• 関連の記事

「羽田空港」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「羽田空港」に関する情報が集まったページです。

大量閉店から奇跡の復活 クリスピークリームが「ドーナツ戦争」から勝ち抜けたワケ
2015年に大量閉店に踏み切ったクリスピークリームは、なぜ復活を果たしたのか――。そこには、時代に先駆けて顧客のニーズの変化をとらえた同社の姿があった。(2024/6/5)

「消せるボールペン」は全世界44億本販売 海外で爆発的な人気を誇る日本製文具の品質
日本製文具の人気が海外で高まっている。ペーパーレス化や少子高齢化で長期的な国内市場は縮小が避けられない見通しだが、海外ではボールペンなどの筆記具を中心に、上質な日本製文具の支持が高く、アート制作用やギフト向けも強い。(2024/5/26)

円安「出稼ぎ」のワーキングホリデー活況 一方で“落とし穴”も
円安で費用負担がかさみハードルが高くなった留学の代替などとして現地で働きながら国際経験を積めるワーキングホリデー(ワーホリ)が注目を集める。ただ、急激な増加で仕事が見つからないといったケースも目立つという。(2024/5/26)

脱炭素:
羽田空港のエアラインへのSAF供給、販売事業化に向けて基本合意書を締結
日本空港ビルデングおよびユーグレナは、羽田空港におけるエアラインへのSAF供給ならびに販売事業化に向けた基本合意書を締結した。最大5万KLのSAF供給体制を構築する計画となっている。(2024/5/17)

羽田空港、第1ターミナル北サテライト施設を建設 2026年夏に開業へ
日本空港ビルデング(東京都大田区)は5月7日、羽田空港第1ターミナルの北側に、サテライト施設を建設する工事を開始した。6スポットを備えた出発・到着ゲート施設として、2026年夏頃の開業を予定している。(2024/5/11)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
北陸新幹線・敦賀駅乗り換えは特急「サンダーバード」にどんな影響を及ぼすか
(2024/5/10)

産業動向:
羽田空港に木造/鉄骨ハイブリッド構造のサテライト施設建設 2026年夏に供用開始へ
日本空港ビルデングは、羽田空港の第1ターミナル北側に、羽田空港では初となる木造/鉄骨ハイブリッド構造の出発/到着ゲート施設を建設する。2026年夏頃の供用開始を目指す。(2024/5/10)

訪日客向け「モバイルSuica」登場、25年春から 入国前の発券・チャージも可能に
JR東日本は訪日外国人向けのチケットレスサービス「Welcome Suica Mobile」アプリを2025年春に提供を開始する。入国前のアプリ操作のみで、Suicaの発行やチャージなどができるようになる。(2024/5/9)

JTB海外旅行で「Galaxy S24」の無料レンタルサービス始まる 翻訳機能で言葉の壁をなくす相棒に
サムスン電子ジャパンは5月から新型スマートフォン「Galaxy S24」シリーズを海外旅行時に無料で貸し出すサービスを提供する。同社が7日に発表した。対象端末は「Galaxy S24」「Galaxy S24 Ultra」で、旅先で翻訳機能などを活用できる。(2024/5/7)

CAさんのおすすめお土産は? 羽田空港や海外で買ってるものが参考になる
次の旅行で買ってみようかな。(2024/5/5)

「若い人が挑戦できる会社に」 CA出身、日本航空の鳥取三津子新社長 多様性を重視
社員が挑戦する風土を根付かせるには「私たち(経営陣)が失敗を受容したり、最後までサポートする姿勢が大切だ」と強調した。(2024/4/26)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「東京湾アクアライン」6車線にすれば“渋滞”は解消するのか 課題は他にある
東京湾アクアラインは、海上の海ほたるPAの人気や千葉県側の観光スポットの充実もあり、週末は深刻な渋滞が発生している。6車線化などの設備改良に加え、ドライバーへの渋滞対策の周知など、多角的な対策が必要だ。(2024/4/19)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
なぜ最近の新幹線駅は「巨大駐車場併設」が増えているのか 各地で見えてきた実情と課題
2015年に金沢市に、24年に敦賀市に到達した北陸新幹線は、マイカー用の駐車場だけでなく、クルマユーザーへの配慮が至る所で見られる。いまの時代はなぜクルマユーザー対応駅が求められているのか。まずは、実際に北陸新幹線・越前たけふ駅に行って検証してみよう。(2024/4/18)

新たな定番をつくる:
「ノーパンで履けるズボン」 1万円超なのに月商500万円、なぜ人気?
ノーパンで履けるズボン「ととのうパンツ」が話題だ。1着1万円以上するにもかかわらず、月商は500万円ほどに達する。人気の理由を探った。(2024/4/12)

品川駅西口に複合施設、29年度に開業予定 トヨタの新・東京本社も入居へ
京浜急行電鉄は3月22日、旧シナガワグース敷地(東京都港区)における「品川駅西口地区A地区新築計画」の事業化を決定したと発表した。羽田空港の近くかつ、リニア中央新幹線が停まる品川駅前のポテンシャルを最大限活用し「国際交流拠点としての品川」の実現を目指す。(2024/3/27)

