• 関連の記事

「FA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

MONOist 2022年展望:
進む製造機械の「知能化」、学習済みAIを搭載する動きが拡大へ
AI(人工知能)の活用が広がりを見せている。こうした中で、新たな動きとして定着が進んでいるのが、工作機械や射出成形機など、製造機械へのAI機能の組み込みである。2022年はこうした動きがさらに加速し、AIの学習までを機械メーカーが担って出荷する動きが進む見込みだ。(2022/1/26)

IIFES 2022:
IIFES 2022が本日開幕、三菱電機、オムロン、富士電機などがリアル出展を見合わせ
JEMA、NECA、JEMIMAの3団体が主催する産業用オートメーションと計測技術の展示会「IIFES 2022」が2022年1月26日に開幕する。「MONODZUKURIという『底力』を未来へ。」をテーマとし、リアル展(東京ビッグサイト)が同年1月26〜28日、オンライン展が同年1月26日〜2月25日という会期で開催するが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)オミクロン株の拡大により、主要出展社がリアル展の出展を見合わせる動きを見せている。(2022/1/26)

FAニュース:
不具合を 出して直して 二刀流――第8回 現場川柳大賞が決定!
オプテックス・エフエーは、2021年10〜12月にかけて募集していた「第8回 現場川柳」の受賞作品を発表した。大賞は「不具合を 出して直して 二刀流」が受賞した。(2022/1/26)

オートモーティブワールド2022:
長さ3mのカーテンエアバッグに対応、ブラザーがエアバッグ縫製システムを展示
ブラザー工業は、「第13回EV・HV・FCV技術展」において、長さ3mのカーテンエアバッグに対応するエアバッグ縫製システム「BAS-375H-L50R」を展示した。(2022/1/26)

「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
アンチエイジングの達人。(2022/1/25)

FAニュース:
自作ロボットを3ステップで導入、制御できるロボットコントローラー
オリエンタルモーターは、自作ロボットを3ステップで導入、制御できるロボットコントローラー「MRC01」を発売した。既存システムへの導入や連携、セットアップが容易にできる。(2022/1/25)

スマート工場最前線:
FA難民を救え! サイバーとフィジカルだけじゃないヤマ発のスマート工場【後編】
二輪車大手のヤマハ発動機は、実際にモノづくりを行う現場の人々にとって実利の得られる形で工場をスマート化する取り組みを進めている。前編に続き後編では、同社がスマート工場に向けて開発を進めている4つのキーテクノロジー「自働搬送」「自働検査」「自働作業」「状態監視+トレサビ」について紹介する。(2022/1/25)

“サスビズ”プロジェクト:
はるやま、サステナブルに着目したビジネスウェア 上下あわせて“1万円台”で展開
はるやま商事が、生地の一部にリサイクル素材を使用したビジネスウェア「TOKYO RUN×サスビズ セットアップ」を発売した。(2022/1/25)

製造業DX基礎解説:
IoTを軸に製造業DXを進める4つのステージ、そしてはじめの一歩
製造業でも求められるようになっているDX(デジタルトランスフォーメーション)。本稿では、IoTを軸とした製造業におけるDXの進め方を4つのステージに分けて解説する。また、製造業DXのはじめの一歩となるIoTで効果を得るための2つのポイントも紹介する。(2022/1/24)

FAインタビュー:
オムロン ロボット事業の現在地、ロボットとラインの統合制御は実践で価値証明へ
2015年に本格的にロボット事業に参入したオムロン。買収や提携などを経て、ライン制御とロボット制御を統合して行う「ロボット統合コントローラー」なども展開する中、現状をどのように捉え、今後はどのような方向性で進むのか。オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー ロボット推進プロジェクト本部長の寺山昇志氏に話を聞いた。(2022/1/21)

FAメルマガ 編集後記:
工場DXに必要な“4つのD”、日本企業の課題は後半の2つ
なぜ進まないのかを切り分けて考えていくと見えることがあるかもしれません。(2022/1/21)

スマート工場EXPO2022:
クリーンルーム作業のデータ信頼性確保へ、指紋と心電図を使う生体認証ツール
興和は、「第6回スマート工場EXPO」(2022年1月19〜21日、東京ビッグサイト)において、クリーンルーム内での作業を容易にする生体認証ツール「Nymi Band」を出展。製薬工場などで採用されるデータインテグリティに対応し、クリーンルームなどでの作業のトレーサビリティー確保を支援する。(2022/1/21)

FAニュース:
高剛性、長寿命化した最小サイズローラータイプLMガイドの受注を開始
THKは、ミニチュアローラータイプLMガイド「HRG8」「HRG10」「HRG12」の受注を開始した。剛性を高め、長寿命化しているほか、最小サイズのため、コンパクト形状で省スペース化に貢献する。(2022/1/21)

