「タブレット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タブレット」に関する情報が集まったページです。

PR:HUIONの新「Kamvas Pro」シリーズは持ち運べる液タブの注目モデルだ!
HUIONの液晶ペンタブレット新モデル「Kamvas Pro」は、持ち運びも可能な注目のシリーズだ。イラストレーターのrefeia先生がチェックしたぞ!(2022/8/10)

約11年ぶりの「FMV LOOX」を試す 薄くて軽くて画面の大きいWindowsタブレットは正義か?
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が「富士通PC」の40周年を記念して、2011年にいったん途切れた「LOOX(ルークス)」ブランドを復活させた。しかし、かつてとは異なり「薄型軽量タブレットPC」として世に現われた。その実像はどのようなものか迫る。(2022/8/3)

小中学校のICT活用が急伸 全国学力テスト調査
2022年度の全国学力テストで実施された質問紙調査で、小中学生に1人1台配られたタブレット端末などのICTが教育現場に浸透しつつある状況が明らかになった。文部科学省の担当者は「端末が学びの保障に役立てられていることがうかがえる」と指摘した。(2022/7/29)

シャオミ、タブレットなどを値上げ 8月1日から 「コスト高騰や日本円の為替レートの影響で」
Xiaomi Japanが一部製品を値上げする。同社のタブレット「Xiaomi Pad 5」はメモリ6GB/ストレージ128GBのモデルが4万3780円から5万9800円、ストレージ256GBのモデルが5万4780円から6万4800円に引き上げられる。(2022/7/28)

Xiaomi、8月1日に一部製品を値上げ スマートウォッチやワイヤレスイヤフォンほか
Xiaomiは、8月1日から一部製品の価格改定を実施。対象はスマートウォッチ「Redmi Watch 2 Lite」やワイヤレスイヤフォン「Redmi Buds 3 Pro」、タブレット「Xiaomi Pad 5」など。(2022/7/28)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気スマホの特徴的なカラバリがモデルチェンジで消滅してしまう裏事情
iPhoneやiPadなどのスマートフォンやタブレットにおけるカラーバリエーションは、モデルチェンジの度にリセットされ、全く新しいカラーが投入されることがしばしばある。この理由の一端とみられるのが、色調合の難しさだ。(2022/7/27)

6782人に聞いた:
利用したことがあるコミックアプリ、2位は「ピッコマ」、1位は?
MMD研究所を運営するMMDLaboは、スマートフォン、タブレット、PCいずれかを所有する15〜69歳の男女に、「コミックアプリ・サービスに関する調査」を実施した。コミックアプリやサービスを利用したことが「ある」人は35.6%、利用経験の割合が高かったのは女性10代だった。(2022/7/26)

HarmonyOS 2搭載:
Wi-Fi専用の10.4型「HUAWEI MatePad」に新モデル 税込み4万1800円
ファーウェイ・ジャパンが、10.4型タブレットの新モデルをリリースする。2021年モデルのリファインモデルだが、スペックアップした部分とスペックダウンした部分があるので注意しよう。(2022/7/26)

モバイルディスプレイの道:
珍しい12.5型でタブレットアームにも装着可能なサンワサプライ「400-LCD005」を試す
モバイルディスプレイは15.6型や13.3型が一般的だが、サンワサプライの「400-LCD005」は12.5型とユニークなサイズが特徴だ。実機を細かくチェックした。(2022/7/25)

ある日のペン・ボード・ガジェット:
iPad Proを超えるお絵描き端末!? 「Galaxy Tab S8 Ultra」レビュー
イラストレーターのrefeiaさんの新連載がスタートです! 初回はサムスン電子ジャパンのAndroidタブレット「Galaxy Tab S8 Ultra」を見ていきます。(2022/7/22)

繊細に描き込める1.5mm極細ペン先のタッチペン エレコムから
エレコムは、7月下旬に各種スマートフォン/タブレットに対応した汎用アクティブタッチペンを発売。繊細な描き込みが可能な1.5mmの極細ペン先を搭載し、USB Type-Cコネクターで充電できる。(2022/7/20)

産業用ロボット:
産業用ロボットを実寸大でAR表示、設置シミュレーションサービス開始
スギノマシンは、同社製産業用ロボットをAR表示して、最適な設置シミュレーションができるサービスを開始した。専用アプリケーションは不要で、スマートフォンやタブレットを利用して設置スペースや動きのイメージを確認できる。(2022/7/20)

XP-PEN、Type-C接続に対応した10.1型液晶ペンタブ「Artist 10セカンド」
XP-PENは、10.1型フルHD液晶を備えた小型液晶ペンタブレット「Artist 10セカンド」の販売を開始した。(2022/7/19)

