• 関連の記事

「市場規模」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

半導体市場規模は前四半期比縮小:
22年Q1半導体メーカーランキング、首位SamsungがIntelとの差広げる
英国の調査会社Omdiaは2022年6月、2022年第1四半期(1〜3月)の半導体市場規模は1593億400万米ドルだったと発表した。2021年第4四半期(10〜12)月の1593億4700万米ドルから0.03%減と、わずかながら減少した。また、2022年第1四半期の半導体メーカー売上高ランキング(上位10社)も発表し、前四半期に比べ、1位のSamsung Electronicsと2位Intelの売り上げ差が拡大したという。(2022/7/5)

IT企業は中小企業にどうアプローチすべき? ノークリサーチがアドバイス
ノークリサーチの調査によると、2022年は年商規模の小さい小規模企業層におけるIT投資市場規模が比較的高く、中堅・中小企業にDXソリューションなどを訴求したいITベンダーにとっては、2021年に予定されていた新規IT投資の市場ポテンシャルが焦点になる。(2022/6/29)

先細りのガム、台頭するグミ 「お口の中」の主役が劇的に変化した理由
ここ数年グミ市場が盛り上がっていることをご存じだろうか。明治の推計によると、2021年のグミの市場規模は約600億円超。この10年で約2倍に増加し、ガムや錠菓(タブレット菓子)、清涼菓子を逆転した。(2022/6/25)

社会人向けの情報教育市場も活性化:
受験対策としてプログラミングを学ぶ生徒が増加か 2022年プログラミング教育市場規模を調査
GMOメディアは「2022年プログラミング教育市場規模調査」の結果を発表した。それによると2022年のプログラミング教育市場規模は302億円だった。(2022/6/22)

量子コンピュータ:
量子技術関連の世界市場規模、2025年に3兆4618億円と予測
矢野経済研究所は、量子技術関連の技術、サービス世界市場に関する調査結果を発表した。同市場の2025年の世界市場規模は、3兆4618億円になると予測している。(2022/6/21)

国内クラウド市場規模、2026年には11兆円へ 2021年の4兆2000億円から成長 IDC Japan
IDC Japanが国内クラウド市場の予測を発表。2021年の国内クラウド市場規模は4兆2018億円で、2026年には約2.6倍の10兆9381億円になる見通し。背景には、DXやデータ駆動型ビジネスへの関心の強まりがある。(2022/6/20)

AOKIグループ傘下:
ネットカフェの天下統一! 快活CLUBが、倒産相次ぐ業界で“独り勝ち”したワケ
インターネットカフェ業界が、ピンチに陥っている。かつて2000億円を超えていた市場規模は約1000億円にまで減少、倒産する企業も少なくない。そんな中、“独り勝ち”しているのが快活フロンティアが展開する「快活CLUB」だ。沈みゆく業界の中で、成長を続けられる秘訣はどこにあるのか。常務取締役、中川和幸さんに話を聞いた。(2022/6/18)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県北足立郡で物流施設第1号案件の開発に着手、クレド・アセットマネジメント
国内では、企業と消費者のEC利用が急速に拡大しており、物販系のECは12兆円超えの市場規模に成長している。一方、荷物がより多頻度小口化する中、物流業務の高度化や効率化、人手不足の対策として、施設内で働くスタッフの雇用環境改善と自動化・機械化は、喫緊の問題となっており、解決策ととなる先進的物流施設へのニーズが高まっている。そこで、クレド・アセットマネジメントは、先進的物流施設の開発に踏み切った。(2022/6/17)

2021〜2026年の年間平均成長率を21.1%と予測:
国内10兆円まで拡大するクラウド市場、急成長の理由を探る
IDC Japanは、国内クラウド市場の予測を発表した。2021年の市場規模は、対前年比34.7%増の4兆2018億円。2021〜2026年の年間平均成長率は21.1%で、2026年の市場規模は10兆円を超える見込みだ。(2022/6/16)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
強気予想だったWSTSの2022年春季半導体市場予測
世界半導体市場統計(WSTS)が2022年春季半導体市場予測を発表しました。2020年よりも1000億米ドル以上も市場規模が拡大し、いかに半導体市場が急拡大したかということを象徴する数字となった。(2022/6/13)

IDCが国内クライアント仮想化関連市場規模を予測 今後企業に求められる戦略とは?
IDCは、国内クライアント仮想化関連市場規模が復調傾向にあると予測する。一方で悲観的なシナリオも存在する。市場動向を的確に理解し、次の変化に備えるために必要なこととは。(2022/6/13)

Alibabaが3位に食い込む:
2021年の「世界IaaS市場」、規模が41.4%増の909億ドルに
Gartnerによると、世界のIaaS市場規模は2021年に909億ドルとなり、2020年の643億ドルから41.4%成長した。(2022/6/7)

