• 関連の記事

「医薬品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「医薬品」に関する情報が集まったページです。

医療機器ニュース:
ロボット技術と製薬技術を融合した細胞医療プラットフォーム構築で協業
安川電機とアステラス製薬は、ロボット技術と製薬技術の融合による革新的な細胞医療プラットフォーム構築に向けた覚書を締結した。高品質な細胞医療製品の製造と、研究開発期間の短縮を目指す。(2024/6/4)

製薬の品質保証を実現するソリューション:
PR:大阪公立大学工学部長の綿野教授が語る、医薬品の生産プロセスの“見える化”に有効なソフトウェアとは?
近年、製薬業界では品質保証への関心が高まっている。品質保証で重要視されるのは製造プロセスの可視化だ。しかし、医薬品の製造に必要な粉体の混合や造粒、打錠、コーティングといった数々の工程を可視化するのは技術的にもリソース的にも難しい。その解決策となるソリューションを紹介する。(2024/5/31)

医療技術ニュース:
米ぬか由来ナノ粒子の抗がん作用を確認
東京理科大学は、米ぬか由来ナノ粒子が優れた抗がん作用を示すことを明らかにした。未利用バイオマスを原料とする、安価で安全な新しいがん治療薬の開発につながることが期待される。(2024/5/20)

中部薬品、AI活用でドラッグストアの自動発注率が80%超え 週1000時間の作業削減を目指す
バローホールディングスグループの中部薬品は5月15日、運営するドラッグストア「V・drug」に日立システムズの「需要予測型自動発注システム」を導入した結果、自動発注率が80%を超えたと発表した。V・drugでは2023年8月から同システムを本格稼働している。(2024/5/17)

医療技術ニュース:
機能的治癒が期待できるB型肝炎の新薬開発に成功
熊本大学は、血液中のHBs抗原およびB型肝炎ウイルスの複製を抑制する、強力で経口投与可能な新規低分子化合物「SAG-524」を開発した。新たなHBV治療法への応用が期待される。(2024/5/13)

製造ITニュース:
製薬企業向けの文章照合AIシステムをマクニカが開発へ
マクニカは、製薬企業向けの文章照合AIシステムの開発を進めている。同システムでは、AIが製品標準書や指図書などの文章から製造販売承認書の一節を自動で抽出して照合する。(2024/5/13)

Google DeepMind、タンパク質予測モデル「AlphaFold 3」発表 医薬品開発を促進
Google DeepMindとAlphabet傘下のIsomorphic Labsは、共同開発した新たなAIモデル「AlphaFold 3」を発表した。タンパク質、DNA、RNA、リガンドなどの構造とそれらの相互作用を予測できるとしている。無料の限定版「AlphaFold Server」を公開した。(2024/5/9)

「紅麹問題」の小林製薬、二度のシステム障害「みずほ銀行」とあまりに多すぎる共通点
紅?サプリの健康被害問題で話題を呼んでいる小林製薬。同社の騒動を見ていて思い返すのが、みずほ銀行の不祥事だ。(2024/4/30)

材料技術:
使用樹脂量を削減した医薬品包装用高防湿シートを開発、従来品比22%減
住友ベークライトが沢井製薬と共同開発した、使用樹脂量を削減した医薬品包装用高防湿シートが、沢井製薬の一部製品に採用された。従来品比で樹脂量を約22%、CO2排出量を約24%削減した。(2024/4/23)

医療機器ニュース:
医薬品向け製造、品質管理システムのサプスクリプション型サービスを開始
日立製作所は、医薬品、医療機器製造業向けに、製造および品質管理システム「HITPHAMS」のサブスクリプション型サービス「SaaS版HITPHAMS」の提供を開始した。クラウド上に顧客ごとの利用環境を構築する。(2024/4/15)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
なぜ、アマゾンは「薬局ビジネス」に注力するのか? 競合の“破壊者”となる生成AIの実力
競合のディスラプター(破壊者)となりうる、その略とは。(2024/4/10)

