• 関連の記事

「電子工作」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電子工作」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

オリジナルCPUでバイナリコード入門(13):
オリジナルCPU「DL166」にセンサーを接続する
オリジナル4ビットCPUを用いてバイナリコードを学ぶ本連載。第13回では、オリジナル4ビットCPU「DL166」にタクトスイッチやフォトセンサーをつないで、そこから得られる値をDL166で読み込めるようにする。(2024/2/21)

「ViXion01」の今までにない感覚が人生の選択肢を拡大 オートフォーカスアイウェアでライフスタイルが変わる
老眼鏡や拡大鏡の付け替えは非常に面倒だが、オートフォーカスアイウェアの「ViXion01」がそれらの悩みを解決してくれそうだ。実機を試して分かったことをまとめた。(2024/2/8)

「ラピュタ」の飛行石をかざして扉を解錠 ムスカごっこができる自作スマートロックが「夢がある」と話題
ラピュタの末裔(まつえい)気分。(2024/2/1)

息子に“キーボードチョコ”を作ってあげようとしたら…… 「キー配置が気持ち悪い」と一蹴された型をご覧ください
なぜそんな位置にカーソルキーが……。(2024/1/31)

FA担当がやってみた【ラズパイLチカ編(1)】:
「FA担当がやってみた」を始めてみた
新しい年に新しい取り組みを。(2024/1/30)

市場に新たな選択肢をもたらす:
PR:SBCの新星「ROCK」の、“ラズパイの代替”にとどまらない真価とは
シングルボードコンピュータ(SBC)に新たな選択肢が登場した。イギリスのOKdoがradxaと共同開発した「ROCK」だ。Rockchip製の成熟したチップを搭載し、SSDモデルも用意されているROCKは、欧州では既に多くのユーザーを獲得している。日本の販売代理店であるアールエスコンポーネンツにROCKの特徴を聞いた。(2024/1/26)

最もお金と時間を使うのは“どのオタク”? アニメ、VTuber、アイドルなど30分野を分析 矢野経済研調べ
最もお金や時間をかけるのは、どのジャンルの「オタク」か──矢野経済研究所はそんなオタクに関する調査結果を発表した。(2023/12/5)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
ミッションは日立造船の次の100年を支えるデジタル化を進めること――日立造船 常務執行役員 橋爪宗信氏
先端テクノロジーを活用することで、グループ全体の事業に関する製品や生産技術の高度化、新事業/新製品開発のスピードアップを目指す日立造船。ICTの活用で、さらなる付加価値化を図る取り組みとは。(2023/10/31)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(17):
LEDの光にはもう飽きた、放電プラズマが見たい
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。第17回は、フライバックトランスを使って人工的に放電プラズマを起こす回路を紹介する。(2023/9/28)

準備こそがクライマックス?:
NVIDIAの測定デバイス「PCAT2」で最新GPUから旧モデルまで消費電力を測って分かったこと(前編)
グラフィックスカード(GPU)の消費電力をリアルタイムに測れる――NVIDIAがそんなデバイスを開発していることをご存じだろうか。今回、PCI Express 4.0に対応した第2世代製品を試す機会があったので、まずはその特徴とセットアップの過程を紹介しようと思う。(2023/9/11)

プラグが折れてコンセント内に残った! 怖過ぎる1枚が話題に、こんなときどうすればよいのか東京電力に聞いた
このまま触ると危険です。(2023/8/17)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
お父さんお母さん必見! お子様の夏休み対策に役立つ記事2選
最終日での追い込みは禁物です。(2023/8/7)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(15):
金属探知機を自作して宝探しの勝ち組に
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。第15回は、ひそかなブームとなっている宝探しの勝ち組を目指して、金属探知機を自作する。(2023/7/25)

自由自在に変化するドールの目 ディスプレイ方式のハイテクドールアイが「未来感ありすぎ」と話題
目の色は6万5536色から選べます。(2023/7/15)

目のピント合わせを外部デバイスにアウトソースしたら“未来”が広がった 「ViXion01」を体験してきた
HOYAからスピンアウトしたViXionが29日からクラウドファンディングを始めた。新製品の“オートフォーカスアイウェア”こと「ViXion01」だ。(2023/6/29)

レインボーに発光する“ゲーミング作者”と“ゲーミング売り子”が誕生 主張が強い名札「ゲーミングタグ」が目立てて便利そう
作者と売り子を間違える悲しい事態を回避できそう。(2023/5/19)

心不全で88歳死去の高見のっぽさんを「わくわくさん」が追悼「私の3歩は、あなたの2歩でした」
久保田さん「その長い脚で歩かれたエンターテイナーとしての人生に敬服しております」(2023/5/10)

わかる人にはわかるヤツ 人生経験が豊富な人ほど共感する「あると便利なちょうどいい延長コード」が話題
わかる。(2023/5/8)

