• 関連の記事

「石油」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「石油」に関する情報が集まったページです。

電気・ガス料金さらに値上げ 資源高騰、家計を圧迫
大手電力や都市ガスの家庭向け電気・ガス料金の上昇が続いている。燃料となる石油や液化天然ガス(LNG)などの資源価格が高騰しているからで、当面は全国的に電気・ガス料金の高止まりが予想される。資源高、円安の進行で輸入価格も上昇しており、電気・ガス料金とともに家計を圧迫しかねない。(2022/1/21)

2025年までにプラ使用量半減へ:
ハーゲンダッツジャパン、石油由来のプラスチック製スプーン順次廃止 バイオマス配合素材に
ハーゲンダッツジャパンは、同社が提供するアイスクリームの包材とスプーン素材を、石油由来のプラスチックから、環境に配慮した非プラスチック素材に順次切り替えると発表した。(2022/1/19)

脱炭素最前線:
三菱重工、30年の実績持つCO2分離・回収プラント コスト削減で首位維持へ
石油産業によって発展を遂げた米テキサス州ヒューストン。その中心部から南西60キロほどのところにある石炭火力発電所で今、脱炭素時代の象徴ともいえる設備が稼働している。(2022/1/13)

22年1月12日から:
クリスピー・クリーム・ドーナツ、約3〜12%値上げ
クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンが、レギュラードーナツとドリンクの価格を値上げする。原材料や原油の価格高騰が響いたという。(2021/12/28)

すき家が牛丼などを値上げ 並盛は350円→400円、コストアップが原因
原材料価格・原油価格が下がらない限り、すき家以外にも影響がありそうですね……。(2021/12/20)

すき家、牛丼を値上げ 並盛は350円から400円に
牛丼チェーン店「すき家」を運営するすき家は12月20日、12月23日午前9時から全店で一部商品の価格を改定すると発表した。世界的な原材料価格、原油価格の高騰に対応するためだという。(2021/12/20)

石油化学事業の大規模再編幕開けか 最大手・三菱ケミカル分離発表
化学業界最大手の三菱ケミカルホールディングスが、主力の石油化学事業を分離する方針を打ち出した。(2021/12/16)

研究開発の最前線:
細胞がモノづくりする「スマートセルインダストリー」、島津と神戸大が実証開始
島津製作所と神戸大学は、先端バイオ工学を用いて人工的に遺伝子を変化させた細胞「スマートセル」によって、医薬品や食品、新素材、石油化学製品代替素材などの量産を可能にする「スマートセルインダストリー」に向けて、ロボットとデジタル技術、AIなどを活用した自律型実験システムのプロトタイプの有用性検証を開始した。(2021/12/13)

インフレもたらしたサプライチェーン混乱は、ピークを超えた?
原油高などに伴う値上げが国内でもニュースになっているが、世界でインフレといえば最も注目されるのが米国のインフレだ。11月10日に発表された10月米消費者物価指数(CPI)は前年同月比で6.2%と加速。エネルギーや食品を除いたコアCPIでも4.6%と上昇し、米国のインフレは加速している。(2021/12/10)

まとめてみた:
「値下げ商品教えます」 大手家具店に無印良品や野菜・電車も
原油高や原材料高を背景に電気料金やガソリン価格、食品など身近な商品の値上げが相次いでいる。家計が逼迫する冬場となるが、よく探してみると値下げ品や割安な商品も少なからずある。(2021/12/6)

石油依存からの脱却を図るサウジアラビア
サウジアラビアの基金管理団体が「OCI」を選んだ“政府機関ならでは”の理由
石油やガスへの経済的依存度を減らすために、サウジアラビアは観光産業開発に40億ドルの基金を投資する。同基金は財務や人事、調達といった業務を効率化させるために、OCIを採用した。その理由とは。(2021/11/26)

エアコン商戦 寒冷地で熱 暖房能力向上 灯油価格高騰も追い風
冬のエアコン商戦が始まった。灯油を使うヒーターが主流の寒冷地に向けて、家電各社は外気温がマイナス10度や20度を超えても室内がしっかりと暖まる高機能モデルを相次いで投入している。(2021/11/24)

エアコン商戦 寒冷地で熱 暖房能力向上 灯油価格高騰も追い風
冬のエアコン商戦が始まった。この数年、?激戦区?として注目されるのが北海道や東北地方だ。灯油を使うヒーターが主流の寒冷地に向けて、家電各社は外気温がマイナス10度や20度を超えても室内がしっかりと暖まる高機能モデルを相次いで投入している。新型コロナウイルス禍で在宅時間が増えたことや原油高も追い風となっている。(2021/11/23)

