• 関連の記事

「プログラム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プログラム」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Meta、テスト中のデジタルウォレット「Novi」を終了へ
Metaは、2020年に立ち上げたデジタルウォレット「Novi」を終了する。パイロットプログラム参加者に対し、9月1日までにアカウントの残高を引き出すよう告知した。同社の暗号通貨「Diem」は今年1月に終了している。(2022/7/4)

OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは(1):
オープンソース活用を社内で推進、導入機運が高まる「OSPO」とは
OSSのサプライチェーン管理が重要になってきている。本連載では、この文脈から「オープンソースプログラムオフィス(OSPO)」「SBOM」の2つのキーワードに迫る。今回は、OSPOとは何かを解説し、次回はOSPOを設置した日本企業の座談会をお届けする。(2022/7/4)

客もお店も笑顔になる?
「笑顔」がキーの生体認証プログラムをMastercardが開始
Mastercardが、Payfaceの技術を利用した生体認証プログラムを立ち上げた。この生体認証のキーになるのは「笑顔」だ。(2022/7/4)

出そろった「Xperia 10 IV」の価格 最安値はどのキャリアか
NTTドコモ、au、UQ mobile、ソフトバンクがソニー製スマートフォン「Xperia 10 IV」の販売を7月8日に開始する。各社のオンラインショップにおける販売価格、端末購入プログラム適用後の実質負担額、販路、カラーをまとめた。記事内は全て税込み。(2022/6/30)

Apple、招待制プログラム「Apple Community+」開始 サポートコミュニティ貢献者に
知識を共有して認知度を上げる「Apple サポートコミュニティ」の新しいプログラム「Apple Community+」の提供が開始された。(2022/6/30)

ITを使って「顧客忠誠度」を高める【中編】
Salesforce、Microsoftも注力 顧客の“リピートしたい気持ち”を育むツールとは?
顧客忠誠度を高め、顧客のリピート率を向上させるために役立つ施策やツールは幾つかある。その中から「顧客行動の分析」「顧客フィードバックの活用」「忠誠度プログラム」を紹介する。(2022/6/30)

政府の「節電ポイント」は8月開始か 電力会社の節電プログラムに参加する家庭にまず2000円相当
政府は検討を進めている「節電ポイント」について2000円相当のポイントの付与を8月中に開始する方針を示した。(2022/6/28)

Windows 8.1のサポートは2023年1月に終了 拡張セキュリティ更新プログラムは提供されず
2023年1月に延長サポートが終了するWindows 8.1だが、利用者に向けて新しいOSへのアップグレード通知を行うという。(2022/6/28)

「ほほ笑み認証」で買い物を Mastercardがキャッシュレスサービスを発表
キャッシュレス化が止まらない。Mastercardは生体認証で買い物ができるプログラムを発表。ほほ笑みか手のひらで買い物が可能となるようだ。今後のスケジュールと現状の課題が分かった。(2022/6/30)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(127):
ついにIEのサポートが終了! 最新Windows Serverに残るIE依存機能問題は、Edgeの「IEモード」で回避できるのか?
「2022年6月15日」をもって、一般提供チャネルのWindows 11およびWindows 10におけるデスクトップアプリとしてのInternet Explorer(IE)のサポートが終了しました(完全に無効化されたわけでなく、今後の累積更新プログラムで無効化される予定)。本連載第124回では、ActiveXコントロールを利用するため、IEに依存するWSUSの更新プログラムのインポート機能を説明し、Microsoft Edgeの「IEモード」を利用した回避策を紹介しました。Windows Serverには、他にもIEに依存する役割があります。(2022/6/28)

ドコモに聞く「dポイントクラブ」改定の背景 なぜ契約年数を条件から撤廃したのか?
NTTドコモの共通ポイント「dポイント」の新たな会員プログラムがスタートした。これまでの「ステージ制」から「ランク制」となり、ランクアップの仕組みや特典が大幅に変更された。このランク制の導入には「『dポイントがたまる、使える』をもっと実感してほしい」という背景があったという。(2022/6/27)

MicrosoftがWindows 10/11向け2022年6月Cリリースを提供開始
MicrosoftがWindows 10/11向けにプレビュー更新プログラムをリリースした。(2022/6/24)

Meta、クリエイター向け収益化ツールの使用料徴収開始を2024年まで延期
MetaのザッカーバーグCEOは、クリエイターからの“Meta税”徴収を2024年まで延期すると発表した。また、「リール」クリエイターへのボーナスプログラムやブランドとのマッチングサービスの計画も紹介した。(2022/6/22)

