• 関連の記事

「HDR」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

High Dynamic Range

関連キーワード

映画「銀河鉄道999」のUHD BDボックス、特典が4:3の本編映像になった理由
東映ビデオは5月に発売する「銀河鉄道999 THE MOVIE 4KリマスターBOX」にアスペクト比が4:3の本編Blu-ray Discを同梱すると発表した。なぜあえて4:3の映像を収録するのか。(2022/1/22)

モバイル向け製品も同時発表:
日常作業や2D CADを快適に――AMDが1スロットサイズのGPU「Radeon PRO W6400」を2022年第1四半期に投入 229ドルから
AMDが、コンパクトなプロフェッショナル向けGPUの新製品を投入する。競合の「NVIDIA T600」とほぼ同じ価格ながら、理論上の処理性能が「NVIDIA T1000」並みというお買い得さをアピールしている。(2022/1/19)

在宅ワークの強い味方となる新型「Zenbook Pro 15 OLED」の魅力に迫る
ASUS JAPANの「Zenbook Pro 15 OLED」は、大画面の有機ELディスプレイを搭載したスタンダードなノートPCだ。ハイパフォーマンスな最上位モデルをチェックした。(2022/1/19)

ミッドレンジ「AQUOS sense6」のカメラ機能はどう? 「AQUOS R6」との比較も
ミドルクラスで人気のAndroidスマホといえば「AQUOS Sense」シリーズ。その最新モデル「AQUOS Sense6」が2021年11月に発売されたが、カメラの使い心地はどうだろうか。同じくシャープ製「AQUOS R6」と撮り比べてみた。(2022/1/14)

iPhoneをすぐに使いこなす祖母とAirTagが必要になった祖父 実家のIT環境を見直した年末年始
2020年は帰省しなかったものの、21年は実家に帰ったという人も多いだろう。その際に実家のIT周りを見直す機会があるかもしれない。筆者も見回り活動を実施したのでその辺りの話を紹介したい。(2022/1/12)

プロユースにも耐える性能と機能を備えたクリエイター向けPC「ProArt Studiobook 16 OLED」を試す
ASUS JAPANの「ProArt Studiobook 16 OLED」シリーズは、8コアのRyzenプロセッサとGeForce RTX 3070/3060を備えたクリエイター向けのハイエンドノートPCだ。シリーズ最上位モデルをテストした。(2022/1/12)

eSIMにも対応:
2画面5Gスマホ「Surface Duo 2」が日本上陸 1月11日に発売 18万4580円から
日本マイクロソフトが2画面5Gスマートフォン「Surface Duo 2」の日本における発売日と価格を発表した。同社の直販サイトの他、主要な家電量販店で販売される予定で、国内の各キャリアの通信に対応するという。(2022/1/7)

CES 2022:
HPがゲーミングPCの新モデルを発売 「OMEN」ケースの“単品販売”も
HPが「OMEN」「Victus by HP」ブランドのゲーミングPCとゲーミング周辺機器の新モデルを発表した。目玉となる45LボディーのゲーミングデスクトップPCでは、ケース(と冷却機構のセット)を“単品”で販売するという。(2022/1/5)

Dellが32型4Kビデオ会議向けディスプレイを発表
DellがCES 2022に合わせて32型4K解像度ディスプレイ「U3223QZ」を発表した。14Wのスピーカーとデュアルアレイ型マイク、物理的にさえぎる機能を搭載したカメラが標準装備されている。【更新】(2022/1/5)

CES 2022:
ASUSが第12世代CoreやRyzen 6000シリーズ搭載の次世代ROG/TUF GAMINGシリーズを投入!
ASUSが1月4日(現地時間)、「ROG CES 2022 For Those Who Dare: The Rise of Gamers」をオンラインで開催し、同社のゲーミングPCブランド「Republic Of Gamers」を中心に新モデルを発表した。日本国内での発売時期や価格は現時点で不明だ。(2022/1/5)

CES 2022:
よりパワフルになった「XPS 13 Plus」が登場 Z世代にフォーカスしてミニマルデザインに
DellのプレミアムノートPC「XPS」に新モデルが登場する。従来の13型モデルと比べてパワフルなCPUを採用した他、Z世代を意識したミニマルデザインを取り入れたことが特徴だ。(2022/1/5)

CES 2022:
DellがAlienwareブランドの最新ゲーミングPCと周辺機器を一挙発表 ゲーミングに関する「コンセプト」も
Dellが、ゲーミングブランド「Alienware(エイリアンウェア)」のノートPCと周辺機器の新製品をリリースした。合わせて、ゲーミングに関するコンセプト(構想)も発表している。(2022/1/5)

