ニュース
» 2022年04月15日 09時00分 公開

レノボ、6DoF対応で軽量な産業用スマートグラス「ThinkReality A3」発売ウェアラブルニュース(1/2 ページ)

レノボ・ジャパンは2022年4月13日、ARスマートグラス「ThinkReality A3」に、製造業などの現場業務に対応するハードウェアやソフトウェアを加えてパッケージ化した「ThinkReality A3 Industorial Edition」を発売する。

[池谷翼,MONOist]

 レノボ・ジャパンは2022年4月13日、AR(拡張現実)スマートグラス「ThinkReality A3」に、製造業などの現場業務に対応するハードウェアやソフトウェアを加えてパッケージ化した「ThinkReality A3 Industrial Edition(以下、Industrial Edition)」を発売すると発表した。販売価格は税込みで54万4500円。

ThinkReality A3の製品外観[クリックして拡大] 出所:レノボ・ジャパン

携帯性の良さと高性能を両立

 ThinkReality A3の本体重量は130gで、折り畳み式の設計。クアルコム(Qualcomm)製のSoC(システムオンチップ)「Snapdragon XR1」を搭載する。ディスプレイは片目1080pで、45PPD(角画素密度)で、リフレッシュレートは60Hz。800万画素のカメラを搭載しており、1080p、30fpsでの動画撮影に対応する。3つのマイクと内蔵スピーカーを通じて、オンライン会議ツールなどを通じた遠隔地とのコミュニケーションも可能。AR空間内におけるXYZ軸に合わせた周囲映像の回転と移動が可能な6DoF(自由度)対応で、ルームサイズの空間トラッキングも行える。

 IP54に準拠した防水性を備えており、耐衝撃性や耐食性に関する米国規格の「ANSI Z87.1」にも適合している。度付きレンズ用のインサートホルダーも付属する。

ハードウェアの詳細[クリックして拡大] 出所:レノボ・ジャパン

 Industrial EditionにはThinkReality A3に加えて、スマートフォン「motorola edge 30 pro」、装着用ベルトやUSBケーブルなどの付属品を収納した「Industrial Kit」、防塵(じん)用のメガネフレーム「Industrial Frame」などが含まれている。加えて、クラウドアプリケーション「ThinkReality Cloud Portal」、ソフトウェアアプリケーション「holo one sphere」と「Virtual Display Manager」の年間ライセンスも付属する。

Industrial Editionに含まれるハードウェア一式[クリックして拡大] 出所:レノボ・ジャパン

 ThinkReality A3はUSB Type-Cケーブルを介してmotorola edge 30 proから給電を行う。フル充電時の動作可能時間は1.5〜2時間程度で、充電が切れた場合は予備のバッテリーなどを別途使用できる。

 レノボ・ジャパン コマーシャル営業本部 AR/VR営業部長の岩本義智氏は「大きな強みは、携帯性の良さと高性能を両立させたことだ。軽量で持ち運びがしやすく、ヘルメット着用時にも使える上、6DoFにも対応している」と語った。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.