工場ニュース:
小林製薬が中国に新工場を建設、冷却シートやカイロなど多様な製品を生産
小林製薬は、中国子会社の合肥小林日用品に建設した新工場の竣工式を開催した。ものづくりのスマート化により生産効率を最大化し、多様な新製品の生産に対応できる工場を目指す。(2024/4/10)

スピン経済の歩き方:
小林製薬の「紅麹」問題 「機能性表示食品」見直しの背景に何があるのか
小林製薬によるサプリメント健康被害問題を受け、「機能性表示食品制度の見直し」を行うべきとの動きがある。業界に与えるインパクトや、今後考えられるシナリオは……。(2024/4/10)

医療機器ニュース:
創薬、医療技術、デジタルヘルス増進のための生成AIマイクロサービス
NVIDIAは、世界中のヘルスケア企業が、どのクラウド上でも最新の生成AIを活用できるようにする20種以上のマイクロサービスの提供を開始した。(2024/4/8)

ウエルシア、プライベートブランドから初の冷凍食品を発売 消費者調査から開発に着手
ウエルシア薬局(東京都千代田区)は、プライベートブランド「からだWelcia」から初の冷凍食品を発売する。消費者への調査で冷凍食品に対するニーズが高いことが分かり、開発した。(2024/4/6)

薬局じゃなくて“楽”局? 一風変わったカプセルトイ専門店「カプセル楽局」が出店拡大 そのこだわりを聞く
2022年7月に1号店がオープンし、2024年3月に20店舗を突破。(2024/4/6)

小林製薬、紅麹サプリのネット返品受け付け開始 製品代金相当のQUOカードを送付
小林製薬は4月6日、紅麹を使用したサプリメントの返品受け付けをインターネットでも開始する。対象製品は「紅麹コレステヘルプ 20日分」「ナイシヘルプ+コレステロール」「ナットウキナーゼさらさら粒GOLD」の3種類。(2024/4/5)

小林製薬、紅麹製品のオンライン返品受付を開始へ 明日から
小林製薬は、自主回収を進めている紅麹関連製品について、インターネットを使った返品受け付けを6日から始めると発表した。(2024/4/5)

「製薬」とは関係ありません 紅麹問題で問い合わせ100件以上、「小林製菓」懸命の訴え
小林製薬が製造・販売した「紅麹(べにこうじ)」成分のサプリメントで健康被害が広がっている問題で、社名が似ている「小林製菓」(東京都)に100件以上の問い合わせが寄せられている。同社が製造する豆菓子に「ベニコウジ色素」という着色料が使われいるということもあり、同社はホームページ(HP)で小林製薬の紅麹とは別物であることを説明。同社の製品は小林製薬と「一切関係ない」と強く訴えている。(2024/4/3)

小林製薬「紅麹問題」、最大3.3万社に影響 食料品として多く流通か
帝国データバンクが、小林製薬製の紅?に関する調査結果を発表した。(2024/4/1)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
小林製薬の健康被害問題に見る原因究明と情報開示の難しさ
「原因究明」と企業としての事業存続を念頭に置いた「情報開示」は切り分けて判断していく必要があります。(2024/4/1)

「アンメルツ」「ブルーレット」果敢な商品開発でヒット連発 小林製薬が突然の危機に
小林製薬が製造・販売した「紅麹(べにこうじ)」成分入りのサプリメントで健康被害が相次いでいる。同社は市販の医薬品や生活雑貨などで、数々のヒット商品を世に提供し続けてきた有名企業。「“あったらいいな”をカタチにする」というブランドスローガンを掲げ、新規商品の開発に果敢に挑んできた。(2024/4/1)

成城石井、肉まんに小林製薬「紅麹」で売場から撤去…… 購入客には代金を返金 「深くお詫び」
販売期間と販売数量については調査中ということです。(2024/3/31)

厚労省、小林製薬の紅麹原料を入手している企業173社公表 自主点検求める
直接卸している52社と、52社から入手している173社を公表。(2024/3/29)

