• 関連の記事

「撮影」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「撮影」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

“日本ロケの海外MV”だけを集めた再生リスト 外国人目線で撮影した日本が面白いと話題に
いまとなっては懐かしい景色も。(2024/2/26)

「H3ロケット」で打ち上げられたキヤノン電子の衛星、初ショット公開 撮影は「PowerShot S110」
キヤノン電子は2月22日、超小型衛星「CE-SAT-IE」が初めて撮影した地球の写真を公開した。同衛星は、日本の次期主力ロケット「H3ロケット」試験機2号機に搭載され、2月17日に打ち上げられた。撮影は「PowerShot S110」(2024/2/26)

世界的なネットミーム「長く伸びた猫」が撮影から20年 今はいない「のび子さん」の思い出を飼い主に聞いた
天国へ旅立ってもなお、さまざまな形で世界中の人々に親しまれています。(2024/2/25)

生後3カ月赤ちゃん、人生初の証明写真撮影で“キメ顔”を披露! 撮影風景と仕上がりに「たまらん」「かわいすぎるー!」
眠気に襲われながらもがんばる赤ちゃんです。(2024/2/23)

BIM:
360度カメラとBIMを組み合わせ配筋検査を効率化 前田建設工業が全国展開へ
前田建設工業など3社は、360度撮影可能なデジタルカメラとBIMを活用した配筋検査システムを開発した。新技術を活用することで撮影にかかる時間を約8割削減できる。(2024/2/21)

「王様戦隊キングオージャー」の撮影技法が書籍に 4月発売
玄光社が、特撮ドラマ「王様戦隊キングオージャー」の撮影技術についてまとめた書籍「王様戦隊キングオージャー バーチャルプロダクションガイド」を4月10日に発売する。東映が監修しており、価格は3080円。(2024/2/20)

施工:
コンクリ打継面処理の良否を画像で瞬時に判定 安藤ハザマが開発
安藤ハザマは、コンクリート構造物の品質向上と現場施工の効率化を目的に、コンクリート打継面処理の評価を誰でも瞬時に判断できる評価システムを開発した。タブレット端末で撮影した画像から打継面の良否を判定し、未処理部分を漏れなく抽出する。(2024/2/20)

ZTEの最上位スマホ「nubia Z60 Ultra」を試す Snapdragon 8 Gen 3搭載で9万円台〜の実力は?
ZTEから「nubia Z60 Ultra」が登場した。カメラ性能重視のスマートフォンとして仕上がっており、メインカメラは35mm画角を採用。ゆがみが少ない写真を撮影できる。本記事ではnubia Z60 Ultraの作例を交えて紹介する。(2024/2/19)

元大関若嶋津&高田みづえの美人娘、第1子妊娠で“顔出し夫”とのマタフォト 100枚近く撮影したこだわり作に「夫も髭を伸ばし」
有名なモデルをマネしたものとのこと。(2024/2/18)

「グラノラの遺影あった」 スーパーで撮影されたケロッグのパッケージが手を合わせたくなる遺影ぶり
業務用なら、ビジュアルにコストかける必要ないってことかしら。(2024/2/14)

“アナログ規制緩和”に対応:
清水建設とアイダ設計が全社標準で導入、1台で現場全景を遠隔巡視するカメラ「Safie GO 360」
建設現場向けにクラウド録画カメラを展開するセーフィーは、固定設置型の定点観測カメラ「Safie GO」シリーズに、建設現場全体を1台で撮影する「Safie GO 360」を追加した。撮影した広角の映像は、360度上下左右に動かせ、隅々まで取り逃しがなく、施工品質の確保や労働災害防止に役立ち、2024年問題の解決や同年6月にも解禁される遠隔巡視に対応した建設ICTツールとなっている。(2024/2/14)

ソニー、人工衛星「EYE」による宇宙撮影体験の参加者募集を開始
ソニーグループは13日、超小型人工衛星「EYE(アイ)」を使って一般の人が宇宙から地球などを撮影できるサービス「宇宙撮影体験」の第1回参加者募集を始めた。(2024/2/13)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
「Xperia 5 V」のカメラをいろいろと試す トリプルからデュアルになったが写りはむしろ向上
これまでのトリプルカメラからデュアルカメラへと変更された「Xperia 5 V」。レンズの変更はカメラ機能にどう影響を与えているのだろうか。いつものように、あれこれと撮影して試してみよう。(2024/2/16)

パパが赤ちゃんを1カ月ごとに撮影、1年後…… 驚くべき成長が430万再生「感動」「めっちゃ分かりやすくてすごい」【ブラジル】
息子を抱えて撮影するパパ。(2024/2/12)

