• 関連の記事

「石油」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「石油」に関する情報が集まったページです。

デジタルファブリケーション:
3Dプリンタで原油関連施設の壁面を建設 日揮グローバルがサウジアラビアで
日揮ホールディングスの海外EPC事業会社となる日揮グローバルは、サウジアラビアで遂行中の原油/ガス分離設備建設プロジェクトで、建屋外壁の造形に3Dプリンタ技術を導入すると決めた。(2024/6/10)

第9回「液化石油ガス流通WG」:
迫るLPガス商慣行の是正に向けた省令改正、ガイドラインの内容も改定へ
「無償貸与」や「貸付配管」といった商習慣が問題視されているLPガス業界。適正化に向け2024年7月に改正省令が施行される予定だが、その実効性を高めるため、資源エネルギー庁の「液化石油ガス流通ワーキンググループ(WG)」の第9回会合では「取引適正化ガイドライン」の改正案が示された。(2024/5/30)

FAニュース:
AI技術による原油処理装置の自動運転開始、手動操作を超える高効率運転
ENEOSとPreferred Networksが共同で開発したAIシステムが、ENEOSの川崎製油所の常圧蒸留装置で安定的な自動運転を開始した。(2024/5/27)

電動化:
タイにおける電動車事業の提携に向けた検討開始、現地のCN促進に貢献
三菱自動車とミツビシ・モーターズ(タイランド)は、タイ石油、そのEV関連統括会社であるアルン・プラスと電動車事業の提携に向けた協議開始に合意した。タイにおけるカーボンニュートラル促進に貢献する。(2024/5/21)

脱炭素:
日本初、浮体式石油・天然ガス生産設備におけるGHG排出量定量化に成功
三井海洋開発と日揮ホールディングスの子会社である日揮グローバルは、日本企業で初めて操業中の浮体式海洋石油・天然ガス生産貯蔵積出設備におけるメタンを含むGHG排出量の正確な把握に成功した。(2024/5/16)

FAニュース:
ロボットを活用したプラント保守を支援する運用ソフトウェア、Spotなど対応
横河電機は、ロボット運用ソリューション「OpreX Robot Management Core」の販売を開始した。ロボットを活用したプラント保守を推進し、石油やガス、化学業界などの現場作業の安全性向上、効率化に貢献する。(2024/4/16)

デロイト トーマツ グループが「クライシスマネジメント」の実態調査結果を発表:
日本国内で優先的に対処すべきリスク 第2位は「原材料、原油価格の高騰」、1位は?
デロイト トーマツ グループは、「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」の2023年版を発表した。特定のクライシス(企業に重大な影響を与える出来事)については、51.4%の会社が対応計画を策定しているものの、リスクマネジメントと連動した体系的な対応計画を策定している企業の割合は一桁台と非常に少なかった。(2024/4/4)

わが道を貫いたトヨタの「先見性」 明らかになってきたEV・脱炭素の「欺瞞」
このところ、電気自動車(EV)に関するネガティブなニュースが増えてきた。国際投資アナリストの大原浩氏は、EV化推進を含む「脱炭素」の欺瞞(ぎまん)が明らかになってきたと強調する。大原氏は緊急寄稿で、いまの日本にとって必要なのは「脱炭素」ではなく、石油や天然ガスなど「炭素=化石燃料」だと強調する。(2024/3/18)

Cybersecurity Dive:
コロニアルパイプラインの再来か? AlphVがカナダの石油パイプライン運営企業への攻撃を主張
AlphVは、カナダの石油パイプライン運営企業Trans-Northern Pipelinesにサイバー攻撃を仕掛けたと主張している。このサイバー攻撃によって通信を含む内部システムに影響があったことを確認した。(2024/3/3)

脱炭素:
日豪間のCCSバリューチェーン構築に向け、海上輸送調査に関する覚書を締結
商船三井は、日本とオーストラリア間におけるCCSバリューチェーンの構築に向け、JX石油開発と海上輸送などの調査、検討に関する覚書を締結した。脱炭素の取り組みを加速し、カーボンニュートラルの促進に貢献する。(2024/2/19)

「頑丈ノートPC」の概要と主要製品6選【第8回】
装着すればスマホやPCが“頑丈”になる「防爆ケース」とは?
過酷な環境でも使用できる「頑丈デバイス」は、化学工場や石油プラントなど危険な場所で使える。だがコストの高さといった要因から導入のハードルは高い。この問題を解決する保護ケースとは。(2024/2/18)