「ピザポテトに紅麹入ってる」 SNS上で情報拡散…… カルビー「小林製薬の紅麹原料を使用していない」
SNSで拡散されていました。(2024/3/29)

ファミリーマート、小林製薬の「紅麹」使用で「ビビンバ炒飯&サムギョプサル」など3商品を売り場から撤去→返金対応へ
全国で販売されていた商品も。(2024/3/28)

ドギーマンハヤシ、小林製薬製着色料使用の犬用フードを自主回収 「健康被害などについては確認されていない」
3月28日に発表されました。(2024/3/28)

イオン、「トップバリュ」の肉まんや高菜ピラフなど回収 小林製薬の「紅麹」問題で
「意図しない成分が含まれる可能性がある」原料は使っていないものの、安全性や流通経路について確認することができなかったため。(2024/3/27)

小林製薬、遅きに失した決断 「ブランドに悪影響」紅麹原材料の納入先企業からも批判
小林製薬が製造・販売した「紅麹(こうじ)」のサプリメントを摂取したとみられる1人が腎疾患で死亡していたことが分かった。因果関係は不明だが、健康被害への不安が急速に広がっている。(2024/3/27)

日清食品「小林製薬の紅麹原料は使用していない」 カップ麺原材料に「ベニコウジ色素」
グループ各社が製造・販売する製品に、小林製薬の紅麹原料は一切使用していないとコメント。(2024/3/26)

「『ちゅ〜る』の紅麹色素は大丈夫?」 小林製薬の「紅麹」報道で飼い主に不安広がる
メーカーは「小林製薬の紅麹原料と一切関係ない」と明言。(2024/3/26)

「ご安心ください」 “紅麹ショック”でDHCとファンケルが声明…… サプリ販売は継続中 小林製薬では死亡患者がサプリ摂取
競合他社は安全性を伝えています。(2024/3/26)

材料技術:
耐薬品性を2倍に向上し交換頻度とCO2排出量を半減したRO膜を開発
東レは、工場廃水の再利用や下水処理などの厳しい環境で、高い除去性を維持したまま、長期間安定して良質な水を製造できる高耐久逆浸透(RO)膜を開発したと発表した。(2024/3/26)

小林製薬、研究所サイトの「紅麹」のページを一時非公開に 「社内で議論あった」
自主回収を進めている「紅麹(べにこうじ)」製品をめぐり、小林製薬中央研究所のWebサイトで関連するページが一時非公開となった。小林製薬によると「社内で議論があった」という。(2024/3/25)

小林製薬「紅麹」サプリメントで26人が「腎疾患」等で入院 電話がつながりにくいことを謝罪
紅麹関連製品の使用中止と自主回収を進めている。(2024/3/25)

医療機器ニュース:
炎症性腸疾患治療薬の製造ラインを増設、製造能力が3倍に
武田薬品工業は、山口県の光工場に炎症性腸疾患治療薬「Entyvio」の新製造ラインを増設し、商用稼働を開始した。投資額は約70億円。同工場のEntyvio製造能力はこれまでの3倍以上になる見込みだ。(2024/3/25)

小林製薬、遅かった自主回収の判断 積み上げた信頼に傷 工場管理に落とし穴も
医薬品や生活用品で数々のヒット商品を生み出してきた小林製薬。販売した機能性表示食品を服用した13人が腎疾患を発症したことは、企業としての信頼を傷つけ、経営を揺るがす事態だ。健康食品の需要は増加傾向にあるが、思わぬ事故や副作用のリスクが改めて浮き彫りになった。(2024/3/23)

小林製薬、「紅麹コレステヘルプ」など自主回収へ 腎疾患など健康被害の可能性
使用を控えるよう呼び掛けている。(2024/3/22)

武田薬品工業、水の使用量約3割減に成功 大阪工場で環境への負荷抑制
周辺環境への負荷を減らすだけでなく、蒸留水製造に追加投資せず薬を増産できたという。工場での水使用の「見える化」は珍しい。(2024/3/22)

