• 関連の記事

「被害状況」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「被害状況」に関する情報が集まったページです。

スマホ本人確認「マイナカード一本化」は本当? 実情とSIMスワップ詐欺問題を知る
6月18日に「スマホ本人確認をマイナンバーカード一本化」の話題が盛り上がった。5月には「偽造マイナンバーカード」を用いた「SIMスワップ」と呼ぶ手法で他人のスマートフォンの電話番号(SMS)を乗っ取り不正決済に利用される事件も話題に。スマホ本人確認「マイナ一本化」は本当? 実情とSIMスワップ詐欺問題を考える。(2024/7/15)

事業中断の想定リスク、「サイバー攻撃」が「自然災害」に次ぐ2位に浮上 帝国データバンク調査
BCP(事業継続計画)の策定意向がある企業は、どんな事態をリスクと想定しているのか──帝国データバンクが調査結果を発表した。今回は1位の「自然災害」に次いで「情報セキュリティ上のリスク(サイバー攻撃など含む)」が2位に。相次ぐサイバー攻撃への警戒感が浮き彫りになった。(2024/7/12)

防災:
中国地方5県での連携を視野に、都道府県をまたいだ「総合防災情報システム」の構築支援
EYストラテジー・アンド・コンサルティングが、都道府県をまたいだ「総合防災情報システム」の構築を支援していると発表した。(2024/7/10)

小林製薬は事態を把握していたのに、それでも報告が遅れた事情
小林製薬が製造・販売した「紅麹(べにこうじ)」成分のサプリメントを摂取した人の健康被害を巡り、因果関係が疑われる死者数の大半を厚生労働省に報告していなかったことが分かってから約1週間。当初5人としていた死者数は4日現在で、遺族からの相談件数が215人、このうち調査中が84人まで増えた。取締役会が形骸化していたことが判明し、コーポレートガバナンスが厳しく問われている。(2024/7/8)

ドローン:
災害時のドローン活用体制を強化、首都高速道路が4社と協定
首都高速道路は、災害時のドローン活用体制の強化を目的に、JDRONE、エアロセンス、KDDIスマートドローン、NTTコミュニケーションズと協定を締結した。首都直下地震などの大規模災害時に、ドローンを活用して被害情報の収集と状況の把握を行うことで、迅速な緊急交通路確保と早期復旧を図る。(2024/7/5)

会員13万人超え ヱビスビール・ファンコミュニティーの「集客力」に迫る
全国のヱビスビール好きが集まるファンコミュニティー「YEBISU BEER TOWN(ヱビスビアタウン)」。オンライン上に存在する“架空の”街には、2024年6月現在13万人を超える住民がいる。どうやって13万人もの巨大なコミュニティーでファン主導の運営を実現しているのだろうか。(2024/7/5)

PR:「宇宙×データ活用」を支えるエッセンシャルテック イノベーションの源泉に迫る
情報化社会といわれ、日々の生活やビジネスの成長はテクノロジー抜きには語れなくなった。社会の進化や課題の解決に不可欠なデータ活用を支えるキオクシアのフラッシュメモリやSSDは、私たちをどう支えていくのか。こうしたテクノロジーを「エッセンシャルテック」と名付けて、その可能性を探る。(2024/7/9)

デジタルファブリケーション:
プラモデル感覚で自ら建てられる「住宅キット」 VUILDの“建築の民主化”で大工不足に新たな一手
VUILDは、人手不足や建設費高騰に対応する新たな一手として、デジファブ家づくりサービス「NESTING」で施主自らが建てられる住宅キットの提供を開始した。香川県直島町の一棟目となる建設工事では、施主の家族が施工に携わり、約2カ月で木造住宅が完成したという。(2024/7/3)

災害支援、にぎわい作り……自治体との提携も続々、コロナ禍を経たキッチンカーの「いま」を聞く
「コロナ禍で増えた」といわれるキッチンカー。しかし、災害対策の現場をはじめ、「数」以上にその活躍シーンは変化しつつあるようだ。キッチンカーと空きスペースのマッチング事業を展開するプラットフォームに話を聞いた。(2024/7/2)