能登半島地震の被害地域でGoogleストリートビュー撮影 石川県珠洲市の一部を公開
被害の爪痕も生々しく。珠洲市との協議を経て公開の許可。(2024/2/10)

スマホで簡単「スポットライト風撮影アイデア」が290万再生突破 エモすぎる親子ショットに「かわいいぃ」「まねしたい!」の声
これは試してみたい。(2024/2/9)

「嘘みたいな埼玉の写真を撮った」 大雪の日に撮影したセイコーマートの景色に「北海道なんでしょ?」「完全一致」と驚きの声
埼玉の景色とは思えない……!(2024/2/7)

新山千春、“新婚3カ月”の年下夫&17歳娘と家族ショット “笑いっぱなしの撮影”にほっこり「幸せそう」「微笑ましい」
笑顔がたくさんの写真に。(2024/2/7)

CAEニュース:
CAE解析結果や撮影データを比較、計測できる開発支援ビュワーを発売
フォトロンは、開発支援ビュワー「TimeSpaceView」を発表した。2D動画と3Dモデル、3Dモデル同士を重ね合わせて比較でき、比較後の差分を計測できる。(2024/2/7)

“300万円のハイスピードカメラ”で渋谷の雪を撮影 → まるで映画の世界 「300万円出して買いたくなる気持ち分かった」
スマホでは撮影できない世界。(2024/2/6)

製品動向:
画像から厚さを自動算出、2024年度に建設現場へ本格導入
長谷工コーポレーションはNHK財団が保有する映像処理技術を活用した「厚さ計測システム」を開発した。施工前後に撮影した画像データを解析して厚さを自動算出する。今後、建設現場のさまざまな施工工程でシステムの検証を進め、2024年度中の本格導入を目指す。(2024/2/5)

レトロ感がたまらない SNSで公開された“世界初の純電気式計算機”に「昔のSFみたい」とネット興奮
「樫尾俊雄発明記念館」で撮影されました。(2024/2/4)

iPhoneの「空間ビデオ」、Meta Questシリーズで再生可能に
米MetaのXRヘッドセット「Meta Quest」シリーズのアップデートにおいて、iPhoneで撮影した空間ビデオの再生に対応する。該当バージョンは「v62」で、順次提供予定としている。(2024/2/3)

ウッディたちのフィギュアを公式ホテルで撮影したら…… 「最高にトイ・ストーリーしてる」「映画のCGみたい」と16万いいね
もうこれアンディの部屋じゃん……!(2024/2/2)

ドローン+AIで橋梁を点検、労力やコストカットへ
衝突回避センサーを備えたドローンにロボットカメラを搭載し、撮影した画像を人工知能(AI)が解析してひび割れなどを見つける。狭い場所の点検も容易で、マンパワーに頼った従来の点検と比べ、約4割のコストカットにつながるという。(2024/2/2)

TikTok連続ドラマ「みつめてそらして」第2弾が配信 志田未来&畑芽育&一ノ瀬颯&水沢林太郎主演
各キャストを主観のワンカット長回しで撮影した映像が特徴のTikTokドラマ(全8話)。(2024/2/2)

おすしを真下からのぞく→見てはいけないものを見ている気分に? ユニークな撮影が「センシティブすぎる」と話題
すしだから問題はないのだけれど、なんとなく背徳的なにおい。(2024/2/2)

ロボット開発ニュース:
変形型月面ロボットの正常な動作を確認、月面の撮影とデータ送信に成功
JAXA、タカラトミー、ソニーグループ、同志社大学は、変形型月面ロボット「LEV-2」が、小型月着陸実証機「SLIM」の撮影とデータ送信に成功したと発表した。LEV-2がSLIMから放出された後に、収納状態の球体から月面で展開、駆動したことを確認した。(2024/2/1)

かわいい我が子を撮影したはずが…… “お面1枚”で恐怖の1枚になってしまった写真が話題 「ホラー映画のポスター」
20世紀少年かもしれない。(2024/1/31)

人工知能ニュース:
作業分析の時間を99%削減 教師データ不要の三菱電機のAI技術
三菱電機は2024年1月25日、反復作業を撮影した動画から作業分析を行える、教師データの作成が不要な「行動分析AI」の開発を発表した。作業分析に要する時間を従来比で約99%削減できる。(2024/2/1)

ソニー、スマホのような「カメラ用5G転送デバイス」発表 撮って即アップロード、ライブ配信にも使える
ソニーが、5G対応のポータブルデータトランスミッター「PDT-FP1」を発表した。Wi-Fiが利用できない屋外などのシーンでも、撮影データの即時アップロードが可能となる。(2024/1/30)