スマート工場EXPO2022:
生産セルの情報全てを精緻に統合して活用、安川電機がデモラインで再現
安川電機は、「第6回スマート工場EXPO」(2022年1月19〜21日、東京ビッグサイト)において、同社が提案する新たなモノづくりコンセプト「アイキューブメカトロニクス」を体現するデモラインを出展。「YRM-Xコントローラ」を中心に生産ラインの情報を吸い上げ「YASKAWA Cockpit」により、生産技術者やオペレーターなどそれぞれの技術者に必要な情報を出し分ける展示を行った。(2022/1/20)

スマート工場EXPO2022:
工場での無線通信を安定化させる通信技術、認証を開始し2022年内に市場投入へ
フレキシブルファクトリパートナーアライアンスは、「第6回スマート工場EXPO」において、工場における無線通信システムの安定化を実現する「SRF無線プラットフォーム」を訴求。2021年12月から同規格に準拠する無線機器の認証プログラムを開始し、製品展開フェーズに入ったことを訴えた。(2022/1/20)

データを暗号化しながら書き込む:
差し込むだけでセキュリティが向上、microSDカード
産業用途向けのフラッシュストレージを手掛けるスイスのSwissbit(スイスビット)は、2021年11月にセキュリティ機能付きのmicroSDカード「iShield Camera」を発表した。(2022/1/19)

FAニュース:
買収起点に拡大続けるコニカミノルタのセンシング事業、今後はHSI技術に期待
コニカミノルタが新たな事業成長をけん引するインダストリー事業の一角をなすセンシング事業について説明。「光源色計測」「物体色計測」「外観計測」「HSI計測」の4領域で事業を展開しているが、今後は自動車業界向けを中心とする外観計測と、2020年に買収したSpecimのHSI計測により事業成長を果たしたい考えだ。(2022/1/19)

FAニュース:
1台で金属部品の不良を高速、高精度に検査可能な外観検査機
JUKIは、傷や汚れ、変形などの製品不良を検出し、金属部品の寸法や面積、角度、形状を計測する外観検査機「SE1000」を発売した。1200万画素ハイフレームレートCMOSカメラや高速演算回路により、高速で高精度な外観検査に対応する。(2022/1/19)

FAニュース:
ローカル5GによるAGV運用にめど、コニカミノルタとNECが「未来工場」実現へ
コニカミノルタとNECは2022年1月17日、両社で推進する「未来ファクトリー」構想を具現化する取り組みの1つとして、ローカル5Gを用いたAGV(無人搬送車)の高効率自動制御システムを共同開発し、技術的検証のめどが付いたと発表した。今後は両社の工場などでの実用検証を通じ、商品化を検討する。(2022/1/18)

FAニュース:
分解能を8.8倍に、レーザー加工を高精度化するガルバノスキャナー向けモーター
キヤノンは2022年1月13日、レーザー加工装置におけるレーザー光の向きを自在にコントロールするガルバノスキャナー向けモーターとして「GM-2000シリーズ」3機種を発売したと発表した。(2022/1/18)

JAPAN PACK 2022:
「JAPAN PACK 2022」はリアルとオンラインのハイブリッド開催、306社が出展
日本包装機械工業会が包装に用いる機械や材料をはじめとする包装プロセスの総合展示会「JAPAN PACK 2022(日本包装産業展)」の開催概要を発表。今回は初めて、リアル展示会とオンライン展示会を併催する“ハイブリッド展示会”としての開催となる。出展者数はリアル展271、オンライン展35の合計306社・団体。(2022/1/17)

FAニュース:
サイクルタイムを約30%、消費電力を50%以上減らす高圧水部品洗浄機
スギノマシンは、超高圧で水を噴射して部品のバリ取りや洗浄をする、高圧水部品洗浄機「JCC 104 WIDE」「JCC 403 U-JET」の販売を開始した。従来機と比べてサイクルタイムを約30%短縮し、消費電力を50%以上削減する。(2022/1/17)

FAニュース:
「製造」と「開発」の現場に近い共創拠点をオムロンがリニューアル、ローカル5Gも
オムロンは2022年1月12日、滋賀県草津市の草津事業所内にあるソリューション開発と共創を進める拠点「オートメーションセンタ KUSATSU(ATC-KUSATSU)」をリニューアルオープンしたと発表した。ATC-KUSATSUはオムロンが全世界37カ所で展開するオートメーションセンタの最初の拠点として2011年に開設されたが、5Gの実証ゾーンなども設け、先端技術を組み合わせたソリューション開発などを推進する。(2022/1/14)

