• 関連の記事

「プログラム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プログラム」に関する情報が集まったページです。

楽天モバイルが「最強家族プログラム」の条件を緩和 同一名字でなくても対象に
楽天モバイルが4月10日、「最強家族プログラム」の条件を緩和することを発表した。法律上の結婚のみならず、離れて暮らす家族や親戚、事実婚や同性パートナーなども対象とする。20回線まで月額110円を割り引く。(2024/4/10)

新会社「ソニーサーモテクノロジー」始動 “着るエアコン”事業を拡充へ
ソニーは8日、新会社・ソニーサーモテクノロジーが1日付で事業を始めたと発表した。社内のスタートアップ支援プログラムから生まれた「REON POCKET」事業を独立させた。(2024/4/8)

CIO Dive:
アクセンチュアが「アクセル全開」 顧客向けAIスキル向上支援を強化
AIスキル向上のためのトレーニングプログラムに投資する企業が増えている。AWSなどが独自のスキルアッププログラムを発表する中で、アクセンチュアは顧客のAIスキルアップを支援するための学習プラットフォーム買収計画を明らかにした。(2024/4/5)

Pythonの「if __name__ == “__main__”」とは【後編】
Pythonのサンプルプログラムで分かる「if __name__ == “__main__”」の使い方
「Python」のプログラミングで使われる「if __name__ == “__main__”」という構文は、何のためのものなのか。どう役立つのか。サンプルプログラムを使いながら、使うべき場面とそうではない場面を解説する。(2024/4/5)

AWSがスタートアップ支援を拡充 無料クレジットでAnthropic製AIモデルなどの利用料金を支払い可能に
米AWSがスタートアップ向けの無料クレジットプログラムを拡大する。ロイターによる取材の中で明らかにした。生成AIサービス「Amazon Bedrock」のシェア拡大を狙った施策という。(2024/4/3)

Skeb「二次創作公認プログラム」終了 原著作物の誤判定相次ぎ「機械的な特定も不可能」
「Skeb」の「二次創作公認プログラム」が終了へ。「現在の技術では、納品されたイラストがどのコンテンツの二次創作を機械的に特定することは不可能」という結論に達した。(2024/4/3)

auの「iPhone 14(128GB)」、MNPだと実質47円に au Online Shop お得割を4.4万円に増額
KDDIが、4月1日からiPhone 14(128GB)の「au Online Shop お得割」を、MNPだと4万4000円に増額する。「スマホトクするプログラム」を適用して25カ月目に返却すると、実質負担額は47円になる。povo2.0からの乗り換えとUQ mobileからの乗り換え(番号移行)も対象。(2024/4/2)

保守困難なシステムを、生成AIで解析→リバースエンジニアリング 東芝デジタルが新サービス
運用や保守が困難になったシステムのプログラムを生成AIで解析し、設計図や構成を導き出す「生成AI活用リバースエンジニアリングサービス」を東芝デジタルエンジニアリングがリリース。(2024/4/1)

PR:スタートアップの約3割が「テクノロジーの選定や投資に不安」 アドバイザーと仲間を得られる「起業家支援プログラム」とは?
(2024/4/12)

開発プロジェクトを中止したメーカーも:
SiCへの移行は加速するのか? コストと持続可能性への疑問
アジア太平洋経済協力会議(APEC)のカンファレンスプログラムにて、WolfspeedのCEO(最高経営責任者)であるGregg Lowe氏が「SiC(炭化ケイ素)への移行は止められない」と語った。一方、Power Integrationsの会長兼CEOであるBalu Balakrishnan氏は「SiCがSi(シリコン)ほど高い費用対効果を実現することはない」と異議を唱えた。(2024/3/28)

ゆうちょ銀行が「ポイントプログラム」開始 ゆうちょPayや対象サービス利用で毎月最大130ポイント付与
ゆうちょ銀行は、ゆうちょPayの店頭決済での通常ポイント進呈に加え、ゆうちょ銀行の対象サービス利用状況に応じてゆうちょPayポイントを進呈するポイントプログラム制度を開始する。(2024/3/27)