アニメ映画版「ルックバック」レビュー 「創作」の意義を見つめた、ひとつの到達点
上映時間58分で駆け抜ける、藤本タツキの経験も反映した青春。(2024/6/29)

「ニコニコ」情報漏えいの可能性は調査中、「7月中に正確な情報得られる」
ドワンゴは「ニコニコ」のユーザー情報が漏えいした可能性について「7月中には、調査結果に基づくより正確な情報が得られる見通し」と発表した。(2024/6/27)

導入事例:
能登半島地震で崩落した道路の啓開に仮設レス施工、技研製作所
技研製作所の油圧式杭圧入引抜機「サイレントパイラー」が、能登半島地震で崩落した道路啓開における車線拡幅工事に採用された。仮設レス施工により、交通を確保したまま車線拡幅工事を実現する。(2024/6/27)

「ぶいすぽっ!」漏えい問題、被害者の電話番号変更費用を負担 家の引越費用も
「ぶいすぽっ!」など3つのオーディションで応募者の氏名や電話番号などが漏えいした可能性がある問題をめぐり、運営元は、ユーザーの被害状況に応じて可能な限りの補てんを行うと発表した。(2024/6/27)

結局、ランサムウェア身代金は支払った方がいいのか? 被害実態から見えた答え
日本国内においてランサムウェアの身代金支払いに関する議論が話題を集めている。ランサムウェア対策における身代金支払いの是非について有識者が見解を示した。(2024/6/26)

米国生まれの「ヨシノパワー」が“固体電池”のポータブル電源に注力する理由
2023年末、ヨシノパワージャパン(Yoshino Power)が“世界初”をうたう固体電池を使ったポータブル電源を発売した。まだ実用化が進んでいない固体電池を使ったポータブル電源は、どのような背景で生まれたのか、同社の桜田徹社長に話を聞いた。(2024/6/27)

半径300メートルのIT:
ランサムウェア渦中の「ニコニコ」に学ぶ“適切な広報対応”の重要性
「ニコニコ」関連のサービスで発生したランサムウェア被害が非常に大きな話題を集めています。今回は渦中のニコニコが出した12分の動画から“重すぎる現状”をまとめるとともに、インシデント中の広報対応の重要性を学びます。(2024/6/25)

コンビニ初:
ファミマの「無人トレーラー店舗」移動して1カ月、なぜ始めたの? 反響は?
ファミリーマートがコンビニ初の「移動型無人トレーラー店舗」をオープンした。大阪・関西万博工事現場内で運営を始めて1カ月が経ったが、反響は……?(2024/6/25)

第6回 建設・測量生産性向上展:
Starlinkで建設現場を「ネットが当たり前につながる」環境に アクティオの「レンタル+コンサル」製品群
山間部の道路やダム工事、屋内の建築現場では、十分な通信を得られないケースが多く、建設現場のデジタル化を妨げる一因となっている。建設機器のレンタルを幅広く手掛けるアクティオは、建設現場の「ネットにつながらない」課題を解決すべく、約5000基もの衛星で日本中をカバーし、「当たり前にネットにつながる」通信環境の提供を開始する。(2024/6/24)

スマートコンストラクション:
現場製造のマヨネーズ状爆薬でトンネル工事の発破実現 戸田建設が新名神高速に適用
戸田建設は、新名神高速のトンネル工事で、爆発の危険性がない基材と発泡剤を混合して製造するマヨネーズ状の爆薬「バルクエマルジョン爆薬」を用いた発破に成功した。(2024/6/21)

ニコニコの復旧、1カ月以上かかる見込み 開発チームが自発的に3日で作った縮小版「ニコニコ動画(Re:仮)」を公開
(2024/6/14)

ニコニコ、復旧まで1カ月以上かかる見通し ランサムウェアを含む大規模なサイバー攻撃だった【追記あり】
ドワンゴは6月14日、ニコニコのサービス全般が利用できない状況になっている障害について、「ランサムウェアを含む大規模なサイバー攻撃によるものであることが確認された」と明らかにした。今後は段階的な復旧を目指すが、1カ月以上かかる見通しだという。(2024/6/14)