FAニュース:
インサートサイズを15タイプに拡大、高送りラジアスミルの新ラインアップ
MOLDINOは、アルファ高送りラジアスミル「TR4F形」の追加製品「TR4F5000形」を発売した。独自のインサート形状や不等分割方式により、高能率な荒加工が可能だ。インサートサイズを15タイプに拡大しており、切り込み量をより大きく取れる。(2022/1/14)

FAニュース:
「2016年に描いた姿は既に体現できた」オムロンが次に目指すモノづくりの将来像
オムロンは2022年1月12日、新たなモノづくり革新の新コンセプト「i-Automation!-Next(アイオートメーションネクスト)」を発表。2016年から推進してきた「i-Automation!」を土台にさらに進化させ「人を超える自働化」「人と機械の高度協調」「デジタルエンジニアリング革新」による3つの現場革新の実現を目指す。(2022/1/13)

FAニュース:
受光波形モニターをセンサー本体で表示できるレーザー変位センサー
オプテックス・エフエーは、受光波形表示用の有機ELディスプレイを搭載したレーザー変位センサー「CD2H」シリーズを発表した。センサー本体で受光状態を簡単に確認でき、短時間で最適な設置角度や感度調整が可能になる。(2022/1/12)

セイコーエプソン RA8000CE、RA4000CE:
車載用途向けリアルタイムクロックモジュール
セイコーエプソンは、32.768kHzデジタル温度補償水晶発振器を搭載した、車載用途向けリアルタイムクロックモジュール「RA8000CE」「RA4000CE」を開発した。動作温度範囲は−40〜+125℃で、車載機器や高温対応が求められるFA機器などに適する。(2022/1/12)

電子ブックレット(FA):
盛り上がる青色レーザー金属加工技術
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、注目を集めている青色レーザーによる金属加工技術についての最新のニュースをまとめた「盛り上がる青色レーザー金属加工技術」をお送りします。(2022/1/12)

FAインタビュー:
セル単位の生産性に貢献するデバイスを、安川電機の2022年
世界的な工場の自動化ニーズの高まりから、コロナ禍後の業績が好転しているのが安川電機だ。安川電機 代表取締役社長の小笠原浩氏に現在の状況と、2022年の方向性について話を聞いた。(2022/1/11)

FA宣言のつば九郎、残留表明! 大幅アップ勝ち取り「にっぽんをあかるくしたいとおもいます」
つば九郎「ながいちゃばんげきに おつきあい ありがとう」(2022/1/7)

FAニュース:
反応室数最大3室の電子デバイスエッチング工程向けクラスターツールシステム
サムコは、電子デバイス製造のエッチング工程向けに、クラスターツールシステム「クラスターH」を発売した。真空搬送プラットフォームを中心に、最大3つのプロセスモジュールの接続に対応する。(2022/1/7)

FAメルマガ 編集後記:
注目集めるメタバース、製造現場が意識すべき理由
人の感覚が生かせる可能性が生まれる点に注目です。(2022/1/7)

FAニュース:
バッチプラント向けの基本処方を統合管理できるエンジニアリング環境を提供
横河電機は、バッチプロセス向けに基本処方の管理と構築を支援する「統合処方マネージャ」の国内販売を開始した。作図用ツールや再利用できるテンプレートモジュールにより、多品種生産のバッチプラントの効率化と品質の均一化に貢献する。(2022/1/7)

製造現場改革:
PR:効率性と品質向上を両立、現場の高度なオートメーション化に向けた「現実解」
IoT(モノのインターネット)など先進デジタル技術の活用が製造現場や物流現場で進み、より高度なオートメーション化が実現できるようになってきている。製造現場のさらなる効率性と工程品質向上のために今、何をすべきだろうか。技術商社のリンクスは、オンラインセミナー「LINX DAYS 2021」において、現在生産現場が直面している問題の「現実解」について取り上げた。本稿ではその内容を紹介する。(2022/1/6)

104匹の猫たちが「第九」を演奏!? カリカリ音をつなげた壮大な1曲がかわいくて感動する
楽器にも挑戦しています。(2021/12/29)

FAニュース:
海洋プラスチックごみ問題解決へ、包装技術で貢献するオムロンの技術力
オムロンは2021年12月23日、同社の温度調節器関連技術について説明する報道陣向けのラウンドテーブルを開催。包装業界において海洋プラスチック問題への対応で新素材採用が広がる中、センシング技術とAI対応の温度調節器の組み合わせによる「Perfect Sealing」が貢献していることを紹介した。(2021/12/27)

FAニュース:
リニアガイドとボールねじをまとめて選定、NSKが全製品対象に支援ツールを強化
日本精工(以下、NSK)は2021年12月24日、NSKの全ての直動製品を対象とし製品選定を簡単に行える「NSK直動製品選定ツール」を開発しWebサイトに公開したと発表した。(2021/12/27)

