• 関連の記事

「進化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「進化」に関する情報が集まったページです。

Weekly Memo:
業務外注サービスはAIでどう変わる? NTT Comとトランスコスモスの提携に見る「BPOの進化」
AIをはじめとした最新のデジタル技術でさらに進化を遂げようとしている「BPO」。NTT Comとトランスコスモスの戦略的事業提携から、その最新の動きを探る。(2024/7/22)

Marketing Dive:
Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告営業担当バイスプレジデントのピーター・ネイラー氏との関係を解消することになった。(2024/7/22)

テレビの技術進化の歴史【中編】
「ブラウン管とは何か」「テレビの父は日本人」――テレビは謎に満ちている
テレビは1880年代の登場から現代に至るまで、進化を続けている技術だ。ブラウン管の発明からのテレビ100年の歴史をおさらいする。(2024/7/20)

松尾公也のAppleWIRE:
AppleのAI戦略発表はなぜ他社より大幅に遅れたのか 「Apple Intelligence」の真価を読み解く
生成AIが爆速で進化していく中、AppleがAI戦略「Apple Intelligence」を発表したのは、競合よりも遅い2024年6月だった。しかしApple Intelligenceの内容を精査していくうちに、これは非常によく練られた計画だということに気付いた。彼らが1年(もしくは数年分)の長きにわたってやってきたことと、どうしてそうしなければならなかったかを考えてみたい。(2024/7/19)

新生児の赤ちゃん、げっぷ後の顔を見てみると…… 驚きの“進化”に「可愛すぎて声出ました」「この表情!この姿!最高です」
新生児のころのげっぷ顔。(2024/7/17)

「商品の販促だけではない」 ファミマのデジタルサイネージは”店舗のメディア化”を加速させるか?
デジタルサイネージを活用したメディア事業「FamilyMartVision」を拡大するファミリーマート。デジタル事業部長の国立冬樹氏は7月16日、「この1年で広告メディアとして急速に認知され、進化した実感がある」と手応えを語った。(2024/7/16)

“クラウドの利点”をオンプレミスで再現
オンプレミスに「as a Service」がもたらす進化とは? HPE GreenLakeで考察
ユーザー企業はオンプレミスインフラにもクラウドサービスのような利点を求めるようになっている。どのような変化があるのか。HPE GreenLakeを参考にして考える。(2024/7/16)

MNTSQ株式会社提供Webキャスト
テクノロジーの進化で法務部門は二極化? コーポレート人材に必要なスキルとは
テクノロジーの進化によって企業の業務は変化を余儀なくされるが、今、その変化を主導しているのがAIだ。本動画では、コーポレート部門、特に法務部門が今後どう変わっていき、そこで働く人材はどうなっていくのかを掘り下げる。(2024/7/16)

ついに4K撮影&Appleの"探す"に対応 最高に手軽な超小型アクションカム「Insta360 GO 3S」実機レビュー
2023年7月に発売した「Insta360 GO 3」のマイナーチェンジモデル……とおもいきや、大幅に進化しています。(2024/7/16)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ニコン「Z6III」を試す 部分積層型CMOSの実力は? 進化したAFとファインダーにも注目
ちょっと前モデルからレベルアップしすぎだろ感が漂う3代目が来た。ニコンの「Z6III」である。(2024/7/13)

SSDの大容量化は良いことばかりではない【後編】
TLCやQLCではなく「第1世代SSD」こそが“最強”だった理由
SSDの用途が広がってきた背景にあるのは、SSDの容量を増やす技術の進化だ。だが、SSDの大容量に伴うデメリットを避けるために、「第1世代のSSD」を選ぶこともある。(2024/7/13)

テレビの技術進化を総まとめ【前編】
「透明なテレビ」誕生までのテレビ技術“100年の歴史”
スマートフォンやPCが登場しても、テレビは依然として人々の主な娯楽の一つだ。テレビの技術進化も依然として続いている。1世紀前のテレビから、最新鋭テレビの進化までを振り返ってみよう。(2024/7/13)

製造業IoT:
三菱電機のデジタル基盤「Serendie」はハードウェアを賢く進化させる原動力に
三菱電機がデジタル基盤「Serendie」関連事業の戦略について説明。2030年度のSerendie関連事業の目標として、売上高で2023年度比71%増の1兆1000億円、営業利益率で同7ポイント増の23%を掲げるとともに、同事業の拡大を支えるDX人財の数を2023年度の6500人から約3倍となる2万人に増やす。(2024/7/12)

