• 関連の記事

「シビック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シビック」に関する情報が集まったページです。

PR:街で働く車両から、ホンダの名車まで夢の大集合! 「モビリティリゾートもてぎ」のGW特別イベントが楽しそう
大人も子どもも大満足できそうです。(2024/4/26)

自動車メーカー生産動向:
日系メーカーの新車生産は本格的に回復、コロナ禍前に届かない企業も
半導体不足などサプライチェーンの混乱で長らく低迷していた自動車生産が本格的な回復を見せている。日系乗用車メーカー8社の2023年の世界生産合計は、3年連続で前年実績を上回った。半導体不足が緩和し、国内生産や北米生産の回復がけん引した。(2024/2/28)

高根英幸 「クルマのミライ」:
スポーツカーはいつまで作り続けられるのか マツダ・ロードスターに見る作り手の矜持
スポーツカーが生き残るのが難しい時代になった。クルマの楽しみ方の多様化や、規制の厳格化が背景にある。一方、マツダ・ロードスターの大幅改良では、規制対応だけでなく、ファンを納得させる改善を実施。多様化が進む中でビジネスもますます複雑になるだろう。(2024/2/25)

自動車業界の1週間を振り返る:
米国のEVシフト減速に対するスバル日産ホンダの声
1月下旬から先週にかけて、2024年3月期第3四半期の決算発表ラッシュでした。自動車メーカーやサプライヤーの中には過去最高の業績を達成した会社が多く、好調さが伺えます。(2024/2/12)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「東京オートサロン」はどこまで成長するのか クルマ好きをひき付ける魅力がある
今年も年明けに東京オートサロンが開催された。カスタムカーの祭典だが、自動車メーカーも積極的に出展し、クルマ好きの心をつかんでいる。環境に配慮した次世代モビリティの提案も増えた。自動車産業を支える一大イベントとして、どこまで成長できるのか。(2024/2/5)

自動車メーカー生産動向:
新車生産がコロナ禍前を超える水準、6社が前年同期比2桁パーセント増
日系自動車メーカーの生産が力強い回復を見せている。乗用車メーカー8社の2023年11月の世界生産台数は、スズキとダイハツ工業を除く6社が前年実績を上回り、8社合計では10カ月連続で増加した。(2024/1/29)

自動車メーカー生産動向:
5カ月ぶりに2桁パーセント増、乗用車メーカーのグローバル生産
半導体の供給改善により日系メーカーの自動車生産は回復基調が続いている。日系乗用車メーカー8社の2023年10月の世界生産台数は、ダイハツ工業を除く7社が前年実績を上回り、8社合計では9カ月連続で増加した。(2023/12/18)

藤森慎吾、憧れの“1982年製シビック”納車に喜び 市場に出回らないレアな旧車も「超お買い得!」
エアコンを後付けするなど手間がかかっています。(2023/12/16)

製造マネジメントニュース:
ホンダが燃料ポンプで113万台のリコール、「検証を受けて対象を拡大」
ホンダは低圧燃料ポンプの不具合に関するリコールを国土交通省に届け出た。(2023/12/11)

スピン経済の歩き方:
「大阪王将」会長が部下の言葉を遮って、ダメ出しをしたのはなぜか
バラエティ番組に登場した、「大阪王将」を運営するイートアンドホールディングスの文野直樹会長CEOが批判されている。部下の話を途中で遮ってダメ出ししたところ、ネット上で「パワハラではないのか」といった指摘が出ているのだ。(2023/11/28)

自動車メーカー生産動向:
23年度上期の新車生産は3年連続で前年超え、コロナ禍前からは8.5%減
長らく半導体不足などサプライチェーンの混乱で低迷していた自動車生産が着実に回復している。日系乗用車メーカー8社の2023年度上期の世界生産合計は、3年連続で前年実績を上回った。(2023/11/24)