2〜3年以内の実行を念頭に:
レゾナックが石油化学事業の分社化を検討開始 半導体での成長加速に向け
レゾナックは2024年2月14日、2023年度通期(2023年1〜12月)の決算発表に合わせて行った戦略説明会で、石油化学事業のパーシャルスピンオフ(分社化)の検討を開始したと発表した。石油化学事業を切り離すことで、半導体材料への事業集中を加速させる。(2024/2/15)

製造マネジメントニュース:
レゾナックが石油化学事業のパーシャルスピンオフを検討、上場も視野に
レゾナック・ホールディングスは、東京都内とオンラインで記者会見を開き、連結子会社であるレゾナックの石油化学事業についてパーシャルスピンオフの検討を開始したと発表した。(2024/2/15)

リサイクルニュース:
ファミマが弁当の容器規格を見直し、年間約421tの石油系プラスチックを削減
ファミリーマートは、プラスチック削減の取り組みとして、プライベートブランド「ファミマルKITCHEN」のチルド弁当やチルドすしの容器を変更する。年間約421tの石油系プラスチックを削減する。(2024/1/30)

材料技術:
バイオマス度90%以上のセルロースファイバー成形材料をサンプル販売
パナソニック ホールディングスは、同社が開発したバイオマス度90%以上のセルロースファイバー成形材料「kinari」のサンプル販売を開始する。石油由来樹脂のポリプロピレンをバイオポリエチレンに変更し、バイオマス度を高めた。(2024/1/25)

「化石燃料の段階的廃止」の行方は:
COP28で産油国が議長に 「化石燃料との決別」が宣言された交渉の舞台裏
昨年開催されたCOP28の議長国は、産油国のアラブ首長国連邦(UAE)だった。加えて、議長は国営石油会社のCEOでもあった。「気候変動会議の議長を化石燃料会社のCEOがリードできるのか?」と大きな話題を呼んだCOP28、どのような結末を迎えたのか。(2024/1/22)

エネルギー管理:
「有事への備え」――石油・LPガス備蓄の現状と水素等へのタンク転用
電力インフラのレジリエンスを考える上で、災害時にはエネルギー供給の「最後の砦」と位置付けられている石油。昨今の不安定な国際情勢や脱炭素化の流れを受け、資源エネルギー庁では今後の石油備蓄の在り方についての検討を進めている。(2024/1/18)

ファミマ、チルド弁当などで容器を変更 年間400トン超のプラ削減へ
ファミリーマートがチルド商品の容器を見直すと発表した。1月から順次実施し、年間で400トン超の石油系プラスチック削減を見込む。(2024/1/18)

夢の糸で「繊維革命」幕開け バイオ素材量産 慶大発スパイバー
丈夫で環境にも優しい“夢の糸”が、石油を原料としたポリエステル以来ともいわれる繊維革命を起こそうとしている。(2024/1/16)

コスモ石油、QR決済に本格対応 PayPayなど、全国2000店舗で
全国のコスモステーションで、QR決済サービス「d払い」「楽天ペイ」「PayPay」に本格的に対応する。(2024/1/10)

材料技術:
液体クロマトグラフにセルロースファイバー強化難燃複合樹脂を採用
島津製作所は、分析計測機器の液体クロマトグラフ「Nexera」シリーズの構成ユニット15種類に、セルロースファイバー強化難燃複合樹脂を採用した。石油由来樹脂の使用を削減しつつ、強度と軽さ、難燃性を兼ね備えている。(2023/12/7)

製造IT導入事例:
ENEOSとPreferred Networks、石油プラントのAI自動運転で手動超えの高効率運転達成
ENEOSとPreferred Networksは、石油精製、石油化学プラントを自動運転するAIシステムの常時運転を、ENEOS川崎製油所石油化学プラント内のブタジエン抽出装置で2023年1月に開始し、手動操作以上の高効率での運転を達成した。(2023/8/28)

Cybersecurity Dive:
カナダのエネルギー企業を狙ったサイバー攻撃、石油・ガスの供給混乱が狙いか
カナダのエネルギー企業Suncor Energyがサイバーセキュリティインシデントの被害に遭った。このサイバー攻撃は石油・ガスの供給を混乱させる狙いがあったとみられている。(2023/7/29)

