ニュース
» 2022年08月02日 08時00分 公開

コンチネンタルが採用するAEyeの“アダプティブLiDAR”、交通インフラにも展開組み込み開発ニュース(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

交通インフラ向けの日本国内での展開に手応え

 先述した通り、AEyeはコンチネンタルと次世代LiDARの共同開発を進めているところだ。自動車業界向けでは、技術ライセンスを提供するビジネスモデルを採用しているが、それ以外の交通インフラ/産業機器などの非車載向けではAEyeが自社で製品を提供する方針である。

AEye Japanの三浦栄介氏(左)と岡田健成氏(右) AEye Japanの三浦栄介氏(左)と岡田健成氏(右)[クリックで拡大]

 三浦氏は「世界第3位の自動車大国である日本で、ADASや自動運転技術向けLiDAR市場で大きなシェア獲得を目指す。自動車メーカーやサプライヤーへの提案だけでなく、2025〜2030年に普及が想定されている自動運転モビリティサービスへの展開も進めていきたい」と述べる。

 また、交通インフラ/産業機器向けでも日本市場の需要に大きな期待を寄せている。鉄道や重機、建設機械の自動運転といった用途がある他、直近で最も手応えを感じているのがスマートシティーやITS(高度道路交通システム)などの交通インフラ向けだ。「短距離を高密度均一にスキャンしたり、長距離を密に、近距離は疎にスキャンしたりなど、交通インフラでは設置位置や交通状況などに合わせてスキャニングパターンを動的に変更したいニーズがある。4Sightであれば、同じセンサーでこれらの用途に合わせた機能をソフトウェア制御で設計できる」(岡田氏)という。

交通インフラ向けでの「4Sight」の適用イメージ 交通インフラ向けでの「4Sight」の適用イメージ[クリックで拡大] 出所:AEye Japan
交通インフラ向け「4Sight」でスキャニングパターンを変更した場合の検知イメージ 交通インフラ向け「4Sight」でスキャニングパターンを変更した場合の検知イメージ[クリックで拡大] 出所:AEye Japan

 交通インフラ/産業機器向けに開発した「4Sight M」は、現在サンプル出荷を行っており、2022年末からの量産出荷を予定している。画角は水平で60度、垂直で30度あり、角度分解能は0.05度、より高解像にするエリアでは0.025度も可能だ。フレームレートはベースが10Hz、最大で100Hz、検知距離は300mとなっている。外形寸法は幅22×奥行き34.5×高さ7.5cm。

「4Sight M」の外観 「4Sight M」の外観[クリックで拡大] 出所:AEye Japan

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.