2025年までに「AI PC」を1億台普及させる――Intelが普及に向けた開発者支援をアップデート ASUS NUC 14 Proベースの「開発者キット」を用意
Intelが、2025年までに「AI PC」を1億台普及させることを目的とする開発者支援プログラムをアップデートした。ソフトウェア開発者向けにはASUS NUC 14 Proベースの「開発者キット」を用意し、ハードウェア開発者にはIntelのリソースをフル活用して検証などを行う機会を提供するという。(2024/3/27)

セキュリティソリューション:
ウィズセキュア、パートナー向けに「Exposure Management」の早期プログラムを開始
ウィズセキュアは、デジタル資産の可視化やリスクの把握を支援するソリューション「Exposure Management」のパートナー向け早期パイロットプログラムの提供を開始すると発表した。(2024/3/27)

新VMwareがユーザーとパートナーに与える影響(2):
VMwareパートナーの混乱がまだ続いているのはなぜか【2024年3月】
もしかしたら、VMwareのパートナープログラムは根本的に変わってしまったのかもしれない。本記事では、Broadcomによる販売施策の変更が、リセラーやVMwareベースのクラウドサービス事業者に与えている影響を取り上げる。(2024/3/26)

スマホ料金プランの選び方:
楽天モバイル「最強家族プログラム」は他社の家族割引よりお得? メリットと注意点
楽天モバイルでは2月21日から家族割「最強家族プログラム」を提供しています。もともと安い料金がさらに安くなるのはメリットですが、他社の家族割とは異なる点もあります。最強家族プログラムの詳細、注意点やお得な申込方法を解説した上で、他社の家族割と料金を比較します。(2024/3/24)

第1弾は「メタバース空間のゲーム開発講座」:
無料で「Unreal Engine」などの技術を習得できる育成プログラム 42 TokyoとNTTドコモが開設
42 TokyoとNTTドコモは、無料で受講可能なエンジニア育成プログラム「X-Tech Bridge」を共同で開設した。2024年4月16日に、初の講座として「メタバース空間のゲーム開発」を開く。(2024/3/22)

リクルートポイント、Amazon.co.jpで利用可能に リクルートがアマゾンジャパンのパートナーポイントプログラムに参画
ポイントサービスの「リクルートポイント」を提供するリクルートはアマゾンジャパンのパートナーポイントプログラムに参画した。運営元のリクルートが2024年3月21日に発表した。本連携により、Amazon.co.jpで買い物をする際、リクルートポイントを1ポイント1円で使用できるようになった。(2024/3/21)

LTVの罠:
顧客にとって「ゴールド会員」が全くうれしくない、納得の理由
企業視点ばかりが先行して失敗を招く典型例の一つに「会員プログラム」がある――。(2024/3/18)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天モバイルが22歳以下「最強青春プログラム」を発表――独自路線より「同じ土俵」で戦う方向転換
楽天モバイルが「家族割」に続き、初めての「学割」を導入する。学割は厳密にはポイントバックの強化だが、他社と同じ土俵で戦うことを明確にしてきた格好だ。(2024/3/17)

大手新卒17年。自分のスキルは通用するのか?――ベンチャー企業に3カ月「留学」して得たもの
「今の仕事ができるのも、自社の看板があるからでは? これまでやってきたことはよそで通じるのか?」――そんな思いを抱えていた大日本印刷に勤める渡邉厚太さんは「複業留学」のプログラムに参加し、ベンチャー企業での勤務を体験した。2006年に新卒でDNPに入社し、17年目にして初めて他社で働く経験をした渡邉さん。3カ月間の複業留学を経て、何を得たのか?(2024/3/15)