どうなるインフレ? 流動性相場はまだまだ続く
昨今インフレが話題だ。米国ではインフレ率が急上昇し、国内でも原油高資源高の影響やガソリンや日常食品などで値上げが続いている。コロナ禍からの経済回復がまだ完全ではないなか、インフレが襲うと、不況下で物価上昇が起きる「スタグフレーション」の声さえ聞かれる。(2021/11/12)

企業業績、遠い完全復調 半導体不足・資源高が壁に
東京証券取引所1部上場企業の令和3年9月中間連結決算は、新型コロナウイルス禍で増えた「巣ごもり需要」や円安効果を取り込んだ製造業を中心に過去最高益が相次いだ。ただ、原油などの資源高や半導体不足といったリスクを抱え、先行きは楽観できない。コロナ禍の影響で売り上げが激減する鉄道や航空業の経営環境は依然厳しく、コロナ禍前への完全復調はまだ遠い状況だ。(2021/11/12)

製造IT導入事例:
AIを活用した、原油操業スケジュール管理効率化ソリューションを導入
AVEVAのクラウドソリューション「AVEVA Schedule AI Assistant」を、出光興産の北海道製油所が導入した。最適化機能とAI活用し、製油所の原油操業スケジュール管理を効率化する。(2021/11/8)

米、ロシア系ハッカー集団「ダークサイド」に懸賞金11億円
米国務省は、米国で2021年5月に石油パイプラインを標的としたサイバー攻撃を仕掛けたロシア系ハッカー集団「ダークサイド」の中心人物の身元や居場所の特定につながる情報に最大で1000万ドルの懸賞金を支払うと発表した。(2021/11/8)

家計を直撃する原油高騰:
ガソリン150円台の給油所に行列 「外出を減らすしか」200円超の島も
原油価格の高騰が、沖縄県内でも家計を直撃している。1日の1リットル当たりのガソリン価格は全国平均を上回る173円20銭を記録し、離島では200円以上の給油所も。(2021/11/7)

輸入牛肉の価格高騰や原油高の影響:
吉野家、牛丼を値上げ 並盛は387円→426円に
吉野家が「牛丼」など一部商品の価格を改定。牛丼並盛は387円から426円に値上げする。輸入牛肉の価格高騰や原油高が響いた。(2021/10/29)

吉野家が牛丼値上げ 並盛387円→426円に
急激な輸入牛肉の価格高騰や原油高の影響により。(2021/10/29)

行ってみたい! 「石油プラットフォーム」を改造して大型海上テーマパークに サウジアラビアで計画
ジェットコースターや海底レストランなどを設ける予定。(2021/10/27)

“令和オイルショック”か 原油、ガソリン価格高騰 納豆メーカーやクリーニング店も悲鳴
 令和のオイルショックは来るのか。原油価格が年初から約7割も上昇し、7年ぶりの高値水準となった。これに伴いガソリン価格も値上がりが続いているが、納豆メーカーやクリーニング店など生活に密着した事業者も対応に苦慮している。(2021/10/21)

石油元売り大手が再エネ強化 ENEOSは巨額買収
石油元売り大手が再生可能エネルギー事業を強化している。脱炭素の波に乗り遅れまいと、再生エネ事業の拡大を通じ、石油ビジネスに依存した従来の事業構造からの脱却を加速する。(2021/10/21)

「170円突破の可能性」ガソリン当面値上がりか
レギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格が約7年ぶりの高値圏に突入した。ガソリンの原料となる原油の価格が高騰を続けているためだ。ガソリン価格は当面、値上がり傾向が続くとの見方が多く、車を使う家計や物流業者などの負担が膨らみかねない。(2021/10/14)

石油価格上昇 インフレによるスタグフレーションの心配はない?
昨今、原油価格の高騰などから、景気後退とインフレ(物価上昇)が同時に起こるスタグフレーションを警戒する声が聞かれる。1970年代のオイルショックの際には、景気後退で給料が上がらないにもかかわらず物価が上昇し、生活者にとって極めて厳しい状況となった。(2021/10/13)

