• 関連の記事

「羽田空港」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「羽田空港」に関する情報が集まったページです。

電力逼迫 企業が節電対応、一部生産停止も
電力需給が逼迫する中、企業が節電対応に本腰を入れている。店舗やオフィスでエアコンの温度を高めに設定したり、照明を消したりするといった取り組みやすい施策から、保有する自家発電設備のフル稼働まで、あらゆる工夫で電力不足解消に努めている。(2022/6/30)

月刊乗り鉄話題(2022年6月版):
「カーマカマカマ♪」 構想から40年「蒲蒲線」が度々話題になるワケ
そもそもどこ? どう読むの? 誰が便利になるの? いる? いらない?──を解説。あ、「カーマカマカマ♪」がちょっと頭から離れなくなっちゃいました。(2022/6/30)

東京モノレールの写真求む! 入選作品はカレンダー採用「カレンダーフォトコンテスト2022」 7月1日〜8月31日開催
テーマは「東京モノレールと沿線の風景」。(2022/6/27)

JR尼崎駅に冷凍ラーメン自販機「ヌードルツアーズ」設置 全国の有名店の味をお持ち帰りで
メニューは「つじ田」「オーモリラーメン」など5種類から!(2022/6/23)

羽田空港にJR東のテレワーク用個室「STATION BOOTH」設置 ゲート間近で搭乗待ちもWeb会議可能
時間に追われる人へ。(2022/6/22)

HIS調査:
22年夏休みの旅行予約者数ランキング 海外の3位はソウル、2位はバンコク、1位は?
エイチ・アイ・エスは、2022年の夏休みにおける旅行の予約動向を取りまとめた。海外旅行の予約は昨年同日の約22倍だった。(2022/6/21)

アニメ「ワンピース」×JALコラボ! 「ワノ国」の世界観をイメージした成田発着周遊チャーターを7月に運航
客室乗務員は着物を着用ですって。(2022/6/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
西九州新幹線時刻表「かもめ」に謎の欠番、列車ダイヤを見て分かってきたこと
武雄温泉〜長崎間を結ぶ西九州新幹線の時刻表が発表された。鉄道事業では、線路、駅、車両というハード面と同じくらい、利用者の使いやすさや需要を考慮して決定される「ダイヤ」というソフト面も重要だ。ダイヤを見れば、地域の特性や事業者がその路線に期待することが見えてくる。(2022/6/18)

羽田空港に「機内食の自動販売機」登場! 世界のメニューをお持ち帰り可能
メニューはフランス、スペイン、タイ料理など全5種。(2022/6/16)

交流人口を取り戻せるか:
JR東海、JR東、JAL、ANA、東京メトロ まさかの「呉越同舟キャンペーン」はなぜ生まれたか
JR東海、ANA、東京メトロ、JAL、JR東日本の5社は「ただいま東京」キャンペーンを共同で実施した。その理由に迫る。(2022/6/16)

6月25日から:
はとバスが羽田空港を走る! まさかのコラボは社員考案
はとバスは、羽田空港の制限区域内を2階建てバスでドライブする「羽田空港ベストビュードライブ」を6月25日から運行する。羽田空港の制限区域内を、はとバスが走るのは創業以来初めて。2階建てバスの高さ3.8メートルの車窓から、駐機中の航空機や離着陸する航空機、さまざまな地上支援車両などを間近に見られるようにする。(2022/6/13)

気軽に旅気分:
羽田空港、自販機で“世界の機内食” フランス、スペインなど5品
世界各国の機内食を冷凍自動販売機で販売する。気軽に旅行気分を醸成する。「パエリア」「ガパオライス」など人気の5品を、980円で販売。(2022/6/9)

「みんなで泊まる」がコンセプトの多人数向けホテルが東京・八丁堀にオープン 友達とお泊まりしてワイワイが可能!
オープニングキャンペーンを9月まで実施中。(2022/6/4)

北関東に住む人の「住みたい街」は?:
北関東の住み心地が良い街ランキング、1位は? TOP3独占は“あの県”
「街の住みここち&住みたい街ランキング2022<北関東版>」の結果を発表した。北関東で住みやすい街ランキングでは、TOP3を「茨城県」が占めた。北関東に住む人は、現状の居住地への満足度が高い傾向も。(2022/6/1)

