• 関連の記事

「リコー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

クイズで学ぶ! モノづくりトレンド:
【クイズ】リコーと東芝テックの新合弁会社名は?
MONOistの記事からクイズを出題! モノづくり業界の知識を楽しく増やしていきましょう。(2024/2/16)

製造マネジメントニュース:
新会社名は「ETRIA」 リコーと東芝テックの複合機開発/生産事業統合へ
リコーは複合機などの開発や生産に関する東芝テックとの事業統合に向けて、新たに組成する合弁会社と吸収分割契約を締結することを発表した。合弁会社の名称は「ETRIA」となる。(2024/2/8)

人工知能ニュース:
リコーが130億パラメーターの日英対応LLM開発 AWSジャパンの支援プログラム活用
AWSジャパンは2024年1月31日、国内に拠点を持つ企業や団体を対象に、大規模言語モデル開発を支援する「AWS LLM 開発支援プログラム」の成果発表会を開催した。同プログラム参加者のうち、NTTとリコー、ストックマートが登壇し、成果を紹介した。3者の発表内容を順に紹介する。(2024/2/6)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
「ペンタックス」ブランドに戻ったカジュアルなアウトドアカメラ「WG-90」を試す 便利な「顕微鏡モード」も
リコーの「WG-90」は、防塵防水耐衝撃耐低温のアウトドア用コンデジ。それが「ペンタックス」ブランドに戻ったのである。(2024/2/3)

企業ごとのカスタマイズも容易:
日本語精度が高い130億パラメーターのLLMを開発
リコーは、日本語の精度が高い130億パラメーターの「大規模言語モデル(LLM)」を開発した。顧客の業種や業務に合わせたカスタムLLMを2024年春より順次、クラウド環境で提供する。(2024/2/2)

イノベーションのレシピ:
リコーの共創活動拠点「RICOH BIL TOKYO」が20倍に拡張、最新AIで課題解決を加速
リコーが、品川エリアにリニューアルオープンする顧客との価値共創活動拠点「RICOH BUSINESS INNOVATION LOUNGE TOKYO(RICOH BIL TOKYO)」を報道陣に公開。最新のAI技術を活用した同所の特徴やリニューアルオープンの狙いについて説明した。(2024/1/29)

製造ITニュース:
リコーが建設業の360度画像活用支援、カメラとデバイス管理機能などをパッケージ化
リコーは、360度カメラ「RICOH THETA」本体に、専用三脚やデバイスマネジメント、メディアマネジメントをセットにした「RICOH360 プレミアムパッケージ」を提供開始する。(2023/12/1)

品切れだった「HHKB Studio」販売再開、今後は継続的に入荷へ
リコー傘下のPFUは、在庫切れになっていた小型キーボード新モデル「HHKB Studio」について、販売再開のめどが立ったと発表した。(2023/11/29)

2025年度に実用化後は外販も視野に:
大成建設がリコーのプロジェクターで300インチ墨出し投影に成功 共同開発はBUILTがきっかけ?
大成建設は、プロジェクションマッピングを利用した独自の墨出し技術「T-iDigital MARKING」をリコーとの共同で、投映面積を300インチに拡大させるなどの高度化を図った。プロジェクター技術を有するリコーが協力した契機となったのは、驚くことにBUILTのメールマガジンだったという。(2023/10/31)

マウス操作できる「HHKB Studio」新登場 キースイッチは交換可能、ジェスチャーパッドもある
リコー傘下のPFUは、小型キーボード「Happy Hacking Keyboard」(HHKB)の新モデル「HHKB Studio」を発表した。同シリーズで初めて、ポインティングデバイスやスワップ可能なメカニカルキースイッチ、ジェスチャーパッドを採用している。(2023/10/25)

組み込み開発ニュース:
リコーが子会社のオプティカル事業を売却、レクサス採用のステレオカメラなど
リコーは、子会社のリコーインダストリアルソリューションズの下で車載ステレオカメラやプロジェクター用光学レンズモジュールなどの開発、製造、販売を行っているオプティカル事業を、投資会社のティーキャピタルパートナーズに譲渡する。(2023/10/10)

人工知能ニュース:
より手軽な建物のデジタルツイン活用を、リコーがAIソリューションの実証実験開始
リコーは点群データを基に建物内部の空間を手軽にデジタルツイン化するための「空間データ作成・利活用AIソリューション」の実証実験を開始する。(2023/10/4)