暗い場所でもケーブルを挿しやすく LEDライト付きUSB Type-C/Lightningケーブル
エレコムは、手で触れるとLEDライトが光るタッチセンサー搭載ケーブルを発売する。USB Type-A対応スマホ/タブレットやPCで利用でき、コネクターはUSB Type-CとLightningの2種類。(2022/7/19)

AmazonプライムデーでGalaxy M23 5GやGalaxy Tab S8+などが特価に
7月12日から13日までに開催の「Amazonプライムデー」で、サムスン電子ジャパンがGalaxy製品を通常価格の4〜20%割引価格で販売。対象はSIMフリースマホ「Galaxy M23 5G」や、Androidタブレット「Galaxy Tab S8+」(Wi-Fi)、スマートウォッチ「Galaxy Watch4」シリーズなど。各製品の主な特徴と価格(全て税込み)をまとめた。(2022/7/12)

初めてのAmazon製タブレット体験! 新型「Fire 7」を試して感じたこと
高コスパなAmazon製タブレットシリーズの中で、最も安価な「Fire 7」がフルモデルチェンジを果たした。これまでFire タブレットシリーズに触れたことがない筆者に、新型Fire 7はどのように映ったのだろうか。(2022/7/12)

Innovative Tech:
猫がライブ配信できるアプリ ゲーム中の猫に“投げ銭”も可能 韓国の研究者らが開発
韓国のKAISTの研究チームは、猫がタブレットを使用してライブ配信ができるアプリケーションを開発した。猫はディスプレイ上を動くネズミや金魚をゲーム感覚でタッチして遊び、不特定多数の視聴者はその様子を閲覧する。(2022/7/6)

USB Type-Cで充電しながらイヤフォン接続できる変換ケーブル4種、エレコムから
エレコムは、7月上旬にスマートフォンやタブレットの音声出力に対応したUSB Type-Cコネクターを3.5mmステレオミニプラグへ変換する音声変換ケーブルを発売。ハイレゾ対応など4種類を展開する。(2022/7/5)

「Fire 7(第12世代)」はマンガ向き? 6980円で買える小型タブレットを検証
Amazonが「Fire 7」の新モデルが登場した。先代と比べると1000円値上げしているものの、税込みでも7000円を切る価格はタブレット端末としては手頃である。マンガを読む上で便利かどうか、電子ペーパー(E Ink)を搭載するKindle Paperwhiteと比較してみよう。(2022/7/5)

製品開発ストーリー:
aiwaブランドのデジタル機器が今夏発売――開発したJENESISに聞く舞台裏
受託開発・製造業のJENESISはaiwaブランドによるデジタル機器の製造および販売を発表した。スマートフォン、スマートウォッチ各1機種とタブレット端末4機種を2022年8月から販売開始する。IoT業界の黒子として知られる同社がaiwaブランドを獲得した経緯や開発の舞台裏について取材した。(2022/6/30)

石野純也のMobile Eye:
“裏方”のJENESISがなぜ「aiwa」ブランドのスマホを出すのか 日本市場での勝算は?
JENESISがアイワからライセンスを取得し、aiwaブランドを冠したスマートフォンやタブレットを8月に発売する。JENESISは深センに拠点を持つことを強みに、これまでもさまざまな製品の開発を裏方として支えてきた。スマートフォンやタブレットが成熟期を迎える中、なぜJENESISはaiwaブランドを引っ提げ、表舞台に立とうとしているのか。(2022/7/2)

「aiwaデジタル」誕生 Androidスマホ、Windowsタブレット、スマートウォッチなどを投入へ
JNSホールディングス傘下のJENESISが、アイワから「aiwa」ブランドのデジタル分野における商標使用権を取得した。「aiwaデジタル」シリーズとして、Androidスマートフォン/タブレット、Windowsタブレット、IP67対応のスマートウォッチを投入する。(2022/6/29)

新生「aiwaデジタル」誕生 8月にAndroidスマホ/タブレット、スマートウォッチを投入
JENESISが6月29日、オーディオメーカーのアイワから「aiwa」ブランドのデジタル分野における商標使用権を取得したことを発表した。2022年8月(予定)から、新生「aiwaデジタル」シリーズの製品を順次販売する。第1弾商品として、フラグシップのAndroidタブレット、スマートフォン、スマートウォッチを投入する。(2022/6/29)

Armの新ハイエンドGPU「Immortalis」はモバイルゲームのハードウェアレイトレ対応
Armは同社初のハードウェアレイトレーシング対応モバイルGPU「Immortalis GPU」を発表した。2023年初頭には同GPU搭載のAndroidスマートフォンやタブレットが登場する見込みだ。UnityやUnreal EngineのEpic Gamesと主要なゲームの最適化をサポートしているという。(2022/6/29)

「HUAWEI MatePad Paper」の使い勝手はどう? 最新E Ink搭載タブレットを試す
ファーウェイ・ジャパンが発売した「HUAWEI MatePad Paper」は、10.3型E Ink(電子ペーパー)ディスプレイを搭載するタブレットだ。実際便利に使えるのか、実機を使って試してみよう。(2022/6/29)

