ニュース
» 2022年03月07日 08時00分 公開

CI/CDプラットフォームとの統合を強化したC/C++言語対応テストツールを発売組み込み開発ニュース

テクマトリックスは、C言語およびC++言語対応テストツール「C++test 2021.2」の販売を開始した。GitHub、GitLab、Azure DevOpsのツール上で、SARIFやSAST形式でレポートを生成する機能を追加している。

[MONOist]

 テクマトリックスは2022年2月22日、C言語およびC++言語対応テストツール「C++test 2021.2」を発売した。CI/CD(Continuous Integration/Continuous Delivery、継続的インティグレーション/継続的デリバリー)プラットフォームと統合する機能などを追加した。

 「C++test」は、Parasoftが開発したテストツール。コーディング規約チェックやフロー解析といった静的解析、カバレッジ計測、単体テスト、実行時メモリエラー機能などを備える。

 最新版では、GitHub、GitLab、Azure DevOpsのツール上で、SARIFやSAST形式でレポートを生成する機能を追加した。また、C++test実行やレポート生成のCustom ActionsをGitHub向けに、Custom TasksをAzure DevOps向けに追加。既存のビルドを自動化しているGitHub WorkflowsやAzure Pipelinesに、コードとしてC++test実行やレポート生成を追加するだけで、開発プロセスにテストの自動実行を統合できる。

キャプション 「C++test」の違反をGitHub上で確認 出所:テクマトリックス
キャプション 違反一覧をGitLab上で表示 出所:テクマトリックス

 アーキテクチャ分析ツールの「Lattix」には、C++testの結果を統合する機能を加えた。Lattixにテスト結果をインポートすると、Lattix内でカバレッジのデータや静的解析の違反件数をヒートマップで確認しつつ、ソフトウェア構造を分析できる。

 セキュリティ面では、セキュアコーディングガイドラインのサポートを強化した。OWASP API Security Top 10-2019やOWASP Top 10 2021(プレビュー版)、DISA-ASD-STIGのルールセットを追加している。

 新たに88個の静的解析ルールを追加し、ルールは合計4335個に達した。AUTOSARやCERT/CERT CPP、HICPP、JSF、MISRA C 2004、MISRA C++2008、MISRA C 2012など、各種ガイドラインのルールも追加もしくはアップデートしている。

 インストールは、任意の場所にzipやtar.gzのパッケージを展開するだけで行える。コードでDockerコンテナへのインテグレーションも実装でき、C++testを含めたIaC(Infrastructure as Code)が可能になっている。なお、C++testの保守サービスを契約しているユーザーは、最新版を無償で使用できる。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.