• 関連の記事

「シビック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「シビック」に関する情報が集まったページです。

松任谷正隆、新型シビックでガチな“カーオーディオ論”語る 「目からウロコの着眼点」「納得感と感動しかない」
さ、さすが……! カーオーディオの見方・聴き方・意識が変わっちゃいます。(2022/1/18)

3台の新型フェアレディZにアツい視線 「東京オートサロン2022」日産自動車ブースレポ 限定KICKSやノート・オーテックver.など
日本仕様のZに大きな注目が集まりました。(2022/1/18)

ル・マン24h優勝マシンも! 競技車両やトロフィーがずらり「東京オートサロン」トヨタのブースレポ 「GRNM ヤリス」「GR GT3 コンセプト」など展示
GRNM ヤリスに熱い視線が集まっていました。(2022/1/15)

これで中身はS2000だって!? GTカーをイメージした魔改造「フィガロ」がカワイイ顔してえぐい
その名も「フィガロ GT2000」。(2022/1/15)

アヒルさん、ぷかぷか 「東京オートサロン2022」ダイハツブースレポ まさかの風呂付き「アトレー」、歴代「ハイゼット」シリーズ一挙展示など
初代から現行モデルまで、全10台のハイゼットが一挙に。(2022/1/14)

わくわくカスタム&魔改造、きれいなお姉さんたくさん! カスタムカーの祭典「東京オートサロン2022」開幕
2年ぶり実開催、わくわくなクルマがいっぱいですよぉぉ! 幕張メッセで1月16日まで。(2022/1/14)

シビック タイプRだけじゃない! 「東京オートサロン2022」ホンダブースレポ 「N」シリーズ新ブランド、「e:HEV」コンセプトカーなど展示
「N」シリーズ新ブランドにわくわく。(2022/1/14)

ついに来たァ! ホンダ、新型「シビック タイプR」プロトタイプの実車を披露 「特別な擬装」で東京オートサロンだけの限定展示
カモフラージュパターンに覆われたType Rが東京オートサロンに。(2022/1/14)

4年ぶり:
ホンダの北米向け「シビック」、「2022北米カー・オブ・ザ・イヤー」受賞
ホンダの北米向け「シビック」が2022北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。フォルクスワーゲン、ルーシッド・モーターズを抑えての受賞。ホンダとしての受賞は4年ぶりになるという。(2022/1/12)

【ニューモデル情報】MT車好きの救世主になるか? ホンダ「新型シビック」、人気の理由に迫る
2021年9月に登場した新型シビック。発売1カ月で約3000台受注とメーカー想定台数より好調のようです。その人気の理由を探ると……!(2022/1/10)

渋くてカッコイイ! 1977年式「セリカ」にホンダ S2000のエンジンを移植したカスタムカー
ボディーの色はスカイライン GT-Rで使われた色をイメージ。(2022/1/7)

これはお宝の山……! 英国の森の中で古びた納屋を発見 中にはポルシェやジャガーなどクラシックカーがぎっしり
状態は非常に悪いですが、好きな人にはお宝の山。(2022/1/7)

新型「シビック タイプR」来るぞぉぉ! ホンダが東京オートサロン2022で初披露
“偽装”柄が何かSUGEEE。Modulo Xチューンのヴェゼルも〜。(2022/1/3)

ホロライブ大躍進の2021年 ねとらぼで紹介した「痛車」まとめ ウマ娘や初音ミクも
2021年にねとらぼで紹介した痛車、イベントレポートのまとめ。(2022/1/2)

最も人気を集めた「中古車」とは カーセンサー「カー・オブ・ザ・イヤー 2021」発表、3位にスズキ「ジムニー」
SUVがアツい!(2021/12/21)

屋外で放置されていた初代シビック タイプRをレストア ボロボロでサビだらけの姿から新車同様の愛車へと生まれ変わる
ここまで綺麗になるのか……!(2021/12/7)

ターボ、テイオー、ライスなど激マブずらり 「ウマ娘」人気が感じられた「EXPO痛車天国2021」写真まとめ
今回はアイドルをテーマに痛車の写真をお届けしていきます。(2021/12/5)

かっこよくてカワイイ! 大阪「EXPO痛車天国2021」VTuber痛車の写真まとめ サメちゃん満載bB、百鬼あやめスカイライン、文野環ロードスターなど
VTuberの勢いが止まらない!(2021/11/28)