杏林大学、職員が詐欺サイトにアクセスして個人情報漏えい
杏林大学は、職員のPCが不正アクセスを受け、患者77人分の個人情報などが漏えいした可能性があると発表した。(2024/6/13)

ニコニコの障害について6月11日20時から詳細を発表 ドワンゴ
ドワンゴは動画共有サービス「ニコニコ」がサイバー攻撃により利用できない状況に対して詳細を発表した。被害状況を調査しつつシステム再構築中とされ、ユーザーの質問に対応する同社の意向が示されている。(2024/6/11)

ニコニコ「システム全体を再構築」 今週中に役員が復旧までの見込みなど説明 10〜16日の番組は中止・延期予定
(2024/6/10)

九電グループの給湯器販売会社にランサム攻撃 約10万4千件の個人情報漏えいか
九州電力グループのキューヘンは、第三者によるランサムウェア攻撃を受けたと発表した。5日までに約10万4000件の個人情報が漏えいした可能性があることも分かった。(2024/6/5)

物流のスマート化:
長距離物資輸送に向けた無人航空機技術の開発、実証に着手
NEDOは、長距離物資輸送に向けた無人航空機技術の開発および実証に着手する。水素やSAFなどで運用できるハイブリッド動力システムや軽量構造技術、高出力モーターなどの要素技術開発を進める。(2024/6/4)

宇宙開発:
NTTの宇宙事業は2033年度に売上高1000億円を目指す、衛星とHAPSも“自前化”
日本電信電話(NTT)は、同社の宇宙事業を新たなブランド名「NTT C89」の下で展開することや、その一環となるHAPS(高高度プラットフォーム)の商用化に向けてフランスのエアバス、同社傘下のAALTO HAPSと業務提携することについて発表した。(2024/6/4)

ドコモら、空飛ぶ基地局「HAPS」で直径100キロをエリア化 26年商用化を目指すも、実現には課題も
NTTドコモなど4社は無人航空機で携帯電話網をカバーする「HAPS」の商用サービスを2026年に日本国内で開始する方針を示した。実現すれば、HAPSの商用展開として世界初の事例となる。(2024/6/4)

日本で2026年にHAPSサービスを提供へ NTTドコモ、Space Compassらが発表
NTTドコモとSpace Compassは、エアバス・ディフェンス&スペース、AALTO HAPS Limitedと、HAPSの早期商用化を目的とした資本業務提携に合意した。各社が6月3日に発表した。日本で2026年にHAPSサービスを提供する。(2024/6/3)

DMMからビットコイン482億円分が不正流出
DMMグループのDMM Bitcoin(東京都中央区)が、同社の約482億円相当のビットコイン(4502.9BTC)が流出したと発表した。同社は顧客の流出分について、グループ会社による支援のもと調達し、全額保証する方針を示している。(2024/5/31)

iPhoneへの「マイナンバーカード」にまつわる誤解を解く プラスチックカードより安全だが課題もある
Appleが、2025年春後半にiPhoneのウォレットに「マイナンバーカード」を搭載できるようにすることを発表した。米国外では初めての公的身分証明書(本人確認書類)機能への対応となるが、疑問や課題もある。筆者なりにまとめていきたい。(2024/5/31)

日本の高齢者は「我慢」して自宅に住んでいる 変化の兆し、なぜ?
高齢期に住み替える米国、スウェーデンと違って、日本の高齢者は我慢して住み続けてきたが……。(2024/6/1)

ペットボトルで簡易シャワー、コンビニ袋で…… 被災に備えた手作り防災グッズに「備えあれば憂いなし!」「これは覚えておきたい」
簡単に作れるのもメリット大きい。(2024/5/31)

スピン経済の歩き方:
なぜヒグマ駆除が「日当8500円」なのか 背景に、働く人の責任感に甘えすぎる問題
北海道空知地方の奈井江町がヒグマ駆除のハンターたちに提示した日当が8500円だとして騒動になっている。周辺の自治体が「賃上げ」する中、なぜ同自治体だけ低賃金なのか。考えられる理由は……。(2024/5/29)