FAニュース:
7軸多関節ロボットなどを複数台制御できる小型コントローラー
山洋電気は、7軸多関節ロボットなど15種類のロボット形状を制御する、小型コントローラー「SANMOTION C S500」シリーズを発表した。複数ロボットの同時制御ができ、組み立てや仕分けなどの工程を1台のコントローラーで制御できる。(2021/12/27)

ユニ・チャーム、大人用紙おむつのデジタル採寸サービス 自宅で最適なサイズ選びをサポート
ユニ・チャームが、「大人用紙おむつ」に関して、AIを使ったデジタル採寸サービスを始めた。メッセージアプリ「LINE」のチャットトークと組み合わせ、自宅で要介護者に最適なサイズの紙おむつを選べるようサポートする。(2021/12/24)

FAメルマガ 編集後記:
半導体不足が示した不可避な外圧に対する唯一の武器
今やっていることを磨くしかないのだと考えます。(2021/12/24)

品質不正問題:
三菱電機の品質不正解明は道半ば、非常用電源で設計ミス判明も全数交換せず
三菱電機は2021年6月末に判明した一連の不適切検査に関する調査報告書の第2報と、不適切検査に対する経営陣の責任を評価するガバナンスレビュー委員会の報告書を公表するとともに、同年10月に発表した「品質風土」「組織風土」「ガバナンス」から成る3つの改革の取り組み状況を報告した。(2021/12/24)

FAニュース:
ウエハー表面の研磨工程を効率化、新機構で高性能化したCMP装置
荏原製作所は、ウエハー表面を効率的に研磨するCMP装置「F-REX300XA型」を発表した。新たに開発した高効率搬送機構やWPH最適化アルゴリズムを搭載するなど、デバイスの高性能化により生産性を向上する。(2021/12/24)

FAニュース:
省エネ性能や省スペース性を向上、型締力1600トンの大型電動射出成形機
宇部興産機械は、型締力1600トンの大型電動射出成形機「1600emIII」の販売を開始した。省エネ性能や省スペース性の向上によるランニングコストの低減、性能や機能強化による生産性向上に貢献する。(2021/12/23)

FA 年間ランキング2021:
半導体不足に右往左往させられた製造現場、スマート工場化の“隙間”にも注目
2021年に公開したMONOist FAフォーラムの記事をランキング形式で振り返ります。公開記事の1年間分のデータを集計した上位記事とそこから見えるFA業界の状況について解説。2021年のランキングは、現在も多くの企業が頭を悩ませている半導体不足に関する記事が上位に食い込んできたことが特徴となりました。(2021/12/22)

協働ロボット:
オムロンとキヤノンが協働ロボットの“目”と“手”で連携
オムロンとキヤノンは2021年12月21日、オムロンの協働ロボットとキヤノンのネットワークカメラを組み合わせて使用しやすくするように連携を強化することを発表した。オムロンの協働ロボット向け周辺機器群「Plug & Play」にキヤノンのネットワークカメラ向け画像処理ソフトウェア「Vision Edition-T」を2022年1月上旬から加え、標準で連携できるようにする。(2021/12/22)

FAニュース:
産業用ロボット製品に、ロッドタイプとスライダタイプの薄型モデルを追加
ヤマハ発動機は、産業用ロボット製品「Robonity」シリーズのBasicモデルに、ロッドタイプの「LBAR」「ABAR」とスライダタイプの薄型モデル「LBAS12」「ABAS12」を追加した。(2021/12/22)

FAニュース:
伝送効率4倍のMECHATROLINK-4に対応、マシンコントローラー用CPUユニット
安川電機は、マシンコントローラー「MP3200」シリーズ用CPUユニット「CPU-203F」の販売を開始した。従来機種が対応するネットワークより伝送効率が4倍のMECHATROLINK-4に対応し、通信速度の高速化と制御軸数の多極化ニーズに応える。(2021/12/21)

FAニュース:
半自動運転でウオータージェット作業を大幅に省力化する小型ロボット
スギノマシンは、半自動運転で作業効率が向上する「ウォータージェット作業専用クローラ式小型ロボット」を発表した。ウオータージェットガンを備えた多関節アームを搭載し、洗浄、はくり、はつり作業を大幅に省力化する。(2021/12/20)

「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第3回】
画面が360度回る「ASUS Chromebook Flip C436」 変化する“4つのモード”とは
「ASUS Chromebook Flip C436」は、ディスプレイが360度回転して4つのモードに変化し、さまざまなビジネスニーズに応える。その特徴とスペックを紹介する。(2021/12/19)

モト冬樹、いしだ壱成の離婚騒動で“とばっちり”も紳士な対応 「彼に対しては失礼なんじゃないのか?」
モトさん「俺は別にかまわないんだけど」(2021/12/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。