「テイルズ オブ ルミナリア」、9カ月でサービス終了の衝撃 スマホゲーム市場規模拡大もなぜ?
「テイルズ オブ ルミナリア」のサービス終了が発表されました。同シリーズは、バンダイナムコエンターテインメントの看板の一つだけに、2021年11月に配信されてから9カ月での“打ち切り”にファンだけでなく関係者からも驚きの声が挙がっています。(2022/5/21)

モビリティサービス:
空飛ぶクルマの定着は「2030年代前半」、個人所有のニーズも?
矢野経済研究所は2022年5月19日、“空飛ぶクルマ”の市場調査結果を発表した。2050年に市場規模がグローバルで120兆円以上に成長すると見込む。(2022/5/20)

矢野経済研究所調べ:
デザート市場は苦境も コンビニ各社“プチぜいたく”需要に商機
矢野経済研究所は、和洋菓子・デザート類市場に関する調査を実施し、2020年度の和洋菓子・デザート類市場規模は前年度比6.2%減の2兆1421億円と推計した。(2022/5/18)

富士経済が電池関連市場を調査:
LIBの世界市場、2025年には12兆3315億円規模へ
リチウムイオン二次電池(LIB)の世界市場規模は、xEV用の需要拡大などから、2021年見込みの10兆5126億円に対し、2025年は12兆3315億円規模に拡大する。富士経済が予測した。(2022/5/18)

ウクライナ侵攻の影響で成長する分野も IDCが「国内第3のプラットフォーム市場」を予測
IDCは、国内の第3のプラットフォーム市場について2022〜2026年の予測を発表した。2022年の市場規模は、対前年比4.3%増の20兆2479億円となる見込みだ。2026年の市場規模は24兆3883億円に達すると予測する。(2022/5/16)

産業動向:
2020年度の国内床材市場規模は前年度比12.1%減の4534億円、ウッドショックが影響
矢野経済研究所は、床材メーカーや床材関連業界団体などを対象に、床材市場について2021年12月〜2022年2月に調査し、リサーチの結果をまとめたレポートを発表した。調査結果をもとに、2020年度の国内床材市場規模を前年度比12.1%減の4534億円と推計した。(2022/5/13)

進化するカプセル玩具:
なぜ駅ナカに? 「ガチャガチャ」専門店が相次ぎオープン 市場規模は400億円超
「ガチャガチャ」や「ガチャポン」の愛称で親しまれるカプセル玩具の専門店が近年、“駅ナカ”に相次いでオープンしている。ガチャガチャといえば、かつてはスーパーマーケットの店先やゲームセンターに設置され、子どもが親に「買って」とねだる、そんな印象が強かったが、近年は売場も客層も大きく変化しているようだ。(2022/5/5)

3Dプリンタニュース:
2026年には1兆円規模に届く勢い、3Dプリンタ材料の世界市場予測
矢野経済研究所は「3Dプリンタ材料の世界市場に関する調査」の結果を発表し、方式別動向、参入企業動向、将来展望について明らかにした。2021年の3Dプリンタ材料の世界市場規模は、3111億5300万円(前年比19.3%増)を見込む。(2022/4/27)

知らないと損?業界最前線:
もはや1兆円規模のサブスク市場、パナ参入で家電も本格化
コロナ禍の巣ごもり需要でさまざまな家電が注目を集めたが、アフターコロナ、ウィズコロナの気運が高まる中、家電市場に訪れている大きな変化の1つがサブスクの広がりだ。22年度以降の市場規模は1兆円を超えるとされ、いろいろな家電製品がサブスクで利用できるようになっている。(2022/4/27)

太陽光:
新型・次世代太陽電池の世界市場、2035年に8300億円規模に成長
調査会社の富士経済は2022年4月20日、有機薄膜太陽電池やペロブスカイト太陽電池などの新型・次世代太陽電池の世界市場に関する調査結果を発表した。2035年の市場規模は、2021年比で22.6倍の8300億円に拡大すると予測している。(2022/4/26)

5G、産業分野での普及に課題あり IDCが指摘
IDCは、国内法人向け5G市場の予測を発表した。2021〜2026年の年間平均成長率を54.3%と見込み、2026年の市場規模を1兆841億円と予測する。IDCは5Gの産業分野での普及には課題があると指摘する。(2022/4/26)

4月24日にオープン:
原宿に推し活専門カフェがオープン 期間限定で「おそ松さん」コラボも
推し活専門カフェ「推し活専門店オシアド原宿」 を4月24日にオープンする。市場規模の拡大が続く「推し活」市場で売り上げ拡大を狙う。推しのイメージカラーと香りを具現化した2層のティーソーダを提供。(2022/4/23)