非航空事業を展開:
航空会社のJALが「クラフトビール」を開発 JALラウンジの“余ったお米”に目をつけた
JALは、空港ラウンジの余剰米をアップサイクルしたクラフトビールを発売した。JALは航空会社なのに、なぜこのような事業を……?(2024/3/27)

愛犬家・石田ひかり、多頭飼育崩壊の現場へ “息も出来ない悪臭”にいた犬たちに「どうか幸せに」
「これからいいこといっぱいあるよ!」(2024/3/22)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
北陸新幹線・敦賀延伸 迫る「対東京シフト」の大転換
2024年3月16日に北陸新幹線・金沢駅〜敦賀駅間が延伸開業する。新しい新幹線は、これまでの観光の需要に加えて、ビジネスでの出張移動なども期待されている。敦賀延伸で、福井県のビジネスパーソンの移動に変化が起き、さらに対首都圏シフトが進むのだろうか。(2024/3/21)

船も「CASE」:
「原因究明」「過失捜査」どちらが優先? 海難調査の“法的”事情
航空機事故や海難事案ではしばしば「事故原因調査を優先すべき」「責任処罰捜査を優先すべき」という議論がなされるケースが多い。ここで注意したいのは、事故原因調査と責任処罰捜査は必ずしも相反するものではなく、両方が適切に組み合わせられることが“国際標準の事故調査メソッド”において認められていることだ。それぞれが独立してなされることで、より包括的な事故対応が可能になるとされている。(2024/3/19)

羽田空港直結の温泉「肌ガサガサ」投稿拡散…… 住友不動産系の運営元「問題が無いことが確認された」と声明
3月15日に声明を発表しました。(2024/3/16)

2025年夏に開業:
「三井アウトレットパーク 木更津」第4期開発計画 日本一の店舗数に
三井不動産は「三井アウトレットパーク 木更津」の第4期開発計画を発表した。(2024/3/15)

池袋・新宿から品川行くときに絶対欲しい! 空想の路線図に「分かる」「羽田空港行くとき助かる」と共感の声
山手線で「反対側」に行く時間って、長く感じますもんね……。(2024/3/14)

ロイホの苺デザートフェア、シーズン2がスタート! いちご×ピスタチオのパフェなどが登場
5月中旬頃までの期間限定!(2024/3/11)

今冬、インバウンド観光客が「増えた」エリアは?  1位は前期比で4倍増
23年12月〜24年1月にインバウンド観光客の滞在が増えたエリアのランキングを、ナビタイムジャパンが調査結果を発表した。(2024/3/9)

ホテルの部屋に“コックピット”が! 本物の部品使った操縦席モックアップ、羽田空港の隣接ホテルに
羽田エクセルホテル東急「JAL Cockpit ROOM」が登場。(2024/3/6)

メカ設計メルマガ 編集後記:
初めての「顔パス」でストレスを回避できた話
3連休初日の混雑した空港で初体験した感想です。(2024/3/5)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
1時間に90本離着陸――なぜ、羽田ばかり超過密に? 「第三空港」「成田リニューアル」の可能性は
(2024/3/2)

スマート化:
空港の課題に異業種連携で挑む研究開発拠点「Terminal.0 HANEDA」が開業
日本空港ビルデングは羽田空港隣接地に、空港が抱える課題に異業種連携で挑む研究開発拠点「Terminal.0 HANEDA」を開業した。空港を主要テーマとした研究開発と実証実験を行う拠点として課題解決に向けたオープンイノベーションを促進する。将来はterminal.0 HANEDAで開発した技術を実際の空港に実装することを目指す。(2024/3/1)

千葉県君津市の廃校で:
ヤンキーが攻め込む「日本の学校体験」が登場 なぜこんなことを? 運営会社に聞いた
千葉県君津市でちょっとユニークな取り組みが始まった。昭和の時代を再現した「学校体験」だ。訪日外国人向けのサービスは、どんな内容かというと……。(2024/2/24)

羽田事故受け日航がペット同伴を検討 他社が慎重姿勢の理由は?
日本航空が、ペットの客室内への同伴搭乗を検討していることが16日、分かった。1月2日に羽田空港で発生した航空機の衝突事故で、貨物室に預けられたペット2匹が取り残されたことを受け、同伴搭乗を求める声を踏まえた。(2024/2/18)

お腹いっぱいになる「倍ナポ」(倍のナポリタン)、プロントの一部で提供開始
麺が通常の2倍。(2024/2/15)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
臨海部と東京駅を“ボーン”とつなぐ「新地下鉄」 なぜ運営が「りんかい線」事業者に?
(2024/2/15)

音無美紀子、急死した“大好きな妹”の愛情詰まった48年前のウエディングドレス姿 「ああ、思い出がいっぱいです」
1975年に村井國夫さんと結婚。(2024/2/14)

