• 関連の記事

「太陽フレア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「太陽フレア」に関する情報が集まったページです。

「太陽が爆発した」 人類最後の日を手軽に体験できる方法が想像よりずっと地球滅亡っぽい
映画のクライマックスで見たやつだ。(2024/5/22)

ソニーの人工衛星「EYE」、天上からオーロラの撮影に成功していた 太陽フレアの影響は?
ソニー「STAR SPHERE」プロジェクトは21日、人工衛星「EYE」が撮影したオーロラの写真を公開した。(2024/5/22)

NEWS Weekly Top10:
言語の壁をぶっ壊すAI AppleのCM動画批判は「日本から英語で」始まった
iPad ProのCM動画が炎上した件について、筆者は当初、炎上が「日本から」起きていることに気付かなかった。批判のほとんどが流ちょうな英語だったからだ。それを可能にしていたのは、言語の壁をぶっ壊すAIの存在だ。(2024/5/20)

国立天文台、観測衛星が撮影した「X5.8」太陽フレアの様子を公開 白トビするほどの明るさ
国立天文台の太陽観測科学プロジェクトは17日、日本各地でオーロラが観測されるという珍しい現象を引き起こした、一連の太陽フレアについての観測結果を発表した。(2024/5/17)

太陽フレアによる磁気嵐が終了 ただし太陽活動はいまだ活発
気象庁の地磁気観測所は14日、太陽フレアの影響で発生した磁気嵐が終了したと発表した。ただし太陽の活動はまだ活発のようだ。(2024/5/14)

オカンも困惑「LINE Keep終了」 もうちょっと親切に告知できないものか……
先週は「LINE Keep」のサービス終了通知がLINEメッセージでユーザーに一斉に送信され騒ぎになった。「LINE Keep」と「Keepメモ」を混同したからだ。筆者も驚き、そしてオカンからも「どうすればいい?」とメッセージが届いた。(2024/5/14)

今まで見た中で“一番綺麗な富士山と天の川”がこちらです 「えぐい」「最高すぎる」
息をのむ美しさ。(2024/5/14)

太陽フレアを頻発してオーロラの原因となった黒点は「地球が横に30個並ぶ大きさ」──「ひので」観測に成功
JAXAは13日、太陽観測衛星「ひので」(SOLAR-B)が撮影した太陽黒点の画像4点を公開した。ここ数日の間に“Xクラス”の太陽フレアが発生し、世界各地でオーロラが観測される原因になった黒点だ。(2024/5/13)

太陽フレアの影響でオーロラが…… 日本でも観測、ピンクに染まった空の写真、SNSに続々
(2024/5/12)

太陽フレア、3日間で5回の“Xクラス” NICT「早ければ10日午後6時ごろから影響」
大規模な太陽フレアが5月7日ごろから頻発し、情報通信研究機構(NICT)が注意を呼び掛けている。(2024/5/10)

GPSジャミングをどのように可視化したのか:
Flightradar24、GPSジャミングを受けている地域を可視化した「GPSジャミングMAP」を公開
世界中の航空機のフライト情報を追跡、可視化したサービスを提供するFlightradar24は、GPSジャミングや干渉を受けている地域を可視化した「GPS jamming map」を公開した。(2024/4/16)

製品開発の舞台裏:
G-SHOCK 40周年モデルはパッケージもとことんエコ、カシオの環境配慮への取り組み
2023年で誕生から40周年を迎えたカシオ計算機の耐衝撃ウォッチ「G-SHOCK」シリーズの40周年モデルに採用された“エコパッケージ”の取り組みについて、同社 羽村技術センター 開発本部 開発推進統轄部 第一開発推進部 11開発推進室の工藤之欣氏に話を聞いた。(2023/10/12)

PR:中世、冒険者は「鉱石」を羅針盤にした――その情熱を貴方の腕に “G-SHOCK”40周年記念モデルはカシオの“結晶”
中世、冒険者は「鉱石」を羅針盤代わりにした――こんなエピソードを基に、カシオ計算機は“G-SHOCK”40周年記念モデル「Adventurer’s Stone」を作り上げた。同モデルは「挑戦者を導きたい」とするコンセプトを実現したカシオの結晶だ。その魅力に迫る。(2023/1/16)

太陽フレアを表現:
G-SHOCK誕生40周年の記念モデルが登場、第一弾の特徴は?
カシオ計算機は、G-SHOCKの新製品「Flare Red」を11月5日に発売する。2023年4月のG-SHOCK誕生40周年を記念した第1弾モデル。2モデル展開で、希望小売価格はMTG-B3000FRが16万5000円、GWG-2040FRが14万3000円。(2022/10/20)