PR:国内有数の制作スタジオで大量導入された「ASUS ProArt PA32UCX-P」の魅力と実力
ASUS JAPANの32型プロ向けディスプレイ「ASUS ProArt PA32UCX-P」は、直下型ミニLEDを搭載し、さまざまな現場の要望に応えた新モデルだ。それを大量導入したバンダイナムコスタジオに、その理由と得られたものを伺った。(2022/1/5)

有機ELの2in1 PCで実売10万円切り! 「Vivobook 13 Slate OLED」を試す
ASUS JAPANが発売した2in1 PC「Vivobook 13 Slate OLED」は、有機ELディスプレイを採用しながら税込み10万円を切る注目のモデルだ。実際の使い勝手はどうなのか、下位モデルをチェックした。(2021/12/28)

40年前の映画「銀河鉄道999」再び劇場に ドルビーシネマ版22年1月公開 舞台挨拶にりんたろう監督
1979年の映画「銀河鉄道999」と1981年の「さよなら銀河鉄道999」がドルビーシネマ版に。22年1月14日から全国7館で公開。(2021/12/24)

PR:有機EL搭載の2in1 PC「ASUS Vivobook 13 Slate OLED」で日々の生活を快適に!
ASUS JAPANから、有機ELディスプレイを搭載しながら実売10万円を切る「ASUS Vivobook 13 Slate OLED」が発売された。オン/オフを問わず、さまざまな利用シーンで活躍できるWindows 11搭載PCとして要注目のモデルをチェックした。(2021/12/20)

OPPO、カメラ特化のNPU「MariSilicon X」発表 iPhone 13を上回る性能をアピール
OPPOが、自社開発のイメージングNPU「MariSilicon」を発表。1秒間に18兆回の処理を行い、iPhone 13シリーズが搭載する「A15 Bionic」を上回る性能を持つという。暗所でも鮮明に撮影するナイトモードが動画でも利用可能になる。(2021/12/14)

Qualcomm Snapdragon Tech Summit 2021:
最新SoC「Snapdragon 8 Gen 1」では何が変わるのか? カメラからセキュリティまでを解説
Qualcommが発表した新プロセッサ「Snapdragon 8 Gen 1」は、下り最大10Gbps、上り最大3.5Gpbsの高速通信が可能になる。カメラの画像処理性能も強化され、明暗の激しい場所や暗所などよりキレイに撮影できるようになった。カメラが常時オンになることで、セキュリティレベルも向上した。(2021/12/10)

車載半導体:
高速道路の自動運転にも必要な「800万画素の車載カメラ」から見た世界
オンセミ(onsemi)は、ピクセルサイズを現行製品よりも小さくしてコストを抑えながらイメージセンサーの解像度を向上させる。ピクセルサイズを大きくしないことによって発生するトレードオフを補う技術もそろえ、競争力を高める。(2021/12/10)

巨大な球形ディスプレイ「ジオ・コスモス」の内部を初公開 日本科学未来館が27日から
日本科学未来館は25日、改修のために展示を休止している直径6m、重さ約13tの巨大な球形ディスプレイ「ジオ・コスモス」の内部構造を初めて公開すると発表した。(2021/11/25)

【2021年】タイプ別、最新ドライブレコーダーの注目モデルはコレだ
万一の事故や交通トラブルの際に強い味方になってくれる、今や欠かせないカーアイテム「ドライブレコーダー」。中でもおすすめ機種は……?(2021/11/14)

Googleのスマートカメラに低価格モデル 1万2300円 電源アダプター式
Google Japanはスマートカメラ「Google Nest Cam」の屋内向け電源アダプターモデルの販売を始めた。価格は1万2300円。(2021/11/10)

独自プロセッサ×音声認識が“文字起こし”に革命を? 「Pixel 6 Pro」全力レビュー(後編)
Googleのオリジナルスマートフォン「Pixel 6 Pro」は、独自プロセッサ「Google Tensor」を搭載している。これが、機械学習ベースのAI処理に大きな改善をもたらしており、カメラの画像処理だけでなく音声認識処理で大活躍する。普段使いのスマホとしての利便性と合わせてチェックしていこう。(2021/11/1)

「Adobe Creative Cloud」が2022年版に AIを使った機能強化をさらに推進
Adobe(アドビ)の有料サブスクリプションサービス「Creative Cloud」の各種アプリが2022年版にバージョンアップした。有効な契約を持っているユーザーは無償でアップデートできる。(2021/10/26)

Googleの新スマホ「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」正式発表 10月28日発売 直販価格は7万4800円から
Googleがチラ見せを続けてきた「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」が正式発表された。Google Storeでの販売価格は税込みで7万4800円からで、Pixel 6はauとソフトバンク、Pixel 6 Proはソフトバンクからも発売される。【追記】(2021/10/20)

