• 関連の記事

「エンジン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エンジン」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンクユーザーなら、生成AI検索「Perplexity Pro」が1年無料に ワイモバイル、LINEMOも対象
ソフトバンクは6月17日、生成AIスタートアップの米Perplexityとの戦略的提携を発表した。ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMOユーザーであれば、AI検索エンジン「Perplexity」の有料版「Perplexity Pro」を1年無料で使用可能だ。(2024/6/17)

ソフトバンク、AI検索エンジン「Perplexity」と提携、スマホユーザーは1年無料に
ソフトバンクは6月17日、生成AIを活用した検索エンジンPerplexity(パープレキシティ)と戦略的提携を行うと発表した。6月19日より、ソフトバンク、Y!mobile、LINEMOの3ブランドのユーザーを対象に。AI検索エンジンPerplexity Proを1年間無料で提供する。(2024/6/17)

エッジコンピューティング:
コンパクトな筐体にAIエンジンを搭載、処理性能26TOPSのエッジAI推論システム
アドバンテックは、エッジAI推論システム「AIR-150」を発売した。「Hailo-8」AIエンジンと第13世代Intel Coreモバイルプロセッサを搭載し、26TOPSのAI処理性能を持つ。(2024/6/14)

標準規格「omlox」に準拠:
Bluetooth LE AoAを備えた屋内測位ソリューション
ユーブロックスは、Bluetooth LE AoAを備えた屋内測位ソリューション「u-locate」を発表した。測位ミドルウェアや測位エンジン、アンカーポイント、タグで構成される。(2024/6/14)

LLM×検索エンジンによる真価【前編】
Google検索とは全然違う? Perplexity AIの「AI検索エンジン」とは
Google検索など従来の検索エンジンに代わる存在として、AI搭載の検索エンジン「Perplexity AI」が注目を集めている。何ができるのか。(2024/6/14)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「マツダの快進撃」はまだまだ続く? 認証不正発覚から襟を正して未来を描けるか
マツダは2023年度、過去最高の業績だった。販売が好調だからだ。ユーザーを引き付けるポイントは3つある。トヨタ、スバルとの共同会見でもエンジンの未来を感じたが、その矢先に認証試験不正が発覚。日本の自動車業界は根本から変わらないといけない。(2024/6/7)

GX建機:
排出ガス規制に適合したエンジン搭載の60t吊り自走式クレーン、加藤製作所
加藤製作所は、最新の欧州排出ガス規制(EU Stage V)に適合した環境配慮の新エンジンを搭載した60トン吊りの自走式クレーンを発売した。価格は8600万円で、年間100台の販売目標を掲げる。(2024/6/6)

EVなのに“エンジン音” 韓国ヒョンデ、「IONIQ 5 N」発売 858万円
韓国の大手自動車メーカー、現代自動車(ヒョンデ)は5日、電気自動車(EV)「IONIQ 5 N(アイオニックファイブエヌ)」を日本で発売した。(2024/6/5)

品質不正問題:
IHI原動機が国交省に中間報告、舶用エンジンの燃費データ改ざんで
IHI原動機と親会社のIHIは舶用エンジンなどの燃料消費率のデータ改ざんに関する調査状況や再発防止策について国土交通省に中間報告を行った。(2024/6/5)

仕事を奪われる?:
SEO対策は「オワコン」か? 検索エンジンへの生成AI実装、予測される未来は
生成AIの実装によって、果たしてSEO対策はオワコンとなるのか? その真相について解説します。(2024/6/4)

AMD、Copilot+ ノートPC向け「Ryzen AI 300」、7月発売の対応PCに搭載へ
AMDはMicrosoftの「Copilot+ PC」向けプロセッサ「Ryzen AI 300」シリーズを発表した。AIパフォーマンスは50TOPSで、AIエンジン性能は第2世代のRyzen AIの3倍以上としている。今夏発売のAcer、ASUS、HP、Lenovo、MSIなどのCopilot+ PCに搭載される。(2024/6/3)

EVの出遅れが指摘される日本自動車メーカー、“逆襲”なるか
日本の自動車メーカーの逆襲が始まった。電気自動車(EV)での出遅れが指摘されるなか、トヨタ自動車などが環境性能を高めた内燃機関(エンジン)の開発を継続すると発表した。(2024/6/3)