自治体を狙った攻撃【後編】
「ランサムウェアによる一斉攻撃」で地方自治体に大打撃……被害状況は?
米国の地方自治体に対して相次いでランサムウェア攻撃が発生した。地方自治体のシステムが止まると、何が起きるのか。ランサムウェア攻撃によって生じた影響をまとめた。(2024/5/29)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本は「デジタル小作人」のままでいいのか 海外クラウド“高依存”の不安
海外のデジタルサービスが普及したことで「デジタル赤字」が拡大している。ビジネスでは、多くの企業や自治体がAWS(アマゾンウェブサービス)を利用するなど、米国のクラウドサービスへの依存度が高まる。日本のテクノロジー企業の奮闘にも期待したい。(2024/5/24)

LINE誕生のきっかけは「東日本大震災」だった――運営が語る“開発の背景”とは 緊急時の活用法も紹介
災害への備えにも。(2024/5/20)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
JR肥薩線は「235億円」で復旧、根室本線はすんなり廃止 ローカル線存続、何が明暗?
利用が少なくても、救いの手が差し伸べられて助かる鉄道。一方で、被災したまま力尽きる鉄道。ローカル線復旧・存続は、どこで道が分かれるのか。(2024/5/16)

無印良品、食品ロス削減狙った菓子 「寒天もち」「茎わかめ」発売
(2024/5/14)

ファミマ、コンビニ初の「移動型無人トレーラー店舗」登場 特徴は?
ファミリーマートは、大阪・関西万博工事現場内に、コンビニ初となる移動型無人トレーラー店舗をオープンした。(2024/5/13)

「移動する無人ファミマ」、大阪万博の建設現場に登場 いずれは買い物支援にも
ファミリーマートは13日、移動型の無人トレーラー店舗「ファミリーマート舞洲/N店」を大阪・関西万博の建設現場にオープンすると発表した。(2024/5/13)

未来につなぐ中小製造業の在り方:
「情報の既得権益」を打破 倒産寸前の中小製造業がデジタル改革でどう変わったか
富士油圧精機というカードフィーダー製造を手掛ける企業をご存知だろうか。同社はデジタルツールを取り入れ、デジタライゼーションを進めていることで知られる中小製造業だ。好調な業績を記録している同社だが、実は一度、倒産目前にまで追い込まれた企業でもある。富士油圧精機が現在どのようにデジタルツールを活用しているのか紹介したい。(2024/5/13)

2児の母「私に何があっても家族のことがわかるように」 まさかのときに持って逃げたい「家事ノート」手帳術が参考になる
大切な家族の未来を守るための手帳。(2024/5/14)

土屋太鳳&弟・神葉、そっくり笑顔の2ショットにウルトラファンが大喜び 「すごくいい笑顔」「ウルトラなポーズがniceです」
本当に似てる。(2024/5/9)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
電撃的な“為替介入”でも「影響は一時的」と考えられる、これだけの理由
2022年9月、10月に相次いで、ドル売り・円買い介入が実行された模様だ。円高が進み、その影響に注目が集まるが、一時的なもので終わると考えられる。その訳を解説する。(2024/5/3)

au PAY ふるさと納税で最大8%還元キャンペーン 三太郎の日なら最大23%還元
KDDIとauコマース&ライフは、5月31日までau PAY ふるさと納税でPontaポイント(au PAY マーケット限定)還元キャンペーンを開催。対象期間中の寄付金額合計に対して最大8%を還元し、三太郎の日は最大23%還元になる。(2024/5/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
メニューたった3種類で急成長「鰻の成瀬」 東京チカラめし、いきなり!ステーキを反面教師にできるか
FCモデルやシンプルなメニュー構成を武器に店舗数を急拡大している「鰻の成瀬」。同様に急拡大したチェーンはこれまでいくつもあったが、その後は大幅な縮小を余儀なくされるケースがほとんどだ。今回はどうなるのだろうか。(2024/4/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
所沢駅前に巨大商業施設が出現、そこは昔「電車の工場」だった
2024年9月、西武線所沢駅西口から徒歩3分の場所に大型商業施設「エミテラス所沢」が誕生する。敷地面積はベルーナドームの約8割、延べ床面積はイオンモール幕張新都心とほぼ同じ。地上7階建てで142店舗が入居する。この用地の歴史をさかのぼり、鉄道用地開発について考えてみたい。(2024/4/28)

xR:
マンション居住者向けにVR防災訓練の地震編を提供開始、大和ライフネクストと理経
大和ライフネクストと理経は、横浜市との3者連携協定に基づき、マンション居住者向けのサービスとして、地震災害への備えに特化した「VR防災訓練 地震編」を開発した。(2024/4/26)