富士キメラ総研が世界市場を調査:
有機エレクトロニクス関連、医療分野などに注目
富士キメラ総研は、エレクトロニクス産業で需要が高まる「有機エレクトロニクス関連」の世界市場を調査した。これによると、有機エレクトロニクスデバイスの市場規模は、2035年に7兆4525億円に達すると予測した。2020年に比べ2.2倍の規模となる。(2022/4/19)

DBMSの市場規模、DBaaSがオンプレミスに並ぶ シェア1位はMicrosoft、AWSはオラクル抜いて2位に ガートナー調査
米Gartnerが、データベース管理システム(DBMS)市場の調査結果を発表。長らくオンプレミス向けのデータベース製品が市場の大半を占めていたが、2021年の調査ではクラウド型の「DBaaS」が49%を占め、オンプレと横並びになった。(2022/4/18)

NEWS
線量管理のニーズは一巡、多様化する「医用画像関連システム」市場の動き
矢野経済研究所の調査によると、国内における医用画像関連システムの市場規模は、2020年度が前年度比5.8%減、2021年度が前年度比3.3%増だった。今後市場への投入が進む製品は。(2022/4/15)

組み込み開発ニュース:
2020年の産業用ロボット向けセンサー世界市場は880億円、今後は拡大と予測
矢野経済研究所は、協働ロボットを含む産業用ロボット向けセンサーの世界市場規模予測を発表した。2020年の世界市場規模を、メーカー出荷金額ベースで880億円と推計、2025年には1520億円に達すると予測している。(2022/4/11)

帝国データバンク調べ:
好調「100均」、市場規模は1兆円へ 1人当たりの購買額は月600円に増加
帝国データバンクの調査によると、2021年度の国内100円ショップ市場(事業者売上高ベース)は、前年から約500億円増加し9500億円となる見込みとなった。(2022/4/4)

堅調な成長の背景にある企業戦略とは? IDCが国内パブリッククラウドサービス市場を予測
IDC Japanは、国内パブリッククラウドサービス市場の予測を発表した。2021年の市場規模は、対前年比28.5%増の1兆5879億円。2026年は、2021年比約2.4倍の3兆7586億円になると予測する。(2022/4/1)

不動産市況:
2021年度の国内賃貸住宅市場規模は前年度比108.9%の33万戸、矢野経済研究所
矢野経済研究所は、賃貸住宅関連会社などを対象に、専門研究員による直接面談(オンライン含む)と文献調査を2021年11月〜2022年1月に行い、その結果をレポートにまとめた。レポートによれば、2021年度の国内賃貸住宅市場規模は新設着工戸数ベースで、前年度比108.9%の33万戸と予測した。(2022/3/24)

サウナと五輪の意外な関係も:
スキージャンプ金・小林陵侑選手の原動力はサウナ 世界の市場規模は?
北京五輪のスキージャンプノーマルヒルで金メダルを獲得した小林陵侑選手が、無類のサウナ好きを告白し、Twitterで話題になっている。(2022/2/22)

「今後も成長する市場」:
2025年度まで年平均24.4%成長 ITRがローコード/ノーコード開発市場を予測
ITRはローコード/ノーコード開発市場の予測を発表した。2020年度の売上金額は、対前年度比24.3%増の515億8000万円。2020〜2025年度の年平均成長率を24.4%と見込み、2025年度の市場規模は1539億円に成長すると予測する。(2022/2/18)

BIM:
BIMの世界市場は2026年に160憶米ドルに到達と予測、グローバルインフォメーション
グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「BIMの世界市場(2021-2026年):産業動向・市場シェア・市場規模・成長予測・市場機会」を2021年11月17日に発売した。今回の調査レポートでは、BIMの世界市場は、2021年から2026年にかけて年率14.5%で成長し、2026年には136億米ドルに達すると予測している。(2022/2/4)

今日のリサーチ:
2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推移を予測。同調査は今回が8回目となります。(2022/1/28)

なぜ、注目されているのか:
金融に革命をもたらす「組込型金融」(エンベデッド・ファイナンス)の可能性
組込型金融(エンベデッド・ファイナンス)という言葉がバズワードになっている。市場規模は2026年には1380億円に拡大する見通しだ。なぜ、ここまで大きな反響を呼んでいるのか。(2022/1/11)

太陽光:
太陽光の「第三者所有モデル」は2500億円規模に、一方で国内パネル市場は4割縮小か
調査会社の富士経済は2021年12月、太陽光発電システムの市場予測結果を公表。国内で太陽光発電の導入手法として広がっている「第三者所有モデル」の市場規模は、2035年度までに2020年度比で15.9倍の2553億円にまで拡大すると予測している。(2022/1/6)