セキュリティニュースアラート:
三菱電機とNTT Com IoT/OTネットワーク異常検知システムを提供開始 AI活用で未知の脅威も対応
三菱電機とNTTコミュニケーションズは共同開発したIoT/OT向けネットワーク異常検知システムの提供を始めた。NTTのAI分析エンジンを搭載し、重要インフラや製造現場のセキュリティを強化する。(2024/5/30)

電動化:
自動車メーカー3社でエンジンの重要性を宣言、仕入先へのメッセージ
トヨタ自動車とSUBARU、マツダはカーボンニュートラルの実現と電動化に対応したエンジン開発の方針を発表した。(2024/5/29)

小寺信良のIT大作戦:
そろそろ「日本語入力」にもAIパワーを注入してみないか?
AIの活用が十分になされていないのではないかと思われる分野が、「日本語入力」だ。OS標準の入力変換エンジン以外にも、Google日本語入力やATOKといった選択肢もあるが、AIの華々しい進化の恩恵にあずかっているようには思えない。「AIが自然な言葉で受け答え」も結構だが、まずは同音異義語の正しい選択や誤変換はどうにかならないのか。(2024/5/25)

セキュリティニュースアラート:
WinSCPとPuTTYの偽インストーラーに注意 検索エンジンの広告経由で感染を狙う
Rapid7は検索エンジン上の悪意ある広告を介してトロイの木馬化されたWinSCPやPuTTYのインストーラーを配布する進行中のキャンペーンを発見した。Windowsユーザーが誤って偽のダウンロードページに誘導される危険性がある。(2024/5/21)

エッジコンピューティング:
AIエンジン内蔵、手のひらサイズの組み込みモジュールを販売
アドバンテックは、AIエンジン内蔵のOctaコアプロセッサ「Qualcomm QCS6490」を搭載した、システムオンモジュール「ROM-2860」の販売を開始した。OSMのSize-L規格に準拠した、45×45mmサイズの組み込みモジュールだ。(2024/5/13)

脱炭素:
ジェイテクトが水素エンジン向け高圧水素減圧弁を開発
ジェイテクトは水素エンジン車向け高圧水素減圧弁を開発する。(2024/5/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
これからのエンジン開発、どうなる?
猫も杓子もEVシフトというブームも終わり、ようやくEVの地に足がついた着実な進歩が認められる時代になった感がある。そしてBEV以外のカーボンニュートラルプランが必要になってくる。そのエンジンとは一体何か?(2024/5/6)

2027年4月までサポート予定:
Node.jsの最新版「Node.js 22」リリース、V8エンジンのアップデートなど機能強化
Googleの「V8」JavaScriptエンジンで動作するサーバサイドJavaScript実行ランタイムの最新版「Node.js 22」が公開された。(2024/5/1)

セキュリティソリューション:
IllumioがZTSプラットフォームをアップデート AIチャットbot「Illumio Virtual Advisor」を実装
Illumioは「ゼロトラスト・セグメンテーション(ZTS)プラットフォーム」のアップデートを発表した。今回のアップデートでは新たなAIラベリングエンジンや、AIチャットbot「Illumio Virtual Advisor」が実装された。(2024/4/30)

品質不正問題:
IHI子会社でエンジン試運転のデータを4000台以上改ざん、約半数が仕様未達
IHIは、子会社であるIHI原動機において、船舶用エンジンと陸上用エンジンの試運転記録に改ざんが見つかったと発表した。(2024/4/25)

3Dプリンタニュース:
Formlabsが新型3Dプリンタ「Form 4」発表、LFSを超えるプリントエンジンを採用
Formlabsは、プロフェッショナル向け光造形(SLA)方式3Dプリンタの最新モデル「Form 4」を発表した。新たな3Dプリントエンジン「LFD(Low Force Display)」により、速度、精度、信頼性、性能品質の大幅な向上を図っている。(2024/4/18)

