• 関連の記事

「HDR」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

High Dynamic Range

auの「Galaxy Z Flip4」「Galaxy Z Fold4」、Android 14へアップデート可能に
KDDIは、2月6日に「Galaxy Z Flip4」「Galaxy Z Fold4」のOSアップデートを実施。Android 14ではテーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、視覚/聴覚障がい者向けの機能改善などを行っている。(2024/2/6)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Apple Vision Proは「極めて未来的なiPad」――あえて渡米してでも買うべきだと感じたワケを改めて語ろう
Apple Vision Proがいよいよ発売された。筆者は渡米の準備を進めており、この記事が載る頃には入手できていると思われる……のだが、そこまでして“初物”の入手に注力する理由を、改めて説明しようと思う。(2024/2/5)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
タフネススマホ「TORQUE G06」のカメラはあれこれ遊んでみよう アウトドアカメラとして面白い!
今や希少なタフネススマホである京セラの「TORQUE」。2023年10月に久々の新機種「TORQUE G06」が投入されたので、カメラ機能をあれこれ試してみよう。(2024/2/5)

NVIDIA、「GeForce RTX」シリーズのGPUでSDR→HDRのAI変換を可能に
NVIDIAは「GeForce RTX」シリーズ向けドライバのアップデートで、SDR動画をHDR動画に自動変換する新機能「RTX Video HDR」を追加した。Windows 11のChromiumブラウザとHDR10互換ディスプレイで利用できる。(2024/1/25)

auの「Xperia 1 V」「Xperia 5 V」「Xperia 10 V」、Android 14へアップデート
KDDIは、1月17日に「Xperia 1 V」「Xperia 5 V」「Xperia 10 V」をAndroid 14へアップデート。テーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、の改善などの他、Xperia独自のサービスも利用できるようになる。(2024/1/19)

auの「Galaxy A53 5G」がAndroid 14へアップデート可能に
KDDIは、1月16日に「Galaxy A53 5G SCG15」のOSアップデートを実施。Android 14ではテーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、視覚/聴覚障がい者向けの機能改善などを行っている。(2024/1/16)

auの「Galaxy S22/S22 Ultra」、Android 14へアップデート
KDDIは、1月11日に「Galaxy S22 SCG13」「Galaxy S22 Ultra SCG14」のOSアップデートを実施。Android 14ではテーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、視覚/聴覚障がい者向けの機能改善などを行っている。(2024/1/12)

オンセミ 代表取締役社長 林孝浩氏:
PR:パウダーから垂直統合するSiCパワーと車載/産業用に強いイメージセンサーで攻勢強めるオンセミ
オンセミ(onsemi)は、パワーデバイスとイメージセンサーを核に自動車/産業用市場のニーズに応えるという事業戦略の下、事業規模を順調に拡大させている。普及著しいSiC(炭化ケイ素)パワーデバイスの供給能力増強など積極的な投資でさらなる需要拡大に備える。「国内でもオンセミの技術、製品への引き合いが急増している。2024年はしっかりとデザインウインにつなげていく」と語る日本法人社長の林孝浩氏にインタビューした。(2024/1/11)

DellのゲーミングノートPC「Alienware」もCore Ultra搭載! 最大480Hz対応の有機ELゲーミングディスプレイも
Dell Technologiesが、AlienwareブランドのゲーミングノートPCと周辺機器の新製品を発表した。Core Ultraプロセッサを搭載してAI処理能力をより高めたノートPCや、リフレッシュレート360Hzの有機ELゲーミングディスプレイなど、見どころは多い。(2024/1/9)

ドコモ、「Galaxy A54 5G」をAndroid 14へOSアップデート
NTTドコモは、12月11日に「Galaxy A54 5G SC-53D」をAndroid 14へアップデートした。壁紙やロック画面などのカスタマイズをはじめ、One UI 6で新機能も追加している。(2023/12/13)

ドコモの「Galaxy S22/S22 Ultra」、Android 14へアップデート可能に
NTTドコモは、12月11日に「Galaxy S23/S23 Ultra」をAndroid 14へアップデートした。壁紙やロック画面などのカスタマイズ方法を追加し、アクセシビリティ機能も改善する。(2023/12/12)

auの「Galaxy S23/S23 Ultra」がAndroid 14へアップデート可能に
KDDIは、12月12日から「Galaxy S23 SCG19」「Galaxy S23 Ultra SCG20」をAndroid 14へアップデート。テーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、の改善などを行っている。(2023/12/11)

auの「Galaxy Z Flip5」「Galaxy Z Fold5」がAndroid 14にアップデート可能に
KDDIは、12月12日から「Galaxy Z Flip5 SCG23」「Galaxy Z Fold5 SCG22」をAndroid 14へアップデートする。壁紙やロック画面などのカスタマイズ方法を追加し、健康に関するデータ管理やアクセシビリティ機能も充実させる。(2023/12/11)