旧車好きのロンブー亮、約160万円のホンダ・インテグラ納車でニヤニヤが止まらない “元祖VTEC”に「サーキット行きたくなる」
口角上がりっぱなし!(2023/10/1)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
非現実的な規制で庶民のアシが消滅する
法律でBEVの販売を義務付けられている今、Bセグメントのクルマは今後どうなるのか。自動車メーカー各社の取り組みは。(2023/9/4)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
EVは静寂が売りなのに 各社が「疑似エンジン音」を開発するワケ
多くの自動車メーカーから新型EVが続々と登場しています。「静か」であることに重きを置くユーザーが多い一方、あえて「サウンド」にこだわるメーカーも。サウンドとクルマの関係に迫ります。(2023/8/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
それでも沖縄に鉄道をつくってあげたい 「ゆいれーる」で効果は証明
ホノルルで鉄道路線「スカイライン」が開業した。かつてハワイには鉄道があったが廃止され、現在は自動車の交通渋滞が深刻なことから鉄道路線が復活した。鉄道終了、深刻な交通渋滞、観光産業中心の3点がよく似た島が沖縄本島だ。日本政府は沖縄本島に、モノレールとは別に鉄道を建設すべきと考えた。(2023/8/11)

自動車メーカー生産動向:
新車生産は日米が好調、中国は低水準の前年同月をさらに下回る
2023年5月の自動車生産は、前年に中国・上海で実施されたロックダウンの反動や、半導体の供給改善などにより回復基調が続いている。(2023/7/24)

水ダウで大バズリの「囲碁将棋」根建、深すぎる“シビック愛”を語る 「ノーマルで乗りたい」
本当に好きなんだな。(2023/7/14)

ホンダ好きにピッタリ! シビック、インテグラなどのエンブレムを刻印したマリッジリングが発売
「HONDA」や「H」などの刻印も。(2023/7/12)

ホンダが技術協力:
赤ちゃんが泣き止む車型ぬいぐるみ、タカラトミーが発売 仕組みは?
タカラトミーアーツが赤ちゃんの笑顔を引き出す車型ぬいぐるみ「赤ちゃんスマイル Honda SOUND SITTER」を発売する。本田技研工業(ホンダ)が技術協力している。どんな仕組みか。(2023/7/9)

自動車メーカー生産動向:
新車のグローバル生産が前年同月比14.5%増、半導体不足が緩和
2023年4月の自動車生産は、日系乗用車メーカー8社合計の世界生産台数が3カ月連続で増加するなど、回復基調が続いている。国内、海外ともに前年実績を上回り、特に国内生産の増加が目立ち、半導体不足が緩和している様子が伺える。(2023/6/26)

「脳がバグる」 まるでCGみたいに見える“ワイヤーフレームの車”が話題 制作した理由を聞いた
制作した山口製作所に話を聞きました。(2023/6/22)

「見た瞬間に『これだ!』」 オリラジ藤森、40年前の国産カーへ首ったけ 走行中に注目集めご満悦「めちゃくちゃ見られますよ」
前オーナーが大事に乗っていたことがわかる。(2023/6/17)

AWS Startup Ramp Meetup vol.2レポート(後編):
スタートアップの公共調達参入を阻む「仕様書が不明瞭」「人事異動」「評価基準が不公平」「入金14カ月後」の壁、打開策は?
スタートアップ企業が公共調達に食い込むにはさまざまな課題がある。関係者が集ったパネルディスカッションでは、パネリストがこうした課題を経験に基づいて赤裸々に語り、改善策を探った。(2023/6/6)

アットホーム調べ:
愛知県「住んでみたい」人気の駅ランキング 3位「大須観音」、2位「鶴舞」、1位は?
アットホーム(東京都大田区)は、同社が運営する「不動産情報サイト アットホーム」におけるアクセス数が多い「愛知県の人気の駅ランキング」を発表した。(2023/5/30)

自動車メーカー生産動向:
新車生産は新型コロナからようやく復活の兆し、2023年度は反動増へ
日系乗用車メーカー8社の2022年度の世界生産合計は、4年ぶりに前年実績を上回った。(2023/5/23)