AWSのLLM開発支援、採択企業が明らかに サイバーエージェント、マネフォ、PFN、rinna、リコーなど
AWSジャパンが、大規模言語モデル(LLM)開発支援プログラムの参加企業を発表した。応募があった約60社のうち、サイバーエージェント、rinna、Preferred Networks、リコー、マネーフォワード、松尾研究所など17社を採択した。(2023/9/4)

日清紡マイクロデバイス 常務執行役員 小宮山一明氏/専門部長 柏木一郎氏:
PR:統合効果を発揮しアナログソリューションプロバイダーへ大きく前進する日清紡マイクロデバイス
2022年1月に新日本無線とリコー電子デバイスが経営統合して発足した日清紡マイクロデバイスは、アナログ半導体技術をコアにしたIoT向け総合ソリューションの開発を積極化している。統合作業の進み具合やソリューションの開発状況について、同社常務執行役員で電子デバイス事業統括本部事業企画本部長の小宮山一明氏と同事業企画本部で専門部長・新規事業開発プロジェクトリーダーの柏木一郎氏に聞いた。(2023/8/21)

エネルギー管理:
分散型IDでVPPの構築コストを削減、日本ガイシとリコーが実証へ
日本ガイシとリコーが分散型IDを活用して低コストで堅固なセキュリティを実現する独自のVPP(仮想発電所)システムの構築を開始。早期の事業化を目指し、2023年度内にシステムを構築し、2024年度から実フィールドでの検証を行うという。(2023/8/18)

人工知能ニュース:
リコー、自然言語処理AIでAIモデルをノーコード作成できるツール開発
リコーは、自然言語処理AI技術によるデータ分析によって、ノーコードで企業独自のAIモデルを作成できるツールを開発し、無償トライアルの提供を開始した。(2023/8/16)

リコー、企業独自のAIモデル作成できるノーコード開発ツールを提供
リコーは、Excelファイルをアップロードするだけで、企業固有のワードを学習したAIモデルを簡単に作成できるノーコード開発ツールを開発した。(2023/7/11)

FAニュース:
リコーが作業検査カメラの判定精度を向上、レンズ交換式で多様な現場に対応
リコーインダストリアルソリューションズは、判定精度が向上した作業検査カメラ「RICOH SC-20」を発表した。画像認識技術を搭載し、手作業工程が適正かをリアルタイムでチェックして、作業結果を一括検査できる。(2023/6/30)

導入事例(リコージャパン):
PR:3D CAD/CAE導入支援業務を支えるモバイルワークステーションという名の相棒
優れた性能と可搬性を兼ね備えるデル・テクノロジーズのモバイルワークステーション「Dell Precision 5470」を導入し、常に移動を伴う3D CAD/CAE導入支援業務の効率化や生産性向上、ハイブリッドワークを取り入れた新たな働き方を支援しているリコージャパンの事例を紹介する。(2023/6/26)

モバイルディスプレイの道:
PFUから新登場! ワイヤレス接続対応の「RICOH Light Monitor 150BW」はバッテリー内蔵で約715gの軽量15.6型モバイルディスプレイだ
リコーから法人向けに発売されていた15.6型モバイルディスプレイ2モデルが、個人向けとしてPFUから発売された。無線接続対応の上位モデル「RICOH Light Monitor 150BW」を試してみた。(2023/6/22)

スマートリテール:
省エネ、創エネ、蓄エネ設備を備えたコンビニ店舗で実証実験がスタート
セブン-イレブン・ジャパンは、環境負荷低減店舗の実証実験を本格的に開始した。日立製作所、リコー、サンデン・リテールシステムと連携し、省エネ、創エネ、蓄電の取り組みをさらに進める。(2023/6/15)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
リコー東芝テックの“日の丸複合機構想”はTSMCになれるのか
日の丸××でうまくいった試しはないと言いますが……。(2023/5/25)

製造マネジメントニュース:
リコーと東芝テックが複合機の開発生産を統合へ「QCDSEで最高の企業に育てる」
リコーと東芝テックは、両社の複合機などの開発生産に関わる事業を統合することで合意した。(2023/5/22)

コントローラーなどで差別化:
リコーと東芝テックが「複合機」の開発/生産を合弁化へ 2024年度第1四半期をめどに
オフィス向けの複合機で高いシェアを持つリコーと東芝テックが、複合機の開発/生産に関する事業を合弁化することで合意した。両社の複合機に関する開発/生産事業をリコーの子会社に譲渡した上で、当該子会社に東芝テックが出資することで合弁会社とする。(2023/5/19)