「G-SHOCK」誕生40周年記念モデル第一弾「Flare Red」登場 積層マーブルベゼルで太陽フレアを表現
カシオ計算機は、「G−SHOCK」誕生40周年記念の第一弾として、力強く輝く太陽フレアを表現した記念モデル「Flare Red」(フレアレッド)を発売する。(2022/10/20)

SMBCの次期DX推進基盤にも採用 NECがメインフレーム新製品を発表【訂正あり】
NECが「メインフレーム継続宣言」通りに新製品を発表した。独自プロセッサも開発を継続。担当者は「変える必要がないところを変えずにDXを推進するのが最高効率」と語る。(2022/6/30)

大規模な太陽フレアで2週間に渡り通信障害、広域停電の可能性も 総務省が“最悪のシナリオ”公開
携帯電話はつながらず、自動運転車は事故を起こし、大規模停電も──総務省は21日、「宇宙天気予報の高度化の在り方に関する検討会」の報告書の中で大規模な太陽フレアが発生した場合の「最悪のシナリオ」を公開した。(2022/6/21)

宇宙のパワーを集める? 「終末のムーウォッチ」発売 『月刊ムー』創刊500号記念
普通の電池で動いています。(2022/6/10)

NASAの宇宙探査機が太陽コロナに到達 史上初
米航空宇宙局(NASA)は宇宙探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」が太陽の上層大気であるコロナに到達したと発表した。NASAは「歴史上初めて、宇宙船が太陽に触れた」とコメントしており、コロナで粒子や磁場のサンプリングを行っているという。(2021/12/15)

太陽で大型フレア発生 30日午後からGPS、衛星通信などに障害の可能性
NICTが大規模な太陽フレア現象が発生したと発表した。この影響で30日午後以降、数日間にわたり地球周辺の電離圏や地磁気が乱れ、人工衛星や長距離間の通信などに障害が発生する可能性があるとして注意を呼びかけている。(2021/10/29)

「太陽の自転周期、緯度ごとでなぜ違う」の謎、スパコン「富岳」で解明 世界最大、解像度54億ドットで太陽を再現
千葉大学と名古屋大学の研究チームは、スーパーコンピュータ「富岳」を使い、太陽の自転周期が緯度ごとに異なる理由を解明。富岳を使い、太陽の磁場や熱流を、54億ドットの解像度でコンピュータ上でシミュレーションした。(2021/9/14)

脆弱なGNSSへの依存を軽減:
PR:ePRTCで実現する5Gインフラの高信頼/高精度な時刻同期
移動体通信事業者は第5世代移動通信(5G)ネットワークにおいて時刻と位相を高い精度で維持することを要求しますが、GNSS(全球測位衛星システム)に依存したままでは達成できません。ePRTC(Enhanced Primary Reference Time Clock)は、時刻同期維持(ホールドオーバー)機能により、この問題を解消するために必要な精度、信頼性、性能を提供し、移動体通信事業者の不安を取り除きます。本稿では、ePRTCを効果的に展開する方法を解説します。(2020/11/16)

次なる挑戦、「はやぶさ2」プロジェクトを追う(17):
1万℃の高熱から貴重なサンプルを守れ!〜再突入カプセルの仕組み【前編】〜
いよいよ、小惑星探査機「はやぶさ2」が帰ってくる。2回のタッチダウンで取得したサンプルを地球に送り届ける最後の関門となるのが地球大気圏への再突入だ。そのために使われる「再突入カプセル」とは、どのような装置なのだろうか。(2020/8/4)

マイクロソフト、映画「スーパーマン」をコースターサイズのガラス片に保存することに成功 世紀を超えて保管できる耐久性
新しいストレージの登場に期待が寄せられています。(2019/11/11)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「セクシー大臣」を騒ぎ立てる“ジジイの壁” 失われる日本の競争力
小泉進次郎環境相の「セクシー」発言が話題になったが、そんなことを言っている場合ではない。かつてリーダー的立場だった「地球温暖化対策」で、日本は世界から取り残されている。“前例主義”から抜け出さないと、日本の競争力はどんどん失われていく。(2019/9/27)

はやぶさ2、リュウグウに2回目の着陸へ 地下物質の採取に挑む
探査機「はやぶさ2」が7月11日、小惑星「リュウグウ」に2回目のタッチダウンを試みる。4月に作成した人工クレーターの近くに降り立ち、小惑星の地下にあった物質を採取する計画だ。(2019/7/9)

はやぶさ2が作った人工クレーター、JAXAが写真公開
探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」の表面に金属の塊をぶつけた地点で、人工的なクレーターができていることが確認された。(2019/4/25)

はやぶさ2、人工クレーター作る実験に成功 「宇宙探査の新しい手段を確立」
探査機「はやぶさ2」が小惑星に人工的なクレーターを作る実験に世界で初めて成功。小型カメラが撮影した写真には、リュウグウの表面物質が砕け、飛び散っている様子が写っている。(2019/4/5)

