ニュース
» 2022年06月17日 13時00分 公開

軽く、安価で、柔軟な「世界初」の空気圧式の協働ロボットハノーバーメッセ2022(1/2 ページ)

ドイツのFestoは、世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」(2022年5月30〜6月2日)において、「世界初」(同社)とする空気圧式の協働ロボット「Festo Cobot」を公開した。空気圧による動作を実現したことで17kgと軽量かつ、可搬質量3kgの同クラス電動型製品より安価を実現するという。2023年の販売開始を予定している。

[永山準,MONOist]

 ドイツのFestoは、世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」(2022年5月30日〜6月2日)において、「世界初」(同社)とする空気圧式の協働ロボット「Festo Cobot」を公開した。空気圧による動作を実現したことで17kgと軽量かつ、可搬質量3kgの同クラス電動型製品より安価を実現するという。2023年の販売開始を予定している。

空気圧式の協働ロボット「Festo Cobot」[クリックで拡大]

柔軟なロボットアームで安全な協働を実現

 Festo Cobotは、Festoにとって初の協働ロボットであり、「空気圧とハンドリングの専門知識、バイオニクスからのインスピレーション、そして技術的なノウハウを結集している」(同社)。その最大の特長は、空気の供給によるダイレクトドライブとなっている6軸の関節部分だ。ピエゾバルブの搭載により、空気の流量や圧力を正確に吐出することができ、高速な動作と、柔らかく繊細な動作の両方が可能となった。これによって通常の電動型の協働ロボットのように重いギアや高価な力覚センサーなども不要となることから、重量は17kgと軽量かつ、同クラスの電動型製品より安価な製品を実現するという。

空気圧で駆動する協働ロボット「Festo Cobot」のデモの様子[クリックで動画再生]

 Festo Cobotは人に接触すると、関節部の空気圧変化を検知し、動作を停止する機能を有している。また、「空気圧式の軸は力を加えると内部の空気が圧縮されることから、バネのように柔軟だ」(説明員)としており、作業者と接触した場合の危険も少なく、人とロボットが安全に協働可能となる。説明員は、「このロボットは迅速かつ正確に作業し、安全機能の繊細さにより、人間とロボットを分離するための物理的な保護具を必要としない」と強調していた。

 制御部も小型で、全てを本体下部に組み込んだことから、説明員は、「自動化作業のためのプラグアンドプレイソリューションができる」と解説する。さまざまな作業現場に簡単に持ち運び、設置することが可能だとしている。

 Festo Cobotは、本体のほか、緊急停止/解除ボタン付きのハンドモジュール、直感的な操作とプログラミングができるソフトウェア「Robotic Suite」で構成。あらかじめ用意されている基本的な動作を組み合わせることができ、ロボット工学の予備知識も不要で、Festo Cobotの試運転とプログラミングを1時間以内に行うことが可能という。また、ロボットアームを人の手で簡単に動かしてやることで、位置決や動作経路をプログラムすることもできる。

 Festo Cobotのアーム長は670mmで、可搬質量が最大3kg。特に中小企業における、小型の部品などを扱う手作業の置き換えをターゲットとし、2023年にまず欧州で発売を開始、その後アジアでの販売も予定している。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.