AWS Summit Tokyo:
「変・身!」 AWSで作った“変身ベルト”、実機で遊んでみた
男子のあこがれ・変身ベルト。AWSの展示会に行ったらなぜかあったので遊んできました。(2023/5/1)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(10):
ゲルマラジオで考えるダイオードのはなし
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。第10回は、無電源でAMラジオを聞けるゲルマニウムラジオを元ネタに、ダイオードについて考えてみる。(2023/3/30)

オリジナルCPUでバイナリコード入門(1):
オリジナル4ビットCPU「DL166」はプログラミングの基礎学習に最適
オリジナル4ビットCPUを用いてバイナリコードを学ぶ本連載。第1回はオリジナルCPU「DL166」のインストラクションセットについて解説する。(2023/2/14)

Deep Insider's Eye 一色&かわさきの編集後記:
編集後記「データ&AIを使う時代への変化」「誰かに何かを伝えるということ」
一色からは「学んできたことと、データ&AIを使う時代への変化」という題で、自己紹介として学んでいることや時代変化について、かわさきからは「誰かに何かを伝えるということ」という題でDeep Insider編集部内で議論したり考えたりしていることについて書きました。(2023/1/30)

電子工作で「ラピュタ」の光る石板を再現 飛行石で文字を光らせムスカ大佐ごっこができる
ラズパイPicoとLEDを使用。(2023/1/29)

真夜中にハンダがなくなっても大丈夫! 24時間ハンダを買える話題の自販機、なぜ設置? 設置店に聞いてみた
自販機を設置している大阪日本橋のお店に話を聞きました。(2023/1/27)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(8):
定番タイマーIC「NE555」のはなし
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。第8回は、定番タイマーICである「NE555」について紹介する。(2022/12/20)

Raspberry Piの基礎知識【前編】
いまさら聞けない「Raspberry Pi」 “格安・極小PC”の正体とは?
シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」は教育や娯楽だけではなく、さまざまな用途で活用できる。Raspberry Piの概要を、ハードウェアや利用目的の観点から解説する。(2022/12/8)

「ちっちゃかわいい」「ガジェット感が良い」 電子ペーパーとラズパイで自作した“手のひらサイズの表示板”がデスクに置きたいクオリティー
文字もくっきり。(2022/11/5)

Black Hatでハードウェアハック!(2):
BadUSBを赤外線リモコンで遠隔操作する「IR-BadUSB」
筆者の今岡通博氏がハッカーの祭典「Black Hat」に投稿した、ハードウェアの改変を中心にしたハッキングの事例を紹介する本連載。第2回は、赤外線リモコンを使ってBadUSBを遠隔操作する「IR-BadUSB」だ。(2022/9/21)

中の人の目が動く → 着ぐるみの目も連動してぎょろっ!? リアルに視線を再現するアイトラッキングシステム開発者に仕組みを聞いた
リアルタイムで目の動きを再現。(2022/9/20)

木工ボンドを12個のしょうゆ入れに一気に充てん!? ニッチすぎる自作マシーンがカッコいいと話題
これがVer.5の威力だ。(2022/8/19)

IT企業デスクツアー:
IIJで働くみんなのデスク環境 有名IT企業に勤めるエンジニアの机を写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。ITエンジニア、デザイナーなどがどんな環境で働いているかチェックする。今回はIIJで働く人のデスク周り。(2022/8/18)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(3):
RS-232Cを使ってWindowsのコマンドプロンプトから電磁弁を直接動作させる
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。第3回は、現在も広く利用されているレガシーインタフェースであるRS-232Cを使って、WindowsベースPCのコマンドプロンプトからの操作だけで電磁弁を制御してみる。(2022/7/26)

「時は金なり」を立体化したら?:
アート作品「時間を買える貯金箱」が話題 ダイソー時計と“ラズパイ”を活用 制作者の思いを聞いた
「時間を金で買う行為を立体化した」とするアート作品がTwitterで注目を集めている。制作者に作品に込めた思いを聞いた。(2022/6/23)

ルネサス、Arduinoに13億円出資 マイコンボードに自社パーツ搭載で顧客層拡大へ
ルネサスエレクトロニクスが、マイコンボード開発のArduinoに約13億円を出資した。ルネサス執行役員のクリス・アレキサンドル氏がArudinoの取締役に就任。Arduinoのマイコンボードにルネサス製品を搭載する。(2022/6/14)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(1):
話題のモータードライバ「MX1508」を試す
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。第1回は話題のモータードライバ「MX1508」を試してみる。(2022/5/26)

ハロー、自作キーボードワールド 第12回:
「1000台売る覚悟があればいける」──飛騨高山にオープンした自作キーボード専門店「白銀ラボ」インタビュー
1月に飛騨高山で自作キーボードの専門店「白銀ラボ」をオープンしたヨーキース(西洋介、@Yowkees)さんにインタビュー。自作キーボードを始めたきっかけや、飛騨高山に国内2例目の実店舗を開くに至った経緯について話を聞いた。(2022/4/30)