「そうはならんやろ」 ヤクルトの空容器を“魔改造”→いかつすぎる「ブーストエンジン」誕生に驚愕
これぞ職人芸。(2024/4/18)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
エンジン発電で“11時間半飛行”するドローン アミューズワンセルフの「はかる」に特化した製品開発
日本の災害では、有人のヘリコプターでは対応できないケースが多いとされている。家のすぐ裏で斜面が崩れる被害が多い日本では、ヘリコプターを飛ばすことでさらなる崩落を誘発する危険性がある。こうした災害現場の現状把握に、ドローンは有効となる。(2024/4/17)

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:
生成AIは検索エンジンではない 当たり前のようで、意識すると変わること
「ChatGPT」や「Gemini」のような生成AIを検索エンジンのように使う人も多いが、この2つは性質が異なるもの。混同していると、AIに「まぼろし」を見せられてしまう。(2024/4/18)

工場ニュース:
三菱重工が航空機エンジン部品工場を増強、内製力強化で完全一貫生産を実現
三菱重工航空エンジンは、三菱重工業 長崎造船所の敷地内で建設していた航空エンジン部品の製造を手掛ける長崎工場の2期棟が完成したと発表した。現在稼働中の1期棟の建屋を拡張したもので、短/中距離旅客機用のエンジン部品の需要増に対応する。(2024/4/15)

WebXRやApple Vision Proに対応:
Microsoft、リアルタイム3Dレンダリングエンジン「Babylon.js 7.0」を発表
Microsoftは、オープンソースのリアルタイムレンダリングエンジン「Babylon.js」の最新版「Babylon.js 7.0」を公開した。WebXRやApple Vision Proに対応し、没入感やパフォーマンスを向上させる機能を追加した。(2024/4/15)

人工知能ニュース:
過酷な資源ごみのビン色選別を自動化、PFUがイメージスキャナー技術から新規事業
PFUは、廃棄物の分別を自動化する「廃棄物分別特化AIエンジン」シリーズの第1弾として、ビンの色選別を自動化する「Raptor VISION BOTTLE」の提供を開始する。世界シェアトップのイメージスキャナー開発で培った独自アルゴリズムによる99.8%という高い認識精度が最大の特徴だ。(2024/4/11)

PFU、廃棄物の分別を自動化できる産業向けAIスキャナーエンジンを発表
PFUは、廃棄物の分別を自動化できる「廃棄物分別特化AIエンジン」シリーズの発表を行った。(2024/4/10)

ヤマハ発動機が「フォーミュラE」参入を表明 名門Lolaとタッグ F1には97年までエンジン供給
なんと!(2024/3/28)

セキュリティニュースアラート:
検索結果上位でも信じるな Notepad++の偽広告でマルウェア感染の事例を確認
Kaspersky Labは「Notepad++」と「VNote」を悪用したマルバタイジングキャンペーンを発見した。検索エンジンの上位にある広告からユーザーを偽のWebサイトに誘導し、マルウェアをインストールさせる。(2024/3/15)

製造業IoT:
Sigfoxを活用したパレット管理サービスを導入
京セラコミュニケーションシステムは、IoTネットワーク「Sigfox」を活用したパレット管理サービスをコマツカミンズエンジンに導入した。トラッキングデバイスにより、広範囲に物流資材の位置情報を把握できる。(2024/3/12)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ハイブリッドが当面の“現実解”である理由 勝者はトヨタだけではない
EVシフトに急ブレーキがかかっている。CO2排出や電力消費の面で現実が見えてきたからだ。現時点ではハイブリッド車、そのなかでもエンジンで発電してモーター走行するシリーズハイブリッドが最も現実的な方式だ。その理由とは……(2024/3/12)

328人に聞いた:
企業のリスキリングの有無、入社の意思決定にどう影響?
「リスキリングの機会を求めて転職した」という人は3割に上ったことがサイトエンジンの調査で明らかとなった。企業によるリスキリング機会の有無は、働き手の意欲にどう影響するのか。(2024/3/11)

物流のスマート化:
物流業務のタスク最適化機能とロボット制御基盤をパナが開発、自動倉庫で提携も
パナソニック コネクトは物流業務のタスク最適化エンジンとロボット制御プラットフォームを開発した。(2024/3/11)

HP Amplify Partner Conference 2024:
HPの成長エンジン それは「AI PC」と「ハイブリッドワーク」
HPが、世界中のパートナー企業を集めたリアルイベント「HP Amplify Partner Conference 2024」を開催している。イベントの最初に行われる基調講演では、HPの幹部や主要なパートナー企業のCEOが登壇し、将来の展望を語った。(2024/3/7)