蔵出しブックレット
令和になっても「COBOL」から離れられない“理由”
プログラミング言語「COBOL」で書かれた古いプログラムを使用し続けている企業では、継続利用の理由が必ずしもポジティブではないことがあります。本ブックレットはその理由を解説します。(2024/3/14)

Y!mobile、「プラン変更先取りプログラム」の対象プランに「シンプル2」を追加
ソフトバンクはY!mobileで提供している「プラン変更先取りプログラム」の対象プランに「シンプル2」を追加した。同社が2月13日に発表した。本プログラムは翌月適用予定のプラン内容を先取りできる。(2024/3/13)

実践企業が語る、Copilot for Securityの役に立つところ、立たないところ
生成AIチャットbot「Microsoft Copilot for Security」はセキュリティ業務にどう生かせるのだろうか。早期プログラムを実践した企業が実際に役に立ったポイント、立たなかったポイントを語った。(2024/3/13)

「未経験からIT人材へ」社内のリスキリングで実現 パーソルの「6カ月は働かない」育成法の中身
パーソルホールディングスでは、グループ各社から経験を問わずテクノロジー人材を募集している。6カ月間のリスキリングプログラム後には、獲得したスキルを生かせる部署に配置転換する。それまでの業務を外れ、半年後にはIT人材として異動するという思い切った施策を打てたのはなぜなのか。(2024/3/13)

生成AIリスキリング:
99%が受講完了 サイバーエージェント式「学び直しに関心が低い社員」を巻き込む方法
99.6%にあたる社員・全役員がリスキリングの受講を完了――これはサイバーエージェントが達成した、社員の学び直しの取り組みだ。学び直しへの関心が高まる一方、全社的にプログラムを軌道に乗せるのは簡単ではない。同社はいかにして、リスキリングプログラムを構築し、社内に浸透させていったのか。(2024/3/13)

Tech TIPS:
PCの健全性や安全性をセルフチェック&最適化:Microsoft純正ツール「PC Manager」とは
PCを管理するツールは、[設定]アプリのさまざまな項目に分散して登録されている。また、誰でも簡単に使えるように機能が簡素化されてしまっているものもある。例えば、更新プログラムを適用するために利用するWindows Updateでは、個別に更新プログラムを選択できなくなっている。このようなちょっと不便な部分を解消するツール「PC Manager」がMicrosoftから提供されている。そこで本Tech TIPSでは、PC Managerの主な機能とその使い方を紹介する。(2024/3/11)

石野純也のMobile Eye:
シンプルで分かりやすい楽天モバイルの「最強青春プログラム」 ただし“お得感”では疑問も
楽天モバイルが、0歳から22歳までのユーザーに毎月110円分の楽天ポイントを還元する「最強青春プログラム」を3月12日から提供する。同社は2月に「最強家族プログラム」を開始したばかりだが、これと最強青春プログラムは併用が可能。割引額としては小さいが、楽天モバイルの狙いはユーザーの「選択肢に挙がること」にあるという。(2024/3/9)

「セイムス」と店舗送客の実証実験も:
NFTを活用した顧客ロイヤルティー向上プログラム 博報堂とProofXが共同で
博報堂とProofXは、NFTを活用した顧客ロイヤルティー向上プログラムを共同開発した。(2024/3/8)

楽天モバイルも“学割”領域を攻めて「選択肢に入らない」の解消へ
楽天モバイルが、22歳以下のユーザーを対象に、楽天ポイントを毎月110ポイント付与する「最強青春プログラム」を3月12日から提供する。同社はこれまで学割を提供していなかったため、子どもに持たせるスマホで選択肢に入っていなかったという。期間限定のキャンペーンではないのも特徴だ。(2024/3/7)

楽天モバイル、22歳以下に毎月110ポイント付与する「最強青春プログラム」提供 3月12日から
楽天モバイルが3月7日、22歳以下を対象としたサービス「最強青春プログラム」を3月12日から提供する。22歳以下の楽天モバイルユーザーが最強青春プログラムを適用すると、毎月110ポイントを付与する。「最強家族プログラム」とも併用できる。(2024/3/7)

