カーボンニュートラルへの挑戦
ニュース
» 2022年07月22日 08時00分 公開

温室効果ガス排出量算定サービスに製品別、サービス別排出量算定機能を追加脱炭素

ゼロボードは、温室効果ガス排出量算定、可視化サービス「zeroboard」に、製品やサービス別にGHG排出量を算定する機能を追加した。オフラインで支援していたCFP算定とサプライヤーからの一次データが、クラウドサービス上で連携可能になる。

[MONOist]

 ゼロボードは2022年7月4日、同社の温室効果ガス(GHG)排出量算定、可視化サービス「zeroboard」に、製品やサービス別にGHG排出量(CFP)を算定する機能を追加した。

 zeroboardは、企業活動やそのサプライチェーン上で発生するGHG排出量を、国際基準のGHGプロトコルに基づいて算定、可視化するクラウドサービスだ。新たに追加した製品およびサービス別のGHG排出量算定機能により、これまで同社のコンサルタントがオフラインで支援していたCFP算定とサプライヤーからの一次データが、クラウドサービス上で連携できるようになる。

 また、素材やエネルギー利用などから発生する排出量を、製品ごとの寄与度によって案分して計算する方法と、購入した原料や部品などの排出量を積み上げて算定する方法を、必要に応じて組み合わせて使用できる。

キャプション 案分して算定する画面のイメージ[クリックで拡大] 出所:ゼロボード
キャプション 原料や部品など、それぞれの排出量を積み上げて算定する画面[クリックで拡大] 出所:ゼロボード

 他に、主要各国の排出原単位のデータベースをインポートして利用できる機能や、CO2削減貢献量を管理する機能なども追加。非日本語ユーザーによる算定作業に対応するため、英語版も実装した。

⇒その他の「脱炭素」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.