ロボットが調理から配膳まで担当:
店内に鳴り響く「キュイーン!」 川崎重工が“メカの駆動音にあふれた”未来型レストランを運営する理由
配膳を担当するロボットが、目の前に料理を運んでくれる。店内には常に「キュイーン!」「ウィーン!」というメカの駆動音が聞こえてくる。ここは川崎重工が運営する「Future Lab HANEDA」。なぜ、そんな施設を運営しているのか?(2022/5/31)

75歳以上の「運転技能検査」新設:
改正「道路交通法」が施行 “スタイリッシュな電動車いす”に商機か
5月13日、改正道路交通法が施行された。この改正では、75歳以上のドライバーの免許更新手続きが変更。一定の違反歴がある場合、運転技能の検査が義務となった。これを受け、電動車いすなどの近距離移動を助ける製品の需要が高まると考えられる。(2022/5/13)

電動化:
BYDが日本向けに電動バス2車種、2030年までに累計販売4000台を目指す
BYD(比亜迪)の日本法人であるビーワイディージャパンは2022年5月10日、日本市場向けに2023年末から納入する電動バスの新モデル2車種を発表した。同日から予約受付を開始した。走行距離はコミュニティーバスなど向けの電動小型バス「J6」が現行モデル比1割増の約220km、路線バス向けの電動大型バスの「K8」で同1割増の約270kmとなる。(2022/5/11)

ハンドルから手を放せる「プロパイロット 2.0」を体験! 日産本気の新型BEV「アリア」に試乗してみた
普段はガソリン車を運転し、EVはカーシェアでしか運転していない筆者がアリアを体験しました。静かな車内とプロパイロット 2.0の組み合わせはすごかった!(2022/5/1)

「剥がせるボディカラー」って何だ? トヨタのBEV「bZ4X」、羽田空港に展示 5月1日まで
クルマも気軽にカラーチェンジ!(2022/4/21)

調理も配膳もロボットがやるレストラン「AI_SCAPE」 羽田イノベーションシティ内で開店
羽田空港近くの商業施設「羽田イノベーションシティ」内に、ロボットが調理から配膳まで行うレストラン「AI_SCAPE」がオープンした。(2022/4/21)

東京が変わる:
東京メトロ「有楽町線」「南北線」の延伸で、どうなる?
東京メトロ有楽町線と南北線の延伸が決定した。コロナ禍で事業環境が大きく変化する中、東京メトロが計画する今後の戦略とは。(2022/4/21)

「ニューヨーク・タイムズ」も注目:
クラファン3分で2800万円集めた”マスク型翻訳機” 「今は売上につながらなくてもいい」と社長が話すワケ
従業員3人のスタートアップが開発したマスク型翻訳機「C-FACE」がコロナ禍で大きな注目を集めた。36カ国約150社から問い合わせがあり、『ニューヨーク・タイムズ』でも紹介された。しかし、ハードウェア認証や日本という国柄の問題でそこまで大きな売り上げにつながっていないのが現状だという。社長は「今はそれでもいい」と話す。その理由とは?(2022/4/19)

羽田空港の“顔パス搭乗システム”で情報持ち出し事案発生 元従業員PCから約1000人分のデータ発見
羽田空港国際線で運用されている顔認証技術搭載の搭乗手続きシステムで、管理会社の元従業員による内部情報の持ち出し事案が発生した。元従業員が社内規定に反して個人PCに情報を放置していた。(2022/4/12)

奇跡の帰還だ! 森下悠里、空港でなくした指輪が無事手元へ 拾ってくれた職員には「お礼しなきゃ」
指からスルッと抜け落ちていたもよう。(2022/4/8)

JR東京駅・羽田空港などに展開:
ラーメン業界に黒船来航! 約90秒で「アツアツな本格ラーメン」を作る自販機がすごい
JR東京駅、羽田空港、首都高芝浦パーキングエリアで、ラーメン自販機「Yo-Kai Express」の設置が始まった。いったい、どんな自販機なのか? CEOが話す強みや戦略は?(2022/4/6)

