• 関連の記事

「スピーカー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スピーカー」に関する情報が集まったページです。

スピーカー内臓「聴こえる眼鏡」 Huaweiが日本で6月3日発売
眼鏡製造販売のオンデーズとファーウェイ・ジャパンが、フレームにスピーカーを内蔵した「聴こえる眼鏡」を発表した。6月3日からオンデーズの一部店舗などで販売する。(2022/5/27)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
スマホから映像を確認できるドアベル「Ring Video Doorbell 4」を導入してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。Amazonの日本初投入となるドアベルを設置した。(2022/5/26)

防水スピーカー「HUAWEI Sound Joy」登場 1万4800円で5月26日発売
ファーウェイ・ジャパンはBluetoothスピーカー「HUAWEI Sound Joy」を5月26日に発売する。価格は1万4800円(税込み)。スピーカーとアンプを手がけるフランスのDevialet(デビアレ)がチューニングした。特殊な織布でスピーカーユニットを保護し、IP67相当の耐水・防塵(じん)性能を有している。(2022/5/26)

本田雅一の時事想々:
ワイヤレススピーカーでアップルに圧勝、知られざる「ソノス」の実力
日本では無名な米オーディオメーカーの「ソノス」。ユニークなワイヤレススピーカーで急成長し、IT業界の巨人も一目置く存在になった企業だ。なぜ、ソノスは急成長したのか。商品の持つ強みとは。現地で新商品を取材したITジャーナリストの本田雅一氏が解説する。(2022/5/25)

パパやママそっくりの音声で読み聞かせできるスピーカー タカラトミーから「coemo(コエモ)」が9月下旬発売
「タカラトミーモール」で6月14日から予約受付スタート。(2022/5/24)

Alexaで無料育児相談、音声活用しハンズフリー 森永乳業が25日から提供
スマートスピーカーと対話することで育児相談ができる新サービスを、森永乳業がアプリ開発会社のアイリッジとともに開発した。両手でパソコンやスマホを操作しなくても済むため、乳幼児の育児中でも気軽に相談ができるという。(2022/5/24)

9月下旬から販売開始:
タカラトミー、AIがパパ・ママそっくりの声を作る読み聞かせスピーカー「coemo」を発売
実在人物とそっくりな声をAIがつくる読み聞かせスピーカー「coemo」が発売。アプリで声を登録し、好きな物語を選ぶと登録した声で読み聞かせが始まる。「子どもに本を読ませたいが、毎日の読み聞かせは大変」という保護者の声に応えていく。(2022/5/23)

親の声で「読み聞かせ」するAI音声合成スピーカー、タカラトミーが発売 複数の声で配役も
タカラトミーは親の声を合成音声にして子どもに童話などを読み聞かせるAIスピーカー「coemo(コエモ)」を発表した。(2022/5/23)

1万人から回答:
スマートスピーカーの認知率は8割 実際の利用率は?
調べたいことを話しかけると人工知能(AI)が認識し、インターネット検索のような調べものや家電の操作を代わりに行ってくれるスマートスピーカー。伊藤忠グループのリサーチ会社マイボイスコム(東京都千代田区)の調査で、スマートスピーカーの認知率が8割に上ることが明らかになった。実際に利用している人の割合は9%だった。(2022/5/18)

キヤノン、音質にこだわったライト付きBluetoothスピーカーを開発 クラウドファンディング実施
キヤノンは11日、新ジャンル商品としてBluetoothスピーカーに可動式のライトを組み込んだ「albos」(アルボス)のクラウドファンディングを始めた。応援購入は3万6000円(税込)から。(2022/5/11)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
14個のスピーカーを組み込んだTesla Model 3は空間オーディオ、ハイレゾを楽しめる?
Tesla Model 3 ロングレンジは14個のスピーカーを搭載している。これらを駆使してどのようなサウンドを奏でることができるのか、ご紹介しよう。(2022/5/9)

サダタローのゆるっと4コマ劇場:
ゲーム好きの漫画家がソニーのPS5専用ヘッドフォンからホリのネックスピーカーに乗り換えた話
ゲーム好き漫画家がソニーのワイヤレスヘッドフォン「PULSE 3D」からホリの「ワイヤードネックセット」に乗り換えた理由とは?(2022/5/7)