【狙うべきクルマたち】今こそ乗って欲しい、注目すべきセダン 4選(TOYOTA クラウン/NISSAN スカイライン/MAZDA マツダ3セダン/SUBARU インプレッサG4)
セダン好きなら思わずニヤリとしてしまう魅力を持つ、注目の4モデルを紹介。(2021/11/26)

「ビッグボス」新庄監督、プライベートドライブでドライブスルーを初体験 マイクに向かって「初めまして!」ってかわいすぎか!
どんな時もあいさつを欠かさない新庄監督なのです。(2021/11/22)

トヨタ、ホンダが中国販売減 10月も半導体不足の影響続く
【北京=三塚聖平】トヨタ自動車が3日発表した中国市場における10月の新車販売台数は、前年同月比19.2%減の14万2000台だった。ホンダも17.9%減の14万8377台。世界的な半導体不足による影響を受け、2桁のマイナスが続いている。(2021/11/4)

「兎田ぺこら」コペンがちっちゃくてカワイイ! 痛車イベント「DayDream 2021」写真まとめ 「ダリフラ」ゼロツー・ベンツ、リゼ皇女ほかVTuber痛車も
デザインにこだわった「Design style」部門の痛車を集めました。(2021/11/3)

400万円かけて改造した「艦これ」フェアレディZがカッコイイ! 痛車イベント「DayDream 2021」写真まとめ 人気アニメやVTuberの痛車がずらり
おしゃれでカッコイイ!(2021/10/31)

【新連載】西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
開発者の「記者イジメ」に遭いながらもそのマシンが欲しくなった、その背景にある熱い物語
IT系ライターの西川善司さんはクルマ愛好家でもあり、スポーツカーに関する記事も執筆している。そんな西川さんが手に入れることになった最新スポーツカー「GT-R nismo Special Edition」を切り口に、これからのクルマのものづくりを解き明かしていく。(2021/10/23)

話題の新人・パタ姐も 「E.M.T.G in NAGARA 8」写真まとめ さんばか、静凛などにじさんじ勢をピックアップ
「にじさんじ」ほか、さまざまな痛車が見られました。(2021/10/9)

マリン船長×スカイライン、トワ様×シビック、スバル×SUBARUなど 痛車イベント「E.M.T.G in NAGARA 8」でみかけた「ホロライブ」痛車の写真まとめ 卒業生・桐生ココの作品も
いまや定番といえる巨大勢力。(2021/10/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
米国人に「印象が良い」日本企業は? イメージランキングの結果が興味深い
米国のニュースサイト「Axios(アクシオス)」と米調査会社ハリス・ポール(HarrisPole)が発表した「Axios Harris Poll 100」の結果が興味深い。米国民の間で良い印象を受けているのはどんな企業なのか。上記企業に共通するのは……?(2021/9/23)

都庁内でのデジタルサービス開発時に適用予定:
「テストしないものはリリースしない」が合言葉 東京都が「ユーザーテストガイドライン」を公開
東京都は、「ユーザーテストガイドライン」を公開した。都庁の職員に向けて、ユーザーテストを実施する上で必要な準備や実施方法などの方針を示したもの。「テストしないものはリリースしない」を合言葉に、ユーザーテストの実践を徹底するという。(2021/9/6)

コペンの座席に2人の男性が立っているだけの写真がTwitterで話題に シンプルすぎる「人生ゲーム」モノマネに「爆笑した」「的確すぎて笑う」
こんな使い方があったなんて!?(2021/8/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型アクア ヤリスじゃダメなのか?
7月19日、トヨタ自動車は新型アクアを発売した。先代(初代)のアクアを振り返ってみれば、これはなかなかに酷(ひど)いものだった。そして、今回のアクアにはもうひとつ大きなトピックがある。それがバイポーラ型バッテリーの採用だ。(2021/8/23)

シリーズ11代目:
ホンダ、新型シビック9月に発売 22年には「タイプR」の発売も予定
ホンダが、ハッチバックスタイルの新型「CIVIC(シビック)」を9月3日に発売すると発表した。(2021/8/6)

車両デザイン:
新型シビックは9月発売、「乗る人全員が爽快になるクルマ」に
ホンダは2021年8月5日、全面改良した「シビック」の新モデルを同年9月3日に発売すると発表した。新型シビックは、2021年度下期の販売のけん引役としてホンダが期待をかけている。新型シビックの月間販売計画台数は1000台で、税込みメーカー希望小売価格は319万〜353万9800円とした。(2021/8/6)