製造ITニュース:
プラントの手動オペレーションを支援するAI、温度や圧力から推奨値を自動提示
横河ソリューションサービスとNTTコミュニケーションズは2021年10月7日、JNC石油化学の市原製造所に、手動オペレーションの推奨値を推測してプラント運転員に提示するAIモデルを用いたソリューションの導入実験を実施した。(2021/10/12)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】エネルギー価格上昇、平均時給の増加基調などインフレ懸念への警戒感が一層高まる
原油先物価格が大きく上昇、サプライチェーンの混乱や人手不足によるコスト増加が企業収益を一段と圧迫するとの思惑が広がりインフレ懸念が高まりました。サービス業の景況感を示す指標が予想を上回ったことは投資家心理の支えになりました(ISM、ミシガン)。10年債利回りは6月中旬以来の水準まで上昇。(2021/10/12)

ガソリン価格、約3年ぶり160円台 原油高が影響、家計などに逆風
経済産業省が6日発表した4日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、9月27日時点の前回調査と比べて1円30銭高い160円ちょうどだった。原油高の影響で2018年10月以来、3年ぶりに160円台となった。値上がりは5週連続。加工食品など幅広い商品で値上げが相次ぐ中、ガソリン価格上昇は家計へのさらなる逆風となる。(2021/10/6)

「データを使ったコミュニケーション」で何が実現するか:
PR:データは「21世紀の石油」、集計作業「ゼロ時間化」で現場活用の仕組みを構築
ビジネスにおいてデータ活用は不可欠だ。手作業や属人化、サイロ化を防ぎ、誰でもすぐにデータ活用の恩恵を受けられるような仕組みを作れば業務の効率や生産性を上げられる。その最初の一歩として、従業員が必要な売り上げデータを呼び出せるよう、柔軟な仕組みを構築した例を追った。(2021/9/24)

エネルギー管理:
既存の石油設備を活用してCO2フリー水素を製造、エネオスが実証へ
ENEOSが、製油所の既存設備を活用して水素キャリアであるメチルシクロヘキサン(MCH)から水素を取り出し利用する実証を開始。CO2フリー水素サプライチェーンの構築に向けた要素技術の一つとして、実用化に向けた検証を進める。(2021/8/19)

製造IT導入事例:
国内大手石油用機器製造販売企業が基幹システムにSaaSを採用
日本オラクルがSaaSとして提供する「Oracle Fusion Cloud Applications」製品群を、タツノが基幹システムに採用した。製品ライフサイクル情報など、経営情報をリアルタイムに確認可能になった。(2021/8/16)

TechTarget発 世界のITニュース
石油パイプラインへのランサムウェア攻撃 FBIが身代金の約半分を回収できた訳
FBIは、2021年5月のランサムウェア攻撃でColonial Pipelineが支払った440万ドルの身代金の一部を取り戻した。どのような手法で身代金にたどり着き、回収したのか。(2021/7/20)

Darksideに支払われたビットコインの身代金230万ドル相当をDoJが奪還
石油移送パイプライン大手のColonialがランサムウェア攻撃の身代金として支払ったビットコインの一部を、米司法省が追跡に成功し、押収したと発表した。FBIは「不正な資金を隠蔽することはできない」と語った。(2021/6/8)

この頃、セキュリティ界隈で:
石油パイプラインを停止させた「ダークサイド」のパワー 身代金目当てに大企業を揺さぶる二重三重の脅し
(2021/5/17)

FAメルマガ 編集後記:
米石油パイプラインのサイバー攻撃に見る、工場が金銭目的で狙われる時代
エコシステムに組み込まれそうなのが問題なのです。(2021/5/17)

石灰石が原料の恐竜化石プラモデル、バンダイが発売 石油由来プラスチックを年間5トン削減
石灰石が主原料の新素材を使った「恐竜骨格プラモデル」をBANDAI SPIRITSが発売する。環境負荷の低減と本物の化石を思わせる質感が特長。(2021/5/13)

「DarkSide」の攻撃を受けたColonial、操業再開 バイデン大統領はサイバーセキュリティに関する新大統領令に署名
ハッカー集団「DarkSide」の攻撃を受けて5日間操業停止していた米石油パイプラインのColonialが操業を再開したと発表。バイデン大統領はこの事件を受け、サイバーセキュリティ強化に向けた大統領令に署名した。(2021/5/13)

石油パイプラインを操業停止に追い込んだのはランサムウェア「Darkside」、FBIが報じる
サイバー攻撃によって、石油パイプラインの操業が停止に追い込まれた。このサイバーセキュリティインシデントは依然として調査段階にあり、操業も停止した状態が続いている。この事件に関してFBIが情報をアップデートし、サイバー攻撃に使われたマルウェアが「Darksideランサムウェア」であることを確認したと伝えた。(2021/5/11)