ソニー、カメラから5Gで映像伝送する「ポータブルデータトランスミッター」発表 15万9500円
ソニーは1月30日、「ポータブルデータトランスミッター」を発表した。本製品はカメラで撮影した映像などを5Gの高速通信で伝送するための機器。メーカー希望小売価格は15万9500円(税込み)で、発売は3月22日だ。(2024/1/30)

寝ていた猫、成人式の記念撮影に起こされた姿が610万件表示 じわじわくる表情に「目が口ほどに語っておられる」
一体にゃにごと……?(2024/1/30)

湖の底を撮影中に正面から魚が接近、大きく口を開けてそのまま……! 丸のみされた気分になる衝撃の光景【カナダ】
水中を撮影していたときのこと。(2024/1/30)

里田まい、188センチの夫・マー君と“身長差”26センチのラブラブショットを娘が撮影→「こうなった」
これはこれでいい。(2024/1/29)

iPhoneで機内からロケット打ち上げ撮影に挑戦 そこで感じたスマホカメラの課題とは
1月12日、JAXA種子島宇宙センターからH-IIAロケットが打ち上げられました。たまたま1月12日に奄美空港行きの便に搭乗予定だったので調べてみると、ロケットの打ち上げは13時44分に実施とのこと。すぐに指定座席を窓際に変更して機内から打ち上がるロケットを撮影する準備に取り掛かりました。(2024/1/29)

JAXA、「SLIM」の運用を再開 太陽光パネルに再び光差す 「トイプードル」と呼ばれる岩を撮影
JAXAは1月29日、小型月着陸実証機「SLIM」の運用を再開したと発表した。28日夜に通信の確立に成功した。(2024/1/29)

豊島区のふるさと納税返礼品に「コスプレ体験」登場 プロがメイクして撮影・加工まで
イベントに参加できる回数券プランも。(2024/1/26)

xR:
現場をVRデータ化して施工管理する新サービス「Stages」開始、野原グループ
野原グループは、施工現場のVR撮影データを生成し、工事管理や監理業務といった施工管理を支援するサービス「Stages(ステージーズ)」を開始した。(2024/1/22)

布袋寅泰、デートした21歳娘を前に“見たことない表情” 子ども撮影のニッコリ笑顔に「パパの顔してます」
いい笑顔。(2024/1/21)

東原亜希、夫撮影の母子5ショットでしみじみ感慨あらわ 8歳双子の姿に「身長抜かされるのも時間の問題やな」
アングルもすてき!(2024/1/19)

「ブギウギ」、撮影に使われた“小道具”の秘密に驚きの声 「“らんまん”から渡されたものでしたか」「素敵なお話」
そうだったのか!(2024/1/19)

Yahoo! JAPANアプリ、画像から商品や人物を検索できる「カメラ検索機能」導入
「Yahoo! JAPAN」アプリは、画像から似ている商品や人物などを検索できる「カメラ検索機能」の提供を開始。文字入力は不要で、撮影した画像や端末に保存してある画像を使用して商品や有名人、類似画像を検索できる。(2024/1/18)

人工衛星「EYE」から地球を撮影してみた 思わぬ写真が撮れた
一般の人でも人工衛星「EYE」のカメラを使って宇宙から見た地球や遠い宇宙の写真を撮影できる。そんな夢のあるプロジェクトがついに始まった。(2024/1/18)

雪が舞い散る夜に撮影された「東京駅」 最高にエモい写真に「一瞬の魔法でした」
美しくて見とれてしまう。(2024/1/17)

ソニー、人工衛星のカメラで撮影する「宇宙撮影体験」発表 2月に募集開始
ソニーは17日、超小型人工衛星「EYE(アイ)」を使った「宇宙撮影体験」を期間限定で3月に始めると発表した。まず応募者の中から抽選で30組に提供する。(2024/1/17)

湘南乃風SHOCK EYE、強風に耐え撮影した“奇跡の瞬間”ショット公開 神秘的な光景に「すご過ぎて声出た」ファン驚き
「この大都会にいても奇跡の瞬間は訪れるんだよね」(2024/1/16)

土屋太鳳、産後初の雑誌撮影で“変わらぬ美スタイル”披露も……ママの悩み吐露に共感も「太鳳ちゃんでも努力してる」
『美的』3月号の表紙を飾り、ウエスト“チラ見せ”ショットも。(2024/1/16)

上原さくら、アルツハイマー病の母とのリアルな日常を告白 「ちょこっとイラッとするし、ちょこっと笑える」
母親撮影の上原さんの写真にも反響。(2024/1/13)

パパからママへの感動のプロポーズを撮影するはずが…… 娘の“ファインプレー”で爆笑の結末に【海外】
娘の天才的なカメラワーク。(2024/1/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。