• 関連の記事

「Dyson」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Dyson」に関する情報が集まったページです。

人的資本開示に「マーケティング視点」を取り入れる 投資家の関心を集める情報とは?
人的資本情報の開示には、自社の「売り」をどう表現するかという視点が必要になる。マーケティング用語である「USP(ユニーク・セリング・プロポジション)」がカギとなる。(2023/12/21)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第3回】
“男社会”IT業界を切り開いた女性リーダー その畏敬の実績
IT業界で活躍する女性を表彰する「Most Influential Women in UK Technology」。今回はITと経済の発展に寄与する2人の女性を紹介する。(2023/9/25)

腹ぺこなフグに甘エビをあげた瞬間……! 驚異的な吸引力が700万表示「ダイソンもびっくり」「胃空間へと消えていった」
そのエビ、消えるよ。(2023/9/24)

家電トレンド解説:
コードレス掃除機の新トレンド 水拭きタイプは日本でも定着するか
従来のキャニスター掃除機から、コードレススティック掃除機への置き換えが進んでいる。こうしたなか、吸引力や駆動時間といった基本性能の競争に加えて、新たな付加機能がトレンドとなりつつあるのをご存じだろうか。(2023/7/28)

ダイソンのコードレス掃除機がギネス認定 「50mを掃除機で掃除した最速タイム」で
ダイソンは29日、コードレス掃除機「Dyson Gen5detect Absolute」を用いてギネス世界記録「50mを掃除機で掃除した最速タイム」に挑戦し、記録が認定されたと発表した。(2023/6/29)

4LDKまで対応:
ダイソン初の“二刀流”、水拭きコードレスクリーナー登場 エンジニアが「きれいな水」にこだわったワケ
ダイソンは6月28日、同社初となる水拭き機能を搭載したコードレス掃除機「Dyson V12s Detect Slim Submarine(ディテクト スリム サブマリン)コードレスクリーナー」(直販価格12万1000円)を発売した。かねてより需要が高かった水拭き機能を搭載した同モデルは、掃除機をかけて大きめのごみを取り除いてから、ヘッドを付け替えて水拭きで仕上げるという“二刀流”だ。(2023/6/28)

ダイソン、水拭きもできるスティック掃除機 汚水タンク搭載で「床に戻らない」
ダイソンは28日、水拭きもできるスティック掃除機を発売した。専用ヘッドが付属する。(2023/6/28)

ろくろで陶芸を楽しむカップル、予想外のハプニングに見舞われて…… 驚きながらも笑い転げる様子が幸せそう【米】
髪は結んで楽しもう!(2023/6/14)

まさかの組み合わせの理由とは:
ダイソン初のヘッドフォンは「空気清浄機つき」?
ダイソンが初のオーディオ端末として空気清浄ヘッドフォン「Dyson ZONE」を発売した。得意分野の空気清浄機と新たな領域であるヘッドフォンを1つの商品にした理由や気になる使用感を探るべく、メディア体験会に参加した。(2023/6/1)

12万1000円から:
ダイソンが空気清浄機付きANCヘッドフォン「Dyson Zone」を日本でも発売 試して分かった装着感
スタイリッシュな掃除機や扇風機で知られるダイソンが、初のウェアラブル製品として「Dyson Zone 空気清浄ヘッドホン」を発売した。直販価格は12万1000円〜13万7500円で、空気清浄機能とアクティブノイズキャンセリング機能を兼ね備える。その実力を試してみよう。(2023/5/26)

ダイソンが初のオーディオ機器を発売 空気清浄機能を搭載したヘッドフォン「Dyson Zone」
空気清浄機能に加え、ノイズキャンセル機能やマイク機能も搭載しています。(2023/5/24)

壁際も掃かずに吸い込むロボット掃除機、ダイソンから 「ホコリを舞い上げない」
ダイソンは23日、「Dyson 360 Vis Navロボット掃除機」を発表した。壁を検知すると本体の側面から小さな「エッジノズル」が出てくる。(2023/5/23)

