• 関連の記事

関連求人数は3.3倍に:
採用担当者が「職務経歴書の検索で注目したワード」 2位は「Webアプリ」、1位は?
ビズリーチは、企業の採用担当者が職務経歴書を検索する際に使用したワードで、昨年と比較し検索数が上昇したものを「2021レジュメ検索トレンド」として発表した。(2021/12/27)

ビズリーチ調べ:
年収1000万円以上の人が新しく挑戦したこと 3位は「資格取得」、2位と1位は?
転職サイトを運営するビズリーチ(東京都渋谷区)は、「ビズリーチ」会員を対象に、「職務経歴書の更新とキャリア観に関するアンケート」を実施した。年収1000万円以上の人が新たに挑戦したことは?(2021/12/17)

対局に勝てば最終面接、AIベンチャーで「将棋採用」 「強い人はプログラミングに向いている」
AIベンチャーのトリプルアイズは、人材採用の選考フローに将棋を組み込んだ「将棋採用」を始めると発表した。同社の将棋部所属で、アマチュア有段者の社員と対局し、勝てば最終面接へと進める。(2021/10/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
50歳からは、「これ」しかやらない「会社人生」の上手な終わらせ方
50代の「焦り」の正体は「迷い」。50代になるとその後のビジネス人生の選択肢も多過ぎるくらいにあるし、それを考える時間的な余裕、心の余裕もできているので、余計に迷う。では、どうすればいいのか?(2021/7/8)

コロナの影響:
20代が転職の際に魅力を感じる業界 2位「メーカー」、1位は?
20代は転職の際にどんな業界に魅力を感じているのか。コロナ禍が大きく影響を与えたことが分かった。1位の業界は?(2021/6/9)

真実を見抜く人事戦略(5):
なぜあなたの会社は「内定辞退」が減らないのか? 効率の良い防止策、悪い防止策
内定辞退が多い会社の特徴はどこにあるのでしょうか。また、どうすれば解決できるのでしょうか。本記事では、内定辞退を防ぐための考え方を説明します。(2021/6/2)

経験者に聞いた:
「利用してよかった転職方法」ランキング 2位は「転職エージェント」、1位は?
どのような方法で転職先を探しますか? 転職経験のある500人に聞きました。最も多かった方法は……(2021/5/27)

経験者に聞いた:
「職務経歴書」で苦労した人は8割 最も悩ましい項目は?
転職時に活用する「職務経歴書」。作成時に苦労をしているのか。経験者に聞いた結果は?(2021/5/27)

登録社数は1〜2社が最多:
転職エージェントは実際どう? 利用者が語るメリット・デメリット
求人情報サイトを運営するビズヒッツが、転職エージェントを利用したことがある人を対象に「転職エージェントのメリット・デメリットに関する意識調査」を実施した。(2021/5/20)

キャリアニュース:
求職者の5割以上は職務経歴書が不十分、転職コンサルタントの3割超が回答
転職サイト「ミドルの転職」が「職務経歴書、履歴書のポイント」についてのアンケート調査結果を発表した。回答した転職コンサルタントの36%が、職務経歴書、履歴書の内容が不十分な求職者が「5割以上」いると感じていることが分かった。(2021/4/15)

全否定されたような感覚:
転職活動でしんどかったこと1位は「不採用が続いた」 成功に向けて工夫したことは?
転職活動を乗り越えてきた人たちは、どのようなしんどさを体験し転職活動を上手に進めるためにどのような工夫をしてきたのだろうか。(2021/4/8)

NO MOREスキル詐称:
スキルシート詐欺が起こるメカニズムとエンジニアが取れる対処法
本当は持っていないスキルや経験を“盛って”しまうスキルシート詐欺。未経験や微経験エンジニアを襲う犯罪行為は、なぜなくならないのでしょうか。(2021/3/1)

Go AbekawaのGo Global!〜Jonas Rydenhag編(前):
コネなし、レジュメなし スウェーデンから来たエンジニアをベンチャーが採用した理由
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回は翻訳ソフトウェアを手掛ける八楽で働くJonas Rydenhag(ヨナス・リデンハグ)氏にお話を伺う。容姿端麗でCTOを務めるほどのプログラミングスキルを持つヨナス氏だが、八楽の面接担当者の第一声は「こいつ、なめていますね」だった。(2021/2/12)

