディーを備え、それに合わせてフリーダイビングの状況をモニタリングする機能も備えている。(2022/7/26)

医療機器ニュース:
高品質な骨を誘導して強度化する脊椎ケージを開発、金属3Dプリンティング活用
大阪大学は、骨配向性を整えることを設計コンセプトに組み込んだ、チタン合金製脊椎ケージを開発した。大型動物を用いた実験により、従来ケージの3倍以上も強い骨との結合強度が示された。(2022/7/4)

導入事例:
白金ナノ粒子を一様に分散・固定した高活性光触媒を開発、大成建設
大成建設は、放射線法を用いて二酸化チタン表面にナノサイズの白金粒子を一様に分散・固定した高活性な光触媒を開発した。今回の光触媒は、空気中の多様な化学物質を高速に分解・除去するとともに、長時間にわたり浄化性能を維持でき、生産施設で発生が問題となる化学物質の排ガスの処理だけでなく、シックハウスガスや臭気の浄化といった幅広い用途への適用が期待されている。(2022/6/29)

強誘電体のフォノン励起を活用:
東京大ら、テラヘルツ領域の光起電力効果を観測
東京大学と理化学研究所らの研究グループは、強誘電体「BaTiO3(チタン酸バリウム)」を用い、テラヘルツ光照射による光電流の観測に成功した。可視光の約1000分の1の光エネルギーで発電が可能になるという。(2022/4/6)

蓄電・発電機器:
リチウムイオン電池の充放電を4分の1以下に高速化、産総研らが材料開発に成功
産業技術総合研究所が岡山大学らと共同で、リチウムイオン電池にチタン酸バリウム(BTO)から成るナノサイズの立方体結晶の誘電体を使用することで、充放電時間を従来と比較して4分の1に短縮することに成功。超高速な充放電を可能とする次世代電池の実現に貢献する成果だという。(2022/2/25)

出発原料の粒径が大きく影響:
BaTiO3ナノキューブの粒径制御法を新たに開発
茨城大学や大阪大学、東北大学らの研究グループは、酸化チタン(TiO2)の粒径を制御すれば、チタン酸バリウム(BaTiO3)ナノキューブの大きさが制御できることを明らかにした。BaTiO3ナノキューブの粒径を自在に制御することができれば、電子デバイスの誘電率を飛躍的に向上させることが可能になるという。(2021/11/26)

東芝、双日、ブラジルCBMM:
次世代リチウムイオン電池の商業化に向け共同開発へ
東芝と双日、ブラジルCBMMは2021年9月24日、ニオブチタン系酸化物(以下、NTO)を用いた次世代リチウムイオン電池の電池の商業化に向けた共同開発契約を締結したと発表した。(2021/9/28)

組み込み開発ニュース:
容量密度は黒鉛の2倍、NTO採用のEV向けリチウムイオン電池が2023年度に商業化へ
東芝と双日、ブラジルのCBMMの3社は、ニオブチタン系酸化物(Niobium Titanium Oxide:NTO)を用いた次世代リチウムイオン電池の商業化に向けた共同開発契約を締結したと発表した。EV向けに、高エネルギー密度かつ急速充電が可能な次世代リチウムイオン電池として2023年度の商業化を目指す。(2021/9/27)

工場ニュース:
積層セラミックコンデンサーの原材料を生産する材料棟を新設
太陽誘電は、群馬県高崎市の八幡原工場に、新材料棟を建設すると発表した。今後の需要拡大が見込まれる、積層セラミックコンデンサーの原材料となるチタン酸バリウムを製造する。(2021/6/29)

積層セラコンの需要増に対応:
太陽誘電、チタン酸バリウムの製造棟を建設
太陽誘電は、八幡原工場(群馬県高崎市)に新材料棟を建設する。積層セラミックコンデンサーの需要増加に対応し、その原材料となるチタン酸バリウムを製造する。(2021/6/18)

3Dプリンタニュース:
抗菌作用を持つ光触媒を配合した3Dプリンタ向け光硬化型樹脂を開発
B´fullは、3Dプリンタ向け光硬化型樹脂として、抗菌、抗ウイルス作用を持つ酸化チタンを配合した光触媒配合樹脂を開発した。衛生的なマスク関連商品や日用品など、光触媒機能を有した商品の開発を予定している。(2021/5/21)

3Dプリンタニュース:
ニコン、チタン合金による金属造形に対応した光加工機の最上位機種を発売
ニコンは、チタン合金による金属造形に対応した光加工機「Lasermeister 102A」を発表した。顧客要求に応え、使用できる粉種にチタン合金の造形用粉体を新たに加え、生産性と品質を向上させた。従来製品と比較して約2倍の造形速度を実現し、再利用粉体の使用も可能になった。(2021/4/28)

新たな発現機構に基づく磁歪現象:
名古屋大、磁場中で体積変化する反強磁性体を発見
名古屋大学の研究グループは、磁場を加えると体積が大きく膨張する反強磁性体を発見した。チタン酸ジルコン酸鉛(PZT)に替わるアクチュエーター材料として期待される。(2021/4/15)

時間分解X線吸収分光法を開発:
BaTiO3におけるBaとTiの静電相互作用を発見
広島大学と東京工業大学、静岡大学、高エネルギー加速器研究機構およびラトビア大学らの研究グループは、新たに開発した時間分解X線吸収分光法を用い、チタン酸バリウムにおけるバリウムイオンとチタンイオンの静電相互作用を、リアルタイムで観測することに成功した。(2021/3/10)

レノボ、チタン筐体を採用した第11世代Core搭載の薄型2in1ノート
レノボ・ジャパンは、チタン素材による薄型筐体を実現した2in1ノートPC「ThinkPad X1 Titanium」など2製品を発表した。(2021/2/9)

FAニュース:
高品位な穴加工を支援、自社開発のリニアモーターを搭載した細穴放電加工機
ソディックは、自社開発のリニアモーターを搭載した細穴放電加工機「K4HL」を発表した。細くて深い穴を高精度に高速加工でき、切削が困難なチタン合金やニッケル合金などの難削材においても高品位な穴加工ができる。(2020/11/27)

変換効率が20%を超える:
結晶シリコン太陽電池、正極側に酸化チタン薄膜
産業技術総合研究所(産総研)らの研究チームは、酸化チタン薄膜を正極側に配置した結晶シリコン太陽電池を新たに開発し、20%を超える変換効率を達成した。(2020/10/26)

サファイアガラスを採用した「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」10月2日に発売
ファーウェイ・ジャパンは、10月2日にスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT 2 Pro」を発売。チタン素材とサファイアガラスを採用し、通常使用で約2週間持続する強力なバッテリーも備える。価格は3万1800円〜3万5800円(税別)。(2020/9/24)

3Dプリンタニュース:
金属付加製造市場予測、材料開発は進むが需要の中心はチタンに依存
グローバルインフォメーションは、金属付加製造市場の現状や今後の動向について発表した。市場の拡大は今後も続き、多様な設備や材料の開発、導入が進むものの、需要の中心はチタンに依存すると予測している。(2020/9/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。