スマホの充電端子、なぜ「USB Type-C」に統一? iPhoneはどうなる?
欧州議会と欧州理事会は6月7日(現地時間)、あらゆる電子機器に充電用ポートとしてUSB Type-Cの搭載を義務付けるという無線機器法の改正案について暫定合意に達したと発表しました。早ければ2024年秋以降にEU圏内で発売されるスマートフォンやタブレットはUSB Type-Cの搭載が必須となります。Appleは反発していますが、既にUSB Type-Cを搭載したiPhoneをテストしているといううわさもあります。(2022/6/28)

先細りのガム、台頭するグミ 「お口の中」の主役が劇的に変化した理由
ここ数年グミ市場が盛り上がっていることをご存じだろうか。明治の推計によると、2021年のグミの市場規模は約600億円超。この10年で約2倍に増加し、ガムや錠菓(タブレット菓子)、清涼菓子を逆転した。(2022/6/25)

ノートPCよりタブレットが主力になる可能性 Windowsタブレットはどうなる?
Googleは、今後、PCよりもタブレットが主力になっていくという考えを示しています。こうなってくると気になるのが、Microsoftの対応です。2月にInsider向けにリリースされた「Windows 11 Build 22563」では、タブレットに最適化されたタスクバーが追加されました。(2022/6/22)

Google Play対応、6型のE-Inkタブレット「BOOX Poke4 Lite」発売
SKTは、6月20日に6型のE-Inkタブレット「BOOX Poke4 Lite」ブラックモデルを発売。SKTNETSHOP、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングで取り扱い、ホワイトモデルは7月前半の発売を予定する。(2022/6/22)

レノボ、Snapdragon採用の10.95型2in1 Chromebook「IdeaPad Duet 370」など2製品
レノボ・ジャパンは、Chrome OSを採用した10.95型2in1タブレット「IdeaPad Duet 370 Chromebook」を発表した。(2022/6/21)

「1人1台」端末配備2年目 子供たちの主体的学び鍵に
コロナ禍で全国の小中学生に1人1台の学習用タブレット端末が配られ、2年目を迎えた。端末の活用は学校現場の情報化を進める足がかりとなるが、ハードとソフトの両面でまだ課題も多い。(2022/6/21)

オンライン授業で児童・生徒の8割が「先生の負担増えた」 タブレットで通学の負担増も
NTTドコモの調査で、オンライン授業について「先生への負担が増えたと思う」と回答した児童・生徒が約8割に上ったことが明らかになった。「タブレット・パソコンが重く、通学時の負担が増えた」と回答した児童・生徒が約6割に上るなど、課題も浮き彫りになった。(2022/6/20)

Amazonで「Galaxy Tab S8+」「Galaxy M23 5G」が最大10%&5000円オフ
Amazonでタブレット「Galaxy Tab S8+」やSIMフリーモデル「Galaxy M23 5G」と純正アクセサリーを対象としたキャンペーンが開催。期間中は最大10%または5000円割引が適用となる。(2022/6/18)

PR:“ほぼ、裸”で使える iPad mini(第6世代)向け薄型ケース「THE FROST AIR」を試す
iPad mini(第6世代)は軽量で持ちやすいタブレットだが、ケースをどうすべきかは悩ましい。そこでオススメしたいのが、ケースフィニットが販売する超薄型・軽量ケース「THE FROST AIR(iPad mini 6)」。「ほぼ、裸」とうたう、厚さ約1.0mm、軽さ約26gの薄型軽量のデザインを特徴としている。(提供:ケースフィニット)(2022/6/17)

OPPO、タブレットを2022年後半に日本で発売――Reno7 A発表会で予告
OPPO Japanは、Androidタブレットを2022年下半期に日本市場で発売する。16日に開催した「OPPO Reno7 A」の発表会の中で明らかにした。(2022/6/16)

山根康宏の中国携帯最新事情:
今、中国でAndroidタブレットが過熱している理由 XiaomiとOPPO、そしてHuaweiも
2021年にXiaomiが高コスパのタブレットを発売して以来、HuaweiやOPPOなどの他メーカーもタブレット市場に参入している。自宅での需要が増えていることも背景にあるだろう。ノートPCより安くスマホより大きい画面が使えるため、スマホの次に買い足される製品となっているのだ。(2022/6/15)

モバイル版「Lightroom プレミアム」をiPadで試す デスクトップ版の代わりになる?
RAWファイルを扱う写真編集ソフトは「Lightroom」が有名だ。PCで使うサブスクリプション型ソフトと無料で使えるスマホ/タブレット版があるが、「Creative Cloud」で利用しようとすると割高。そこで月額550円の「Lightroom プレミアム」を使い、手軽に写真編集を行おう。(2022/6/12)