政府も11億円支援:
エアアジア・ジャパン元CEOが、北海道大樹町で挑む「宇宙版シリコンバレー」構想
全日本空輸の元社員で元エアアジア・ジャパン社長なども歴任してきたSPACE COTAN(スペースコタン)の小田切義憲社長。観光産業ではなく、北海道の強みを生かした産業の復活を目指す「宇宙版シリコンバレー」構想を聞いた。(2022/4/6)

ソフトバンク、ウクライナからの避難民にiPhoneを無償貸し出し
日本政府専用機の予備機で羽田空港に到着したウクライナからの避難民に、ソフトバンクがiPhoneを提供した。(2022/4/5)

デジタルサイネージ広告が回復 コロナ前超えも 外出控えは解消傾向 AI進化も追い風
新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだデジタルサイネージ広告市場が再び注目を集めている。感染症対策と経済活動の両立が進み、外出を極端に控える傾向が解消されるとみられるためだ。2023年にはコロナ前の水準を上回るとの見方もある。(2022/4/4)

デジタルサイネージ広告が回復 コロナ前超えも 外出控えは解消傾向 AI進化も追い風
新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだデジタルサイネージ(電子看板)広告市場が再び注目を集めている。感染症対策と経済活動の両立が進み、外出を極端に控える傾向が解消されるとみられるためだ。人工知能(AI)カメラで年齢層や性別を把握し、それに応じた情報発信が可能なデジタルサイネージも登場。こうした進化もあって、回復が加速し来年にはコロナ前の水準を上回るとの見方もある。人が行き交う空港や駅での展開が活発化している。(2022/4/1)

非対面で海外用Wi-Fiルーターをレンタル 1日770円〜でデータ使い放題の「WiFiBOX」
テレコムスクエアが、4月1日から海外向けモバイルWi-Fiルーターの自動レンタルサービス「WiFiBOX」を提供する。ルーターのレンタルから返却までを非対面で行える。1台で複数回線に接続できるバーチャルSIMを採用しており、世界130の国と地域に対応している。(2022/3/30)

できたてラーメンが出てくる自動販売機が羽田空港に 注文後約90秒で熱々ラーメン
定番の塩・醤油・とんこつ・みその4種類。(2022/3/24)

羽田空港で販売:
JAL、客室乗務員が考えたスイーツを商品化 地域活性狙う
日本航空は3月24日、客室乗務員が考案したスイーツ4点を商品化すると発表した。3月25〜26日に羽田空港で販売する。(2022/3/24)

不動産市況:
栃木県の賃貸物件で人気の最寄り駅ランキング、全カテゴリーで「宇都宮」駅が1位
アットホームは、不動産情報サイト「アットホーム」における賃貸居住用物件のコーナーで、閲覧数が多い人気の駅をまとめた「アットホーム人気の駅ランキング 栃木県編」を公表した。ランキングでは、全カテゴリーで「宇都宮」駅が1位にランクインし、さまざまな世帯に宇都宮が人気なことが判明した。(2022/3/18)

リテール&ロジスティクス:
羽田空港付近でマルチユース対応の物流施設が着工、プロロジス
プロロジスは、東京都大田区で開発を進めている都市型賃貸用物流施設「プロロジスアーバン東京大田1」の起工式を2022年2月25日に開催した。(2022/3/4)

東京モノレール利用でJALマイル付与 対象区間、1乗車で20マイル
 東京モノレールは2月28日、東京モノレールでJALのマイルをためられるサービス「東京モノレール×JAL ボーナスマイルキャンペーン」を実施すると発表した。(2022/3/1)

UNIQLO PayにJCBカードを登録で10%還元 3月15日まで
ジェーシービーはキャッシュレス決済サービス「UNIQLO Pay」へ対象のJCBカードを登録し、国内のユニクロやジーユー店舗などで利用すると10%相当(最大1000円)を還元するキャンペーンを実施する。期間は3月1日〜3月15日。(2022/2/25)

週末に「へえ」な話:
なぜ飛行機の“中古”部品が売れているのか JALのカプセルトイが7時間で完売
飛行機の部品をカプセルトイで販売したところ、航空ファンを中心に話題になっていることをご存じだろうか。JALの整備士が手掛けていて、2〜3日で完売。なぜ人気を集めているのか、担当者に話を聞いたところ……。(2022/2/19)

