• 関連の記事

「石油」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「石油」に関する情報が集まったページです。

自然エネルギー:
新しい熱回収技術で地熱発電の「ゲームチェンジャー」に、東電と三井石油が共同事業
東京電力リニューアブルパワーと三井石油開発が、関東エリアにおける新たな熱回収技術を適用した地熱発電事業を共同で検討することに合意したと発表。新技術により、従来型地熱発電では難しい地域での開発も行える可能性があるという。(2022/6/17)

本格賃上げに待ったなし:
「家計の値上げ許容度も高まってきている」黒田総裁発言の波紋
原油や原材料価格の上昇を受け、4月の実質賃金が前年同月比1.2%減となるなど家計への打撃は大きい。企業の本格的な賃上げは待ったなしだ。(2022/6/7)

「富士そば」が値上げ、6月1日から そば・うどんは1玉あたり20円の上昇
「原油・食材の価格の高騰が影響」とのこと。(2022/5/25)

値上げの波:
揚げ物が大ピンチ! ロシアのウクライナ侵攻が引き起こす“植物性油ショック” 
ロシアのウクライナ侵攻を受けて原油価格が上昇しているが、価格高騰は食用油にも及んでいる。特に揚げ物や食品、日用品などに幅広く使われている植物性の「パーム油」は、トップ生産国のインドネシアが一時、禁輸に踏み切ったことで混乱を招いた。日本も値上げの波がさらに高くなる恐れがある。(2022/5/24)

脱原油 ごみ・植物・廃油から化学品、環境負荷を削減 最大手ら技術開発急ぐ
化学大手が、植物をはじめとするバイオマス原料から樹脂などの化学品を作る技術の開発を急いでいる。(2022/4/20)

帝国データバンク調べ:
値上げ実施済・予定企業は64.7% ロシアのウクライナ侵攻で原材料の価格高騰が加速
新型コロナウイルスの感染拡大やロシアのウクライナ侵攻による供給制約などで、原材料・原油価格の高騰が続き、商品価格を値上げする動きが相次いでいる。今後、どれだけの企業で値上げが予定されているのだろうか。(2022/4/13)

コスモ石油の「カーライフスクエア」がQR決済サービスを開始
コスモ石油マーケティングのアプリ「カーライフスクエア」が、QRコードを提示すれば燃料油代金を支払える決済サービスを提供開始。これまで別々に行っていた会員証とクーポン、決済までの対応を一括で行えるようになる。(2022/4/5)

加速する脱プラの動き:
ファミマ、おにぎりのフィルムを環境配慮型素材に変更 石油系プラスチック削減へ
ファミマはおにぎりのフィルムを環境配慮型素材に変更する。石油系プラスチック削減に向けた取り組みの一環。同社のおにぎり製品全てを変更した場合、年間約7トンの石油系プラスチック削減が見込まれる。(2022/4/4)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
高級時計が半年で価格2倍? 日本で「海外ブランド投資」の関心が広がるワケ
円安と世界的なインフレは、原油や小麦といった商品価格の値上がりだけでなく、海外ブランド品への投資という新たな動きも生み出しているようだ。巷では、入手困難な海外のブランド品である、ロレックスの「デイトナ」や、エルメス、ルイヴィトンの二次流通価格が高騰しており、二次価格相場が半年で倍以上に膨らんだ製品もあるという。(2022/4/1)

石油ファンヒーターが長持ちする片付け方を家電メーカーがアドバイス 安全のために心掛けたいこととは?
残したまま放置すると、灯油が劣化して故障の原因になってしまいます。(2022/3/15)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ロシアからの石油や天然ガスが途絶えても、米国のシェールオイルがカバーできる?
ロシアによるウクライナ侵攻が続いていることで、原油価格が急上昇している。中東の産油国が集うOPECは、今回のウクライナ危機によって原油の増産を検討し始めているが、それ以外にも原油の供給を増強させようという動きがある。それは米国のシェールオイル業界だ。(2022/3/15)

市場はどうなる:
ガソリン価格「1リットル=300円」時代に突入か ロシアが欧米の「禁輸」に脅し
8日のニューヨーク原油先物相場で、主要指標が1バレル=123.70ドルと約13年7カ月ぶりの高値となった。ロシアは自国産原油を欧米が禁輸すれば「300ドルを超える」と脅している。国内のレギュラーガソリン価格は1リットル=172円台で過去最高に近づくが、さらなる上昇が懸念される。(2022/3/9)