PR:売れ筋スマホがMNPで1980円! IIJmioで入手できる“おすすめ4機種”の選び方を解説
年末商戦やクリスマスシーズンに向けて、スマートフォンの買い換えやプレゼントを計画している人も多いのではないだろうか。スマートフォンは今やキャリアやECサイトなどで、回線契約なしの単体で購入することもできる。今回は、IIJmioでお得に入手できる4機種の選び方を解説する。(2023/12/8)

ついに日本上陸! レノボ・ジャパンの小型ゲームPC「Legion Go」とスリムな2画面PC「Yoga Book 9i Gen 8」の実機を触って分かったこと
LenovoのポータブルゲーミングPC「Legion Go」と、2画面2in1ノートPC「Yoga Book 9i Gen 8」が、ようやく日本で発売される。短い時間ながら実機に触れる時間が取れたので、その特徴を“深掘り”してみよう。(2023/12/7)

ドコモの「Galaxy S23/S23 Ultra」がAndroid 14にアップデート可能に
NTTドコモは、12月5日に「Galaxy S23/S23 Ultra」をAndroid 14へアップデート。壁紙やロック画面などのカスタマイズ方法を追加し、視覚/聴覚障がいを持つユーザー向けの機能も搭載する。(2023/12/7)

ドコモの「Galaxy Z Flip5」「Galaxy Z Fold5」がAndroid 14に
NTTドコモは、12月5日に「Galaxy Z Flip5」「Galaxy Z Fold5」をAndroid 14へアップデート。テーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、アクセシビリティ設定の改善などを行っている。(2023/12/7)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「AQUOS sense8」のカメラを試す ミッドレンジ機らしからぬ基本性能の高さが魅力
ハイエンド端末は高いし大きくて、手に余りそう。そんな人におすすめなのが「AQUOS sense8」だ。普及価格で光学式手ブレ補正、メインカメラの画素数は5030万画素。突出した特徴はないものの、基本性能がしっかりしているところが魅力だ。(2023/11/30)

組み込み開発ニュース:
オンセミの車載イメージセンサーがルネサスの「R-Car V4x」に搭載
オンセミの車載用イメージセンサーファミリー「Hyperlux」が、ルネサス エレクトロニクスの「R-Car V4x」プラットフォームに搭載された。OEMやTier1サプライヤーの最新の車載コンピューティングを支援する。(2023/11/10)

Y!mobile、「iPhone 13」を11月15日に発売 機種変更なら128GBが9万3600円
ソフトバンクは11月9日、Y!mobileで「iPhone 13」を取り扱うと発表した。Y!mobileオンラインショップとiPhone取扱店が11月15日に発売する。9日に価格(税込み)も公表された。(2023/11/9)

PR:「AQUOS sense8」ならカメラも普段使いも快適! 欲張りなユーザーにこそ太鼓判を押したい理由
スマホ代を節約しつつも、カメラ画質がよくて操作も快適、さらにバッテリー長持ちながらも軽くて質感のいいスマホが欲しい。そんな欲張りな希望をかなえてくれるのが、11月発売の「AQUOS sense8」だ。今回はカメラやバッテリー持ちはもちろん、操作性や処理性能もさらに強化している。(2023/11/2)

ヤマダホールディングスの「Fire TV搭載スマートテレビ」に65型モデル登場 17万5890円で11月3日発売
ヤマダホールディングスが(2023/10/31)

最大4画面出力可能:
M3ファミリー搭載でさらに高速になった「MacBook Pro」登場 上位モデルには新色「スペースブラック」を用意 25万円弱から
Appleが、新型の「Apple M3チップファミリー」を搭載するMacBook Proを発売する。上位の「M3 Proチップ」「M3 Maxチップ」を搭載する構成については、スペースグレイに代わる新色「スペースブラック」を用意する。(2023/10/31)

組み込み開発ニュース:
Sマウント対応のグローバルシャッター方式で業界最高解像度の積層型CMOSセンサー
ソニーセミコンダクタソリューションズは、3.1分の1型レンズ対応のグローバルシャッター方式では業界最高解像度となる、有効約320万画素の積層型CMOSイメージセンサー「IMX900」を産業用に商品化する。(2023/10/31)

「AQUOS sense8」は何が変わった? 先代の「AQUOS sense7」と比較する
シャープが10月3日発表した「AQUOS sense8」はどこが進化したのか。前世代機AQUOS Sense7との違いを検証する。バッテリーやカメラが進化している。(2023/10/3)