脱炭素:
2030年度には2兆3430億円、脱炭素社会に必要なエネルギー設備などの市場予測
矢野経済研究所は、脱炭素社会を実現するための国内エネルギー設備、システム市場の予測結果を発表した。2021年度の市場規模見込みは7250億円。2030年度には2兆3430億円、2050年度には3兆9850億円に成長すると予測した。(2022/1/5)

2025年には社会インフラ向けITが“普及期”に:
社会インフラITへの投資は「西に向かうほど盛り上がるだろう」 矢野経済研究所が調査結果を発表
矢野経済研究所は、国内の社会インフラIT市場に関する調査結果を発表した。2020年度の市場規模は、対前年度比2.9%減の5948億円。2019年度までの微増推移から一転して、2017年度以来の前年度割れとなった。(2021/12/23)

製造マネジメントニュース:
半導体製造装置は2022年に約13兆円のグローバル市場規模に、SEMIが予測発表
SEMI Japanは2021年12月15日〜17日にかけて、東京ビッグサイトでエレクトロニクス製品の国際展示会「SEMICON Japan 2021 Hybrid」(以下、SEMICON Japan)を開催中だ。同展示会の開催発表会では、SEMIによる半導体製造装置のグローバル市場予測も公開した。(2021/12/16)

SEMICON JAPANが2年ぶりのリアル開催:
「供給網を分断せず、フェアな開発競争を」、SEMIジャパン代表
マイクロエレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会である「SEMICON JAPAN」(2021年12月15〜17日)が、2年ぶりに東京ビッグサイトで開催される。半導体業界では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックや半導体不足といった困難が続く一方で、それらが市場成長を後押しし、2021年の世界半導体市場規模は過去最高となる見通しだ。SEMIジャパンの代表取締役を務める浜島雅彦氏に、今回のSEMICON JAPANの狙いの他、昨今の半導体業界の動向や課題に対する見解を聞いた。(2021/12/15)

組み込み開発ニュース:
半導体デバイスの世界市場規模、2021年の35兆円から2026年に50兆円超へ
富士キメラ総研は、半導体デバイスの世界市場の調査結果を発表した。2026年の同市場規模は、2020年比で65.7%増の50兆5296億円に達する予測だ。(2021/12/9)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
WSTSの半導体市場規模最新予測を前回予測と比較してみた
WSTS(世界半導体統計機関)は2021年秋季半導体市場予測を発表しました。そこで、今回予測と前回、6月公表の予測を見比べてみました。(2021/12/6)

富士キメラ総研が世界市場を調査:
大型TFT市場 、12兆円超も2022年以降は縮小傾向
富士キメラ総研は、ディスプレイデバイスと関連部材の世界市場を調査し、2026年までの予測結果を発表した。大型TFT液晶(LCD)の市場規模は、2021年に12兆円を超えるが、それ以降は価格下落の影響などもあり、2026年は8兆2329億円規模に縮小すると予測した。(2021/12/1)

WSTS、予測を上方修正:
2022年の世界半導体市場規模は6000億米ドル超へ
世界半導体市場統計(WSTS)は2021年11月30日、2021年秋季の半導体市場予測を発表した。(2021/11/30)

組み込み開発ニュース:
産業用ネットワーク関連製品とサービスの国内市場規模は2025年度に4340億円へ
富士キメラ総研は、産業用ネットワーク関連製品およびサービスの、国内市場の調査結果を発表した。2021年度の同市場について、前年度比10.1%増の3284億円と見込んでおり、2025年度には2020年度比で45.4%増の4340億円に拡大すると予測している。(2021/11/11)

サービタイゼーション:
リモート化需要は高いが緩やかに成長か、機器設備の保守サービス市場調査
富士経済は2021年10月21日、工場やプラント、ビルといった施設における設備機器の保守メンテナンスサービス国内市場の調査レポートを発表した。2021年の国内市場規模は、2020年比で1.5%増になるとみられる。(2021/11/1)

蓄電・発電機器:
水素関連の国内市場規模、2035年度には268倍の4.7兆円規模に
調査会社の富士経済は、次世代燃料として期待される水素関連市場の調査結果を発表。2035年度の市場規模は、2020年度比268.6倍の4兆7013億円に拡大すると予測している。(2021/10/29)

約1.1兆円:
スポーツ市場はコロナ禍前の半減、野球やサッカーのファン人口はどう変化した?
マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが共同実施した「2021年スポーツマーケテイング基礎調査」によると、2021年の「スポーツ参加市場規模」は1兆912億円。コロナ禍前の19年と比較すると、51.5%減少した。(2021/10/26)

量子コンピュータ:
国内量子コンピュータの市場調査結果を発表、2030年度に2940億円規模に
矢野経済研究所は、国内量子コンピュータ市場に関する調査結果と将来予測を発表した。市場規模は、2021年度は139億4000万円の見込みで、将来的には2025年度に550億円、2030年度に2940億円に達すると予測する。(2021/10/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。