社会のペーパーレス化などが背景:
リコー・東芝テック、複合機の事業統合で合弁会社設立へ 2024年6月までに
リコーと東芝テックが一部事業統合を行い、2024年6月までに合弁会社を立ち上げる。両社が連名で発表した。社会のペーパーレス化・デジタル化などを背景に挙げた。(2023/5/19)

製造IT導入事例:
リコー、「ThingWorx」によるデータ連携でPLMデータの活用用途を拡大
PTCジャパンのIoTプラットフォーム「ThingWorx」をリコーが導入する。2023年度からクラウド上での利用を順次開始し、翌2024年度には生産現場との連携も図り、生産性向上を目指す。(2023/5/18)

人工知能ニュース:
「未体験」の大規模エンジニアリング、リコーが進めるGPTレベルのAIモデル開発
AWSの年次イベントで登壇したリコーによる、AWSのサービスを活用したGPTレベルのAIモデル開発に関する発表を紹介する。(2023/4/28)

医療機器ニュース:
記憶メカニズムや中枢神経系疾患の研究に有用なヒト神経細胞を作製
東京大学とリコーは、転写因子で分化誘導されたヒトiPSC由来神経細胞を用いて、ヒトの脳神経細胞の成熟過程を再現し、迅速な機能的成熟に成功した。記憶メカニズム研究や中枢神経系疾患の治療薬開発への活用が期待される。(2023/4/28)

OA機器からAIへ リコーが取り組むAIビジネスの現在地
「リコーはOA企業」という印象がある。一方、現在はAIに本腰を入れ、より幅広いサービスを提供するデジタル企業に“脱皮”しているという。(2023/4/20)

リコー、Sansan製インボイス管理サービスをベースとした新サービス「Bill One for RICOH」
リコーとSansanが経理業務DX促進に向けた業務提携を発表、共同企画による新サービス「Bill One for RICOH」を開始する。(2023/4/7)

ScanSnapに「RICOH」のロゴ PFUのスキャナー全製品、リコーブランドで販売開始
PFUが販売するイメージスキャナー「ScanSnap」「fiシリーズ」「SPシリーズ」をリコーブランドで順次販売を開始した。リコーはPFUを2022年4月に買収すると発表。23年1月からイメージスキャナー製品をリコーブランドで展開すると予告していた。(2023/4/6)

Sansanとリコーが業務提携 請求書受領の「Bill One for RICOH」を中小中堅向けに販売
Sansanとリコーは4月6日、業務提携しインボイス受領サービス「Bill One for RICOH」をリコーが中堅中小企業向けに販売すると発表した。「Bill One」の基本機能を引き継ぎながら、中小中堅企業向けの専用の料金プランを用意する。(2023/4/6)

PFUがリコーブランドのドキュメントスキャナー2製品を発売 小型タッチパネル付きモデルなど
PFUが、小型タッチパネルを備えたA4対応ドキュメントスキャナー「RICOH fi-8040」など2製品を発表した。いずれも「富士通」ブランドではなく「リコー」ブランドでの発売となる。(2023/4/6)

太陽光:
再エネを瞬時に不足場所に融通、リコーらが双方向マイクログリッドを実証
リコーと合同産業は2023年3月、双方向マイクログリッドシステムをリコー環境事業開発センター(静岡県御殿場市)に導入し、実証実験を開始したと発表した。(2023/4/5)

Weekly Memo:
中堅・中小企業のDXを阻む「経営者の“3つ”の本音」 リコー調査から対策を考察
中堅・中小企業のDXの進捗(しんちょく)はどうか。リコーが実施した最新の調査結果から、その現状と対策について考察する。(2023/4/3)

材料技術:
「燃やした臭いで判定」を無くす、樹脂の種類を瞬時に特定するハンディセンサー
リコーは「第2回脱炭素経営工場EXPO」で、樹脂判別ハンディセンサー「RICOH HANDY PLASTIC SENSOR B150」などを展示している。(2023/3/17)

材料技術:
樹脂材料を約2秒で判別できる小型軽量の樹脂判別ハンディセンサーを発売
リコーは、小型かつ軽量の樹脂判別ハンディセンサー「RICOH HANDY PLASTIC SENSOR B150」を発売する。対象物にセンサー部を当てボタンを押すだけで、樹脂材料を約2秒で判別できる。(2023/3/13)

リコー、同社製Web会議デバイス「RICOH Meeting 360 V1」向けの議事録作成支援サービスを提供開始
リコーは、Web会議向けマイクスピーカーデバイス「RICOH Meeting 360 V1」と連携して利用できる議事録作成支援サービス「RICOH Meeting 360 Add-on Service for カンタン議事録」を発表した。(2023/2/28)