AI:
東洋建設、AIを活用し技術者の能力向上へ 評価システムと学習管理システム導入
東洋建設は建築施工職員を対象に、AIを活用した「能力評価システム」と、場所や時間を選ばずに利用できる教育プラットフォーム「LMS」を導入した。将来は能力評価データを人事データと結合し、各個人のロードマップや、能力に応じた研修プログラム、ジョブローテーションに活用する。(2024/3/7)

山市良のうぃんどうず日記(278):
Microsoft Edgeが使えない! 2024年1月にWindows Server 2022で発生した「問題」を探る
一部のWindowsユーザーにとって2024年は“更新プログラムのインストールエラーの繰り返し”(回復パーティションのサイズ不足を原因とするエラー)という悪夢からのスタートになりました。Windows Serverの管理者の中には、Microsoft Edgeが2024年1月のWindows Update後から使用不能になるという問題に遭遇した人もいるともいます。(2024/3/5)

ドコモでんきで「ピークシフト」をするとdポイントがもらえるプログラム開始 自動節電サービスも提供
NTTドコモの電力サービス「ドコモでんき」で、電力のピークシフトをすると、その取り組みに応じて「dポイント」がもらえるエコプログラムが始まる。エアコンを自動で制御して節電をサポートする機能も新たに提供される。(2024/3/4)

他社のは「なんちゃってOpen RAN」 楽天三木谷氏が語る「リアルOpen RANライセンシングプログラム」の狙い
楽天シンフォニーが、Open RAN対応の集約ユニット(CU)と分散ユニット(DU)ソフトウェアを、サブスクリプション型で他社に提供する「リアルOpen RANライセンシングプログラム」を発表した。MWC Barcelona 2024にて、楽天グループ 代表取締役社長兼会長の三木谷浩史氏がリアルOpen RANライセンシングプログラムの狙いを語った。同氏は「楽天シンフォニーのソフトウェアが間違いなく成熟している」と自信を見せる。(2024/3/2)

PayPayグルメ、利用回数でポイントがアップする「グルメステップ」提供開始 LYPプレミアム会員は最大6.5%
PayPayグルメは、利用回数に応じてPayPayポイントの付与額/付与率が変わる特典プログラム「グルメステップ」を提供開始。初めて利用するユーザーを対象に、350円相当のポイントがもらえるクーポンも配布する。(2024/3/1)

IIFES 2024:
スーツケースが簡易ガイドレスAGVに、制御プログラムはラダー言語で組める
日立産機システムは、「IIFES 2024」の日立製作所ブースにおいて、レーザー測位システム「ICHIDAS Laser」を中核とした「ガイドレスAGV開発キット」を展示した。(2024/2/29)

製造マネジメントニュース:
制御機器事業の立て直し急ぐオムロン、構造改革で国内外2000人の人員削減も
オムロンは国内外で計2000人の人員削減などを含む「構造改革プログラム『NEXT2025』」を発表した。(2024/2/27)

「UQ mobile→au移行プログラム」開始 データ使い放題プランを2640円×12カ月間割引
UQ mobileからauへ移行し、auのデータ使い放題プラへ加入すると12カ月間、利用料金を月2640円割引する「UQ mobile→au移行プログラム」を提供開始。「家族割プラス」「auスマートバリュー」などの割引と併用できる。(2024/2/26)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Python」でマルウェアの開発が容易に? 判明した問題と仕組み
「Python」向け開発ツール「PyInstaller」を悪用することでマルウェア対策ツールを擦り抜ける攻撃プログラムを開発できる可能性があるという。何が問題なのか。その仕組みを解説する。(2024/2/26)

楽天モバイルの「最強家族プログラム」、グループ作成手順は? 同社が動画で解説 「他社より安い」と三木谷氏
楽天モバイルは2024年2月21日、「最強家族プログラム」の提供を開始した。同一名字の家族なら「Rakuten最強プラン」が1回線あたり毎月110円引きになる。同社は、そのグループを作成する方法について、動画で解説している。(2024/2/22)