キレイに使って正しく掃除 小林製薬が2つの小学校で「トイレ快適プロジェクト」の出前授業を実施
小林製薬は、兵庫県宍粟市の山崎小学校と河東小学校で「正しいトイレ掃除方法」と「キレイにトイレを使う方法」を伝える出前授業「トイレ快適プロジェクト」を2023年11月30日と24年2月28日に実施した。(2024/3/21)

医療機器ニュース:
遠隔モニタリング可能なウェアラブル心肺管理システムが米国で発売
Analog Devicesの心肺機能測定値を取得する遠隔管理システム「Sensinel by Analog Devices」が、同社製品としては初めて米国食品医薬品局への510(k)申請が承認され、販売が開始された。(2024/3/21)

『ちいかわ』最新話、ちいかわが花粉症に苦しんで…… 目薬をめぐる展開に「危機回避能力が高い」「目薬コラボの伏線!?」
キラキラ目のうさぎもかわいい。(2024/3/20)

小野薬品工業、臨床試験のグローバル一元管理にオラクルのCTMSを導入
小野薬品工業は、日本と海外の規制要件などの違いから、国内外で2つのCTMSを保有していた。そこで同社は、新たなCTMSを導入した。その取り組みとは。(2024/3/18)

医療機器ニュース:
医療器材物流アウトソーシング市場、2022年度は1250億円で堅調に推移
矢野経済研究所は、国内の医薬品、医療器材物流アウトソーシング市場に関する調査結果を発表した。同市場は堅調に推移しており、2022年度の市場規模は前年度比6.8%増の1250億円だった。(2024/3/14)

「初めて迎える『うるう日』だった」 スギ薬局、システム障害を謝罪
スギ薬局は、2月29日の「うるう日」に発生したシステム障害について謝罪した。システムは3年ほど前に導入したもので、初めて迎えるうるう日だったという。(2024/3/1)

データ分析ニュースフラッシュ
三菱重工が「Azure OpenAI Service」を使う理由 生成AIツールをどう作った?
三菱重工の生成AIツール開発事例や、AWSが発表した製薬業界における生成AI活用動向、セキュリティ領域における生成AI動向予測など、生成AI関連の主要なニュースを紹介する。(2024/2/29)

肥満症治療薬「ウゴービ」2月22日発売 増えるオンライン診療、適正使用は守られるか
国内では約30年ぶりとなる医療用肥満症治療薬が2月22日、発売される。デンマーク製薬大手ノボノルディスクファーマが開発した「ウゴービ」だ。一方、2023年から同様の成分を持つ糖尿病治療薬が美容目的で使われる例が増加。「必要な患者に届いていない」として日本医師会は警鐘を鳴らし、専門家はウゴービでも適切な利用を呼びかける。(2024/2/21)

Retail Dive:
なぜ顔認証技術の導入に失敗したのか? 誤認識で被害者多数、ある小売チェーンの記録
連邦取引委員会は薬局・小売チェーンのRite Aidが顔認証技術を不当に使用し、顧客に損害を与えたと述べ顔認識技術を5年間にわたって使用禁止とした。なぜこの導入は失敗したのだろうか。(2024/1/24)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
大正製薬、創業家による「7000億円超のMBO」に、投資家の批判が集まるワケ
大正製薬ホールディングス(HD)は2023年11月24日、日本企業としては過去最大の経営陣主導の買収(MBO)を実施すると発表した。このMBOにおいて、創業家が代表を務める企業が株式公開買い付け(TOB)を実施することで市場から株式を買い集める。その総額は約7100億円に達する見込みだ。(2024/1/19)

小売・流通アナリストの視点:
首都圏で急増中のコスモス薬品 物価高を味方にした戦い方とは?
九州を地盤とする大手ドラッグストア「コスモス薬品」。九州でトップシェアとなった後は、店勢圏を東に向けて拡大し、今まさに関東攻略作戦を進行中だ。コスモスを躍進には、物価高を味方にした戦い方がある。(2024/1/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。