ニュース
» 2022年05月31日 06時00分 公開

関西に“空飛ぶクルマ”の離着陸場を、日英4社で業務提携モビリティサービス

パーク24とあいおいニッセイ同和損害保険、兼松、“空飛ぶクルマ”向けのインフラを設計する英国のSkyportsは2022年5月27日、空飛ぶクルマの離着陸場の開発に向けて業務提携すると発表した。時間貸しの駐車場とカーシェアリングに空飛ぶクルマを融合させた事業を検討していく。

[齊藤由希,MONOist]

 パーク24とあいおいニッセイ同和損害保険、兼松、“空飛ぶクルマ”向けのインフラを設計する英国のSkyportsは2022年5月27日、空飛ぶクルマの離着陸場の開発に向けて業務提携すると発表した。時間貸しの駐車場とカーシェアリングに空飛ぶクルマを融合させた事業を検討していく。

バーティポートのイメージ[クリックで拡大] 出所:あいおいニッセイ同和損保

 大阪など関西エリアを中心に、空飛ぶクルマの離着陸場となる「バーティポート」に適した場所の選定や事業性評価など共同調査を4社で実施する。バーティポートは空飛ぶクルマの充電施設としての役割も担う。提携を生かして、空飛ぶクルマをスムーズに利用できる環境の整備につなげる。

 あいおいニッセイ同和損保は、空飛ぶクルマによる移動サービスと地上インフラの保険を提供するとともに、空と陸をシームレスに連携させたMaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)の開発を目指す。

 兼松とSkyportsは日本における空飛ぶクルマのインフラの開発、運営で資本業務提携を結んでいる。出発地からバーティポート、バーティポートから目的地までの移動手段として、パーク24のカーシェアリングを組み合わせることも検討する。

→その他の「モビリティサービス」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.