ニュース
» 2023年01月18日 14時00分 公開

Wi-Fi通信機能の評価と検証ができるMatter対応SDK組み込み開発ニュース

ルネサス エレクトロニクスは、Matterプロトコルをサポートするソフトウェア開発キットを発表した。Wi-Fi SoC「DA16200」搭載のWi-Fiモジュール開発キットと共に使用することで、Matterに対応したWi-Fi通信機能の評価、検証が可能になる。

[MONOist]

 ルネサス エレクトロニクス(ルネサス)は2023年1月5日、Matterプロトコルに対応するソフトウェア開発キット(SDK)を発表した。

Matter対応SDKのイメージ Matter対応SDKのイメージ[クリックで拡大] 出所:ルネサス エレクトロニクス

 ルネサスの超低消費電力型Wi-Fi SoC「DA16200」を搭載したWi-Fiモジュール開発キットとSDKを使用することで、Matterに対応したWi-Fi通信機能の評価、検証が可能になる。一部の顧客向けにサンプルを出荷中で、同年3月末までには一般向けにリリース予定となっている。

 ルネサスは今後、買収したDialog SemiconductorやCeleno Communicationsの製品など、全てのWi-Fi、Bluetooth LE、Threadに対応する製品で、Matterをサポートするとしている。

 Matterは、スマートホーム機器の相互運用性を担保する標準規格。Wi-Fi、Thread、Bluetooth Low-Energy(LE)などの基盤となる接続技術を抽象化するアプリケーション層プロトコルで、Matter共通のソフトウェアスタックを用いれば、さまざまなスマートホームのエコシステムや音声サービスをサポートできる。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.