この頃、セキュリティ界隈で:
悪用多発のゼロデイ脆弱性「Follina」 外部の研究者が危険性指摘、Microsoftの対応巡り批判も
「Follina」と呼ばれるゼロデイの脆弱性が、Microsoftの6月14日の月例セキュリティ更新プログラムで修正された。同社は、いったんはセキュリティ問題ではないと見なしていたことも判明。Microsoftの脆弱性に対する対応や情報開示の在り方に関する論議も起きている。(2022/6/22)

山市良のうぃんどうず日記(234):
【朗報】ついにWindows Server 2022で「WSL 2」が動くようになったよ!――インストール方法を詳細解説
これまでWindows Server 2022では利用できなかった、本物のLinuxカーネルベースで動く「WSL 2」が、ユーザーからのフィードバックに応える形で、2022年6月の累積更新プログラム(Bリリース)で利用可能になりました。(2022/6/22)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(12):
領域最適化のアルゴリズムについて考える
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第12回では、前回に引き続き「領域最適化」をテーマに具体的なアルゴリズムについて考えながら、その理解を深めていく。(2022/6/22)

MicrosoftがArmデバイスでAzure Active Directoryにサインインできない不具合の修正を緊急リリース
Microsoftが、6月の月例セキュリティアップデートで起こった不具合に対応した更新プログラムを緊急リリース。(2022/6/21)

ふぉーんなハナシ:
約19万円の「Xperia 1 IV」、端末購入プログラムを“使わず”に安く買う方法は?
ソニー製の5G対応スマートフォン「Xperia 1 IV」を買った。昨今のハイエンドスマホは高騰している。どうすれば高額な端末をお得に購入できるのかを考えてみた。(2022/6/21)

統合型プログラム・プラニング:
PR:耐空証明のプロセスを効率化するデジタル・ツールとは?
航空宇宙関連企業にとって航空機の安全性確保は最重要課題の1つである。その一方で、耐空証明の複雑化や関連する法規制の増加は、これらの企業の費用負担額を増やし続け、悩みの種となっている。耐空証明のプロセスを効率化するには、他部門の技術資料や部品表などの膨大なデータに迅速にアクセスできる中央集中型の環境が必須だ。こうした課題を解決する上で、統合型のデジタル・プログラム管理システムは非常に有用である。(2022/6/27)

Microsoftが6月の累積更新プログラムを配信 ゼロデイ脆弱性「Follina」に対処
Microsoftは2022年6月の累積更新プログラムを配信した。今回のアップデートには先日明らかになったゼロデイ脆弱性「Follina」への対応が含まれている。(2022/6/16)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(11):
領域最適化の基本的な考え方を理解する
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第11回では、トポロジー最適化のような派手さはないが、とても実用的な技術である「領域最適化」について、その基本的な考え方を解説する。(2022/6/15)

AI:
CO2排出量やコストを削減する地域冷暖房向けAIプログラムを開発
日建設計、日建設計総合研究所、東邦ガス、住友商事マシネックスおよびアラヤは、AIを用いてCO▽▽2▽▽排出量やコストを削減する「AI地域冷暖房」を開発した。名古屋市内にて実証実験を開始する。(2022/6/15)

次世代のエンジニア育成に向け:
米パデュー大学、半導体専門の学位プログラムを開始
米Purdue University(パデュー大学)は、米国が半導体産業の再建を目指していることを受け、米国初となる半導体工学の“包括的”学位プログラムを立ち上げた。(2022/6/14)

社内ベンチャー:
ホンダ、“転びづらい”電動キックボード「Striemo」を年内発売 「靴を履いて出掛けるような」移動手段に
本田技研工業は、同社の新事業創出プログラム「IGNITION(イグニッション)」から、2社目となるベンチャー企業「ストリーモ」を設立した。1人乗りの電動三輪マイクロモビリティ「Striemo」(ストリーモ)」を開発。2022年中に日本国内で、23年に欧州での発売を予定している。(2022/6/14)

Innovative Tech:
UNIXシェルの並列化により最大34倍高速化する「PaSh」、米MITなどが開発 プログラム結果も正確
米ペンシルベニア大学、米MIT、ポーランドのXIV Staszic High School、米国の研究機関Aarno Labs、米Stevens Institute of Technologyによる研究チームは、UNIXシェルで実行されるプログラムの速度を最大34倍高速化できるシステムを開発した。(2022/6/14)

「Xbox Game Pass」でリリース前のゲームをプレイできる「Project Moorcroft」
Microsoftはリリース前のゲームのデモ版を体験できる新プログラム「Project Moorcroft」を発表。「Xbox Game Pass」加入者向けに2023年中に提供を開始する。開発者はプレイデータを取得できる。(2022/6/10)