脱炭素:
石油化学プラントで排出するCO2から低級オレフィンを合成する技術を実証
IHIは、石油製品の製造工程で発生するCO2を原料にした、低級オレフィン合成技術の実証試験を開始する。タイのSCG Chemicalsが運営する石油化学プラントにCO2回収装置と低級オレフィン合成反応器を設置し、小型スケールでの実証に取り組む。(2023/7/14)

研究開発の最前線:
高圧水素輸送用ラインパイプ材の特性評価研究が助成プログラムに採択
JFEスチールの高圧水素輸送用ラインパイプ材の特性評価に関する研究開発が、「海洋石油・天然ガスに係る日本財団とDeepStarの連携技術開発助成プログラム」に採択された。パイプライン材料の評価基準の確立を図る。(2023/6/30)

新鉱物「北海道石」、石油生成の謎を解くカギに?
北海道の2地域で新鉱物「北海道石」(ほっかいどうせき、学名:hokkaidoite)が見つかった。石油生成の謎を解くカギが含まれており、今後の研究にも期待されている。(2023/6/19)

製造マネジメントニュース:
ノルウェー領海で石油や天然ガス鉱区の開発を進める英企業に資本参加
石油資源開発は、Longboat Energyの子会社で、ノルウェー領海の石油/天然ガス鉱区で探鉱と開発事業を進めるLongboat Energy Norgeに資本参加する。海外の新たな石油/天然ガス開発権益の確保を図る。(2023/5/25)

GWにオープン:
大分県宇佐市に全4棟のグランピング施設、特徴は?
賀来石油は、大分県宇佐市安心院(あじむ)町に全4棟のグランピング施設「GLAMP CABIN-グランキャビン-安心院」をオープンする。宿泊料金は素泊まりの場合、1人1万2800円から。(2023/3/29)

法制度・規制:
LPガス業界の取引適正化へ制度改革を検討、問題視されている商習慣とは?
資源エネルギー庁が7年振りに「液化石油ガス流通ワーキンググループ(WG)」を開催。以前から指摘されている、いわゆる「無償貸与」「無償配管」といったLGガス業界特有の商慣行の適正化に向け、制度改革の検討を開始した。(2023/3/10)

電源なしでストーブの暖気を遠くに届ける「ストーブファン」、サンコーが発売
サンコーは16日、電源不要で暖気を循環させる「ストーブファン」を発売した。石油ストーブや薪ストーブの上にのせるだけで羽が回転する。(2023/1/19)

石油ストーブにガソリンを誤給油するとどうなる? 東京消防庁の実験動画に「すぐ爆発すると思ってた」「危険なのことに変わりはない」
気付いたときには手遅れになっていそう。(2023/1/9)

愛媛“ガソリン混入灯油”販売で市が緊急速報メール活用 「良い使い方」「本来の使い方ではないのでは」と賛否
結果的には全購入者を特定できたようです。(2022/12/30)

導入事例:
バイオディーゼル燃料の建設機械への利用を実証実験で検証、戸田建設ら
戸田建設は、高純度バイオディーゼル燃料事業者連合会や未来樹、アクティオとともに、作業所の温室効果ガス排出削減対策として、バイオディーゼル燃料を軽油に30%混合した燃料(B30燃料)を建設機械に利用する実証実験を行っている。(2022/12/29)

軽油は凍る! ディーゼル車で寒冷地に行くときは「現地で給油」が鉄則 エンジンがかからなくなる場合も
使用できる外気温によって5種類に分類されています。(2022/12/21)

200人が選ぶ:
人気の石油ストーブメーカー 3位「ダイニチ」、2位「トヨトミ」、1位は?
「この冬買いたい石油ストーブ」に関する調査。「どこの会社・メーカーの石油ストーブを買った?」と聞いたところ、最も多かったメーカーは「コロナ」という結果に。2位は「トヨトミ」、3位は「ダイニチ」だった。(2022/12/21)

キャンプ場に焼け焦げた石油ストーブが放置、あわや山火事 利用客の行いを嘆くオーナーに話を聞いた
当該の利用客からは後日に謝罪とストーブの回収の申し出があったそうです。(2022/11/16)

サイバー攻撃事例に学ぶ【後編】
サプライチェーンを危険にする「NGなセキュリティ対策」 ドイツの事例で解説
サプライヤーを起因としたサイバー攻撃が広がる傾向にある。企業はどのような対策を取るべきなのか。ドイツの石油貯蔵会社Oiltankingが受けたサイバー攻撃の事例を基に解説する。(2022/9/20)

