ニュース
» 2022年08月03日 13時00分 公開

現場でハンズフリーのデータ入力可能に、騒音下でも高精度の音声認識製造現場向けAI技術

アドバンスト・メディアは2022年7月26日、対話型AI音声入力で現場作業中のデータ入力を効率化するMicrosoft Excel向けアドイン「AmiVoice スーパーボイスエントリー for Excel」の提供を開始すると発表した。

[長沢正博,MONOist]

 アドバンスト・メディアは2022年7月26日、東京都内の同社本社およびオンラインで記者会見を開き、対話型AI音声入力で現場作業中のデータ入力を効率化するMicrosoft Excel向けアドイン「AmiVoice スーパーボイスエントリー for Excel」の提供を同日より開始すると発表した。

ハンズフリー、アイズフリーでデータ入力

 AmiVoice スーパーボイスエントリー for Excelは、Windows端末上でMicrosoft Excelに音声入力機能を追加できるアドイン(機能拡張プログラム)だ。音声認識と音声合成を組み合わせた対話型AI音声入力を用いたデータ入力が可能になる。AI音声認識エンジンAmiVoiceを搭載しており、発話内容の高精度なテキスト変換ができる他、音声合成による項目の読み上げや入力内容の復唱で記録の抜け漏れも防止できる。

Excelへのアドインによりデータ入力が可能にデータ入力すると音声合成で復習される Excelへのアドインによりデータ入力が可能に(左)と、データ入力すると音声合成で復習される(右)

 製造業、建設業では、まだ点検内容や作業進捗などを紙に書き込む現場が多い。そのシートを管理者がオフィスに持ち帰って、PCに入力する二重作業も発生している。タブレット端末の導入が進んでいるが、現場で入力するたびに手袋を外さないといけなかったり、そもそも作業に追われていたりして現場で使われないケースもある。一方で、就業者の高齢化や人手不足も顕著になっており、作業負担の軽減は急務となっている。

 アドバンスト・メディア ビジネス開発センター 営業推進部長の藤枝章氏は「それらの問題は、音声をデータ入力のインタフェースにすることで解決する。音声入力なら作業中の手を止めず、視線も動かすことなく、ハンズフリー、アイズフリーでデータ入力できる」と語る。

 同社は企業ごとに現場作業軽減に向けたシステム開発も手掛けてきたが、費用が高額になりがちだった。AmiVoice スーパーボイスエントリー for Excelでは1帳票あたりの開発費用は70万円となっている。

導入費用概算 AmiVoice スーパーボイスエントリー for Excelの導入費用概算 出所:アドバンスト・メディア

高騒音の環境下でも音声認識

 AI音声認識は、個別カスタマイズにより固有名詞や専門用語、略語も正しく認識し、入力時間はキーボード入力に比べて約6分の1まで削減する(同社調べ)。導入に際しては、現行の点検、検査、報告内容を詳細にヒアリング後、対象となるMicrosoft Excel帳票ごとに、入力する項目や順序、音声合成の内容をアドインに設定し、納品する。

 音声認識に特化した同社のBluetooth接続型ウェアラブルマイク「AmiVoice Front WT01」を併用すれば、90dB程度の高騒音下でも音声認識できるという。また、同製品を首元にしっかり固定する専用ネックバンドアダプター「AmiVoice Front WT01」も用意されている。

AmiVoice Front WT01専用ネックバンドアダプター Bluetooth接続型ウェアラブルマイク「AmiVoice Front WT01」(左)と、専用ネックバンドアダプター(右)出所:アドバンスト・メディア
装着イメージ AmiVoice Front WT01と専用ネックバンドアダプターの装着イメージ 出所:アドバンスト・メディア

⇒その他の「製造現場向けAI技術」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.