5月24日より:
ダイソン、期間限定のポップアップイベントを開催 空気清浄機能付きヘッドホンやロボット掃除機を展示
ダイソンが期間限定のポップアップイベントを開催する。日本で販売を開始する空気清浄機能付きヘッドホンやロボット掃除機を展示している。歴代の有名な商品や最新テクノロジーなども紹介する。(2023/5/23)

ダイソン「空気清浄ヘッドフォン」日本でも発売 12万1000円から
ダイソンは23日、空気清浄機能を持つヘッドフォン「Dyson Zone 空気清浄ヘッドフォン」を国内でも発表した。価格はオープンで、直販価格は12万1000円から。(2023/5/23)

価格はオープン:
ダイソンの空気清浄機能付きヘッドホン、日本で発売 初のウェアラブル製品
ダイソンはウェアラブル製品「Dyson Zone空気清浄ヘッドホン」を日本で発売する。開発した背景に都市部の大気汚染や騒音といった課題があるという。(2023/5/23)

ドコモ、抽選で10万ポイントなどが当たる「スゴ得コンテンツ 10周年大感謝祭」開催 6月5日まで
NTTドコモは、5月16日〜6月5日に「スゴ得コンテンツ 10周年大感謝祭」を開催。dポイント10万ポイントの他、ソニー4K有機ELテレビやシャープヘルシオなどが当たる。回線契約やサービス契約がなくても応募可能だ。(2023/5/16)

ahamo、povo、LINEMOのキャンペーンまとめ【5月12日最新版】 お得なポイント還元を見逃すな
ドコモ、au、ソフトバンクが提供しているオンラインブランド「ahamo」「povo」「LINEMO」は、安価に大容量通信が可能なのが特徴だ。キャンペーンを利用すれば、さらにお得にサービスを利用できる。(2023/5/12)

ダイソンのヘアアイロンに「機内モード」 機内への持ち込み可能に
ダイソンは1日、コードレスヘアアイロン「Dyson Corrale」が飛行機に持ち込めるようになったと発表した。旅行などのために「機内モード」にする手順を紹介している。(2023/5/2)

コードレス掃除機メーカーの人気ランキング 3位「アイリスオーヤマ」、2位「マキタ」、1位は?
おすすめ比較サイト「Picky's」を運営するrentryが、「コードレス掃除機」に関するインターネット調査を実施した。購入した、もしくは購入予定のコードレス掃除機のメーカー1位は「ダイソン」だった。(2023/4/29)

ダイソンは控訴へ パナソニック勝利のヘアドライヤー広告訴訟で
パナソニックのヘアドライヤー広告が消費者に誤解を与えるとしてダイソンが差し止めを求めていた訴訟で東京地方裁判所は請求を退けた。しかしダイソンは控訴する考えだ。(2023/4/28)

黄砂飛来、どこまで来ているか知る方法
12日は北海道から東北、九州まで広い範囲で黄砂が確認され、13日にかけて広い範囲に飛来する見通し。今どのような状況なのか、それが分かる観測データは一般にも公開されている。(2023/4/12)

知らないと損!?業界最前線:
2023年「スティック掃除機」の新トレンド 〜吸引とスチーム掃除のできる機種も登場
掃除機市場で急成長のコードレススティック型の掃除機において、2023年の新しいトレンドを3つご紹介する。いずれも、かゆいところに手が届くような発想の転換と、技術の進化によって生まれた、使い勝手の良い機能だ。(2023/3/27)

女性満足度が高いスティック掃除機 「パナソニック」「マキタ」を抑えた1位は?
子育て情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」を発行するこどもりびんぐは、全国の女性を対象に「スティック掃除機についての調査」を実施した。(2023/1/12)

空気清浄機の人気メーカー 3位「ダイキン」、2位「アイリスオーヤマ」、1位は?
商品の比較サイト「Picky's」を運営するrentryは、「空気清浄機」に関する調査を実施した。(2022/12/24)