メタバース:
メタバース空間で複数人が同時に災害体験 設計検討も可能な大成建設の「T-Meta JINRYU」
大成建設は、複数人が同時に参加し会話しながら災害体験できるメタバースシステム「T-Meta JINRYU」を開発した。メタバース空間では、群集の動きを想定し、最適な避難計画や効果的な災害対策の検証ができる。(2024/4/25)

産業動向:
災害時に約189万戸の賃貸住宅を無償貸与 競合する大和ハウスと大東建託が災害支援協定を結んだ意義
大和ハウス工業と大東建託の両グループ企業は、互いに保有している賃貸物件の情報を共有し、災害時に連携して支援にあたる協定を締結した。両社グループが管理する計約189万戸の賃貸住宅を生かし、被災した賃貸住宅のオーナーと入居者に無償で貸し出す他、備蓄品の提供、復旧用資材の配給など、さまざまな角度から支援していく。さらに平時でも、防災に関する講習会を全国各地で随時開催するなど手を携える。(2024/4/24)

宮内庁インスタ、開設3週間でフォロワー100万人 情報発信「切り札」 活用には課題も
宮内庁がInstagramに開設した公式アカウントのフォロワー数が、4月1日の運用開始から3週間で100万人に到達した。皇室の方々へのバッシングを契機に動き出した情報発信強化の「切り札」ともいえるSNS。滑り出しは順調に見えるが、皇室特有の用語の解説や情報ニーズの把握など、課題も多そうだ。(2024/4/23)

船も「CASE」:
船舶技術の最前線! 自律運航に風力アシスト、最新の極地探査船も
「SEA JAPAN 2024」が開催された。1994年の第1回から30周年となる今回は、従来の大型商船や貨物船向けの舶用機器と技術展示に加えて、オフショアと港湾技術にフォーカスした「Offshore & Port Tech」も初めて併設された。この記事では、これらの展示から、電子海図や自動操船関連機器、風力アシスト推進、そして、海洋調査に特化した新鋭船に関するものを取り上げる。(2024/4/23)

柴犬が仮設住宅に入ると、布団に隠れた大好きなお姉ちゃんが! 被災した柴犬が見せた最高の笑顔に「こちらまで幸せな気持ちになります」
かわいすぎてニコニコしてしまう。(2024/4/22)

「防御力」に「復元力」を〜なぜなにサイバーレジリエンス(番外編2):
ランサムウェアに通用しない“名ばかりバックアップ”になっていませんか?
バックアップはデータ保護における古典的なテーマですが、適切に実施するのは実は簡単ではありません。従来のバックアップ対策ではなぜランサムウェアには通用しないのか。その理由を解説します。(2024/4/18)

セキュリティニュースアラート:
HOYAに1000万ドル要求か サイバー犯罪グループの関与を仏メディアが報道
2024年3月に発生した日本の光学機器・ガラスメーカーHOYAのセキュリティインシデントについて、仏メディアがサイバー犯罪グループ「Hunters International」の関与を指摘した。同グループはHOYAに1000万ドルを要求しているという。(2024/4/16)

「ソフトバンクVS.ドコモVS.LUUP」 シェアサイクル「三国志」で後発が取った拡大戦略
シェアサイクル事業は先行事業者であるドコモ・バイクシェアが一強だったところを、ハローサイクリングが切り崩していった。シェアサイクル三国志の実情は? オープンストリートの工藤智彰社長に聞いた。(2024/4/16)

どう見ても普通の倉庫→実は泊まれます 「コンテナホテル」各地で激増…… 拡大の背景、定着へのカギは
ロードサイドを中心に展開しています。(2024/4/21)