AWS Startup Ramp Meetup vol.2レポート(前編):
公共分野は面白い! スタートアップと自治体は共に未来を開拓できる
スタートアップ企業が自治体とビジネスをするのは無理なのか。決してそうではない。 関係者が集ったパネルディスカッションでは、どちらの側にも協力により自治体の未来を開拓する心意気が見て取れた。この議論をレポートする。(2023/5/23)

シリーズ初の劇伴オーケストラコンサート「ARIA The SINFONIA」が8月開催 コンサートホールがネオ・ヴェネツィアになる
本格オーケストラ生演奏で名劇伴の数々を再現。(2023/5/12)

自動車メーカー生産動向:
日系各社の新車生産がコロナ前の水準に近づく、半導体不足から2年
2023年2月の自動車生産は、日系乗用車メーカー8社合計の世界生産台数が4カ月ぶりにプラスへ転じた。半導体不足が深刻化してから2年が経過し、依然として供給が足りない状況ではあるものの、2月の実績からはその影響は年々緩和していることが分かる。(2023/4/24)

自動車メーカー生産動向:
日米では回復傾向も中国は減産、日系乗用車メーカーの生産実績
2023年1月の自動車生産は、日系乗用車メーカー8社合計の世界生産台数が3カ月連続で減少した。中国生産が春節の影響により前年1月に比べて稼働日が減ったことで、大幅な減産を余儀なくされたのが最大の要因だ。(2023/3/22)

3月10日から:
渋谷の街を“展示会場”に AR作品が出現する展覧会を開催
Psychic VR Labは渋谷区を舞台にした都市型XR展覧会「AUGMENTED SITUATION D」を開催する。渋谷区内のエリアで、専用アプリからQRコードを読み込むとAR作品が出現。同社が提供するクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を利用することで、本展覧会終了後も市民がXRを活用した作品制作ができる環境を提供する。(2023/3/9)

ホンダ、シビックの注文停止 半導体不足で
本田技研工業は3月8日、シビックの注文受付を停止したと発表した。慢性的な半導体不足が理由。注文再開については、生産状況を踏まえ改めて案内するとしている。(2023/3/8)

自動車メーカー生産動向:
半導体不足やロックダウンに悩まされた2022年の自動車生産
2022年の自動車生産も半導体不足に悩まされた一年となった。日系乗用車メーカー8社合計の2022年(1〜12月)の世界生産を見ると、5月まで前年実績割れが続いたが、中国のロックダウン解除や前年の東南アジアのロックダウンの反動増などにより夏ごろから急速に回復。しかし、半導体不足により11月から再び減少局面に転じた。(2023/2/24)

“アクリルスタンドから本人が飛び出す”ARのSF感がすごい 「夢が広がる」「欲しくなる」と反響
飛び出る瞬間も楽しい。(2023/2/10)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタ社長も入れ込む「東京オートサロン」 これからどうなる?
2023年も東京オートサロンが開催された。「クルマのカスタムイベントでしょ」と思われている人もいるかもしれないが、そのような認識は改めるべきである。国際的にも認知度の高いイベントになっていて……。(2023/1/20)

「藤原とうふ店!?」「ハチロクだって?」 トヨタ、水素エンジン仕様に換装したAE86 トレノをオートサロンで披露 EV(電気じどう車)仕様レビンも
「イニD」風のデザイン……!(2023/1/13)

シビックやZR-Vなどコンセプトカーがずらり ホンダ「東京オートサロン2023」出展概要を発表
2024年に投入予定の新型レーシングカーも登場予定です。(2022/12/30)

シリコンバレーから見た風景:
Twitter本社にうまいラーメン屋があるって知ってる? 「洗面台を抱えたイーロン・マスク」見送った提灯の下で味玉を頬張る
最近のニュースを見ているとTwitterとイーロン・マスク氏の話題が多く、Twitterの本社ビルの映像や写真を毎日のように見かけます。ところであのTwitter本社ビルの1階に美味しいラーメン屋さんがあるのをご存じでしょうか?(2022/12/23)