人気の駅ランキング東京23区編 3位「新小岩」、2位「三軒茶屋」、1位は?
当調査は2021年12月1日〜12月31日の間、東京都23区を対象に実施した。(2022/2/8)

都心が、ぐっと近づく:
「相鉄・東急直通線」2023年春開業 巨大ネットワークで東京の交通はどう変わるのか?
相鉄・東急直通線の2023年3月開業が正式発表された。相鉄と東急の直通で誕生する巨大ネットワークは、単に都心にアクセス可能になるだけではない。(2022/2/8)

神奈川県民に調査:
神奈川県内の「引っ越し先として人気が高まりそうなエリア」は?
NEXERは、「神奈川県で引っ越し先として人気が高まりそうなエリア」に関する調査を実施した。1位に選ばれたのは「横浜市」だった。2位以下は?(2022/2/5)

品川に地下鉄:
東京メトロ、有楽町線・南北線を延伸へ 2030年代半ばに開業予定
東京メトロは1月28日、有楽町線延伸と南北線延伸の鉄道事業許可を国土交通大臣に申請したと発表した。(2022/1/28)

通学定期券の証明書提出もスマートに:
「モバイルSuica」に新機能 おトクなきっぷを利用可能に(条件あり)
JR東日本の「モバイルSuica」に新機能が追加される。通学定期券の購入に必要な書類のやりとりをオンラインで行えるように改善する他、現在Suicaで利用できるおトクなきっぷをモバイルSuicaでも購入できるようにする。【更新】(2022/1/27)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
全員に恩恵のある「駅のバリアフリー」、都市と地方でこんなに違う
国土交通省は2021年12月24日、全国鉄道駅のバリアフリー化を加速すると発表した。都市部では鉄道運賃にバリアフリー化費用を加算できる制度を作る。地方部では鉄道駅のバリアフリー設備の整備について、費用の補助率を最大3分の1から2分1のに増やす。「バリアフリー加算運賃」はすべての人に利点がある。(2022/1/21)

The Apartment Bay YOKOHAMA:
みなとみらいに30日以上の長期滞在型ホテル 2022年5月下旬オープン
ケン・コーポレーションが、みなとみらいに長期滞在型ホテル「The Apartment Bay YOKOHAMA」をオープンする。(2022/1/19)

Amazon、羽田空港に入国者向けロッカーを設置 隔離要請者が商品を受け取れる
 Amazonは1月13日、日本空港ビルディングと東京国際空港ターミナルと提携し、羽田空港第3ターミナルにAmazonロッカーを設置した。海外からの入国時に、宿泊施設での隔離を要請される人が、Amazonで注文した商品をロッカーを使って受け取ることが可能となる。(2022/1/17)

羽田空港にAmazonロッカー新設 その“なるほど”な理由
Amazon.co.jpで購入した商品を受け取れるロッカーが羽田空港に登場。その理由は。(2022/1/13)

PCや液体物、取り出さずに手荷物検査 3D画像をチェック JALが羽田に導入
X線CT検査装置を導入した保安検査レーンをJALが羽田空港国内線に導入。PCや液体物をカバンから取り出すことなく手荷物検査できるようになる。(2022/1/11)

リテール&ロジスティクス:
千葉県船橋市で延べ2.3万m2の物流施設が竣工、三菱地所とENEOS不動産
三菱地所とENEOS不動産は、千葉県船橋市南海神で計画を進めていたマルチテナント型物流施設「ロジクロス船橋」が竣工したことを公表した。ロジクロス船橋は日本通運と1棟賃貸借契約を締結済みだ。(2022/1/7)

関東で「警報級の大雪」の可能性 東京23区で積雪5センチの所も
めちゃくちゃ降ってきました。(2022/1/6)

月刊乗り鉄話題(2021年12月版):
自粛から明るい話題へ、DMVデビューで大団円! 「2021年の鉄道ニュース・乗り鉄話題」10選
乗り鉄にとって、2021年も感染症の流行で自粛を強いられる年でした。それでも明るい話題、楽しいことがいくつもありました。日本の鉄道完乗率100%の筆者が振り返ります。(2021/12/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。