シャープが「AQUOS sense8」発表、光学2倍相当のズーム対応で5万円台 大画面モデル「plus」がない理由とは
シャープはミッドレンジスマートフォン「AQUOS sense8」を発表した。市場想定価格は5万円台後半(税込み)。今回、「sense7 plus」の後継に相当する新モデルの投入が見送られた理由とは何か。(2023/10/3)

ソフトバンク、再生プラスチック使用の5Gスマホ「AQUOS wish3」を10月13日に発売
ソフトバンクが5Gスマホ「AQUOS wish3」を発売する。「かんたんモード」や「ジュニアモード」、カメラのAIオート機能などを搭載し、防水/防塵(じん)のほか耐衝撃性能も備える。(2023/9/28)

組み込み開発ニュース:
有効1742万画素の車載カメラ用CMOSイメージセンサーを商品化
ソニーセミコンダクタソリューションズは、有効1742万画素のCMOSイメージセンサー「IMX735」を車載カメラ用に商品化した。道路状況や車両、歩行者などの認識範囲をより遠距離に拡張できる。(2023/9/27)

iPhone 15/15 ProのUSB Type-C端子でできること Appleがサポートページで解説
Appleは9月22日発売予定の「iPhone 15」シリーズの充電や、他のデバイスへの給電方法について案内している。9月19日に公開された日本語のページ(iPhone 15 の USB-C コネクタで充電および接続する)では、まずUSB Type-Cが広く普及した規格であることに触れられた。iPhone 15シリーズの充電、他デバイスへの給電などについても説明されている。(2023/9/21)

24コアCPUにRTX 4070、Mini LEDディスプレイも搭載したラグジュアリーなゲーミングノートPC「OMEN Transcend 16」を試す
日本HPのゲーミングブランド「OMEN」シリーズから登場した薄型の16型プレミアムゲーミングノートPC「OMEN Transcend 16」の実力をチェックする。(2023/9/20)

1/1.17型で有効画素数は1742万画素:
ソニー、車載向けCMOSイメージセンサーを開発
ソニーセミコンダクタソリューションズは、車載カメラ向けに有効1742万画素の1/1.17型(対角13.70mm)CMOSイメージセンサー「IMX735」を開発、サンプル出荷を始めた。自動運転車に向け、より遠くの対象物検知を可能にし、LiDARとも同期しやすい読み出し方式を採用した。(2023/9/13)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
実は円形の映像を撮っていた 親指サイズのウェアラブルカメラ「Insta360 Go 3」の実力は?
ちょっと太めの親指サイズという超小型なウェアラブルカメラ「Insta360 Go」の3代目が出たのである。それが「Go 3」。(2023/9/10)

社長就任1年半後の林孝浩氏:
「日本は有利」、自動車と産機で事業拡大を狙うオンセミ
2022年3月にonsemiの日本法人社長に就任した林孝浩氏に、この1年半の変化や、onsemiの戦略について聞いた。(2023/8/17)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
拡大続ける車載イメージセンサー市場、存在感増す後発ソニー
2022年、CMOSイメージセンサー市場において車載分野が2番目の規模の分野となりました。(2023/8/7)

PR:どちらを選ぶ? カメラを極めた「AQUOS R8 pro」とお手頃ハイエンド「AQUOS R8」 2機種の魅力を徹底検証
今夏のハイエンドAQUOS Rシリーズは、高画質カメラと性能を追求した「AQUOS R8 pro」と、軽量ボディーに最先端の機能を詰め込んだ「AQUOS R8」の“選べる2機種”となった。それぞれの違いや選ぶべきモデルを、詳しく解説していく。(2023/7/20)

シャープ、SIMフリー版「AQUOS wish3」を7月21日以降に順次発売 3万円台前半
シャープは、7月21日以降にSIMロックフリー版「AQUOS wish3」を順次発売。前モデルから再生プラスチック材使用率を向上させ、子ども向けの「ジュニアモード」を新搭載する。税込み価格は3万円台前半を想定。(2023/7/13)

「moto g53y 5G」レビュー Y!mobile×モトローラの“2万円スマホ”はどれだけ使える?
Y!mobileから登場した“2万円スマホ”の新顔moto g53y 5Gをレビューする。MNPなら1円で購入できるという安さが一番の売りだが、それだけではない。(2023/7/10)

PR:デル・テクノロジーズ「Alienware x16」は薄くてスタイリッシュでゲームも創作も快適だ!
昨今、ゲーミングノートPCはゲーム用途だけでなく、クリエイターからの注目を集めている。デル・テクノロジーズが4月にリリースした「Alienware x16」は、クリエイターも必見のスタイリッシュなボディーに、ゲーミングノートPCらしいパワフルさを詰め込んだことが特徴だ。その魅力をチェックしていこう。(2023/7/14)