ユニクロが展開する古着・リメーク商品の狙いは? 実際に見て「ある程度売れるかも」と思ったワケ
ユニクロが、実験的に古着の販売を始めている。2023年に続き、第2弾となるポップアップストアを2店舗で設置。果たして今後、ユニクロの新業態となっていくのだろうか。(2024/4/13)

スマートメンテナンス:
首都高が3カ年で描く“維持管理DX” 3056億円で21.6km道路更新など「中期経営計画」策定
首都高は、AIを活用したインフラ維持点検の高度化などを盛り込んだ2024年度からの3カ年中期経営計画を策定した。既存高速道路の更新では、羽田トンネルや荒川湾眼橋などを含む21.6キロを対象に、3056億円を投じて抜本的な対策に乗り出す。(2024/4/12)

“結婚のあいさつを控えた男性”を美容師が施術! → さわやかな印象になるサプライズに「うれしかった」「大変身ありがとう」
施術前と後で印象が全く違う!(2024/4/10)

防災:
横浜市民防災センターに大和ハウスのマンションを再現 VRなどでリアルな防災の学び場に
横浜市消防局は、「横浜市民防災センター」をリニューアルし、マンションの一室を再現した展示スペースをはじめ、VRやCGをふんだんに活用した体験を通じ、防災対策の重要性を啓発する取り組みを開始した。(2024/4/10)

Web3が再注目される予感【前編】
“インターネットの進化”「Web 3.0」とはつまり何なのか?
「Web 3.0」は、インターネットに対する考え方や利用方法に変化をもたらす存在だ。Web 3.0とは何かを理解するには、幾つか基本を押さえておく必要がある。Web 3.0に関する市場動向と併せて解説する。(2024/4/10)

ドコモの「パケ詰まり」は解消した? 都心でスマホ4社の速度とエリアを徹底検証【2024年3月編】
2024年3月末に携帯電話会社4社、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイルについて、都心部の混雑スポットでのスピードテストと、山手線を中心とした移動中の接続テストを実施した結果についてご紹介しよう。(2024/4/8)

被災経験したパパが教える「断水時の節水ライフハック」 660万超再生のアイデアを“もしも”の前に覚えておきたい
いつか来る“もしもの日”のために。(2024/4/6)

映画「すずめの戸締まり」5日の金曜ロードショーで地上波初放送 本編ノーカット
日本テレビは、4月5日の「金曜ロードショー」で映画「すずめの戸締まり」を地上波初放送する。本編はノーカット。(2024/4/4)

ヤフー、台湾地震への「緊急支援募金」受付開始 寄付額はすでに6000万円近くに
 Yahoo!ネット募金は4月4日、台湾東部で3日に発生した地震への緊急災害支援募金の受け付けを開始した。募集期間は最長で10月4日まで。(2024/4/4)

Galaxy S24シリーズはFMラジオを利用できる?
昨今、Xで「災害時にスマホでFMラジオを聴けない」との投稿が目立つ。新端末「Galaxy S24」シリーズが発表されたばかりだが、搭載可否は……?FMラジオがあればインターネットに接続できなくても、災害情報を取得できる。(2024/4/4)

Yahoo!ネット募金で台湾の地震被害への「緊急支援募金」開始
(2024/4/4)

断水時でもシャワーが使える 能登半島地震の「水不足」問題を救った、WOTAの水循環システム
新年に能登半島を襲った地震。その影響は大きく、現在も断水が続く地域が存在する。そんなエリアで活躍しているのが、WOTAの水循環システムだ。断水時でもシャワーを浴びられる、画期的なシステムとは……。(2024/4/4)

台湾で大きな地震 便乗してXに“インプレゾンビ”わく デマにも注意
4月3日午前8時58分ごろ、台湾近海を震源とする大きな地震が発生した。台湾気象台によると、震源のマグニチュードは7.2で、台湾中部の花蓮で最大震度6強を観測したという。(2024/4/3)

第30回「再エネ等に関する規制等の総点検TF」:
導入ペースが鈍化傾向の太陽光発電、導入拡大への課題と業界団体からの要望とは?
日本での導入量が減少傾向にある太陽光発電。このほど開催された第30回「再エネ等に関する規制等の総点検TF」では、太陽光発電の導入拡大に向けた課題の整理と、業界団体による制度改革要望のヒヤリングが実施された。(2024/4/1)