検証! Microsoft&Windowsセキュリティ(10):
2024年1月の「WinRE更新エラー」は、なぜ、どのように発生したのか? どうやって解決するつもりなのか?
2024年1月の定例のセキュリティ更新では、多くのWindows 10ユーザーがセキュリティ更新プログラム「KB5034441」がエラー「0x80070643」で更新の失敗を繰り返すという問題に遭遇しました。失敗の原因や回避策、その後の対応を追跡します。(2024/2/22)

蔵出しブックレット
「無線LANルーターの7割は侵入可能」の真相と“驚き”の手口
無線LANルーターへの侵入は、今や安価なハードウェアと攻撃プログラムさえ用意すれば可能なものになりました。侵入を防ぐにはどのような対策を取ればよいのでしょうか。驚きの侵入手口とその対策を解説します。(2024/2/22)

楽天モバイル、iPhone 15シリーズやiPhone 13を最大1万7000円値下げ 最大3万3000円相当の還元も
楽天モバイルは、iPhone 15シリーズやiPhone 13を最大1万7000円値下げ。キャンペーンやプログラムを更新し「Rakuten最強プラン」と対象「iPhone」をセットで購入すると最大3万3000円相当の割引やポイント還元を行う。(2024/2/21)

特選プレミアムコンテンツガイド
「IaC」(Infrastructure as Code)は“もろ刃の剣” その理由とは?
インフラの環境構築作業をプログラムで実行する「IaC」(Infrastructure as Code)には、構築速度の速さといったメリットもあるがデメリットもある。導入に失敗する人が見落としがちな課題とは。(2024/2/21)

アメリカン・エキスプレス、旅行特典やボーナスポイントプログラムを備えた「ゴールド・プリファード・カード」発行
アメリカン・エキスプレス・インターナショナルは、個人向けカード「ゴールド・プリファード・カード」の会員募集/発行を開始した。継続特典として無料宿泊券のプレゼントや有効期限が無期限のボーナスポイントプログラムなど、従来のゴールドカードよりもサービス面で充実していることが特徴だ。(2024/2/20)

さくらのクラウドを経産省が支援 「海外サービスに依存しない状況確保する」
さくらインターネットの「さくらのクラウド」が、経済産業省による「特定重要物資クラウドプログラムの供給確保計画」の認定を受けた。経産省は今後、同サービスの技術開発に関する人件費などを助成する。(2024/2/20)

石野純也のMobile Eye:
楽天モバイルの家族割引で感じた2つの不安要素 「解約抑止」と「黒字化」を両立できるか
家族や複数回線、光回線の契約といった条件付きの割引は提供してこなかった楽天モバイルが、「最強家族プログラム」を提供する。もとの料金が安いため、そこからさらに値下げになるインパクトは大きい。ただし解約抑止効果があるかは未知数だ。(2024/2/17)

楽天モバイルが「最強家族プログラム」を提供する理由 お得度は他社と比べてどれほど最強?
楽天モバイルが2024年2月21日から、「最強家族プログラム」を提供する。複雑な条件なしに割引を受けられるのが大きな売りとなっている。提供の理由は何か、お得度は他社と比べてどれほど最強なのか……?(2024/2/13)

楽天モバイルが「最強家族プログラム」を提供 三木谷氏「他社の家族割より安い」
楽天モバイルは13日、家族で加入することで通信料の割引などが受けられるプラン「最強家族プログラム」を21日から提供すると発表した。(2024/2/13)

楽天モバイルが家族割引「最強家族プログラム」発表 家族の月額料金を110円割引
楽天モバイルが2月13日、家族向けの割引サービス「最強家族プログラム」を発表した。2月21日から提供する。グループの代表者と同一の名字のユーザーに対して、「Rakuten最強プラン」の基本料金を割り引く。(2024/2/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。