東電、ポイント付与で家庭の節電を後押し 
東京電力エナジーパートナーは8日、ポイント付与などのインセンティブにより家庭の節電を後押しする「TEPCO 省エネプログラム 2022」の参加受付を始めた。(2022/6/9)

「Snapdragon Insiders」が日本で今秋開始、Snapdragonのファンプログラム
Qualcommは、Snapdragonのファンプログラム「Snapdragon Insiders」を2022年秋に日本で開始すると明らかにした。(2022/6/8)

銀行は本当に3億行のCOBOLコードと縁を切れるのか 脱メインフレームの動向
問題なく稼働するプログラムに触れてはいけない。変えようとしてはならない。メインフレームシステム運用のセオリーは万国共通だったようだ。しかし、銀行のコア機能もいよいよクラウドを意識せざるを得ない時期が来たようだ。米国の銀行業界のトレンドを調査から追う。(2022/6/8)

Intel Macもサポート:
複数アプリ/ウィンドウ利用時の利便性を改善 「macOS Ventura」は2022年秋に登場
AppleのMac用のオペレーティングシステム「macOS」に新バージョンが登場する。一般ユーザー向けのβ(ベータ)プログラムの提供は7月から始まる予定で、2022年秋に製品版がリリースされる予定だ。(2022/6/7)

サステナブル設計:
国産巨大3Dプリンタとリサイクルシステムを一体化、「鎌倉発」の最先端ラボ公開
慶應義塾大学SFC研究所 環デザイン&デジタルマニュファクチャリング共創ラボは、科学技術振興機構の「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」において、地域共創分野育成型プロジェクトとして採択された「デジタル駆動超資源循環参加型社会共創拠点」の地域研究活動サテライト拠点として開設する「リサイクリエーション 慶應鎌倉ラボ」の内覧会を開催した。(2022/6/7)

出そろった「Xperia Ace III」の価格 最安値はどのキャリアか
NTTドコモ、au、UQ mobile、Y!mobileがソニー製スマートフォン「Xperia Ace III」の販売を6月10日に開始する。各社のオンラインショップにおける販売価格、端末購入プログラム適用後の実質負担額、販路、カラーをまとめた。記事内は全て税込み。(2022/6/6)

「Confluence」に“最高レベル”のゼロデイ脆弱性 遠隔地から任意のコードを実行される恐れ
豪Atlassianのコラボレーションツール「Confluence」に関する一部製品で、遠隔地から任意のコードを認証不要で実行できてしまう脆弱性が見つかった。深刻度は同社基準の最高値である「Critical」で、修正プログラムは未公開。(2022/6/3)

auとUQ mobile、「Xperia Ace III」を6月10日に発売 1万1415円〜3万3415円
KDDIと沖縄セルラー電話は、auとUQ mobileの両ブランドで、ソニー製スマートフォン「Xperia Ace III SOG08」を6月10日に発売する。auオンラインショップにおける価格は3万3415円(税込み、以下同)で、「スマホトクするプログラム」適用後の実質負担金は2万6335円。UQ mobileオンラインショップでは新規契約で「増量オプションII」に加入すると2万2415円となる(2022/6/3)

GPUやAIアクセラレーターなど:
Imagination、一部のIPでライセンス料を撤廃へ
Imagination Technologies(以下、Imagination)は、開発者が同社のGPUおよびAI(人工知能)アクセラレーターIP(Intellectual Property)に容易にアクセスできるように、ライセンス料を撤廃した。この新しい「Open Access」プログラムでは、4つの「PowerVR Series8XE GPU」と3つの「PowerVR Series3NX NNA」へのアクセスを提供する。(2022/6/2)

出そろった「Xperia 1 IV」の価格 最安値はどのキャリアか
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクがソニー製スマートフォン「Xperia 1 IV」の販売を6月3日に開始する。各社のオンラインショップにおける販売価格、端末購入プログラム適用後の実質負担額、販路、カラーをまとめた。記事内は全て税込み。(2022/6/2)

CADニュース:
「BricsCAD」の認定トレーニングセンタープログラムが世界に先駆けて日本で開始
DWG互換CAD「BricsCAD」を開発、販売するHexagon傘下のBricsysは、「Bricsys Japan認定トレーニングセンタープログラム」を世界に先駆けて日本で開始した。これに併せ、BricsCADの新規申し込みやセミナー受講費用が割り引かれる「スマートスタートキャンペーン」を実施する。(2022/6/2)