米石油パイプライン大手へのサイバー攻撃、犯人はロシアを拠点とする集団「DarkSide」とFBIが発表
FBIは、7日石油パイプライン大手のColonialが発表したランサムウェア攻撃には「DarkSide」というハッカー集団が関わっていると発表した。バイデン大統領は「この集団はロシア政府とは無関係だがロシアを拠点としている」と語った。(2021/5/11)

米石油パイプライン大手Colonialにサイバー攻撃 全米への石油移送を一時停止
米石油移送パイプライン大手のColonial Pipelineがランサムウェアを含むサイバー攻撃を受けたと発表。すべてのパイプラインを一時的に停止した。(2021/5/9)

カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会(2):
カーボンニュートラルで石油やLPガスはどう変わる? 運輸業が電動化に望むことは
国土交通省と経済産業省は2021年3月26日、「カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会」の第2回の会合を開催した。同検討会は、2020年末に経済産業省が中心となって発表した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」の実現に向けた自動車分野での取り組みを検討するため、関係する業界からヒアリングを行っている。(2021/3/30)

ロイヤルダッチシェル、保守切れ直前アプライアンスのゼロデイ脆弱性を突かれる
石油大手Royal Dutch Shellがサイバー攻撃を受けた。保守切れ直前の古いアプライアンスが抱えた脆弱性を突かれた。影響範囲は調査中だとしている。(2021/3/24)

15年間の研究を経て量産へ:
世界初! 人工合成タンパク質素材を開発した「Spiber」の今
山形県に拠点を置く、次世代バイオ素材を開発している「Spiber(スパイバー)」をご存じだろうか。同社が開発したブリュード・プロテインは、石油に頼らない循環型の新素材であることから、“素材革命”として世界中から注目を浴びているのだ。同社の取締役兼代表執行役に、今後の展望などを聞いた。(2021/3/3)

製造ITニュース:
プラントの保温材下腐食保全を支援するソリューションを提供
SAPはDNV GLと共同で、石油やガスプラントの保温材下腐食(CUI)に関する保全およびリスク管理を支援するクラウドソリューション「CUI Manager」を提供する。(2021/3/1)

冬場の換気、エアコンと石油ファンヒーター併用でもコスト上がらず コロナが検証
暖房機器メーカーのコロナが、冬場の換気は石油ファンヒーターとエアコンを併用すると早く室温が戻り、ランニングコストは上がらないという検証結果を発表した。(2020/12/8)

プロジェクト:
大和ハウス工業が北陸初のマルチテナント型物流施設を開発、危険物倉庫を併設
大和ハウス工業が、富山県射水市で、北陸初のマルチテナント型物流施設となる「DPL富山射水」の工事を開始した。同施設は、第4類危険物の保管に応じた危険物倉庫を備えているため、石油製品や化学品などを取り扱う企業も入居できる。(2020/12/2)

船も「CASE」:
“超アナログ”のタンカー配船計画、出光はどうやってデジタルツイン化したのか
海運業界で進む「ICT活用」は操船や運航に関連した分野だけではない。メンテナンスや配船といった広い業務に広がりつつある。2020年6月30日に出光興産とグリッドから発表があった「石油製品を運ぶ内航船の海上輸送計画(配船計画)を最適化する実証実験」も、海運業界におけるICT導入の試みだ。(2020/9/28)

E&Pスイート「DELFI」をプライベート/ハイブリッド/マルチクラウドで提供――Schlumberger、IBMらが共同開発へ
石油・天然ガスのE&P(開発/生産)企業SchlumbergerとIBM、Red Hatは、石油・ガス業界向けハイブリッドクラウドの開発、提供を発表した。探鉱、坑井開発、生産を支援する「DELFIコグニティブE&P環境」を「IBM Cloud」に構築し、プライベート/ハイブリッド/マルチクラウドとして提供する。(2020/9/17)

産業動向:
戸田建設が旧本社ビル解体工事の建機にGTL燃料を採用
戸田建設は、軽油代替燃料「GTL燃料」を建機に使用することで、CO2排出量の削減を進めている。(2020/7/21)

船も「CASE」:
属人化していた石油の海上輸送計画策定をAIで、立案時間は60分の1
出光興産とグリッドは2020年6月30日、石油製品を運ぶ内航船の海上輸送計画(配船計画)を最適化する実証実験が完了したと発表した。(2020/7/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。