• 関連の記事

「ドライブレコーダー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドライブレコーダー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ちゃんと前を見ていれば ピックアップトラックが米高速道路で起こした複数のクルマを巻き込む事故のドラレコ映像
前方の状況把握は重要ですね……。(2022/1/25)

本田雅一の時事想々:
ソニーは、“自身の役割“をどこに見つけたのか EV参入に勝ち目がありそうな理由
いよいよソニーグループは、自分自身の役割を見つけたのかもしれない。吉田社長にとって「ソニーが存在する意義」を探し求めることは、就任以来のテーマだった。EV参入はその一つだが、それだけが解答ではない。どういうことかというと……?(2022/1/22)

「怒りより悲しい方が強く」 鈴木サチ、子ども作の雪だるま破壊を嘆き 夜間に侵入した犯人へ恐怖「子供たちへの直接の被害だったら」
かわいい雪だるまが。。(2022/1/7)

自転車にもドラレコ 後付け簡単「バックカム」、サンコーから発売
おぉぉー、テールライトに「ドラレコ」内蔵しちゃいました。(2022/1/6)

8980円:
サンコー、自転車用ドライブレコーダーを発売 テールランプ機能付き
サンコーは1月5日、テールランプ機能を搭載した自転車用ドライブレコーダー「バックカム」の販売を開始した。(2022/1/5)

ノートオーラにも対応! TV-KITがあればプロパイロット作動中でもTV&動画視聴などができる
純正ナビは走り出すと「テレビ」が見られなくなる……。それだと助手席や後席の人は不便です。そんな人にこのキットはいかがでしょう。(2022/1/3)

これがあれば大画面でNetflixが見られる! トヨタのディスプレイオーディオで楽しめる待望のキット登場
車内でNetflix見たい、Fire TV Stick使いたい! ゲーム機をつないで遊びたい〜! こんなときに導入したい外部入力端子追加キットが登場。トヨタ純正ディスプレイオーディオ対応です。(2021/12/30)

「SpotCam Solo 2」で屋外用セキュリティカメラのハードルの高さを解決する
ビデオ会議の急速な普及を受け、Webカメラの選択肢は広がった。その一方、屋外用のセキュリティカメラもさまざまなモデルが登場している。「SpotCam Solo 2」と別売のソーラーパネルを試した。(2021/12/29)

+Style、61点が最大52%オフの「クリスマスセール 2021」開催 抽選でIoT商品が当たる
+Styleは、12月17日〜12月26日に61点が最大52%オフになる「+Style クリスマスセール 2021」を開催。セール対象商品の購入者の中から抽選でIoT商品など11アイテムが当たる「+Styleからのクリスマスプレゼント」も行う。(2021/12/17)

選考予約受付を開始:
ヒーター機能付き、車のハンドルカバー誕生 コードレスで安全性に配慮
ドライブレコーダーなどを販売する昌騰は、「ヒーター機能付きハンドルカバー」の先行予約受付をクラウドファンディングサイトにて予約受付を開始した。安全性に配慮したコードレスタイプとなっている。(2021/12/18)

タチが悪いにもほどがある 酔っ払いドライバー、ゴルフ場に乱入 警察とカーチェイスを繰り広げる
ゴルフ客が慌てて逃げ出す場面も。(2021/12/13)

自動車のイノベーションランキング 3位レクサス、2位ベンツ、1位は?
J.D.パワーは「2021年日本自動車テクノロジーエクスペリエンス」調査の結果を発表した。各ブランドがどれだけ迅速、効果的に新しい機能、装備を市場導入しているのかを、実際にクルマを購入したユーザーへのアンケートから調べた。(2021/11/30)

「Arlo Essential」を使って今時のホームセキュリティを考える
今やドライブレコーダーの装備は当たり前となったが、自宅時間が増える中で、「ホームセキュリティ」を意識する機会も多くなった。Arloの屋内用カメラで、そのあたりのことを考えてみた。(2021/11/15)