思ったよりもいいもの――ヤマダデンキの「FireTVスマートテレビ」を約1年3カ月使って分かったこと
2022年3月、ヤマダデンキが船井電機製の「Fire TVスマートテレビ」を発売した。約1年3カ月間、このTVの43型モデルを使ってきた筆者が、その率直な感想を述べたいと思う。【訂正】(2023/6/21)

50年前の「東映まんがまつり」劇場で再現 4Kリマスターで「マジンガーZ」「仮面ライダーV3」
東映ビデオは、「マジンガーZ」の誕生50周年を記念して半世紀前の「東映まんがまつり」を劇場で一部復刻する。(2023/6/5)

「Pixel 7a」徹底レビュー ミッドレンジ価格帯では“ライバル不在”といえる完成度
Google製スマホ「Pixel 7a」が5月11日に発売された。6.1型の画面に高性能のSoC「Tensor G2」、6400万画素のカメラを搭載し、価格を抑えながらミッドレンジの枠を超えている。今回はこれを実際に試し、ライバルのiPhoneやAndroidと比較してみる。(2023/5/31)

Final Cut ProとLogic ProのiPad版先行レビュー:
iPad1つで本格的な映像制作と音楽制作がこれまでになく身近に
Appleから、iPadシリーズ向けに映像制作アプリ「Final Cut Pro」と音楽制作アプリ「Logic Pro」がリリースされた。サブスクリプションモデルとなった両アプリを実際に試してみた。(2023/5/24)

オンセミHyperlux:
LFM機能搭載、ADAS向け車載用イメージセンサー
オンセミは、車載用イメージセンサーファミリー「Hyperlux」を発表した。ADAS向けに2.1μmのピクセルサイズ、150dBのHDR、全車載温度範囲でのLFM機能を搭載している。(2023/5/23)

Google、「Android 14 Beta 2」をリリース Pixel、OPPO、Xiaomi、Nothingなどで利用可能に
米Googleは開発者向けイベント「Google I/O」の開催に伴い、次期モバイルOS「Android 14」のβ 2(ベータ2)を公開した。Pixel、OPPO、Xiaomi、Nothingなどの端末で利用できる。カメラ、ヘルスケア、システムUIなどの改良が図られた。(2023/5/11)

Wi-Fi専用:
Googleの「Pixel Tablet」は据え置いても使いやすい 充電スピーカーホルダー付きで6月20日発売 直販価格7万9800円から
Googleが2022年10月に発表した「Pixel Tablet」の詳細が発表された。日本では6月20日に発売されることになり、5月11日からGoogleストアなどで事前予約を受け付ける。(2023/5/11)

発表即発売:
Googleがお手頃スマホ「Pixel 7a」を発売 直販価格は6万2700円 ドコモも取り扱い
GoogleがPixelスマートフォンの廉価版(Aシリーズ)の新モデルを投入する。ベースモデルである「Pixel 7シリーズ」と同じプロセッサを採用しつつも、本体素材の変更などによって値段を大きく抑えたことが特徴だ。キャリアを通した販売では、NTTドコモでの扱いが“復活”することにも注目したい。(2023/5/11)

AQUOS R8シリーズが「無印」と「pro」に分かれたワケ 進むハイエンドスマホの二極化
シャープが2023年夏モデルとして、2つのハイエンドモデル「AQUOS R8 pro」と「AQUOS R8」を投入する。AQUOS Rシリーズは原則、年に1機種のペースで展開してきたが、なぜ2機種に分けたのか。ハイエンドスマホの二極化は今後も続きそうだ。(2023/5/10)

「AQUOS R8」発表 ライカ監修カメラやSnapdragon 8 Gen2搭載、気軽に使えるハイエンドモデル
シャープが、スマートフォンAQUOSの新モデル「AQUOS R8」を発表。よりカジュアルにハイエンドスマホを使えるよう、必要十分な機能と気軽に使える仕様を追求した。1/1.55型センサーを採用した、ライカ監修のカメラも備えている。(2023/5/9)

シャープが新フラグシップ「AQUOS R8 pro」発表 “見たまま”を表現できるカメラ、新放熱設計を採用
シャープが、スマートフォンAQUOSの新モデル「AQUOS R8 pro」を発表。ライカと共同開発したカメラは、新たに600種類以上の光源を判定するという14chスペクトルセンサーを搭載。カメラリングに熱を誘導する新たな放熱設計も採用した。(2023/5/9)

約3.3万円の差は意外と大きい? NECPCのAndroidタブレット「LAVIE Tab T11(液晶モデル)」の実力をチェック!
NECパーソナルコンピュータのAndroidタブレット「LAVIE Tab T11」に、液晶ディスプレイを搭載するスタンダードモデルが登場した。先行して登場したハイエンドモデルとの直販価格の差は3万3000円だが、どのくらいの差があるものなのだろうか。実際に試してみよう。(2023/5/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。