はやぶさ2、リュウグウに人工クレーター生成 4月5日に挑戦
探査機「はやぶさ2」が4月5日、小惑星「リュウグウ」の表面に人工的なクレーターを生成することに挑む。世界初の試み。(2019/3/18)

タビジョのスマホ街ある記(カナダ ホワイトホース編):OPPO「R15 Pro」でオーロラ撮影に挑む!
9月中旬に夏休みでカナダに行くことになった。目的はオーロラ鑑賞。OPPOのスマートフォン「R15 Pro」を手に、オーロラの撮影にチャレンジした。(2018/11/11)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ガンダムの月面企業、アナハイム・エレクトロニクスの境地
ガンダムの世界の中では、月も大きな存在感を発揮する。連載「ガンダム経済学」第2回目は、月面都市「フォン・ブラウン」と、その地における最大企業、アナハイム・エレクトロニクスの経済活動に焦点を当てたい。(2018/10/10)

宇宙空間、粒子同士は触れずにエネルギーやりとり 初めて直接観測
(2018/9/10)

国土地理院が太陽フレアの影響について発表 スマホのGPSなどで誤差が増大していた
現在は元の誤差程度に戻っています。(2017/9/12)

太陽フレアでGPSの誤差増大 国土地理院が報告
6日夜に観測された「太陽フレア」による電離層の乱れの影響で、8日の日中、GPSの精度がかなり悪くなる時間帯があったと、国土地理院が11日に報告した。(2017/9/12)

太陽フレア現象、再び確認 コロナガスが12日に地球に到達の可能性
通信衛星などに影響する可能性も。(2017/9/11)

太陽フレア現象、「社会に大きな影響与える状況でない」が「引き続き注意が必要」 NICT発表
地磁気の乱れが観測されました。(2017/9/9)

日本でオーロラが観測できるかも? 大型太陽フレア現象の影響で北海道に「赤いオーロラ」の可能性
夜間にチャンスがあります。(2017/9/8)

あれもこれも「太陽フレアのせい」? ネットで流行
「太陽フレアのせいでお金がない」など、あらゆる問題を太陽フレアのせいにすることがネットで流行している。(2017/9/8)

通常の1000倍以上に及ぶ大型太陽フレア現象 人工衛星の障害や送電線へ影響か
約11年ぶりの規模。(2017/9/7)

大型の太陽フレア発生 8日から通信・GPSへ影響の恐れ
大型の太陽フレアが9月6日に2回発生。8日から通信やGPSに障害が生じる恐れ。(2017/9/7)

小惑星イトカワ、40億年の歴史が明らかに 「はやぶさ」回収の微粒子から判明
JAXAの探査機「はやぶさ」がイトカワから回収した微粒子の表面に、4種類の模様があることが判明。小惑星の成り立ちの解明につながるという。(2016/6/23)

太陽風から地球を守れ:
通信を切断する「太陽風」から地球を守れ、「宇宙天気予報」の広がり
太陽による地球磁場への影響を観測する「宇宙天気予報」の実用化が情報通信研究機構(NICT)によって進められている。毎日Webサイトで公開されるデータは、人工衛星や通信を守る貴重な情報源となっている。(2015/8/31)

出版業界ニュースフラッシュ 2015年7月第4週
『日めくり まいにち、修造!』が発売から10カ月でミリオンとなったほか、2015年上半期の出版物推定販売金額が発表されています。(2015/7/27)

【デマです】「本物のポール・マッカートニーは1966年に死亡 替え玉を使用?」――元ネタはジョークサイト
「ロシアの声」は不正確な情報を配信することが多いので取り扱い注意。(2015/3/5)

頭脳放談:
第177回 「できたらいいな」が実現したら
核融合炉やニューロチップなど、実現したら非常に大きな影響が生じる技術がある。その確率は今のところ低いが、一歩一歩実現に動いているようだ。逆に磁気嵐のように、リスクが高まっている事案もある。(2015/2/25)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

「スミソニアン博物館、巨人族の存在の証拠公開へ」はウソ記事 ネタにマジレスする「ロシアの声」に要注意!
真に受けないように。(2014/12/24)

Oculus Riftでオーロラが見られる 国立極地研究所で常設展示
アラスカのオーロラをOculus Riftで仮想体験できる。(2014/10/16)

全天に広がるオーロラをOculus Riftで体験 国立極地研究所 南極・北極科学館で
全天に広がるオーロラの立体映像をOculus Riftを使って見上げる体験ができる常設展示を国立極地研究所 南極・北極科学館が始めた。(2014/10/15)

太陽から地球にコロナガス、宇宙変動で衛星や通信、電力に影響の恐れ
9月11日に大規模な太陽フレア現象が観測され、13日にかけて人工衛星やGPSでの測位精度、短波通信、送電線などへの影響が懸念される。(2014/9/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。