【2021年】タイプ別、最新ドライブレコーダーの注目モデルはコレだ
万一の事故や交通トラブルの際に強い味方になってくれる、今や欠かせないカーアイテム「ドライブレコーダー」。中でもおすすめ機種は……?(2021/11/14)

自動車事故の予兆を検知して通知 東京海上HDがハワイで実証実験
東京海上ホールディングスが、AIを活用して自動車事故の予兆を検知し通知するシステムの実証実験を始める。米国ハワイ州オアフ島でシステムの精度や通知頻度のさじ加減などを検証する。(2021/11/11)

J.D.パワー自動車保険満足度調査、トップは5年連続でソニー損保
J.D.パワージャパンは11月4日、2021年の自動車保険契約者満足度調査の結果を発表した。それによると、ダイレクト系保険会社では、ソニー損保が5年連続で第1位となった。(2021/11/4)

道路にカンガルーが飛び出してきて……まさかの転倒! 危機一髪で事故を回避する瞬間にハラハラ
危ない危ない……。(2021/11/2)

電気自動車:
ホンダに3車種目の電動バイク、交換式の新型バッテリーで走行距離1.2倍
ホンダは2021年10月28日、ビジネス向けの電動三輪スクーター「GYRO CANOPY e:(ジャイロキャノピー イー)」を同月29日に発売すると発表した。(2021/10/29)

「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
事故の影響で5時間に渡って通行止め・片側通行などの規制が行われました。(2021/10/28)

執拗に追跡、最後は体当たり 「あおり運転」被害を受けたクルマのドラレコが記録した恐ろしい映像が話題に
何がそこまで駆り立てたのか……。(2021/10/12)

電気自動車:
電動車100%へ330億円を投資した日産・栃木工場、開発中の燃料電池は定置用で活躍
日産自動車は2021年10月8日、330億円を投資して栃木工場(栃木県上三川町)に導入した次世代の自動車生産の取り組み「ニッサンインテリジェントファクトリー」を公開した。日産自動車 執行役副社長の坂本秀行氏は「複雑かつ高度なクルマをつくるための、変動に強い生産現場と生産技術は明日の日産の飛躍の要になる」と生産領域に投資する重要性を語る。(2021/10/12)

万が一の事態に備える、自動車保険会社と連動したドライブレコーダー〈レッドバロン〉
レッドバロンが会員限定で提供する、保険会社と連動したオリジナルドライブレコーダーを紹介。(2021/10/9)

「画質改善+物体検知」も可能に:
超低消費電力のエッジAI、ASICで100TOPS/Wの実現も
エッジでのディープラーニング技術(エッジAI技術)を手掛けるLeapMindは2021年9月30日、超低消費電力のAI(人工知能)推論アクセラレーターIP(Intellectual Property)「Efficiera(エフィシエラ)バージョン2(Efficiera v2)」のβ版をリリースした。正式版は同年11月末に提供を開始する。(2021/10/7)

エッジ端末でリアルタイムに認識:
デンソーテン、軽量で高性能のエッジAI技術を開発
デンソーテンは、ドライブレコーダーなどのエッジ端末向けに、軽量で高い性能を実現する「エッジAI技術」を開発した。処理能力が0.5TOPS程度のSoC上で、車両や歩行者などをリアルタイムに認識できるなど、高性能GPU向けAIに匹敵する性能が得られるという。(2021/9/30)

人工知能ニュース:
デンソーテンが軽量エッジAIを開発、自社製品への搭載に加え外販も
デンソーテンがドライブレコーダーなどカメラを搭載する組み込み機器のSoC(System on Chip)上でリアルタイムに画像認識を行える軽量かつ高性能なエッジAI技術を開発した。0.5TOPS程度の処理性能を持つSoCで、高性能コンピュータに用いられるGPU向けAIに匹敵する性能を実現できるという。(2021/9/29)

全国カーライフ実態調査:
ドライブレコーダー選びで重視すること 「画質」や「性能」を抑え1位となったのは?
ソニー損害保険が「全国カーライフ実態調査」を実施。ドライブレコーダーを選ぶ際に重視している点を聞いた。(2021/9/20)