生成AIで変わるコーディング【前編】
AIコーディングと「コード補完」「ローコード」「静的解析」の違いとは?
コーディング支援ツールはAI技術を活用することで、どのように進化してきたのか。「コード補完」「ローコード」「静的解析」などとの違いを踏まえて解説する。(2024/7/12)

進化した「OPPO Reno11 A」が4万円台を維持できたワケ Reno9 Aでガッカリした3つのポイントを重点強化
日本市場向け「OPPO Reno11 A」は、プロセッサやディスプレイ、カメラを刷新。処理能力を高めつつ、ディスプレイのリフレッシュレートやカメラの画質も向上させた。大きく値上げせずに性能をアップデートしたことにはポジティブな反響も多かった。もとはベースモデルが存在しない日本専用モデルだったReno Aシリーズだが、そのコンセプトを変えつつあることがうかがえる。(2024/7/11)

日本発の素材:
“ひんやり”が1.5倍持続! 冷感ウェア「氷撃α」が好発進 3社のコラボ技術で“海外”が見えてきた
暑さ対策が迫られるなか、クーリングウェア「氷撃α」が発売された。2017年から発売されているクーリングウェア「氷撃フリーズテック」の進化版で、従来製品の約1.5倍の冷感持続性を持つという。国内のみならず米国でも反響があるというが、どんな製品なのか。(2024/7/11)

AppleはAIで遅れていた?【前編】
「SiriのChatGPT連携」がAppleユーザーに落とす“暗い影”
AppleはmacOSやiOSに関する大きな変更を幾つか発表した。その一つが、音声アシスタント「Siri」と「ChatGPT」の連携だ。これはApple製品の進化ではあるが、単純に良いことばかりではない事情もある。(2024/7/11)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2024/7/10)

働き方の見取り図:
生成AIに業務委託 必須になる「任せ上手」のスキルとは?
生産性向上が叫ばれる中、AIのように進化したツールは心強い存在だ。一方で、使い方を間違えると波紋を呼ぶ怖さと表裏一体でもある。進化が著しい技術にどう向き合えばよいのか。(2024/7/10)

「え、マジで?」 ChatGPTに画像内に書いてある文字を認識してもらった結果…… 驚きの精度に「優秀すぎでしょ」
AIの進化スゴい。(2024/7/10)

Geminiシリーズ新モデルを徹底解剖【後編】
「Gemini 1.5 Pro」の“マルチな能力”を使いこなす、これだけの方法
GoogleのLLM「Gemini 1.5 Pro」はGemini 1.0から何が進化し、どのような用途に使えるのか。使いこなすための方法を、利用方法や料金プランと併せて解説する。(2024/7/11)

AI需要で変わるプロセッサ市場【後編】
Intel、AMD、NVIDIAだけではない「混戦のプロセッサ市場」の行方
プロセッサ市場では、サーバ向けでもクライアントPC向けでも単に処理性能を上げるだけではない多様な進化が見られる。IntelやAMD、NVIDIAをはじめとしたベンダーからどのような新製品ができているのか。(2024/7/10)

CNTF 2024春 講演レポート:
サステナビリティなモノづくりを実践するレノボ、「ThinkPad」の見えざる進化
アイティメディア主催のライブ配信セミナー「カーボンニュートラルテクノロジーフェア 2024 春」の基調講演に登壇したレノボ・ジャパンの講演「ThinkPad開発で実践するサステナビリティへの取り組み」の模様をダイジェストで紹介する。(2024/7/10)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(15):
進化する「ゲームのボタン」 ユーザーの思いをくむ老舗パーツメーカーの開発舞台裏
本連載では、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は東京都板橋区にあるゲームパーツメーカー老舗の三和電子で、数々のヒット商品を生み出してきたパーツ開発部門の斉藤邦男さんと、鵜木智之さんを取材しました。(2024/7/10)

「Threads(スレッズ)」が節目の1周年 テキスト基盤のSNSはどう進化し、どこに向かうのか
テキストベースのSNS、「Threads(スレッズ)」がサービス開始から1周年を迎えた。Threadsはコミュニティが集い、関心のあるトピックから次のトレンドまで、あらゆる情報についてオンラインで会話できる場。米Metaの日本法人が7月9日、オンラインでイベントを開催し、Threadsがどのように活用されているのかや、重点的に開発している機能などを紹介した。(2024/7/9)

高根英幸 「クルマのミライ」:
クルマの乗り心地はもっと良くなる? カヤバのテストコースで感じた未来
ダンパーメーカーのカヤバで、試作品のダンパーを搭載した車に試乗した。騒音や振動が非常に少なく、従来品との乗り味の違いに驚いた。国内の製造業を発展させていくためには、常に進化を続けていくカヤバのような姿勢が重要だ。(2024/7/6)