ロシア産エネルギー資源に供給リスク 日本、不測の事態に難路
ロシアからのエネルギー資源の供給が滞るリスクが世界で高まっている。日本も原油やLNG、石炭をロシアから輸入しているが、ロシア産の入手が困難になった場合の代替調達は容易ではないとの指摘もあり、エネルギーの安定確保へ手腕が試される。(2022/3/9)

株暴落&原油暴騰“プーチン・パニック”で広がる警戒感
 7日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均は今年最大の下げ幅を記録、8日の東京市場で日経平均株価は一時、2万5000円を割り込んだ。原油価格が高騰する一方、ロシアの通貨ルーブルは最安値を更新した。ロシアのウクライナ侵攻からまもなく2週間、市場は「プーチン・パニック」の様相だ。(2022/3/8)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
原油価格が史上最速ペースの値上がり 「第三次オイルショック勃発」の可能性も
原油価格が歴史上類を見ないスピードで値上がりしている。2020年にはマイナス価格になったこともあるNY原油先物が、22年の初めには75〜80ドル近辺まで値上がりした。そして3月に入ると、年初からさらに4割も暴騰し、一時は1バレル=112ドルを突破したのだ。(2022/3/4)

INPEX、脱炭素5分野に1兆円投資 12年まで
石油・天然ガスの開発や生産を主に手掛けるINPEXは、再生可能エネルギーや、燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しない水素・アンモニアなど、脱炭素関連の5つの分野に、令和12年までの約9年間で最大1兆円程度を投資する。(2022/2/24)

投資家の95%が不支持:
「原油高騰」「ワクチン遅れ」「家計支援なし」の三重苦 専門家の声は?
ロシアのウクライナ侵攻に警戒感が強まるなか、エネルギー供給の混乱など世界経済のリスクも現実味を帯びている。長引くコロナ禍に苦しむ日本経済も正念場だが、ワクチンの追加(ブースター)接種遅れや、不十分な経済対策など岸田文雄政権の失策が影を落とす。(2022/2/18)

内閣府が報告書:
エネ価格上昇や食品値上げで、家計の負担は?
内閣府は7日公表した「日本経済2021−2022」で、食料品の値上げや原油高に伴うエネルギー価格の上昇により、令和3年の家計負担が前年比で……。(2022/2/7)

【漫画】ミュージカルにハマった友人「お金を払うから見て」→本当に配信代が送られてきて…… まるで“石油王”のような布教方法に驚きの声
オタクってすごい。(2022/2/3)

元売りとしてサポート:
出光興産・木藤俊一社長に聞くガソリンスタンドの展望 脳ドックから飲食店まで地域の「よろずや」に
出光興産・木藤俊一社長に、石油元売り大手としての新たな役割を聞いた。(2022/2/1)

ブリヂストンからキーマンを招へい:
DXで飛躍する出光興産・木藤俊一社長を直撃 「昭和シェルとの経営統合」の効果は?
石油元売り大手の出光興産が、昭和シェル石油との経営統合によるシナジー効果とDXによって、脱炭素が求められる新時代で飛躍しようとしている。DX銘柄にも選定された。出光興産の木藤俊一社長に新しいエネルギー時代に求められる将来像を聞く。(2022/1/31)

船舶にワイヤレス充電 電動化で脱炭素 関電など万博に向けた実証実験
関西電力が船舶を使ったワイヤレス充放電システムの実証実験を開始した。運輸、旅客用の船舶の多くは重油や軽油を燃料としており、電動化を進めることで脱炭素への貢献が期待される。(2022/1/28)

ガソリン価格抑制策の発動を発表 1リットル当たり3円40銭
萩生田光一経済産業相は25日の閣議後記者会見で、ガソリンや灯油といった燃油価格の急騰抑制策を発動すると発表した。24日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格が170円20銭となり、ガソリン価格が政府による価格抑制策の発動条件を満たしたと説明した。元売り事業者に対し、小売り事業者への卸価格が改定される27日以降、170円からの超過分20銭に、今週上昇が見込まれる原油価格分3円20銭を加え、ガソリン、軽油、灯油、それぞれ1リットル当たり3円40銭を支給する。(2022/1/25)

LINE証券、CFDサービス開始で米国株取引可能に
LINE証券は1月24日、CFD取引サービスを開始した。米国株だけでなく日本株、株価指数、原油や金、海外ETFなどに投資できる。(2022/1/24)