点数だけでなく、全受験者内での順位も確認可能:
エンジニアのSQLスキルを即時判定 システムインテグレータがオンラインテスト「TOPSIC-SQL」を提供
システムインテグレータは、エンジニアのSQLに関するスキルを判定するオンラインテストを提供する。スキル判定だけでなく、業務知識を身に付けることにも役立つという。(2021/1/26)

キャリアニュース:
企業の約6割が「5分未満」で書類選考、求職者は書類作成に5時間以上
転職サービス「bosyu Jobs」が「転職に関する実態調査」の結果を発表した。企業の約6割が書類選考を「5分未満」で実施している一方で、求職者は約4割が書類作成に「5時間以上」かけていた。経歴書で最も注視される項目は「職務詳細」だった。(2021/1/8)

最も多く検索されたのは「SaaS」:
「DX」と一緒に検索されているキーワードとは ビズリーチが「レジュメ検索トレンドランキング2020」を発表
ビズリーチは「レジュメ検索トレンドランキング2020」を発表した。「SaaS」「クラウド」「DX」などの検索件数が2019年と比べて増加した。新型コロナウイルス感染症対策でDXが急速に進んだことが影響したとみられる。(2020/12/24)

驚きの成果:
「面接のオンライン化」だけでは失敗する! Googleドライブ、Slackもフル活用、「採用業務オンライン化」攻略法
コロナ禍で、採用面接も変化し、オンライン形式がメインになりつつある。一時しのぎではなく、抜本的な改善として「採用業務のオンライン化」を進めるには、注意すべきポイントがある。(2020/11/20)

モノづくり業界転職トレンド(26):
「最も採用したい一人」になるための、面接のポイント
採用のハードルが上昇する中、自分の強みや熱意を直接伝えられる「面接」が非常に重要になっている。面接において、企業側の視点や通過するために準備すべきことなどについて、転職コンサルタントに話を聞いた。(2020/11/13)

重要性増す経営陣との距離感:
なぜ、社長の指示は「突然」降ってくるのか 人事が知るべき経営者のホンネとは?
人事と経営陣の距離感は重要だ。変化する事業環境に対応するため、時として、人事は経営陣の代弁者となったり、アドバイザーになったりする必要がある。では、どんなことを人事は心掛ければよいのか。(2020/10/23)

外国籍ITエンジニアの人材採用にブロックチェーンを活用 NECらが実証実験
パーソルキャリアとNECは、外国籍ITエンジニアの採用を検討する日本企業に向けたダイレクトリクルーティングサービスの実証実験を開始する。NEC独自のブロックチェーン技術を用いたスマートフォンアプリで、転職希望者の情報を安全に管理する。(2020/8/14)

「転職希望者の選択肢の幅を広げることにつながる」:
ブロックチェーンとAONTを活用した外国人ITエンジニアの人材採用 パーソルキャリアとNECが実証実験
パーソルキャリアとNECは、外国人ITエンジニアの採用を検討する日本企業に向けたダイレクトリクルーティングサービスの実証実験を開始する。NECが独自に開発したブロックチェーン技術などを用いたスマートフォンアプリによって、エンジニアのスキル情報を安全に管理する。(2020/8/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
50代 後悔しない働き方
勝ち逃げできない世代の新常識とは?(2020/7/16)

「IT後進国ニッポン」の病巣に迫る【後編】:
IT業界の「多重下請け問題」を変える真の方法とは? 1次請けから3次請けまで経験した社長が提唱する「0次請け」
IT業界で常態化している多重下請けが、日本のソフトウェア開発を米国や中国よりも遅れさせ、かつ、優秀なエンジニアが育たない状況を作り出している――。こんな危機感を持って、業界の構造改革に向けて取り組んでいるのが、東京都渋谷区に本社がある情報戦略テクノロジー。高井社長はIT業界で1次請けから3次請けまで経験している。その経験から、業界の構造改革のためには、企業の事業部門と直接ビジネスをする「0次請け」と、エンジニアのスキルシートの統一化が必要だと訴えている。(2020/6/5)

連載・あなたの会社は大丈夫? 求職者に「ブラック企業」と思われないために:
面接で「してはいけない質問」、知っていますか? 「思想・信条・宗教」だけではない、いくつものタブーとは
新卒採用のシーズンが始まった。採用面接では、求職者の人柄を知ろうと質問をする。しかし、何気なく質問してしまう事項でも、実は聞いてはいけないことがある。「思想・信条・宗教」はもちろんのこと、その他にもたくさん……。ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説する。(2020/3/16)

