ニュース
» 2021年12月10日 07時00分 公開

複雑なワーク形状にならって吸着や把持が可能な汎用ロボットハンド産業用ロボット

THKは、ワーク形状にならって吸着または把持し、安定した搬送ができる「ならいハンド」シリーズ「TNH」の受注を開始した。ワークごとにハンドを交換する必要がなく、複雑な形状でも安定したハンドリングができる。

[MONOist]

 THKは2021年11月24日、ワーク形状にならって吸着または把持し、安定した搬送ができる汎用ロボットハンドの「ならいハンド」シリーズ「TNH」の受注開始を発表した。食品、医薬品、化粧品、家庭用品、機械部品、プラスチック製品など、多様な種類と形状に対応する。

キャプション ならいハンドシリーズ「TNH」[クリックで拡大] 出所:THK

 TNHは、ワークの凹凸に合せて12本のシャフトをならわせてロックする“ならい機構”を採用したロボットハンドシリーズ。ワークごとにハンドを交換する必要がなく、複雑な形状のワークでも確実に吸着または把持ができ、ピックアップ時の姿勢を維持したまま安定した搬送と着座ができる。

 12個の吸着パッドと内蔵した絞り弁でワークを吸着する「ならい吸着ハンド」、ワークの把持力と把持速度を容易に制御できる「ならいグリップハンド」、用途に合わせてカスタマイズ可能な「ならいユニット」の3タイプを提供する。

キャプション 「ならい吸着ハンド」の特徴[クリックで拡大] 出所:THK
キャプション 「ならいグリップハンド」の特徴[クリックで拡大] 出所:THK

 ならい機構部は、60mmの断面寸法に12本のシャフトを配置したコンパクトな設計となる。質量は、ならい吸着ハンドが0.5kg、ならいグリップハンドが1.2kg。ISO9409-1-50-4-M6に準拠した、取り付けフランジ対応ロボットに搭載できる。

≫「産業用ロボット」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.