高根英幸 「クルマのミライ」:
シフトレバーの「N」はなぜある? エンジン車の憂うつと変速機のミライ
シフトレバーのNレンジはどういった時に必要となるのか。信号待ちではNレンジにシフトするのか、Dレンジのままがいいのか、という論争もかつては存在した。その謎を考察する。(2021/8/30)

Googleさん:
Nest Camがやってきた Google純正のセキュリティカメラ、わが家をどう守ってくれる?
Google純正のセキュリティカメラ(見守りカメラ)「Google Nest Cam」がわが家にやってきました。以前どろぼうに入られたバルコニーにさっそく設置。洗濯物の揺れはスルーし、人の動きはプッシュ通知してくれます(設定によります)。(2021/8/24)

V-by-One HS新製品の量産を開始:
車載カメラ4台からの動画像を1チップで受信
ザインエレクトロニクスは、最大4台のカメラで撮影されたフルHD、毎秒60フレームの動画像を、1チップで受信できる高速インタフェースV-by-One HSの新製品「THCV244A-QP」を開発し、量産を始めた。車載カメラや監視カメラなどの用途に向ける。(2021/8/13)

あなたのクルマは大丈夫? 車内に設置されたドラレコに異変 暑さで吸盤がドロドロに溶けて落下したという写真がやばすぎる
こんな風になるんだ……。(2021/8/12)

IIJmioは純増に転ずるも減収 LINEMOのミニプランは「現時点で影響なし」――IIJが2021年度第1四半期決算を発表
IIJ(インターネットイニシアティブ)が2021年度第1四半期の連結決算を発表した。個人向けの「IIJmio」は契約者数が純増に転じたものの、料金の値下げによって減収となった。一方で、法人向け事業は一部を除き順調に推移し、全体としては「増収増益」の決算となった。(2021/8/10)

隠しきれない王国民の性 警察にドラレコの映像提供を依頼されたママの恥ずかしい体験談マンガがほほましい
できることなら渡したくない……!(2021/7/22)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2021:
道路付属物の状態を動画でまとめて見られる新システム、古河電気工業
古河電気工業は、対象の道路に設置された標識やカーブミラー、照明、街路樹などの状態をまとめてチェックするのに役立つ付属物巡視支援システム「みちてんクルーズ」を2021年9月にリリースする。(2021/7/20)

AI/AR搭載ドラレコアプリ「AiRCAM」のiOS版が登場 ナビタイムから
AIとARを搭載したドライブレコーダーアプリ「AiRCAM」が、iOS版を提供開始。AIのリアルタイム画像解析やARを活用した直観的な注意喚起で交通違反や速度超過を抑制し、安全運転を支援する。(2021/7/19)

太陽誘電 LTシリーズ:
低温特性を改善した電気二重層キャパシター
太陽誘電は、低温時の特性変化が少ないシリンダ形電気二重層キャパシター「LT」シリーズを商品化した。「LT08202R7335」など8製品をラインアップしている。公称容量は3.3〜50F、初期交流内部抵抗規格は10〜60mΩだ。(2021/7/15)

これはビビるって! 数メートル先を走るクルマにカミナリが直撃 決定的瞬間を捉えたドラレコ映像が話題に
車中にいた人は無傷だったそうです。(2021/7/8)

マーケティングの視点から分析:
「ドラレコ」の売れ筋価格が急上昇 “高付加価値化”が止まらない根本的な理由
ドライブレコーダーが急速に普及している。なぜ、カー用品の大ヒット商品に育ったのか。筆者の分析によると……。(2021/6/28)

交通違反をリアルタイムに警告する法人向けスマホアプリ GPSデータと標識情報DBを活用
ジェネクストは、スマートフォンアプリを活用し、運転中にリアルタイムで交通違反を警告するサービスを法人向けに発表した。(2021/6/22)

ゾッとするほど怖いドラレコ映像 採石場で超大型トラックがクルマを踏み潰す事故、車内にいた3人はかろうじて無事
タイヤがクルマを向いてからの恐怖がヤバい……!(2021/6/15)