ごろ寝したい! 振動スピーカー入りの畳が登場 寝転ぶと全身で音と振動を味わえる
VRヘッドセットをしてこの畳にごろ寝したい……!(2022/5/7)

Innovative Tech:
紙のようにぺらぺらなスピーカー、どんな壁にも貼り付け可能 米MITが開発
米Massachusetts Institute of Technology(MIT)の研究チームは、 紙のように薄い薄膜圧電スピーカーを開発した。従来のスピーカーよりも少ないエネルギーでゆがみの少ない音を発生させることができる。(2022/5/2)

5月7日まで! Fire TVやタブレット、Echoシリーズがお買い得に
Amazonが5月7日まで開催中のタイムセールで、同社のスマートディスプレイやスマートスピーカー、のストリーミングメディアプレーヤーが通常価格よりもおトクに買える。(2022/5/1)

組み込み開発ニュース:
立体音響コンテンツを車室内の全シートで体感できる、30個のスピーカーを搭載
ヤマハは、立体音響に対応した映像や楽曲コンテンツを車室内で体感できる技術を開発した。30個のスピーカーを車室内に搭載し、車室内の全シートで立体音響を体感できる。(2022/4/26)

Fire TVやタブレット、Echoシリーズがお得! Amazonが「タイムセール祭り」を4月26日まで開催
Amazonが4月26日午後11時59分まで「タイムセール祭り」を開催している。同社のスマートディスプレイやスマートスピーカー、のストリーミングメディアプレーヤーが通常価格よりもおトクに買えるチャンスだ。(2022/4/24)

置き方によってサウンドを最適化 ボーズがBluetoothスピーカーを発売
ボーズは4月21日、「Bose SoundLink Flex Bluetooth Speaker」を発売した。価格は1万9800円(税込み)。ボーズ独自のPositionIQ技術により、スピーカーの向きを検知し、音質を自動的に調整する。(2022/4/21)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
壁掛け対応スマートディスプレイ「Echo Show 15」を試して分かった際立つ個性
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。セットアップ編に続き、使い込んで気がついたことを整理した。(2022/4/21)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
壁掛けで使うスマートディスプレイ「Echo Show 15」をセットアップして分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はついに国内にも登場した壁掛けスマートディスプレイ「Echo Show 15」と、周辺デバイスをセットアップした。(2022/4/19)

Anker、「スピーカー付きメガネ」を国内販売へ 1万9990円 マイクも内蔵
アンカー・ジャパンは、同社のオーディオブランド「Soundcore」初のオーディオグラスを国内販売すると発表した。(2022/4/13)

「音漏れしないスピーカー」製品化へ NTT子会社とフォスター電機が業務提携 耳付近に音を閉じ込める
NTTソノリティとフォスター電機は、耳付近に音を閉じ込めて周囲に音が漏れないスピーカー技術「Personalized Sound Zone」(PSZ)を使った製品開発で業務提携を結んだ。(2022/4/12)

スピーカー通話中、相手のアレクサに「電気消して」「EDM流して」と遠隔指示したら…… いたずらをしかける友達同士のやりとりに思わず笑ってしまう
これは楽しそう……。(2022/4/10)

ヤマハ、ドルビーアトモス対応の車載立体音響システムを発表 スピーカー30個、乗車時にウェルカムサウンド
ヤマハは、米Dolby Laboratoriesの「Dolby Atmos for cars」に沿った車載用の立体音響システムを開発し、自動車メーカーに向けてデモンストレーションを開始した。(2022/4/7)

TDK AVRF041A150MT242、AVRF061D2R4ST532:
ESD保護機能付きノッチフィルター
TDKは、ESD保護機能付きのノッチフィルター「AVRF041A150MT242」「AVRF061D2R4ST532」を開発した。ノイズ対策とESDからの保護を両立しており、無線イヤフォンやスマートスピーカーなどオーディオ回路のEMC対策に適する。(2022/4/1)

PR:ハイブリッドワークに最適! どこにでも持ち歩けるスピーカーフォンとカメラでWeb会議をアップグレードしよう
テレワークとオフィスワークが融合した「ハイブリッドワーク」が広がりつつある中、Web会議の品質面における悩みが再び噴出しつつある。悩んでいる人は、デル・テクノロジーズのスピーカーフォンと高画質Webカメラをチェックしてみてほしい。(2022/3/8)