イノベーションのレシピ:
リコーの新型複合機は「環境」を重視、「DX」で電子帳簿保存法への対応も充実
リコーは、ADFから複数の領収書などをスキャンした後、同社の「RICOH 証憑電子保存サービス」を用いることで、電子帳簿保存法の要件に沿った証憑データを専用クラウドに保存できるA3対応のフルカラー複合機を発売する。(2023/2/7)

リコー、名刺など小サイズ読み取りにも対応した高機能A3ビジネス複合機7機種を発表
リコーは、A3判出力をサポートしたカラー複合機「RICOH IM C6010」など7機種計16モデルの発表を行った。(2023/2/6)

リコーが500人体制でクラウド移行を実現 成功の秘訣は「なぜ」の解消?
DXに取り組む組織が増えるに伴いクラウド活用の重要性が増している。一方でクラウド移行そのものが目的となり、「真のクラウド活用」ができていない組織も多いようだ。クラウド移行を成功させる秘訣と、「なんちゃってクラウド活用」にならないために組織が取り組むべきことを聞いた。(2023/2/1)

クラウドニュースフラッシュ
日産が“脱オンプレミス”の手段に「クラウド版IBM Power」を選んだ理由
日産自動車やリコーが進めるクラウドサービスへの業務システムの移行や、電子カルテのインフラにクラウドサービスを活用するPHCの取り組みなど、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。(2023/1/30)

製造マネジメントニュース:
PFUのスキャナーが富士通からリコーブランドへ、2025年度に売上高720億円目指す
PFUは、世界シェアトップとする同社のイメージスキャナー「fiシリーズ」「SPシリーズ」「ScanSnap」のブランドオーナーをリコーに変更すると発表した。(2023/1/25)

製品名に変更はなし:
PFU製スキャナーのブランドが「富士通」から「リコー」に 4月から順次
PFUが、主力商品の1つであるスキャナーのブランドを「富士通」から「リコー」に順次変更する。新たに同社の親会社となったリコーとの事業面でのシナジー効果を高めるための取り組みで、製品ブランドやラインアップに変更はない。(2023/1/24)

自然エネルギー:
製品・サービス単位での再エネ利用証明を可能に、日立・リコーらが新組織
日立製作所、リコー、アート&テクノロジーが、一般社団法人パワード・バイ・アールイー認定委員会(Powered by RE Certification Committee)の運営を開始した。個別の製造ラインや設備・サービス単位での100%再生可能エネルギー利用を認証する。(2023/1/23)

イノベーションのレシピ:
リコーが苦手な新規事業育成を担うフューチャーズBUは「社会課題解決」を目指す
リコーが新規事業部門であるリコーフューチャーズBUの取り組み説明。社会課題解決をミッションとする8つの新規事業は、ただもうけることを主軸にはしていないという。(2023/1/20)

モバイルディスプレイの道:
バッテリー内蔵で715g! 無線と有線接続に対応した15.6型の軽量モバイルディスプレイをiPhoneやAndroidデバイスに接続して分かったこと
2モデルあるリコーのモバイルディスプレイのうち、多機能な上位モデルが「RICOH Portable Monitor 150BW」だ。ワイヤレスでの接続は実際にどうなのかを確かめてみた。(2023/1/19)

モバイルディスプレイの道:
15.6型で556gの激軽モバイルディスプレイ「RICOH Portable Monitor 150」を試して分かったこと
リコーが満を持してモバイルディスプレイ2モデルを発表した。多機能な上位モデルと、機能を絞った軽量モデルのうち今回は後者をレビューした。(2023/1/16)

日清紡マイクロデバイス 代表取締役社長 田路悟氏:
PR:売上高1000億円へ好発進、技術融合でアナログソリューションプロバイダへの歩みを加速する日清紡マイクロデバイス
2022年1月1日、日清紡グループ傘下で電子デバイス事業を担ってきた新日本無線とリコー電子デバイスの2社が経営統合し、「日清紡マイクロデバイス」が誕生した。新会社設立から1年がたった今回、統合の成果や、さらなる成長を目指す事業戦略について、同社社長の田路悟氏に聞いた。(2023/1/12)

NHKネット進出の欺瞞 稲葉新会長が取り組むべき小泉政権の“宿題”とは
NHKの新たな会長に元日本銀行理事の稲葉延雄氏が就任することが決定した。リコー出身の経営者がNHKでいかなる改革の道筋をつけるのか、大いに注目されるところだ。(2023/1/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。