「Windows 11」と「Windows 10」の10個の違い【後編】
Windows 11の「タブレットモード廃止」はWindows 10からの移行の障壁になるか?
Microsoftの新OS「Windows 11」はタッチ操作やゲーム機能を向上させ、PC操作の快適さを磨き上げた。仕事や遊びを問わない機能強化をアピールする同社の戦略は、企業やエンドユーザーに響くのか。(2021/10/20)

組み込み開発ニュース:
低照度の画質を向上、組み込みHDR技術搭載のCMOSイメージセンサーを発表
オンセミは、ローリングシャッターと組み込み型HDR技術を搭載したCMOSイメージセンサー「AR0821CS」を発表した。画像処理を最小限に抑え、高速、低消費電力、高コスト効率のカメラシステムを構築できる。(2021/10/19)

オンセミ AR0821CS:
140dB超のダイナミックレンジを実現した8.3MピクセルCIS
オンセミは、1/1.7インチで8.3MピクセルのCMOSイメージセンサー「AR0821CS」を発表した。eHDR技術を採用しており、140dB超のダイナミックレンジを達成。厳しい照明条件下でも高品質な画像を提供する。(2021/10/18)

組み込み採用事例:
ソニーの4K対応映像制作用スイッチャーがザイリンクスのFPGAを採用
ザイリンクスのFPGAが、ソニーのライブプロダクションスイッチャー「XVS-G1」に採用された。HBMを搭載するFPGAを利用することで、XVS-G1は広色域の4K解像度や低遅延ハイダイナミックレンジでの高速処理が可能になった。(2021/10/11)

万が一の事態に備える、自動車保険会社と連動したドライブレコーダー〈レッドバロン〉
レッドバロンが会員限定で提供する、保険会社と連動したオリジナルドライブレコーダーを紹介。(2021/10/9)

箱のような一眼カメラ「LUMIX BOX」がフルサイズに 12月発売
パナソニックは、“ボックススタイル”のフルサイズミラーレス一眼カメラ「DC-BS1H」を12月に発売する。(2021/10/8)

「ブラビア」にPS5連携機能、ソニーがソフトウェアアップデートで
ソニーは8日、4K対応テレビ「ブラビア」にPlayStation 5との連携機能を追加するソフトウェアアップデートを実施すると発表した。22年1月末までに無償で提供を始める。(2021/10/8)

エレコム、自動ズームで130度の広角対応USB外付け4K Webカメラを投入
エレコムが、最大4K解像度での撮影を実現したUSB外付けWebカメラ「UCAM-CX80FBBK」を発売する。(2021/10/5)

車載ソフトウェア:
低照明でも高品質のHD車載カメラシステムを可能にするレファレンスデザイン
ルネサス エレクトロニクスとOmniVision Technologiesは、HD車載カメラシステムの統合レファレンスデザインの提供を開始する。AHL ICとISP搭載CMOSイメージセンサーSoCにより、低コストで高品質の映像を伝送する。(2021/10/1)

Microsoftが「Surface Pro 8」「Surface Go 3」発表 Windows 11をプリインストール
Windows 11のリリースに合わせて、Surface ProとSurface Goの新世代製品が登場する。特にSurface Proは設計を刷新し、Thunderbolt 4ポートを備えたことが特徴だ。【更新】(2021/9/23)

iPadにApple WatchからiPhone 13まで:
Apple秋の新製品に共通する“掘り下げると深い”魅力
Appleから、iPhone 13シリーズを筆頭に新型iPadとiPad mini、さらにApple Watch Series 7と秋の新製品が相次いで発表された。それらに隠された真の魅力を、林信行氏がウオッチした。(2021/9/16)

組み込み採用事例:
ASUSの32インチHDRディスプレイがJOLEDの印刷方式有機ELパネルを採用
JOLEDは、同社が製造する印刷式有機ELディスプレイパネルが、台湾のASUSTeK Computer(以下、ASUS)のコンテンツクリエイター向けディスプレイ「ASUS ProArt Display OLED PA32DC」に採用されたと発表した。(2021/9/16)

「iPhone 13」「iPhone 13 mini」登場 5色展開で8万6800円から 9月24日発売
AppleのiPhoneに2021年モデルが登場。スタンダードを担う「iPhone 13」と、そのコンパクトモデル「iPhone 13 mini」は、従来のボディーデザインを踏襲しつつ新たなカラーを採用し、スペックの底上げを図っている。(2021/9/15)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
初代「iPhone」から「iPhone 12」まで歴代iPhoneを撮り比べ 14年間でどれだけ進化した?
2007年に海外で初代「iPhone」が発売されて、2021年9月15日にはついに新型iPhoneがお披露目されるかもしれない。というところで、初代から購入を続けてきたiPhoneシリーズのカメラ性能を一挙におさらいする。(2021/9/13)

