カーボンニュートラルへの挑戦
ニュース
» 2022年02月09日 14時00分 公開

東芝デジタルソリューションズとCO2排出量可視化サービス提供企業が協業開始脱炭素

東芝デジタルソリューションズは2022年2月4日、GHG排出量算定/可視化クラウドサービスを手掛けるゼロボードとの協業開始について基本合意を行ったと発表した。

[池谷翼,MONOist]

 東芝デジタルソリューションズ(TDSL)は2022年2月4日、GHG(温室効果ガス)排出量算定/可視化クラウドサービスを手掛けるゼロボードとの協業開始について基本合意を行ったと発表した。製造業や電力会社などの企業や自治体を対象にしたGHG排出量算定/可視化サービスの実現につなげる。

 TDSLは製造業の調達、購買部門向けの戦略調達ソリューション「Meister SRM」をクラウドサービスとして提供している。同ソリューションは国内外で約1万社のサプライヤーとの接点を有するコミュニケーション基盤として、調達部材のコスト構造の把握によるコスト低減や、BCM(事業継続マネジメント)、BCP(事業継続計画)管理による調達リスク低減など、戦略的な調達業務の実現を支えている。

 Meister SRMは現在、取引を行う企業同士をつなげることで、サプライチェーン全体を可視化し、サプライヤーの業務効率化や情報連携を行うポータルサイトを新サービスとして提供する準備を進めている。その過程で、市場ではカーボンニュートラル実現に向けた企業の取り組みの一環として、サプライチェーン上のCO2排出量可視化のニーズも高まっていることを踏まえて、新サービスにゼロボードが開発、提供するGHG排出量算定、可視化クラウドサービス「zeroboard」を付加することを決めた。

 zeroboardは、所定のフォーマットに算定対象の情報を入力することで、スコープ1、2におけるGHG排出量の効率的な可視化や、従来、データ収集に手間のかかっていたサプライチェーン上のCO2排出量であるスコープ3の算定を、グローバル基準(GHGプロトコル)に基づいて簡単に算定、可視化できるサービスだ。サプライヤーの実績値である1次データを収集することで、サプライヤーの排出量削減努力を算定値に反映し、サプライチェーン全体の削減目標の見通しが立てやすくなる。

 TDSLはzeroboardを通じて、サプライチェーン上のGHG排出量の把握や、GHG削減に向けたコンサルティングサービスといった高付加価値のサービス提供を目指すとしている。

 新サービスであるポータルサイトの開設は2022年春ごろを予定。

⇒その他の「脱炭素」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.