コラム
» 2022年08月03日 12時00分 公開

2007年の自動車業界を記事から掘り起こす!オートモーティブメルマガ 編集後記

15年前、何をしていましたか。

[齊藤由希,MONOist]

 この記事は、2022年8月3日発行の「オートモーティブ メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


2007年の自動車業界を記事から掘り起こす!

 お暑うございますね。毎日のように熱中症注意報が出ています。暑い中で仕事をしなければならない人はもちろん、屋内で過ごしている方も油断せずに暑さから身を守ってください。

 さて、MONOistは15周年を迎えました。2007年8月1日にスタートしたのです。当時、私は夏休み中の高校生でした。特にクルマ好きだったというわけでもなかったので、自動車の記事を書く仕事をするようになるとは夢にも思いませんでした。2007年、読者の皆さまは何をしていましたか。

 2007年、最も売れたクルマはスズキの「ワゴンR」で22万6725台でした。次いでダイハツ工業が「ムーヴ」を21万424台販売しました。この他、トヨタ自動車「カローラ」(14万7069台)、「ヴィッツ」(12万1377台)、ホンダ「フィット」(11万6561台)、ダイハツ「タント」(10万217台)が10万台を超える売り上げを確保しました(出所 ブルームバーグ)。また、この年の日本カー・オブ・ザ・イヤーはフィットでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.