スマホ×AIはどう進化すべきか Nothingのカール・ペイCEOと深澤直人氏が語る未来のプロダクトデザイン
英Nothingの新製品発売を記念し来日したCEOカール・ペイ氏と日本を代表するプロダクトデザイナー深澤直人氏が、AIとデザインが融合する未来のスマートフォンについて語り合った。(2024/7/5)

PR:「宇宙×データ活用」を支えるエッセンシャルテック イノベーションの源泉に迫る
情報化社会といわれ、日々の生活やビジネスの成長はテクノロジー抜きには語れなくなった。社会の進化や課題の解決に不可欠なデータ活用を支えるキオクシアのフラッシュメモリやSSDは、私たちをどう支えていくのか。こうしたテクノロジーを「エッセンシャルテック」と名付けて、その可能性を探る。(2024/7/9)

電子ブックレット(FA):
白物家電工場モノづくり事例
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、進化を続ける白物国内工場のモノづくりをお伝えする「白物家電工場モノづくり事例」をお送りします。(2024/7/4)

「Xperia 1 VI」のバッテリーはどれだけ持つのか 耐久テストでXperia 1 Vと比較した結果
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが6月7日に発売した「Xperia 1 VI」。ディスプレイの解像度を先代「Xperia 1 V」の4KからフルHD+へと変更したことで、消費電力量を抑えられたことが進化点の1つだ。電池持ちは実際のところどうなのか?(2024/7/4)

GPT-4とは何か?
「GPT-4」や「GPT-4o」とGPT-3の違いとは “OpenAI製LLMの進化”を解説
OpenAIの大規模言語モデル(LLM)「GPT-4」は、「GPT-3」などの同社製LLMとは何が違うのか。GPT-4の主な機能や利用方法を説明する。(2024/7/4)

Computer Weekly日本語版+セレクション
「HDD不要論」をひっくり返す“HDDまさかの進化”とは
「SSD」の技術進化に伴い、「HDD」は市場から消えるとの見方が広がっているが、新技術搭載のHDDがその状況を変える可能性がある。HDDに起きた進化と、ストレージ市場における競争の行方とは。(2024/7/4)

Geminiシリーズ新モデルを徹底解剖【前編】
「Gemini 1.5 Pro」の“8大進化”とは Googleの新LLMは何がすごい?
GoogleのLLM「Gemini 1.5 Pro」は、「Gemini 1.0」から何が進化したのか。新しい機能や特徴について、8つの視点で何が変わったのかを解説する。(2024/7/4)

AI需要で変わるプロセッサ市場【前編】
Intelは混戦の「サーバ向けプロセッサ」市場でどんな進化を提案できるのか?
プロセッサベンダー各社が提案するサーバ向けプロセッサは、多様な方向性で進化している。Intelが新たに提供する「Xeon 6」にはどのような特徴があるのか。競合ベンダーの状況も踏まえて見てみよう。(2024/7/3)

不動産DXのいまを知る:
「間取り図×AI」で進化する物件情報 顧客、不動産会社へのメリットとは?
不動産業界ではAIを活用した間取り図の作成や物件特徴を抽出するサービスが増えている。AI活用で、消費者が間取り図から得られる情報の量や質の変化、不動産会社側の業務効率化について紹介する。(2024/7/3)

GPU利用時のCompute Express Link(CXL)の役割
なぜ次世代技術「CXL」がデータセンターの進化のために必要なのか
データセンターにおけるAIアプリケーションの利用が広がるのと同時に、活用が進む可能性があるのが「Compute Express Link」(CXL)だ。AI技術やGPUの利用とCXLがどのような関係にあるのかを押さえておこう。(2024/7/1)

急成長のカギ「インサイドセールス」:
【徹底解説】インサイドセールスの「9割」をAIとツールで完結する方法
AIやセールステック導入の高まりから、最近はインサイドセールスの在り方に変化が起き始めている。筆者は、テクノロジーの進化によってインサイドセールスの業務は9割自動化すると予想している。今後さらにAI活用が進むことが予想される中、人間が担うべき役割はどう変化するのだろうか。(2024/7/1)

代表的なLLM19選を徹底解説【後編】
GPT、Geminiだけじゃない 押さえておきたい「主要LLM」8選はこれだ
AI技術の急速な進化を支えているのは、各ベンダーが開発する多種多様なLLMだ。どのようなLLMがあるのか。主要LLMを8個取り上げ、それぞれの特徴や強みを紹介する。(2024/6/27)