約14.6型の有機ELタブレット「Galaxy Tab S8 Ultra」、6月23日発売 約14万円
サムスン電子ジャパンは、6月23日に約14.6型タブレット「Galaxy Tab S8 Ultra」と専用アクセサリー「Book Cover Keyboard」を発売。対象期間中にタブレット購入でアクセサリーをプレゼントするキャンペーンも行う。(2022/6/9)

スマホなどの充電端子を「USB Type-C」統一 欧州で2024年秋までに
欧州議会は6月7日(現地時間)、2024年秋までに無線機器指令を施行する。EU圏内で販売されるスマートフォン、タブレット、カメラなどに共通充電規格(USB Type-C)の採用を義務づける。同法案は10年以上にわたって策定されてきたもので、2021年9月に欧州委員会が法案を提出していた。(2022/6/8)

One-Netbook、第12世代Core i7を採用した13型2in1タブレットPC「ONE-NETBOOK T1」 Indiegogoにて先行で提供
中国One-Netbook Technologyは、第12世代Coreプロセッサを搭載した13型2in1タブレットPC「ONE-NETBOOK T1」を発表した。(2022/6/7)

One-Netbookが第12世代Core採用2in1 PC「T1」のティーザーサイトを公開 クラウドファンディングを6月9日に開始
中国One-Netbook Technologyが、13型の2in1タブレットPC「T1」のティーザーサイトを公開、6月9日にクラウドファンディングを開始すると発表した。(2022/6/6)

タブレット端末出荷台数、シェア2位は「NECレノボ」 1位は?
MM総研は、「2021年 タブレット端末出荷台数調査」の調査結果を発表した。2021年の年間出荷台数はGIGAスクール特需の終息で前年割れとなり、前年比3.1%減となった。(2022/6/4)

タブレットの出荷台数、教育特需終了で大幅減 2022年度も減少の見込み
MM総研は、6月1日に2021年度通期(2021年4月〜2022年3月)の国内タブレット出荷台数調査を発表。2020年度は教育特需で過去最多を記録したがピークアウトで2021年度は減少し、2022年度の出荷台数も減少トレンドと予測している。(2022/6/2)

Amazonのタイムセール祭り、iPad mini 第6世代のWi-Fiモデルが特価に
Amazon.co.jpが5月30日23時59分まで「タイムセール祭り」を実施。タブレット端末「iPad mini 第6世代」のWi-Fiモデルが特価で販売されている。価格は全て税込み。(2022/5/30)

10.3型E Ink搭載タブレット「HUAWEI MatePad Paper」登場 6月9日発売 6万4800円
Huaweiが3月にグローバル発表したE Ink搭載タブレットが、日本市場にも投入されることになった。電子書籍リーダーとしての利用はもちろん、メモ取りやWebブラウズ、アプリの追加でさまざまな用途に使える。(2022/5/26)

ファーウェイが「MateBook 14」にRyzen 5モデルを追加 デタッチャブル2in1「MateBook E」はCore i5モデルのメモリ/ストレージを強化
ファーウェイ・ジャパンが、アスペクト比3:2のディスプレイを搭載した14型ノートPC「MateBook 14」のラインアップにRyzen搭載モデルを追加した。デタッチャブル2in1タブレット「MateBook E」のCore i5モデルにも、メモリとストレージを強化したモデルを投入する。(2022/5/26)

FAニュース:
安全機器をタブレットに搭載できるセーフティーコマンダのスターターキット
IDECは、安全機器をタブレットに簡単に搭載できる、セーフティーコマンダ「HT3P形」のスターターキット「HT3P-SK1形」を発売した。業務用タブレットとセットで提供し、タブレットの選定やソフト作成といった障壁を解消する。(2022/5/25)

レシピ画面を見ながら調理 キッチンで役立つスマホ&タブレットスタンド
エレコムは、キッチン向けスマホ&タブレットスタンド3種類を発売。アームが自由自在に伸縮するフレキシブルアーム、コンパクトな卓上タイプ、吸盤タイプを用意し、マットな質感のグリーンとアイボリーで展開する。(2022/5/24)

Samsungの「One UI 4.1」とは【後編】
「Galaxy A」が「iPhone SE」よりも魅力的に? Galaxyの「One UI 4.1」とは
SamsungはGalaxyスマートフォンとタブレットで使えるUI「One UI 4.1」を提供している。「Galaxy A」といった低価格帯の機種でも利用可能になったOne UI 4.1には、どのような機能があるのか。詳しく説明する。(2022/5/23)

Amazon、Fire 7タブレットの第12世代モデル投入 6980円で1000円Kindleクーポン付き
出荷予定日は6月29日。同社の最初のタブレットである「Kindle Fire」から12世代目に当たる。(2022/5/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。