コーディング面接は必須:
エンジニアがシリコンバレーで就転職する際にやること、全部書く
シリコンバレーで20年近くにわたりITエンジニアとして働いてきた「エル氏」が、かの地での就転職活動方法を伝授します――え、コネ入社もあるの???(2020/3/9)

モノづくり業界転職トレンド(17):
企業に「会いたい」と思わせる職務経歴書はどう書く?
不透明な市況感を背景に、企業は採用に慎重になっている。面接で“会って”もらうためには、その前の書類選考での「職務経歴書」が重要となる。では職務経歴書はどう書けばいいのか。転職コンサルタントに話を聞いた。(2020/2/17)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(61):
早期退職に向いている人、いない人
大企業の早期希望退職者の募集が盛んです。でも、その早期退職、本当に大丈夫? それしか手はないの?(2020/1/22)

キャリアニュース:
転職コンサルタントの6割が「応募書類を改善すべきミドル層が多い」
ミドルの転職が「職務経歴書、履歴書のポイント」についての調査結果を発表した。転職コンサルタントの61%が「応募書類を改善すべきミドルが多い」と回答。また、応募書類の作成でやりがちな失敗の1位は「仕事の成果に具体性がない」だった。(2019/10/18)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS:
転職回数が多くても採用されるには、転職理由を正直に話すのがコツ
オートモーティブ・ジョブズの自動車業界採用アナリストの関寺庸平氏が、キャリアに関するお悩みにお答えします。(2019/10/9)

開始から1カ月:
「もっと社員を大事に」 年収査定サービスから見えたベンチャー企業の報酬事情
キープレイヤーズが8月2日から年収査定サービスを行っている。企業から提出された職務経歴書などをもとに査定を行う。サービス開始から1カ月が経過した今、反響や企業の報酬状況を聞いてみた。(2019/9/10)

モノづくり業界転職トレンド(11):
お勧めしたい「夏休み」の過ごし方
まとまった時間が取れる夏休みにこそ、自分のこれからの仕事についてじっくり考えてみるのもいいのではないだろうか。転職を考えている方はもちろん、転職を考えていない人にもお勧めしたい夏休みの過ごし方について転職コンサルタントに話を聞いた。(2019/8/9)

モノづくり業界転職トレンド(10):
コンサルティングファームがエンジニアを求めている
今、エンジニア出身者のコンサルタントのニーズが高まっている。新たなキャリアパスとしてのコンサルタントという仕事、エンジニアが求められる背景などを転職コンサルタントに聞いた。(2019/7/8)

才色兼備な「FlexScanシリーズ」:
PR:“ホワイト企業”のオフィスに、EIZOの“ホワイト”ディスプレイを導入 業務にどう役立った?
労務管理を徹底し、従業員が定時の午後6時過ぎに退社できる体制を整えているIT企業・ラクス。同社の執務室と会議室に、デザイン性と高機能性が特徴のEIZO社製ディスプレイ「FlexScanシリーズ」を導入した。日々の業務や打ち合わせにどう役立ったのか?(2019/3/25)

エンジニア向け転職支援サービス「Qiita Jobs」 開発チームと求職者をマッチング
エンジニア向けの転職支援サービス「Qiita Jobs」が今春リリースされる。(2019/3/5)

モノづくり業界転職トレンド(6):
選考期間が短くなっている自動車業界の中途採用、なぜ?
急激に求人が増えている自動車業界で、中途採用者選考がスピードアップしている。わずか1日で内定が出るケースも出ている中、採用シーンでどのような変化が起きているのだろうか。転職コンサルタントに聞いた。(2019/3/5)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
“自称AIエンジニア”を見破るには? 採用担当に伝えたい「ゴレンジャイ問題」
「AI人材の採用がうまくいかない」と感じている採用担当者は少なくないだろう。また、いざ採用しても求めていた人材と異なるというミスマッチの問題もある。どうすれば良いのだろうか。(2019/1/24)