政府のガソリン価格急騰抑制策、発動が視野に
レギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格が約13年ぶりの高値水準となる170円台に近づき、昨年11月の追加経済対策で政府が用意したガソリンなど燃料の価格急騰を抑える支援策の発動が視野に入ってきた。原油価格の高騰が新型コロナウイルス禍からの回復に向かう日本経済の足を引っ張る事態を防ぐためだが、市場原理に踏み込む異例の措置となる。発動後は、給油所など現場での混乱を最小限にできるかが課題となる。(2022/1/24)

電気・ガス料金さらに値上げ 資源高騰、家計を圧迫
大手電力や都市ガスの家庭向け電気・ガス料金の上昇が続いている。燃料となる石油や液化天然ガス(LNG)などの資源価格が高騰しているからで、当面は全国的に電気・ガス料金の高止まりが予想される。資源高、円安の進行で輸入価格も上昇しており、電気・ガス料金とともに家計を圧迫しかねない。(2022/1/21)

2025年までにプラ使用量半減へ:
ハーゲンダッツジャパン、石油由来のプラスチック製スプーン順次廃止 バイオマス配合素材に
ハーゲンダッツジャパンは、同社が提供するアイスクリームの包材とスプーン素材を、石油由来のプラスチックから、環境に配慮した非プラスチック素材に順次切り替えると発表した。(2022/1/19)

脱炭素最前線:
三菱重工、30年の実績持つCO2分離・回収プラント コスト削減で首位維持へ
石油産業によって発展を遂げた米テキサス州ヒューストン。その中心部から南西60キロほどのところにある石炭火力発電所で今、脱炭素時代の象徴ともいえる設備が稼働している。(2022/1/13)

22年1月12日から:
クリスピー・クリーム・ドーナツ、約3〜12%値上げ
クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンが、レギュラードーナツとドリンクの価格を値上げする。原材料や原油の価格高騰が響いたという。(2021/12/28)

すき家が牛丼などを値上げ 並盛は350円→400円、コストアップが原因
原材料価格・原油価格が下がらない限り、すき家以外にも影響がありそうですね……。(2021/12/20)

すき家、牛丼を値上げ 並盛は350円から400円に
牛丼チェーン店「すき家」を運営するすき家は12月20日、12月23日午前9時から全店で一部商品の価格を改定すると発表した。世界的な原材料価格、原油価格の高騰に対応するためだという。(2021/12/20)

研究開発の最前線:
細胞がモノづくりする「スマートセルインダストリー」、島津と神戸大が実証開始
島津製作所と神戸大学は、先端バイオ工学を用いて人工的に遺伝子を変化させた細胞「スマートセル」によって、医薬品や食品、新素材、石油化学製品代替素材などの量産を可能にする「スマートセルインダストリー」に向けて、ロボットとデジタル技術、AIなどを活用した自律型実験システムのプロトタイプの有用性検証を開始した。(2021/12/13)

インフレもたらしたサプライチェーン混乱は、ピークを超えた?
原油高などに伴う値上げが国内でもニュースになっているが、世界でインフレといえば最も注目されるのが米国のインフレだ。11月10日に発表された10月米消費者物価指数(CPI)は前年同月比で6.2%と加速。エネルギーや食品を除いたコアCPIでも4.6%と上昇し、米国のインフレは加速している。(2021/12/10)

石油依存からの脱却を図るサウジアラビア
サウジアラビアの基金管理団体が「OCI」を選んだ“政府機関ならでは”の理由
石油やガスへの経済的依存度を減らすために、サウジアラビアは観光産業開発に40億ドルの基金を投資する。同基金は財務や人事、調達といった業務を効率化させるために、OCIを採用した。その理由とは。(2021/11/26)

どうなるインフレ? 流動性相場はまだまだ続く
昨今インフレが話題だ。米国ではインフレ率が急上昇し、国内でも原油高資源高の影響やガソリンや日常食品などで値上げが続いている。コロナ禍からの経済回復がまだ完全ではないなか、インフレが襲うと、不況下で物価上昇が起きる「スタグフレーション」の声さえ聞かれる。(2021/11/12)

製造IT導入事例:
AIを活用した、原油操業スケジュール管理効率化ソリューションを導入
AVEVAのクラウドソリューション「AVEVA Schedule AI Assistant」を、出光興産の北海道製油所が導入した。最適化機能とAI活用し、製油所の原油操業スケジュール管理を効率化する。(2021/11/8)

