デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2022年09月12日 09時00分 公開

内装形状の最適化で不要振動を低減したサウンドシステムを新型車に採用CAEニュース

デンソーテンの新世代サウンドシステムが、トヨタ自動車の新型「クラウン」に採用された。スピーカー周辺のボディーや内装形状を最適化することで、スピーカー駆動時の不要振動を低減している。

[MONOist]

 デンソーテンは2022年8月30日、同社の新世代サウンドシステムが、トヨタ自動車の新型「クラウン(クロスオーバー)」に採用されたと発表した。新たなコンセプト「雑味の無い上質さ+車室外まで広がるようなゆとりの音空間」を目指して開発した。

「クラウン(クロスオーバー)」に採用された新世代サウンドシステム 「クラウン(クロスオーバー)」に採用された新世代サウンドシステム[クリックで拡大] 出所:デンソーテン

 クラウンに装着する「トヨタプレミアムサウンドシステム」に採用されたシステムは、10個のスピーカーと、独自のデジタル信号処理技術を搭載した8chフルデジタルClass-Dアンプで構成され、ハイレゾに対応する。

 スピーカー駆動により発生する周辺部品の不要振動を見える化するために、振動シミュレーション技術を開発。車両の3Dモデルを使って不要振動を解析した結果から、トヨタ自動車と共同で車両ボディーや内装形状を最適化し、サウンドシステムの性能の最大化を図った。

振動シミュレーション技術で不要振動を低減 振動シミュレーション技術で不要振動を低減[クリックで拡大] 出所:デンソーテン

 高性能DSP(デジタルシグナルプロセッサ)が、車室内で発生する音の乱れを信号処理で制御、補正し、元の音源を正確に再現する。さらに、リスニングルームの反射音を忠実に車室内で再現することで、車室外まで広がるような心地よい音空間を作り出す。

リスニングルームのような心地よい音空間を作る リスニングルームのような心地よい音空間を作る[クリックで拡大] 出所:デンソーテン

 他に、原音の忠実な再生に貢献する、独自形状の振動板とエッジ設計を採用。また、ハイレゾを生かす高性能マスタークロックの搭載、アンプ筐体の刷新による音質改善などにより、上質な音空間の創造に努めている。

⇒ その他の「CAE」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.