モビリティサービス:
クルマとスマートフォンから興味関心を的確に推定、デンソーとNTTデータ
デンソーとNTTデータは2021年6月8日、クルマや人の流れのデータからユーザーの行動を理解する実証実験を実施したと発表した。(2021/6/10)

PUI PUI モルカー「カロッツェリア」とコラボ、「ドラレコの選び方」プイプイ教えちゃうよ
モルカーかわいい♪(2021/6/2)

プロジェクト:
大阪・矢田南部地域の未利用地5.6万m2で物流施設2棟など複合開発、日本GLPが事業者に選定
大阪・矢田南部地域にある大阪市が保有する未利用地は、日本GLPの再開発により、先進的な物流施設や商業施設、公園に生まれ変わる。(2021/6/2)

「身に付ける」ドラレコ登場 首にかけて360度をくまなく録画
うぉぉ〜!! SF映画の世界やってくる〜。自転車乗りさん、バイク乗りさんいかがですか?(2021/6/1)

「器物破損の罪です!」「愉快犯は許せません!」 川崎麻世、買ったばかりの愛車を傷つけられショック
これはつらい。(2021/5/25)

映像内の顔・ナンバープレートにリアルタイムでモザイク AIで認識、プライバシー保護に
SMITH&MOTORSは5月23日、映像に映った人間の顔や車のナンバープレートなどに、AIを活用してリアルタイムでモザイクをかけるサービスを4月29日から提供していると発表した。これまでより効率的にプライバシー侵害につながる情報を取り除ける他、ライブ配信にも活用できるという。(2021/5/25)

OmniVisionの「OAX4000」:
3Mピクセルカメラ4台を1チップで処理、車載用ISP
OmniVision Technologies(以下、OmniVision)は2021年5月13日、車載カメラ向けのISP(イメージシグナルプロセッサ)「OAX4000」を発表した。3Mピクセルのカメラを最大4台または8Mピクセルのカメラ1台を、チップ1個で同時に処理できることが最大の特長だ。(2021/5/24)

ワイヤーハーネスレスに現実味:
PR:小さな半固体電池がクルマを大きく変える! 105℃対応車載用電池「EnerCera」が与えるインパクト
日本ガイシは2021年度上期に、105℃という高温条件での使用に耐えられるリチウムイオン二次電池「EnerCera(エナセラ)」Coin(コイン)の量産出荷を開始する予定だ。独自技術を用い、従来のリチウムイオン二次電池とは一線を画す構造の“半固体電池”であり、これまで不可能だった“クルマに搭載できる電池”を実現した。この車載対応二次電池が切り開いていくだろう自動車の未来を紹介していこう。(2021/5/26)

従来の「事故当事者による状況説明」は客観的な情報が不足:
ドライブレコーダーの映像から事故の過失割合をAIで算出 セイコーソリューションズが「事故状況推定システム」を開発
セイコーソリューションズは「事故状況推定システム」を開発した。市販のドライブレコーダーの録画データから、AIによって簡易な事故形態を判定し、基本過失割合を算出する。3次元化した主観と俯瞰視点のシミュレーター映像も出力する。(2021/5/20)

AR・AI搭載ドラレコアプリ「AiRCAM」、踏切や急カーブの注意喚起に対応
AIとARを搭載したドライブレコーダーアプリ「AiRCAM」が、ARによる踏切での一時停止案内と急カーブ手前での注意喚起を追加。思いやり運転の「HAPPY DRIVEポイント」付与条件へ「進路変更時の道の譲り合い」も追加する。(2021/4/26)

自動車業界の1週間を振り返る:
ステアリングから手を離せる「ハンズオフ」が出そろった!
週末ですね。1週間、お疲れさまでした。新しい部署や職場での仕事が始まった方、メンバーの入れ替わりがあって新たな顔ぶれでスタートした方、環境の変化は本人が気付かないうちに疲労につながっていることがありますので、週末はゆっくり休んでくださいね。(2021/4/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。