日本の製造業を創造業に変える! マインドフルネス(2):
ケーススタディーから学ぶ「マインドフルネストレーニング」の実践と活用法
「マインドフルネス」をご存じだろうか。「念」や「気付き」に由来するそのトレーニング法が注目され、近年ではGoogleやIntel、IBMといった世界的企業がビジネスパーソンの能力開発に活用している。何かに行き詰まった思考から抜け出し、自分自身の能力を最大限に引き出すマインドフルネストレーニングについて解説する。(2019/1/17)

IDC Japan:
国内「IoT担当者」の総数は174万8000人と推定、うち47万人が業務の5割をIoTに
IDC Japanは、国内IoT(Internet of Things)市場における企業ユーザー動向調査の結果を発表した。(2018/12/18)

第273回 NRIメディアフォーラム:
勢い止まらぬ深セン、スタートアップのイノベーション創出を支えるエコシステム
野村総合研究所(NRI)は「第273回 NRIメディアフォーラム」を開催。「2024年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望」をテーマに、注目市場およびトピックに関する動向と将来予測を解説した。本稿ではその中から「スタートアップ企業を支える中国深センのエコシステム」の話題について取り上げる。(2018/12/13)

MONOist×JOBS 転職市場動向:
中途採用が本格化目前! 12月中にやっておくべきことは?
製造業全体の求人件数は前月から横ばいでした。(2018/12/4)

日本の製造業を創造業に変える! マインドフルネス(1):
GoogleやIBMなどが能力開発に取り入れている「マインドフルネス」とは?
「マインドフルネス」をご存じだろうか。「念」や「気付き」に由来するそのトレーニング法が注目され、近年ではGoogleやIntel、IBMといった世界的企業がビジネスパーソンの能力開発に活用している。何かに行き詰まった思考から抜け出し、自分自身の能力を最大限に引き出すマインドフルネストレーニングについて解説する。(2018/11/30)

教えて! キラキラお兄さん:
文系エンジニアですが、ハッカーになれますか?
セキュリティ会社起業、ファイル共有ソフト「Winny」の暗号解読成功、政府の「情報保全システムに関する有識者会議」メンバー、「CTFチャレンジジャパン」初代王者――華々しい経歴をほこる“ホワイトハッカー”杉浦隆幸さんは、20代で創業し17年たった会社を去った後、新しい取り組みを始めた――。(2018/9/14)

ダイジョブ・グローバルリクルーティング:
グローバル転職求人倍率のトップは「製造業」【2018年5月末時点】
ダイジョブ・グローバルリクルーティングは、2018年5月末時点のグローバル転職求人倍率について発表した。(2018/7/30)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第53回 偶然? 必然?――過去のつながりに導かれてキャリアを築いた、セキュリティ業界の異端児
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2018/6/28)

HR Techは人事にとって魔法か、それとも脅威か:
人間とハイテク、スカウト上手はどちら? HR Techとスゴ腕面接官が対決
面接での戦略を立案するHRアナリストというサービスの実力を試した。プロの面接官に戦略案があるなしで2回記者を面接、ある場合は特に「転職したいかも」と思えた。(2018/6/26)

転職バーのハルカさん(8):
PR:銀の弾丸はどこにある?――ワクワクにワクワクしちゃダメよ
そこそこのエンジニア「シュウヘイ」が「転職バー」のハルカさん(白)に会いに行くと、そこにいたのはハルカさん(黒)だった。彼女は「明日、素晴らしい会社がシュウヘイをスカウトする」と予言するが……。(2018/5/31)

労働白書「スキル革命2.0」発表:
労働力の“自動化”が社員数にどのような影響を与えるか?
総合人材サービスのマンパワーグループは、労働白書「スキル革命2.0」を発表した。(2018/5/21)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第52回 「ぼくのかんがえたさいきょうのセキュリティ」を作りたい、元ギタリストの選択
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2018/4/26)

特選ブックレットガイド:
技術者転職の現実、そしてキャリアビジョンを見つめ直すためのヒント集
「転職」を考えている技術者の皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか? 本ブックレットでは、“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示します。(2018/3/30)

転職バーのハルカさん(7):
PR:そこはアラスカのように熱く冷たい――ようこそ、シンギュラリティ“後”の世界へ
そこそこのエンジニア「シュウヘイ」は、メイド型ロボット「AKI」に起こされて目が覚めた。会社に行けば行ったで、シュウヘイの仕事は全部AIやロボットに取って代わられている。もしやシンギュラリティ!?(2018/3/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。