製造業デジタルツイン:
PR:製造領域の変革を後押しするデジタルツイン 始めるなら今しかないその理由とは
「デジタルツイン」を活用したバーチャル工場は一部の先進企業だけの取り組みである、というのは過去の話。その必要性が高まり、ソフト/ハードの進化の後押しもあり、より実現しやすくなった。製造領域におけるデジタルツイン活用の第一歩を踏み出すタイミングは今しかない。(2024/7/3)

超小型デスクトップPCの進化形! 容積約0.8Lの「mouse CA-A5A01」を試して分かったこと
マウスコンピューターの「mouse CA-A5A01」は、容積0.8Lという超小型ボディーが人気のデスクトップPCだ。新モデルでは何が進化したのか、実機を試してみた。(2024/6/26)

キャンドゥ新作にママ「びっくりやねんけど!」 おままごとのクオリティ爆上がりアイテムに「おもちゃも進化したね」「孫に買わなくっちゃ」
めちゃくちゃリアルなおままごとができそう!(2024/6/26)

「GPT-4o」を徹底解剖【前編】
OpenAIの進化モデル「GPT-4o」は何がすごい? GPT-4やTurboとの違いは
2024年5月、OpenAIはLLM「GPT-4o」を発表した。同LLMをさらに“人間に近づけた”機能とは。具体的な特徴や、活用方法をまとめて解説する。(2024/6/26)

自動運転や体重移動で操作も 低速走行の「パーソナルモビリティー」、実用化へ開発加速
低速で走る電動の自転車や車いす、キックボードなど「パーソナルモビリティー」と呼ばれる超小型の乗り物が、自動運転などの最新技術を搭載して乗りやすく進化している。高齢化を背景に、駅やバス停から目的地までをつなぐ短距離の移動手段として期待される。(2024/6/25)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
成熟産業だってまだまだ進化、白物家電の工場への投資進む
まだまだ進化の余地は残されています。(2024/6/24)

人の1万倍賢い人工知能「ASI」の実現で人類を進化 ソフトバンクG総会で孫氏が宣言
孫氏は近年注力する人工知能に関し、人類の1万倍の知性を持つAIの進化形「ASI」を実現させると表明。ASIを活用し人類を進化させることを「ソフトバンクの使命だ」と宣言し、引き続き関連事業の推進に全力を注ぐ考えを明確にした。(2024/6/24)

これから始める「Microsoft Copilot」 使って分かった有効活用法と注意点
OpenAIの大規模言語モデルが「GPT-4o」へと進化し、Microsoftの「Copilot」、Googleの「Gemini」などを業務で活用しようとする動きが活発化している。今後は生成AIをどうビジネスや業務に活用するかが問われる時代になるだろう。(2024/6/24)

HDDは“技術的限界”を突破できるか【前編】
「HDDの次なる進化」をもたらす“HDD部品の大改良”とは?
HDDベンダーはHDD内部の部品にさまざまな技術進化をもたらすことで、保存容量の増大や読み書き性能の向上を実現してきた。次なるブレークスルーの種はどこにあるのか。HDD内部の、ある部品に注目する。(2024/6/23)

代表的なLLM19選を徹底解説【中編】
LLMの徹底理解に欠かせない「ELIZA」「Seq2Seq」「Transformer」とは?
大規模言語モデル(LLM)が注目を集めるようになるまで、AI(人工知能)技術の分野ではさまざまな進化があった。その中から、LLMの進化との関わりが特に深い自然言語処理(NLP)モデルを紹介する。(2024/6/22)

人の1万倍賢い人工知能「ASI」の実現で人類を進化 ソフトバンクG総会で孫氏が宣言
ソフトバンクグループは6月21日、東京都内で定時株主総会を開き、孫正義会長兼社長が今後の事業戦略について語った。孫氏は近年注力するAIに関し、人類の1万倍の知性を持つAIの進化形「ASI」(人工超知能)を実現させると表明。ASIを活用し人類を進化させることを「ソフトバンクの使命だ」と宣言し、引き続き関連事業の推進に全力を注ぐ考えを明確にした。(2024/6/21)

NVIDIAの買収検討した過去も 孫正義ソフトバンクG会長
SBGの孫正義会長兼社長は6月21日の株主総会で、人類の知能の1万倍の知能を持つ「ASI(人工超知能)」の時代があと10年前後で訪れるとの見方を示し、SBGの使命として「ASIを活用しながら人類の圧倒的な進化に貢献したい」と述べた。(2024/6/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。