電動化:
日本カー・オブ・ザ・イヤーはサクラとeKクロスEVに、軽EVの現実的な価格を評価
日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は2022年12月8日、第43回日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考結果を発表した。得点数で2位以下に大きな差をつけて、軽自動車タイプのEV(電気自動車)の兄弟車である日産自動車の「サクラ」と三菱自動車の「eKクロスEV」が受賞した。(2022/12/9)

RJCも受賞で2冠:
今年のクルマは、日産「サクラ」と三菱「eKクロスEV」 軽自動車初のイヤーカー
年間を通じて最も優秀な車に贈られる「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考が実施され、日産「サクラ」/三菱「eKクロスEV」がイヤーカーに選出された。(2022/12/8)

ソフトウェアサプライチェーンの守り方(1):
米国大統領令とEUのCRAが示すソフトウェアサプライチェーンセキュリティとは
米国と欧州を中心に法整備が進みつつある「ソフトウェアサプライチェーン」のセキュリティについて解説する本連載。第1回は、米欧が唱えるソフトウェアサプライチェーンセキュリティの全体像と目的と併せて、製造業などでも増大しつつあるセキュリティインシデントを減らすための基本的な考え方を紹介する。(2022/12/6)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
日本のカー・オブ・ザ・イヤーは“2つ”ある  「今年のクルマ」から見えるそれぞれの違いとは?
日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考の結果が12月8日に発表されます。一方、11月9日にはRJCカーオブザイヤーの最終選考が行われました。「おかしいな」と思った方もいるでしょう。「11月9日に最終選考があったのに、12月8日にも結果発表をするとは、どういうこと?」と。(2022/11/29)

今年の車に選ばれるのは?:
「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」10ベストカーが発表 最終選考は12月8日
一般社団法人日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は11月4日、「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の第一次選考において、全48台のノミネート車から最終選考会に進む「10ベストカー」を発表した。(2022/11/4)

これがUG級ハルウララの面構え! 「E.M.T.G 9」で見かけたみんなのアイドル痛車まとめ ツインターボ×コルベット、南ことり×BRZなど
みんなの推しが痛車になって走り出す!(2022/10/2)

運転が楽しそう:
乗ってみたい最新のMT車 1位は? 旧車好きの187人に聞いた
クルマの買取サービスなどを運営するカレント自動車は、旧車に興味のある男女を対象に「最新のMT車に関するアンケート」を実施した。乗ってみたい最新のMT車の車種を聞いたところ……。(2022/9/27)

くまモン&プロレスリング・ノア、熊本復興応援チャリティー企画を実施 レスラー陣がくまモンに直談判
募金活動の他に、チャリティーグッズを発売。(2022/9/15)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
セダンはいつから売れなくなったのか? クラウンもSUV化
トヨタの新型「クラウン」が発売になりました。セダンだけでなく、他の車形を作るのでしょうか。その理由は「セダンが売れない」。これに尽きるでしょう。(2022/9/15)

小さいクルマだから「小回りがきく」とは限らない!? 「最小回転半径」って何のこと?
小回りきく扱いやすさってけっこう重要なポイントです。(2022/9/8)

高根英幸 「クルマのミライ」:
人はなぜエンジンに魅せられる? エンジン音をスピーカーで流す例も
レースゲームやアニメでクルマ好きになった若年層も、エンジンの咆哮には胸を踊らせる。モニター越しに見る3DCGでも、エンジンは人を昂(たかぶ)らせる力がある。その魅力は、1つや2つではなく、非常に奥深いものだ。(2022/9/5)

初代から11代目まで ホンダ「シビック」の集合写真が話題に ブランド誕生50周年を記念した特別企画
半世紀の間に登場したシビックが集結!(2022/9/2)

すでに「半年以上」待ち! ホンダ、新型「シビック タイプR」を発売 価格は499万7300円
エンジンはパワーアップ!(2022/9/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。