家計を直撃する原油高騰:
ガソリン150円台の給油所に行列 「外出を減らすしか」200円超の島も
原油価格の高騰が、沖縄県内でも家計を直撃している。1日の1リットル当たりのガソリン価格は全国平均を上回る173円20銭を記録し、離島では200円以上の給油所も。(2021/11/7)

輸入牛肉の価格高騰や原油高の影響:
吉野家、牛丼を値上げ 並盛は387円→426円に
吉野家が「牛丼」など一部商品の価格を改定。牛丼並盛は387円から426円に値上げする。輸入牛肉の価格高騰や原油高が響いた。(2021/10/29)

吉野家が牛丼値上げ 並盛387円→426円に
急激な輸入牛肉の価格高騰や原油高の影響により。(2021/10/29)

行ってみたい! 「石油プラットフォーム」を改造して大型海上テーマパークに サウジアラビアで計画
ジェットコースターや海底レストランなどを設ける予定。(2021/10/27)

石油価格上昇 インフレによるスタグフレーションの心配はない?
昨今、原油価格の高騰などから、景気後退とインフレ(物価上昇)が同時に起こるスタグフレーションを警戒する声が聞かれる。1970年代のオイルショックの際には、景気後退で給料が上がらないにもかかわらず物価が上昇し、生活者にとって極めて厳しい状況となった。(2021/10/13)

製造ITニュース:
プラントの手動オペレーションを支援するAI、温度や圧力から推奨値を自動提示
横河ソリューションサービスとNTTコミュニケーションズは2021年10月7日、JNC石油化学の市原製造所に、手動オペレーションの推奨値を推測してプラント運転員に提示するAIモデルを用いたソリューションの導入実験を実施した。(2021/10/12)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】エネルギー価格上昇、平均時給の増加基調などインフレ懸念への警戒感が一層高まる
原油先物価格が大きく上昇、サプライチェーンの混乱や人手不足によるコスト増加が企業収益を一段と圧迫するとの思惑が広がりインフレ懸念が高まりました。サービス業の景況感を示す指標が予想を上回ったことは投資家心理の支えになりました(ISM、ミシガン)。10年債利回りは6月中旬以来の水準まで上昇。(2021/10/12)

「データを使ったコミュニケーション」で何が実現するか:
PR:データは「21世紀の石油」、集計作業「ゼロ時間化」で現場活用の仕組みを構築
ビジネスにおいてデータ活用は不可欠だ。手作業や属人化、サイロ化を防ぎ、誰でもすぐにデータ活用の恩恵を受けられるような仕組みを作れば業務の効率や生産性を上げられる。その最初の一歩として、従業員が必要な売り上げデータを呼び出せるよう、柔軟な仕組みを構築した例を追った。(2021/9/24)

エネルギー管理:
既存の石油設備を活用してCO2フリー水素を製造、エネオスが実証へ
ENEOSが、製油所の既存設備を活用して水素キャリアであるメチルシクロヘキサン(MCH)から水素を取り出し利用する実証を開始。CO2フリー水素サプライチェーンの構築に向けた要素技術の一つとして、実用化に向けた検証を進める。(2021/8/19)

製造IT導入事例:
国内大手石油用機器製造販売企業が基幹システムにSaaSを採用
日本オラクルがSaaSとして提供する「Oracle Fusion Cloud Applications」製品群を、タツノが基幹システムに採用した。製品ライフサイクル情報など、経営情報をリアルタイムに確認可能になった。(2021/8/16)

TechTarget発 世界のITニュース
石油パイプラインへのランサムウェア攻撃 FBIが身代金の約半分を回収できた訳
FBIは、2021年5月のランサムウェア攻撃でColonial Pipelineが支払った440万ドルの身代金の一部を取り戻した。どのような手法で身代金にたどり着き、回収したのか。(2021/7/20)

Darksideに支払われたビットコインの身代金230万ドル相当をDoJが奪還
石油移送パイプライン大手のColonialがランサムウェア攻撃の身代金として支払ったビットコインの一部を、米司法省が追跡に成功し、押収したと発表した。FBIは「不正な資金を隠蔽することはできない」と語った。(2021/6/8)

この頃、セキュリティ界隈で:
石油パイプラインを停止させた「ダークサイド」のパワー 身代金目当てに大企業を揺さぶる二重三重の脅し
(2021/5/17)

FAメルマガ 編集後記:
米石油パイプラインのサイバー攻撃に見る、工場が金銭目的で狙われる時代
エコシステムに組み込まれそうなのが問題なのです。(2021/5/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。