就活生の企業イメージに影響を与える情報源 「公式サイト」を抑えた1位は?
ブランドクラウドは、就活生の企業情報収集に関する調査を実施した。その結果、就活生の企業イメージに影響を与えるものの1位は「就職サイト」(56.0%)で、2位は「検索エンジン上の予測候補ワード」(44.7%)、3位は「企業の公式Webサイト」(31.7%)だった。(2024/3/4)

品質不正問題:
豊田自動織機の自動車用エンジンが出荷再開、ダイハツの登録車も
型式指定申請の不正行為で止まっていた出荷と生産が、再開に向けて進み始めた。(2024/2/29)

品質不正問題:
豊田自動織機の産業機械用エンジン3機種が型式指定取り消し
国土交通省は型式指定申請で不正行為を行った豊田自動織機に対し、型式指定の取り消し手続きを開始したと発表した。(2024/2/26)

他の生成AIとは異なるコンセプト
Adobeが「PDFリーダー」に生成AI “時短”につながる「Acrobat」の新機能とは
Adobeは、「Acrobat」に生成AIによる対話型エンジンを追加した。文書内検索や文書要約にどのようなメリットがあるのか。(2024/2/26)

予想価格は760万円以上 48気筒のエンジンを搭載した魔改造バイク「ティンカートイ」が海外オークションに登場
一目でわかるパワフルさ!(2024/2/23)

大人向けにもほどがある? 細かすぎるスバル公式の「エンジン塗り絵」が凝視必至のクオリティー
細かすぎるよぉ……!(2024/2/10)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
実現すれば世界初? 特急車両に水素エンジンを載せる? JR東海と組んだベンチャーに聞く
JR東海が2023年12月、鉄道車両向け燃料電池の模擬走行試験を公開した。鉄道の脱炭素の多くが燃料電池方式で、水素エンジンは鉄道業界では初耳。JR東海は、この水素エンジンをi Laboと開発するという。i Laboとはどんな会社か、さらに水素エンジンの仕組みと可能性などを取材した。(2024/2/16)

BIM:
BIMモデル内をゲームパッドで自由に動き回る、ダイスネクストの「Paraverse」
ダイスネクストとAREA35は、Revitで操作が要らない、ゲームパッドだけでBIMモデル内のアバターを動かして設計プランの確認や指摘事項を共有できるBIMビジュアライゼーションソフト「Paraverse」を開発した。ゲームエンジンのUnreal Engineをベースにしているため、BIMモデルは鮮明な質感で表示される。(2024/2/8)

スピン経済の歩き方:
EVシフトで「トヨタは遅れている」は本当か
世界的なEVシフトの中、エンジン不正が騒がれているトヨタグループ。日本は本当に世界から遅れをとっているのだろうか、それとも……。(2024/2/7)

品質不正問題:
豊田自動織機が自動車エンジンでも認証不正、採用車種は出荷停止に
豊田自動織機は、従来公表していたフォークリフト、建設機械用のエンジンに加え、自動車エンジンでも認証における法規違反があったことを発表した。同エンジンを採用しているトヨタ自動車などは採用車種について出荷を一時停止するとしている。(2024/2/2)

生成AI「だけ」では業務は回らない 「OCI Generative AI」はエンタープライズのユースケース網羅をねらう
ミッションクリティカルなエンタープライズアプリケーションと生成AIエンジンの両方を持つことが強み――。Oracleがデータベースとアプリケーション、買収したAI Techを生かして事業をドライブさせようとしている。(2024/2/5)

グループの相次ぐ不正 「現場の変化に経営層がついていけていない」トヨタの佐藤社長
トヨタ自動車の佐藤恒治社長は29日、エンジン開発を委託しているグループの豊田自動織機の性能認証試験の不正を受けて東京都内で記者団の取材に応じ、顧客に大きな不安を与えていることを謝罪した。(2024/1/30)

古びたディーゼル発動機をレストアしたら…… 新品同様の姿に「完璧だ!」「見事な修復」などの声
エンジンオイルが真っ黒だ……!(2024/1/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。