知らないと損!?業界最前線:
掃除機市場の2023年を大予測 国内外のメーカーが入り交じる大激戦!?
掃除機は近年、進化を続けている家電の1つ。キャニスター型掃除機を経て、現在はコードレスのスティック掃除機が主流だが、ロボット掃除機の普及も進んでいる。コードレススティック掃除機とロボット掃除機について、最新掃除機市場の動向とトレンドの解説、2023年の市場を予測する。(2022/12/21)

今までで一番嬉しかったプレゼント 3位は「時計」、2位は「財布、ポーチ」、1位は?
ユゼンは、全国20〜60代の男女を対象に「今年のクリスマスプレゼント」に関する調査を実施した。今までにもらったプレゼントで最も嬉しかったものは何か聞いたところ、1位は「アクセサリー」だった。(2022/12/19)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Apple Musicにカラオケ機能追加! CLIP STUDIO PAINTへのAI機能は搭載見送り
 うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、12月4日週に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2022/12/11)

ダイソン、「ノイキャン付き空気清浄ヘッドフォン」を2023年に発売 外でもキレイな空気が吸える
ダイソンは12月8日、ノイズキャンセリング付き空気清浄ヘッドフォン「Dyson Zone ノイズキャンセリングヘッドホン」の全仕様を公開した。2022年初頭に発表されたもので、2023年1月の中国を皮切りに、3月には米国、英国、香港、シンガポールで発売予定としている。(2022/12/8)

楽天市場、ブラックフライデー開催 22日午後8時から 最大還元率44倍も
楽天市場は11月22日の午後8時からセール「ブラックフライデー2022」を開催する。(2022/11/22)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
光で髪を乾かすドライヤー「Zuvi Halo」、販売元に聞いたその原理と“向き不向き”
熱ではなく光によって髪を乾かすという「Zuvi Halo 光ヘアケアドライヤー」というものがある。最初よく分からなかったが、考えていても仕方がないので販売元に詳しい話を聞いてきた。(2022/10/27)

ダイソン、美容商品に本腰 約755億円を投じ今後4年で20製品を開発へ
ダイソンは25日、今後4年間で5億ポンド(約755億円)を投じ、20種類のビューティー製品を発売する計画を発表した。(2022/10/25)

メカ設計メルマガ 編集後記:
わが家の救世主となるか!? ペットの毛問題に対するダイソンの本気度
「ダイソンはペットにも科学を応用します」との一言が!!(2022/9/20)

3Dモデリング経験ゼロ→2年8カ月でリアルなロボを作れるまでに成長! 作品のビフォー・アフターがネットで称賛
「アーマード・コア」の機体「ホワイト・グリント」をリアルに再現!(2022/9/13)

「観光のついで」はもう古い:
ワーケーション2.0に挑戦 地域の課題と魅力が混在するカオスに振り回された
8月某日、福岡の山奥の古民家にワーケーションに行ってみた。地域住民との交流を狙っていたのだが、筆者を待ち受けていたものは地域の課題と魅力が混在したカオスな体験だった……。(2022/8/23)

スマホのカメラで“空気の流れ”が見えるアプリ、エンジニアが開発 国内外から注目が集まる
冷たい空気が下降する様子も見える。(2022/7/24)

節電効果を期待:
“この夏買いたい家電”ランキング 気になる商品は?
比較サイト「Picky's」を運営するRentry(長野県長野市)が、「この夏に買いたい家電」に関するインターネット調査を実施し、ランキングを発表した。(2022/7/11)

「これが犬を飼っている家の現実です」 掃除機メーカーに伝えたくなるリアルな写真→犬飼いさんから共感集まる
さわってみたい!(2022/7/2)