コンシューマー向けディスプレイ付きスマートスピーカーの「限界」
「Echo Show」「Google Nest Hub」をWeb会議で使うなら気を付けたい2つの問題
Web会議に「Echo Show」「Google Nest Hub」といったコンシューマー向けのディスプレイ付きスマートスピーカーを使えるようにすれば、テレワーカーの利便性を高めやすい。ただし対処すべき問題もある。それは何か。(2022/3/12)

デル、AIノイズキャンセリング機能を備えたUSB接続スピーカーフォン
デル・テクノロジーズは、ノイズキャンセリング機能を標準搭載したスピーカーフォン「Dell AIノイズ キャンセリング スピーカーフォン - SP3022」を発表した。(2022/3/10)

【Amazonタイムセール祭り】Ankerのワイヤレスヘッドホンが38%オフ! USBケーブルやモバイルバッテリーなどもお買い得に
スピーカーやロボット掃除機などもお買い得。(2022/2/26)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
物理ボタンでHueを操作できるディマースイッチとスマートボタンは何が違う? 使って分かる目に見えない違い
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はPhilipsのスマート照明「Hue」のオプション製品であるディマースイッチとスマートボタンを比較した。(2022/2/24)

2022年4月から:
「スピーカーと一体化したシャワー」日本で発売 住まいのIoT化に対応
キッチン&バスルーム製品をプロデュースするコーラーカンパニーは、シャワーヘッドとスピーカーを組み合わせた「Moxie ハンドシャワー+ ワイヤレススピーカー」を2022年4月に日本で発売する。(2022/2/22)

2月25日発売:
シャープ、Amazon Alexa対応のウェアラブルAIスピーカー「AN-SC1」を発売
シャープは、クラウドファンディングで目標金額800%を超えた音声アシスタント機能搭載のAIスピーカー「AQUOS サウンドパートナー AN-SC1」を2月25日に一般発売する。(2022/2/16)

「家に欲しい」「コロナ禍これで乗り切りたい」 手作りの東京ディズニーランド風“スピーカー”でおうちディズニーが捗りそう
一家に一台欲しい。(2022/2/14)

Alexa対応で何が変わる? スマートスピーカー付きメッシュルーター「Deco Voice X20」で在宅勤務の環境を改善!
TP-LinkのWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応メッシュWi-Fiルーター「Deco Voice X20」は、Amazon Alexa対応のスマートスピーカー機能を統合していることが特徴だ。メッシュWi-Fiルーターにスマートスピーカーが統合されると、どのようなメリットがあるのだろうか。実際に試してみよう。(2022/2/10)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
モデルチェンジした「Hue ディマースイッチ」は何が変わった? 実際に使い比べて分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はPhilipsのスマート照明「Hue」のオプション製品を試した。(2022/2/8)

Innovative Tech:
署名時の手の動きから、本人か偽物かを判定 スマホ内蔵マイクとスピーカーで音を分析
中国の上海交通大学の研究チームは、スマートフォン内蔵のマイクとスピーカーによる音響信号を利用して、手書き署名時の手の動きを捉える自動検証システムを開発した。マイクから発して手に跳ね返った音響信号を記録し分析することで、手の動作を識別する。(2022/2/7)

テレビと接続:
5万台突破! 耳が遠くてもテレビが聞こえやすい「ミライスピーカー」の実力
テレビと接続することで音を聞こえやすくする「ミライスピーカー」が、発売から1年8カ月で累計販売台数5万台を突破、順調な売れ行きを見せている。ミライスピーカーを開発・販売するサウンドファンの山地浩社長と取締役の金子一貴氏に、曲面サウンドの革新性とビジネスモデルを聞いた。(2022/1/26)

MAXHUBがWeb会議用デバイスのラインアップを強化 狙いは?
従来は企業や教育機関向けの大型ディスプレイを中心に販売してきたが、中国CTVEの「MAXHUB(マックスハブ)」ブランドが、Web会議用のスピーカーやカメラのラインアップを強化する。その狙いはどこにあるのだろうか?(2022/1/26)

100種類の歌詞フレーズを内蔵:
カシオ、人やロボットの歌声を演奏できる「電子キーボード」を発売
カシオ計算機は、鍵盤で歌声を演奏できる新感覚の電子キーボード「CT-S1000V」および外部スピーカーとの接続も可能な「CT-S500」を3月上旬に発売する。(2022/1/22)