センシンロボティクスとSAP、大規模プラントの設備保全を効率化する統合プラットフォームを提供
センシンロボティクスとSAPは国内外で石油やガス、電力などの大規模プラントを保有する企業向けに設備保全を効率化する業務自動化統合プラットフォーム「SENSYN CORE」の提供を開始した。省人化や自動化に加え、サステナビリティや環境衛生面、安全面の便益も期待できるという。(2022/9/14)

サイバー攻撃事例に学ぶ【中編】
独石油貯蔵会社へのサイバー攻撃には“あの国”が関与か?
ドイツの石油貯蔵会社Oiltankingのシステムがサイバー攻撃を受けた。攻撃により、国民に影響を及ぼしかねない“ある問題”が浮き彫りになった。(2022/9/13)

イノベーションのレシピ:
加湿器大手のダイニチ工業が空気清浄機に再参入、なぜ加湿機能を付けないのか
ダイニチ工業が空気清浄機市場に再参入する。同社は家庭用石油ファンヒーターや加湿器の大手メーカーだが、2007年に撤退してから15年ぶりに空気清浄機の新製品を投入する。集じん力と静音性能、手入れの容易さを実現する、フィルター式と電気集じん式を組み合わせたハイブリッド式空気清浄機「CL-HB922」を2022年10月1日に発売する。(2022/9/9)

サイバー攻撃事例に学ぶ【前編】
独石油貯蔵会社への攻撃で浮き彫りになった「OT系システム」停止のリスク
ドイツの石油貯蔵会社Oiltankingのシステムがサイバー攻撃を受けた。どのシステムが被害に遭い、どのような影響があったのか。(2022/9/7)

約8割が中小企業:
止まらない値上げで「物価高倒産」急増 8月中にも過去最多を更新か
帝国データバンクの調査によると、原油や燃料、原材料などの仕入れ価格上昇、取引先からの値下げ圧力などで価格転嫁できなかった値上げ難などにより、収益が維持できずに倒産する「物価高倒産」が急増しているという。(2022/8/29)

ポータブル電源で動かせる石油ファンヒーター、コロナが発売 停電やアウトドア想定
コロナは18日、定格出力200W以上のポータブル電源で動かせるように設計した石油ファンヒーターを発表した。価格は2万4800円。(2022/8/18)

各業界が取り組むサステナビリティ【第3回】
CO2出しまくり“石油化学業界”に使ってほしいソフトウェアとは?
石油化学工業が排出する温室効果ガスは、世界の排出量の約10分の1を占めるという。そのような中、温室効果ガス削減に取り組む企業が活用するのがソフトウェアだ。どのような機能なのか。(2022/8/17)

“石油王の娘”の意外な正体とは? 言い方を変えるだけて面白い肩書きになってしまうという話
ちりめん問屋のご隠居を名乗りたい。(2022/7/8)

自然エネルギー:
新しい熱回収技術で地熱発電の「ゲームチェンジャー」に、東電と三井石油が共同事業
東京電力リニューアブルパワーと三井石油開発が、関東エリアにおける新たな熱回収技術を適用した地熱発電事業を共同で検討することに合意したと発表。新技術により、従来型地熱発電では難しい地域での開発も行える可能性があるという。(2022/6/17)

「富士そば」が値上げ、6月1日から そば・うどんは1玉あたり20円の上昇
「原油・食材の価格の高騰が影響」とのこと。(2022/5/25)

帝国データバンク調べ:
値上げ実施済・予定企業は64.7% ロシアのウクライナ侵攻で原材料の価格高騰が加速
新型コロナウイルスの感染拡大やロシアのウクライナ侵攻による供給制約などで、原材料・原油価格の高騰が続き、商品価格を値上げする動きが相次いでいる。今後、どれだけの企業で値上げが予定されているのだろうか。(2022/4/13)

コスモ石油の「カーライフスクエア」がQR決済サービスを開始
コスモ石油マーケティングのアプリ「カーライフスクエア」が、QRコードを提示すれば燃料油代金を支払える決済サービスを提供開始。これまで別々に行っていた会員証とクーポン、決済までの対応を一括で行えるようになる。(2022/4/5)

加速する脱プラの動き:
ファミマ、おにぎりのフィルムを環境配慮型素材に変更 石油系プラスチック削減へ
ファミマはおにぎりのフィルムを環境配慮型素材に変更する。石油系プラスチック削減に向けた取り組みの一環。同社のおにぎり製品全てを変更した場合、年間約7トンの石油系プラスチック削減が見込まれる。(2022/4/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。