「メタバース」「電子工作」「サーバ管理」を一挙に体験できる“マイクラ”の魅力 そのIT要素を一挙紹介
世界で最も売れたインディーズゲームとも呼ばれる「Minecraft」は、ただの遊びと言うにはIT要素が多い。メタバースや電子工作、サーバ管理などMinecraftで感じられるIT要素を紹介する。(2022/4/29)

AI・データサイエンスで遊ぼう:
自作できる小型ロボット「犬」に物体追跡AIを搭載してみよう
身近な現実問題にAIやデータサイエンスの適用を試してみる新連載。今回は「ミニぷぱ」というラズパイベースの小型ロボット犬を製作し、OAK-D-LITEカメラを搭載することで物体検知して自動的に目で追うようにしてみる。(2022/4/27)

頭脳放談:
第263回 Intelの優秀サプライヤーから世界の半導体事情が見える?
Intelが、同社から見てサプライヤーになっている会社のうち、優秀な会社を表彰する「The EPIC Supplier Program」が発表になった。よく知られている会社もあれば、そうでもない会社もある。日本の会社も意外と多い。どんなサプライヤーが表彰されているのか、筆者が気になった会社を紹介しよう。(2022/4/22)

プロ棋士向け最強将棋AIマシンを組む!:
“最強PC”を組めるヤツに会いに行く そして生まれた怪物のスペックは
プロの将棋棋士が研究に使える、“最強の将棋AIマシン”を組むべく記者が奔走する本連載。今回は「CPUもGPUも強いマシンを使ってみたい!」と自作PC専門家に相談し、実際にブツを組み上げるまでのお話。(2022/4/6)

最高のアニメ映画「アイの歌声を聴かせて」の魅力を全力紹介 見たら幸せになれる20の理由
3月11日から期間限定先行レンタル配信がスタート!(2022/3/11)

Digi-Key Electronics プレジデント兼COO Dave Doherty氏:
PR:半導体不足を「2年前から予測」、万全の備えでサプライチェーンを支えるDigi-Key
半導体や部品の供給難で多くの分野が困難を強いられた中、米大手ディストリビューターのDigi-Key Electronicsは、約2年前から増強してきた在庫で対応し続けている。プレジデント兼最高執行責任者(COO)を務めるDave Doherty氏が、こうした予測不能な市況を切り抜けるための投資戦略の他、次世代のエンジニア育成に向けたマーケティング戦略について語った。(2022/1/13)

ロボ「いっちに、いっちに!」 15日目に歩き始めた「33日後に完成する二足歩行ロボ」がかわいい
33日後が楽しみ。(2021/12/10)

STEM教育を支える電子工作キットが多数 「EDIX 東京 2021」の注目展示をチェック!(後編)
毎年開催される大規模な教育関連展示会の集合体「EDIX東京」。2021年もさまざまな教育向けの機器、サービスやソリューションも展示されていた。この記事では、STEM教育にまつわる展示を紹介していく。(2021/8/16)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
科学×工作×アート=「モノづくり教育」
「日本科学未来館」とご一緒にいかが?(2021/7/8)

「Raspberry Pi Pico」の独自チップ、単体で商品化 日本では10個1265円
Raspberry Pi財団は6月1日(日本時間)、マイコンボード「Raspberry Pi Pico」に搭載している独自開発のチップを「Raspberryシリコン - RP2040」として単品で販売すると発表した。日本ではスイッチサイエンスが10個セットを1265円で販売予定。(2021/6/1)

LANケーブル1本で「ラズパイ」の通信と給電をまかなうアドオンボードに新製品 30W出力でラズパイ4でも安定動作
Raspberry Pi財団は5月24日、小型のシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」の機能拡張ボード「Raspberry Pi PoE+ HAT」を発表した。接続した1本のLANケーブルで通信と給電をまかなえるPoE技術に対応している。スイッチサイエンス(東京都新宿区)が3180円で近日中に販売するという。(2021/5/25)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
政治家のおじいさんたちとSTEM教育
どなたかSTEM教育をしてあげてください。(2021/5/20)

FAニュース:
外観検査をロボットとAIで自動化するソリューション、ロビットが製品化
ロビットは、ロボットとAIを組み合わせた外観検査ロボット「TESRAY Sシリーズ」を発表した。独自開発の多軸ロボットアームと撮像モジュール、AIがセットになったロボットで、樹脂や金属、繊維などの素材や射出成形、プレス加工、めっき加工、塗装など複数の加工品の外観検査を自動化する。(2021/4/7)

イノベーションのレシピ:
家電のアドオンをマイコンで自作、パナのモノづくりプロジェクトが目指す未来
パナソニックは2021年3月12〜25日にかけて、同社のデザインスタジオであるFUTURE LIFE FACTORYの活動を紹介する「DIG UP! あなたと考えるプロトタイプ展」を東急プラザ銀座で開催した。身の回りの素材や市販の電子部品を使ったモノづくりを促進する「D+IO」などのプロジェクトの成果を披露。(2021/3/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。