Innovative Tech:
英語ネイティブとの発音の違いを深層学習で可視化 ソニーCSLが開発
ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)京都研究室の研究チームは、非母国語の学習において、学習者の発話とネイティブスピーカーの発話の違いを深層学習を使い分析し、視覚的に提示するシステムを開発した。(2022/1/20)

スマホと連携するスピーカー付き天井ライト、アイリスオーヤマが発売
アイリスオーヤマは14日、Bluetoothスピーカーを内蔵したLEDシーリングライトを翌15日に発売すると発表した。価格は8畳用の1万6280円(税込)から。(2022/1/14)

小寺信良のIT大作戦:
スマートスピーカーから考える、「本当に賢い」とは何か
スマートスピーカーを使わなくなってしまう原因について考えてみた。(2022/1/13)

製品動向:
特定の人にアナウンス音声をピンポイントで放射する新システム、清水建設
清水建設は、立命館大学の西浦敬信教授や順天堂大学大学院の平澤恵理教授と共同で「局所音場制御システム」を開発した。局所音場制御システムは、超指向性スピーカーと、スピーカーからの放射音を任意の方向に反射させる音響調整板で構成される。利用者は、音響調整板の設置方向などを調整することで、特定の領域に限定してアナウンス情報を伝達できるようになる。今後は、局所音場制御システムの適用実証を進めながら、ニーズを調べる見通しだ。(2022/1/11)

Googleさん:
Googleのスマートスピーカーがアップデートで使いにくく 特許問題のとばっちりで
「Google Home」アプリを最新版にすると、グループ化したスマートスピーカーの音量調節機能が不便になります。この機能が特許侵害だというSonosの訴えが認められたため。このまま使えなくなるのでしょうか。(2022/1/10)

FF14コラボのゲーミングスピーカー 専用デザイン&起動音 パナソニックが限定販売
FF14オリジナルデザインや効果音を採用したゲーミングネックスピーカーがパナソニックから。9月までの期間限定生産だ。(2022/1/7)

Googleを特許侵害で提訴したSonosが勝訴 GoogleはNest端末の臨時対応を告知
Sonosが特許侵害でGoogleを提訴した裁判で、米ITCが最終判決を下した。Googleがスマートスピーカーに関する5つの特許を侵害しているという判断だ。Googleはユーザーに対し、「判決に対処するため、デバイスのセットアップ方法に変更を加えた」と告知した。(2022/1/7)

Dellが32型4Kビデオ会議向けディスプレイを発表
DellがCES 2022に合わせて32型4K解像度ディスプレイ「U3223QZ」を発表した。14Wのスピーカーとデュアルアレイ型マイク、物理的にさえぎる機能を搭載したカメラが標準装備されている。【更新】(2022/1/5)

身体の負担も会議ストレスも一気に解消する「Poly Sync」ファミリー:
PR:オンライン会議用デバイス、どれを選ぶ? イヤフォンでもヘッドセットでもなく、スピーカーフォンを選んだワケ
ITmedia ビジネスオンラインで募集した、ポリコムジャパンが提供するスマートスピーカーフォン「Poly Sync」ファミリーの無料モニター。本記事では、世界的素材メーカーに勤め、夫婦でテレワークやオンライン会議用デバイスの試行錯誤を繰り返し、最終的にPoly Syncにたどり着いたモニターの事例を紹介する。(2022/1/17)

2.2万円で幅56mmのスリムなスマホ「Mode1 GRIP」を試す 片手での持ちやすさは抜群
P-UP Worldのスマホ「Mode1 GRIP」を使ってみた。3G停波が近づき旧機種からの買い替えが進むなかで、8型シネスコサイズという小さめなサイズで手頃な価格のスマホはうれしい。その反面、ディスプレイやスピーカーの質は控えめだ。(2022/1/3)

2021年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト4+番外1アイテム
連載「山口真弘のスマートスピーカー暮らし」「モバイルディスプレイの道」でおなじみの山口さんが、2021年に購入したデジタル製品を中心に、仕事に役立つ製品をピックアップする恒例の企画。あなたのベスト5は何ですか?(2021/12/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。