「Fire TV Stick 4K Max」登場 Wi-Fi 6対応+40%パフォーマンスアップで6980円 新リモコン付き
Amazonが、4K対応映像デバイス「Fire TV Stick 4K」の後継モデルを発売する。Fire TVシリーズとしては初めてWi-Fi 6接続に対応したことが特徴で、処理パフォーマンスも最大で40%改善する。(2021/9/9)

デタッチャブルChromebookも:
LenovoがWindows 11搭載の「Yoga Slim 7シリーズ」を発表 米国で10月から順次発売
Lenovoが、Windows 11をプリインストールする「Yoga Slim 7シリーズ」と、キーボード着脱式のChromebookの新モデルを10月に発売する。現時点では日本での展開は未定だ。(2021/9/8)

Lenovoが5G対応Androidタブレットを発表 ワイヤレスイヤフォンも発売へ
Lenovoが5G通信に対応するAndroidタブレットを投入する。比較的ハイエンドなモデルと、ミドルレンジモデルを取りそろえているが、日本での展開は未定だ。(2021/9/8)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
夏のハイエンドスマホ4機種で撮り比べ(前編):超広角から望遠まで画質チェック
2021年の夏は、シャープとライカが協業して生まれた「Leitz Phone 1」や、ソニーの「Xperia 1 III」などのハイエンド端末が多く発売された。いずれも特徴的なカメラ機能を搭載しており、撮影時の画像の色味もさまざま。実際に同じ場所、同じ時間に撮影して比べてみよう。(2021/8/30)

モビルスーツの性能の違いはどうだ!?:
私を誰だと思っているのだ? ASUS JAPANの「機動戦士ガンダム」コラボゲーミング液晶を試して分かったこと
ASUS JAPANがアニメ「機動戦士ガンダム」とコラボレーションしたPCパーツや周辺機器を相次いで投入した。PCパーツは即完売となったが、液晶ディスプレイは独特の存在感を放っている。その2モデルを試した。(2021/8/27)

5Gスマートフォン「Xperia 10 III Lite」登場 Xperia初のeSIM搭載モデル
ソニーが8月19日、ミッドレンジの5Gスマートフォン「Xperia 10 III Lite」を発表。8月下旬以降、一部の通信キャリアが発売する。Xperia 10 IIIよりもストレージが少ないが、Xperiaとしては初めてeSIMに対応している。(2021/8/20)

PR:最新ハードウェアがもたらす最上級のゲーミング体験!! 「G-Tune HP-Z」のススメ
「G-Tune HP-Z」は、マウスコンピューターのゲーミングデスクトップPCでハイエンドに位置する製品だ。同社が「ユーザーのあらゆる希望をかなえるハイエンドモデル」とうたう、本製品のパフォーマンスをチェックした。(2021/8/24)

日米限定販売:
Googleがお手頃5Gスマホ「Pixel 5a (5G)」を8月26日発売 防水・防じん対応で直販価格は5万1700円
Googleが、手頃な価格のミドルレンジスマートフォン「Pixel 5a (5G)」を発売する。基本スペックは「Pixel 4a (5G)」とほぼ同等だが、画面の大型化、防水・防塵(じん)対応、バッテリー容量の向上など改良を加えつつも直販価格を8800円引きとした。Googleによる直販の他、ソフトバンクでも販売される。(2021/8/18)

防水+Sペン(別売)に対応 大画面フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold3 5G」登場 1799.99ドル(約19万9300円)から
Samsung Electronicsのフォルダブルスマートフォンの大画面モデルに3世代目が登場する。ついに防水に対応した上、「Sペン」を使ってペン操作も可能となった。画面サイズを維持しつつ本体の厚みを削減したことも魅力だ。(2021/8/11)

大画面4K対応テレビの再生品を5万円以下で グリーンハウスが直販サイトで販売
グリーンハウスは10日、49V型4K/HDR対応液晶テレビのメーカー再生品を4万9800円(税、送料込)で販売すると発表した。(2021/8/10)

Googleが「見守りカメラ」と「呼び鈴」を日本でも展開 有料サブスクサービス「Nest Aware」も
Googleのホームデバイス「Google Nestシリーズ」の見守りカメラとドアベル(呼び鈴)に新モデルが登場する。新モデルは日本も販売地域に含まれており、投入に合わせて有料サブスクリプションサービス「Google Nest Aware」のサービスも始まる。(2021/8/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。