ニュース
» 2021年12月21日 14時00分 公開

住友電気工業とデータグリッドが不良判定AI技術を共同開発製造ITニュース

データグリッドと住友電気工業は共同で、不良判定AI技術の開発を開始した。両社の技術を組み合わせて、わずかな学習データを元に、熟練作業員の技術に相当する高度な判定が可能な不良判定AIを開発し、製造工程の自動化を進めていく。

[MONOist]

 データグリッドは2021年12月8日、住友電気工業と共同で、製造現場での不良判定AI(人工知能)に関する技術開発を開始したと発表した。

 住友電気工業では、以前から不良判定AIの開発に取り組んでいる。しかし、熟練作業員の技術に相当する高度な判定基準を不良判定AIに学習させるには、大量の学習データを用意しなければならず、不良判定AIの活用が進まない要因となっていた。

 そこで両社は、住友電気工業の不良判定技術とデータグリッドが持つ「疑似不良生成技術」を組み合わせて、わずかな学習データを基に不良判定AIを開発するため、協業を開始した。

 疑似不良生成技術とは、実在する不良データを学習することで不良データの特徴を把握し、実在する不良データによく似た疑似不良データを生成するものだ。GAN(Generative Adversarial Networks:敵対的生成ネットワーク)と呼ばれるAIを用いる。

キャプション 開発する不良判定AIの全体イメージ[クリックで拡大] 出所:データグリッド
キャプション 開発する不良判定AIにおけるトレーニングのイメージ[クリックで拡大] 出所:データグリッド

 両社は共同開発を通じて、製造現場の外観検査をはじめ、さまざまな製造工程の自動化に取り組んでいく。

⇒その他の「製造ITニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.