ニュース
» 2022年06月22日 06時00分 公開

FRの直6ディーゼルエンジンが323万円、マツダ「CX-60」の予約受注がスタート電動化(1/2 ページ)

マツダは2022年6月22日、クロスオーバーSUVの新型車「CX-60」の予約受注を同月24日から開始すると発表した。納車開始は、直列6気筒のディーゼルエンジンと電圧48Vのマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を組み合わせた「e-SKYACTIV D」が9月から、その他のパワートレインのモデルは12月からを予定している。

[齊藤由希,MONOist]

 マツダは2022年6月22日、クロスオーバーSUVの新型車「CX-60」の予約受注を同月24日から開始すると発表した。納車開始は、直列6気筒のディーゼルエンジンと電圧48Vのマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を組み合わせた「e-SKYACTIV D」が9月から、その他のパワートレインのモデルは12月からを予定している。

CX-60の予約受注を開始した。外観は上位モデル向け[クリックで拡大]
CX-60の外観[クリックで拡大]

 税込み希望小売価格は、排気量2.5l(リットル)の直列4気筒ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」のモデルが299万2000円から、排気量3.3lの直列6気筒ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 3.3」が323万9500円から、e-SKYACTIV Dが505万4500円から、排気量2.5lの直列4気筒ガソリンエンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせた「e-SKYACTIV PHEV」が539万円からとなる。

 駆動方式は、SKYACTIV-G 2.5とSKYACTIV-D 3.3ではFR(後輪駆動)とFRベースの4WDから選択できる。e-SKYACTIV Dとe-SKYACTIV PHEVは4WDのみとなる。PHEVモデルはマツダ初となる。また、ディーゼルエンジンの第2世代となるSKYACTIV-D 3.3も初搭載だ。

新世代ラージ商品群は、エンジン縦置きとAWDにも対応するFRプラットフォームで動的性能を向上させている[クリックで拡大] 出所:マツダ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.