1年分の生理用ナプキンを学生に配布する「奨学ナプキン」 その成り立ちと効果、課題――大王製紙に聞く
4月9日から2024年度の奨学生を募集。(2024/4/7)

厚労省、小林製薬の紅麹原料を入手している企業173社公表 自主点検求める
直接卸している52社と、52社から入手している173社を公表。(2024/3/29)

ソフトバンクが進める災害復興DX 能登半島地震で展開した「空・陸・水の支援」
ソフトバンクグループは能登半島地震の災害復興に関し、通信インフラに限らない支援をしている。知られざる取り組みの背後にあったものとは?(2024/3/29)

いつもの買い物少し多めに 日常に組み込む「ローリングストック」
警視庁災害対策課はX(旧ツイッター)で、備蓄食料の調理法や管理法を紹介。日常的に備蓄したものを食べては買い足すことで、いつでも使えるようにしておく「ローリングストック」を推奨している。(2024/3/28)

自動車メーカー生産動向:
日系乗用車メーカーの生産台数ランキングに大きな変動、3位がスズキ
日系自動車メーカーの生産が回復を見せる中、ダイハツ工業の認証不正によりランキングに大きな変動が起きている。乗用車メーカー8社の2024年1月の世界生産台数は、マツダとダイハツを除く6社が前年実績を上回り、8社合計では12カ月連続で増加した。(2024/3/28)

PR:「au PAY ふるさと納税」が後発参入でも成功した納得の理由とは
(2024/3/28)

【中編】徹底リサーチ! 伊藤忠商事の人的資本経営:
伊藤忠「フレックス制をやめて朝型勤務に」 それから10年で起きた変化
2013年にフレックス制度を廃止し、朝型勤務制度や朝食の無料提供の取り組みを始めた伊藤忠商事。それから約10年が経過したが、どのような変化が起きているのか。(2024/3/26)

女性が防災バッグに「ロングスカート」を入れておくべき理由とは 「目からウロコ」「捨てようと思ってましたが入れておきます」
入れておくべき理由を動画で紹介。(2024/3/24)

築50年超えの実家に愛犬と帰省中、能登半島地震が発生し…… 克明な恐怖の記憶とペット同伴被災の実態に「防災の意識が根本から変わりました」
いつ来るか分からない“いつか”のために備えを。(2024/3/29)

能登半島でドコモ/au/楽天モバイルのモバイル通信サービスが3月21日までに復旧(立ち入り困難箇所を除く)
1月1日に発生した「令和6年能登半島地震」を受けて、石川県の一部でモバイル通信サービスが使えない状況が続いていたが、ドコモ、KDDI、楽天モバイルの3社が3月21日までに応急復旧を完了し、震災前のエリアカバーに戻った。ただし、土砂崩れなどで立ち入りが困難な箇所については復旧作業に着手できていない。(2024/3/22)

非常時の備えをお手軽価格で! ダイソーで買える“最強の防災グッズ”を元レスキュー隊員が徹底解説
元レスキュー隊員のイチオシは……!(2024/3/21)

令和6年能登半島地震:
加賀東芝が震災前の生産能力に復帰、村田製作所は石川県七尾市の工場を再開
東芝デバイス&ストレージは2024年3月4日、村田製作所は同年3月5日に令和6年能登半島地震の被害/復旧情報を更新した。(2024/3/21)

メーカー訪問:
マウスコンピューターの新拠点がオシャレ 広島にサービスセンターを設置した理由
マウスコンピューターの「広島サービスセンター」は、同社製PCのサポートセンターであり、コールセンター機能も内包している。その実際はどうだったのか。プレスに初公開された同センターを見ていこう。(2024/3/21)

FM:
物流施設にリアルタイム遠隔管理サービス提供 建物管理のIT化とBCP対策も強化
大和ライフネクストは非常駐の倉庫や物流施設向けに、リアルタイム遠隔管理サービスの提供を開始する。建物管理業務をIT化し、人手不足の解消やBCP対策の強化につなげる。(2024/3/19)