「ひぇぇ空中飛んでる」「これ凄いな」 アウディ「RS 3」、ニュル北コンパクトクラスのラップレコードを更新
とにかく速ぇぇぇ!(2021/8/4)

シンクロ率高すぎ バックで出庫したクルマ同士がごっつんこ 事故映像に「そうはならんやろ」とツッコミ殺到
しっかり安全確認したのに……。(2021/7/25)

原因は夫婦喧嘩? 中国の地下駐車場でBMWを運転するブチギレ妻が夫のフェラーリに突っ込む 隣に停まっていただけのポルシェやベンツを巻き添えに
思い切りが良すぎる。(2021/7/12)

当たりどころが悪かったら…… とある事故現場に残された「シビック タイプR」の無残な姿 事故で街灯の柱に押し込まれて真っ二つに引き裂かれる
車中にいた2人の男女は骨折などの軽いケガを負ったそうです。(2021/7/6)

これには警察官も苦笑い エンジンの代わりに自転車「2人力」魔改造シビックで街なかを爆走するYouTuberが面白すぎる
マクドナルドのドライブスルーも余裕ですよ。(2021/6/25)

ホンダ、新型「シビック」を世界初公開 2021年秋発売予定 ネットにも早速歓喜&ちょっと一言の声
「タイプR」も登場決定〜!(2021/6/24)

11代目シビック誕生:
ホンダ、新型「シビック」世界初公開 今秋に発売予定
ホンダが11代目シビックを世界で初めて公開した。1972年誕生から長く愛されている証拠だ。発売は21年秋を予定している。(2021/6/24)

モータースポーツ超入門(7):
トヨタの水素エンジン車が走った「スーパー耐久」ってどんなレース?
S耐(エスタイ)と呼ばれるレースカテゴリーが日本に存在する。正式名称は「スーパー耐久シリーズ」。「スーパーGT」「スーパーフォーミュラ」と比べるとマイナー感は否めないが、市販車をベースにしたレースマシンで戦う国内最高峰の耐久レースシリーズとなっている。(2021/6/24)

ホンダ、フルモデルチェンジする「シビック」をチラ見せ 6月24日発表【更新】
タイプRもあるかなー?(2021/6/14)

ホンダ、新型「シビック」を先行公開 今秋に発売
ホンダが新型「CIVIC(シビック)」に関する情報をWebサイトで先行公開した。(2021/6/10)

自動車メーカー生産動向:
2020年度の新車生産、各社が受けた新型コロナのダメージは
2020年度の自動車産業は、通期で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に左右される1年となった。日系乗用車メーカー8社の2020年度(2020年4月〜2021年3月)のグローバル生産は、全社が前年度実績を下回り、8社合計では前年度比12.1%減と2桁%減となった(2021/5/11)

「NFC」内蔵だと!?!? トミカがハイテク超進化「スーパースピードトミカ」登場 何かSUGEEEE!
スマホ連動の新世代トミカですよぉぉ。昭和世代涙の「ドライビングターボ」も!(2021/4/20)

名峠「碓氷峠」をドライブ、車窓から眺める工場夜景 YouTube新着ピックアップ「きょうの車載動画」
YouTubeで公開された最新の車載動画を紹介するコーナーです。(2021/3/11)

スバル・インプレッサGDBA、新潟の山林ドライブ YouTube新着ピックアップ「きょうの車載動画」
YouTubeで公開された最新の車載動画を紹介するコーナーです。(2021/2/23)

快晴の熱海箱根峠ドライブ、首都高C2ナイトドライブ YouTube新着ピックアップ「きょうの車載動画」
YouTubeで公開された最新の車載動画を紹介するコーナーです。(2021/2/20)

シビックタイプRで走る冬のビーナスライン、ミニ四駆で車載 YouTube新着ピックアップ「きょうの車載動画」
YouTubeで公開された最新の車載動画を紹介するコーナーです。(2021/2/19)

オトナもはまる「大人のレゴ」 あの世代のクラシックポルシェをガチ再現「レゴ ポルシェ 911」発売
スーパーカー世代「ガタッ」 930ターボだぁぁ!(2021/2/3)

【特集】2021年、DXのビジョンは:
今までの自治体にはないスピードで改革を進める――東京都構造改革推進チームに活動成果を聞く
今までにないスピードでバーチャル都庁を作り、行政サービスを変える――。「爆速」で改革を進める東京都構造改革推進チームは立ち上げから約半年で行政をどこまで変えたのか。今後どう変えていくのか。現在の状況と次の施策を聞いた。(2021/2/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。