「Appleセキュリティバウンティ」は改善したのか【第4回】
「Appleのバグ報奨金は安過ぎる」と語るセキュリティ研究者の言い分
Appleは脆弱性報告プログラム「Appleセキュリティバウンティ」の改善を進めているものの、さらなる改善を望む研究者は少なくない。研究者が注視するのが「報奨金の金額」だ。(2022/6/1)

スパコン富岳、5連覇ならず
スーパーコンピューターの計算速度の世界ランキング「TOP500」が30日発表され、米国のスパコンが1位となり、日本の「富岳」は惜しくも5連覇を逃した。実用的なプログラムを動かす性能を評価する指標と、ビッグデータの高速処理などに関わる性能を競う指標では首位を維持した。(2022/5/31)

サステナブル設計:
鎌倉に「国内初」のプラスチック高付加価値アップサイクル研究拠点を開設
科学技術振興機構の「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」において、地域共創分野育成型プロジェクトとして採択された「デジタル駆動超資源循環参加型社会共創拠点」は、慶應義塾大学と鎌倉市、参加企業/団体21社の共創と、市民参加型実験を加速すべく、研究拠点施設「リサイクリエーションラボ」を開設した。(2022/5/31)

白線が夜になると光る!? 特殊な塗料を使った道路表示がおもしろい 豪政府が仕掛ける次世代交通安全プログラムの一環
これがスタンダードになればいいのに。(2022/5/28)

au版「Xperia 1 IV」は6月3日発売 19万2930円
KDDIと沖縄セルラー電話が5G対応のソニー製スマートフォン「Xperia 1 IV」を6月3日に発売する。auオンラインショップにおける価格は19万2930円(税込み、以下同)。「スマホトクするプログラム」を適用すると24回目の支払い金額は11万1090円となり、購入から13カ月目以降25カ月目までに端末を返却した場合の実質負担金は8万1840円となる。(2022/5/27)

サステナブル設計:
サステナブルな製品シリーズから法人向けノートPC2機種を発売
日本エイサーは、サステナブルな製品シリーズ「Vero」から、法人向けノートPC2機種を発売する。本体や部品、梱包材に至るまで、地球環境に配慮した素材を採用する他、ビジネス用途での利便性を向上するプログラムを搭載している。(2022/5/26)

群馬県の事務システムにプログラムミス 利用事業者情報3003件流出か
群馬県は、委託業務の書類提出などに使っている事務システムにプログラムミスがあり、利用者情報約3000件が流出した可能性があると明らかにした。(2022/5/25)

Apple、WWDC22のプログラムを公開、日本時間6月7日に基調講演で開幕
Platforms State of the Union、Apple Design Awardsの日程も明らかに。(2022/5/25)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(10):
チェッカーフラグ対策付きトポロジー最適化の実践
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第10回では、チェッカーフラグ対策付きトポロジー最適化を実践するとともに、対策のないトポロジー最適化結果との比較を行う。(2022/5/24)

レイトレーシングが変えるゲームグラフィックス(第2回):
ゲームの中で「レイトレーシング」はどう使われる? 実例を見てみよう
最新ゲーム機が対応したことで注目を集めている「レイトレーシング」という言葉。前回の記事ではその技術的概要を紹介したが、RT(リアルタイムレイトレーシング)の黎明(れいめい)期に登場したデモプログラムや現在のゲームを通して、この記事ではレイトレーシングがゲームのグラフィックスにどのように使われているのかチェックしていく。(2022/5/23)

建設DX:
国内初、大成建設が設計図書を構造化データに変換するツールを開発
大成建設は、建物の設計、施工、維持管理一連のプロセスで必要な図面や仕様書からなる設計図書を構造化データに変換し、目的別に可視化するプログラムを開発した。設計図書には、部屋名、面積、材料、法規、メーカーなど多様な情報があり、利用者ごとに情報の優先順位が異なる。解決策として、大成建設は構造化したデータを利用者ごとに自在に抽出し、目的別に可視化できるBIダッシュボードの作成を複数のプロジェクトで実施した。これにより建設生産DXの基盤となるデータ構築が可能となり、設計図書の効率的なデータ活用の推進につながる。建設業界で、このような設計図書の構造データ化とその活用は初めての試みだという。(2022/5/23)

組み込み開発ニュース:
マイコン向けの設計リプレースサービス事業を開始
システムトークスは、マイコン向けの「設計リプレースサービス」事業を開始した。半導体不足が続く中での課題解決に向けて、回路基板の修正変更やプログラムの移植などを実施する。(2022/5/20)

Gartner Insights Pickup(257):
情報漏えい防止(DLP)プログラムを成功させる5つのステップ
5つのステップでデータを精緻化、展開し、積極的かつ効果的に制御する。(2022/5/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。