競泳・池江璃花子、白血病発覚から“5年経過”で思いつづる 完全寛解まで残り8カ月で「あと少し、何事もありませんように」
もう少し。(2024/2/9)

関東の私鉄沿線格差:
「定期券利用客」が多い路線、低い路線はどこか
鉄道の定期券利用者について、首都圏の私鉄を見てみよう。(2024/2/9)

「ふるさと納税自販機」羽田空港に設置 能登の被災地支援へ
奥能登に寄付できる「ふるさと納税自動販売機」が羽田空港に設置。(2024/2/8)

iPhoneで機内からロケット打ち上げ撮影に挑戦 そこで感じたスマホカメラの課題とは
1月12日、JAXA種子島宇宙センターからH-IIAロケットが打ち上げられました。たまたま1月12日に奄美空港行きの便に搭乗予定だったので調べてみると、ロケットの打ち上げは13時44分に実施とのこと。すぐに指定座席を窓際に変更して機内から打ち上がるロケットを撮影する準備に取り掛かりました。(2024/1/29)

議論を呼ぶ「旅客機におけるペットの扱い」 ペット同伴サービスを提供するスターフライヤー「議論が深まることを期待」
事故後の利用者数の変化などを聞いてみました。(2024/1/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
JAL新社長は「女性、元CA、元東亜」 異分子トップを生んだ過去の苦い経験
JALは1月17日、鳥取三津子専務が4月1日付で社長に昇格すると発表。「女性、元CA、元東亜」というまさに異分子なトップは、どうして生まれたのだろうか? 元CAで健康経営学者の河合薫氏が考察する。(2024/1/26)

「ペット機内持ち込み」巡って炎上の石田ゆり子、騒動後のポートレートに“家族が指摘”「ちょっと体調悪かった」「たくましくそだってほしい」
コメント欄には多くの励ましの声。(2024/1/21)

湯之上隆のナノフォーカス(69):
2024年の半導体市場、本格回復はメモリ次第 〜HBMの需要増で勢力図も変わる?
半導体市場の本格的な回復が予想されている2024年。鍵を握るのがメモリだ。本稿では、DRAM/NAND型フラッシュメモリの価格推移と企業別売上高の動向から、半導体市場の回復基調の時期を探る。さらに、そこから読み取れる、メモリメーカーの“栄枯盛衰”を示す。(2024/1/18)

乃木坂46清宮レイ、飛行機にゾッコン ひたむきさ伝わる“ガチ”な写真公開に「ホンモノ」「言い回しがオタクのソレ」
ボーイング787、美しいですよね。(2024/1/17)

働き方の「今」を知る:
「初動が遅い」「企業は金を取るな」――震災対応への批判から見る、日本のGDPが上がらないワケ
元日に石川県能登地方を襲った最大震度7の大地震は、能登半島を中心に深刻な被害をもたらした。震災の対応に対し「初動が遅い、小規模だ」「企業は金を取るな」――といった意見が散見されるが、こうした「お客様マインド」ともいうべき態度がめぐりめぐって日本の生産性を下げてしまっているのではないか。どういうことかというと……。(2024/1/18)

FAメルマガ 編集後記:
ペットを飛行機に乗せた
私の体験談です。(2024/1/16)

ペットの“機内持込”、スターフライヤーが全線拡大も脱出時は「連れて行けません」 SNSで再び論争
中堅航空会社のスターフライヤーは15日、国内線の全路線、全便にペットの機内持込サービスを拡大した。(2024/1/15)

坂上忍、「ペット犠牲」の羽田空港事故で私見 “モノ扱い”へ指摘するも「乗せる乗せないという選択をするのは人間」「航空会社をどうのとは思わない」
犬や猫を保護する活動を続けている坂上さん。(2024/1/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
羽田事故は「システムで防げた」の暴論――”想定外の事態”は起こる、できることは?
羽田空港で起きたJAL機と海保機の衝突事故について、「ヒューマンエラー」の切り口から考察する。事故はいつだって複数の不幸な要因が重なった結果だ。どんなにハイテク化が進んでも、想定外の事態は起こり得る。では、企業はどのように向き合うべきなのか? 大事故を防ぐ「唯一の手立て」とは?(2024/1/12)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
伝統的なメディアの伝え方、玉石混淆のSNSにある「玉」の発信
「よく知りもせずに発信しないでくれ」と報道や大勢のSNSユーザーに対して思ったことはありますか。(2024/1/10)

羽田事故背景に「過密ダイヤ」指摘も 世界3位の発着1分に1.5機
羽田空港で日本航空と海上保安庁の航空機が衝突した事故から9日で1週間がたった。8日には事故で閉鎖していた滑走路の運用も再開し、発着数も事故前の水準まで回復した。一方で……。(2024/1/9)

JALのクルーはどんな脱出訓練をしている? 「万一の事態が発生した場合でも……」
JAL広報部に対し、クルーたちは普段どのような脱出訓練を実施しているのか取材しました。(2024/1/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。