スマホから流れる緊急地震速報の音色は不安をあおる? 作曲の背景を知る
危険を知らせる緊急地震速報ですが、あの音色を聴くと不安になってしまうという声も見かけます。どのような意図であのメロディが作曲されたのでしょうか。(2024/3/15)

災害対応:
災害発生時にAIで被災状況を自動検知 日立が東京都に提供し、災害対応を高度化
日立製作所は、災害状況の把握に特化した独自AIで、東京都の災害対応を高度化する「高所カメラ被害情報収集システム」を開発した。(2024/3/15)

安全衛生:
現場作業員に熱中症リスクを見える化 ウェザーニューズのIoTセンサーに“暑さ指数”を追加
ウェザーニューズが提供する高性能気象IoTセンサー「ソラテナPro」に、暑さ指数(熱中症リスク)を算出する機能が加わった。通知も、アプリのプッシュ通知だけでなく、メール通知も追加し、回転灯などとの連携で、現場作業員に熱中症などの危険性を促せる。(2024/3/14)

「還暦だったの?」「還暦とは驚きました」 陣内貴美子、60歳迎え“レッドカーペット”でサプライズお祝い
おめでとうございます!(2024/3/14)

ソフトバンク、3Gサービスを石川県のみ7月末まで提供 他の地域は4月15日終了
ソフトバンクは13日、石川県内の3Gサービスの終了を7月31日まで延期すると発表した。他の地域は予定通り4月15日に終了する。(2024/3/13)

ダイソー創業者・矢野博丈さん「人生好転の秘話」 感動的なスピーチを紹介
大変親しくさせていただいた大創産業創業者の矢野博丈さんが先月、80歳でお亡くなりになった。「もう会えないのか」と心が縮むような思いだ。最初の出会いは30年ほど前で……。(2024/3/13)

「災害水ストレス」1週間で限界に 被災地に温かいシャワーを提供したベンチャー企業、“長期断水”への備えを訴える
WOTAは11日、大規模な地震などで被災者が感じる「災害水ストレス」に関するリポートを公表した。被災地にシャワーや手洗い場を提供した経験を元に、長期の断水へ備える必要性を訴えている。(2024/3/11)

ロボット:
月面探査機「YAOKI」を転用した天井裏点検ロボットをダイモンが開発、2024年内に販売
ダイモンは、天井裏点検ロボットの開発に着手した。月面探査機「YAOKI」を転用し、2024年内の開発完了を計画している。(2024/3/11)

滑走路不要「空飛ぶクルマ」が孤立被災者を救う 南海トラフに備える「半島自治体」の思惑
次世代の移動手段としての注目度が、大阪府に隣接する和歌山県でも上昇中だ。県は今年2月、実用化に向けて民間企業3社と連携協定を結び、年内にも実証実験(試験飛行)を始める方針。(2024/3/11)

電子ブックレット(FA):
能登半島地震による工場への影響
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は「能登半島地震による工場への影響」をお送りします。(2024/3/11)

3月11日にヤフーやLINEで「3.11」と検索すると寄付につながる 「検索は、チカラになる。」実施
3月11日0時〜23時59分に実施。(2024/3/10)

注文から1カ月待ち 新聞紙を燃料に炊飯できる「魔法のかまどごはん」に注目集まる タイガー魔法瓶が開発にかけた思いとは
開発の経緯や今後の展開について取材しました。(2024/3/10)

「3.11」検索でLINEヤフーが10円寄付 能登半島、東北の被災地支援に
LINEヤフーは8日、能登半島地震と東日本大震災の復興支援として、利用者が「Yahoo!検索」などで「3.11」と検索すると、LINEヤフーが1人につき10円を寄付する「検索は、チカラになる。」を3月11日に実施すると発表した。(2024/3/8)

建設現場を地域交流の場に ショベルカーへの搭乗体験、社屋に駄菓子屋
ショベルカーへの搭乗体験、社屋に駄菓子屋開設、建設現場に住民向けのカフェ構想…。建設業界が、地域との共生を目指した取り組みを活発化させている。(2024/3/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。