ダイソンがパナソニックを提訴 「ドライヤーの広告表示が誤解を招く」
ダイソンは6月9日、パナソニックのヘアードライヤーナノケア「EH-NA0G」の広告が不正競争防止法に違反するとして、東京地方裁判所に提訴を行った。(2022/6/9)

ダイソン、パナソニックを提訴 ドライヤー広告の差し止め求める
ダイソンは9日、パナソニックのヘアドライヤー「ナノケア」の広告において「ナノイー」に関する記述が不正確で消費者に誤解を与えるとして、東京地方裁判所に広告の差し止めを求める訴訟を起こした。(2022/6/9)

500人超の女性に聞いた:
利用率の高い「高額扇風機」 2位はシャープ「プラズマクラスタ―扇風機」、1位は?
子育て情報誌「あんふぁん」「ぎゅって」を発行するこどもりびんぐが運営する「シルミル研究所」は、「高額扇風機」の調査を行った。女性が選ぶ「高額扇風機」利用率ランキング第1位は「ダイソン/Dyson Pure Cool」だった。(2022/6/4)

ダイソン、家事ロボット試作機の一部をチラ見せ ロボットハンド搭載か
Dysonは25日、Twitterの公式アカウントで「未来の家事ロボットのプロトタイプの一部」という映像を公開した。「手間のかかる家事への応用が期待される」としている。(2022/5/26)

「お、おま……どこ吸ってんねんww」 お乳を探す子馬が、飼育員のアゴを爆吸いする姿に「すっごい吸引力w」と爆笑の声
一生懸命でかわいい!(2022/5/11)

エイプリルフールネタ……じゃないだと? ダイソンが未来感あふれる「空気清浄ヘッドフォン」を発表
2022年秋から一部地域で販売開始予定です。(2022/3/30)

ダイソン、ノイズキャンセリング+空気清浄機能付きヘッドフォン ウェアラブルデバイスは初
家電メーカーのダイソンは、同社初のウェアラブルデバイスであるノイズキャンセリング機能付き空気清浄ヘッドフォン「Dyson Zone」を発表した。空気中の汚染物質を除去する機能と、アクティブノイズキャンセリング機能を備える。(2022/3/30)

「ダイソンより綺麗になりそう」 「ロコ・ソラーレ」吉田知那美、“自宅の床掃除”でメダリストの実力を発揮してしまう
さすがはクレイジースイーパーズ。(2022/2/28)

猫「ちゅ〜るはセルフに限る」 わがままボディーの元保護猫、飼い主の膝でおいしい時間を満喫する姿が貫録たっぷり
器用なおてて!(2022/2/20)

スマホ決済のお得な活用術:
買い物は日曜日にまとめて「PayPayモール」で 小さな努力でポイントをがっつり獲得
ポイントやお得なことが大好物な筆者は毎週日曜日に「PayPayモール」で買い物します。その理由はポイントがより多く得られるから。筆者の場合、最大15.5%の付与になるので見逃せません。(2021/12/12)

ダイソン、製品を“試せる”バーチャル店舗 ドライヤーの温風は色で表現
ダイソンは19日、VRヘッドセットを使って消費者が自宅にいながら製品を試せる仮想店舗「Dyson Demo VR」を発表した。(2021/11/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
若くして起業すべきではない、これだけの理由
米国のある調査では、起業で成功する確率は25歳よりも40歳のほうが2倍以上高く、30歳よりも50歳のほうが倍増するという。世界を見ても、成功者の多くは35歳以降に独立している。なぜ彼らは大器晩成したのだろうか。(2021/11/18)

イノベーションのレシピ:
背骨の形が「見える」眼鏡、レントゲンいらずの姿勢矯正デバイスに医師も期待
「美姿勢メガネ」は眼鏡に後付けで搭載する小型デバイスで、着用者の背骨形状をリアルタイムで可視化する。従来、背骨の形はレントゲンなどでしか把握できなかったが、これを日常的に行えるようにする。デバイスの仕組みと開発目的を聞いた。(2021/10/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。