ニュース
» 2022年03月10日 08時30分 公開

自動運転車の性能向上に貢献するエンジニアリング総合施設、開発環境が整う車載ソフトウェア

ホリバMIRAは、CAVやADASを開発するため英国に開設したエンジニアリング総合施設「ASSURED CAV」において、高度なシミュレーションシナリオとエンジニアリングサービスの提供体制が整ったと発表した。

[MONOist]

 ホリバMIRAは2022年2月17日、コネクテッド自動運転車(CAV)や先進運転支援システム(ADAS)を開発するため英国に開設したエンジニアリング総合施設「ASSURED CAV」において、高度なシミュレーションシナリオとエンジニアリングサービスの提供体制が整ったと発表した。

キャプション 仮想環境でのシミュレーション 出所:ホリバMIRA

 ASSURED CAVは、英国が推進する「Midlands Future Mobility(MFM)プロジェクト」の一環として開設された、自動運転車専用のテスト施設。デザインコンセプト、シミュレーションから試験、評価まで包括的にサポートする。走行試験には、高速道路を含む、英国ミッドランド地域の約200マイル(約320km)の公道を使用し、モバイルファサード(可撤型疑似建築物)を利用した専用コースも設置している。実路だけでなく、仮想空間でのシミュレーション試験も可能だ。

キャプション モバイルファサードを利用した実路環境の再現 出所:ホリバMIRA
キャプション 公道を使った走行試験 出所:ホリバMIRA

 今回、実路と仮想空間において、LiDAR、レーダー、カメラなどCAVやADASに必要なシステムとの連携を検証し、死角エリアや交差点、急に方向転換する車両など、危険かつ複雑な条件のシミュレーションシナリオが正確に機能することを確認した。

 同社はASSURED CAVの機能を活用することで、一般道で想定されるさまざまなシナリオを再現するだけでなく、多彩なシミュレーションシナリオを開発し、再現性の高い検証ができるエンジニアリングサービスを提供する。

⇒その他の「車載ソフトウェア」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.