組込み/エッジ コンピューティング展【秋】 IoT/5Gソリューション展【秋】 特集
ニュース
» 2021年11月08日 07時30分 公開

万が一の不具合があっても遠隔から再起動できる「リモートエッジコンピュータ」組み込み開発ニュース

ハギワラソリューションズは、「第12回 Japan IT Week 秋」において「リモートエッジコンピュータ」を展示した。2022年内の発売に向けて開発を進めているところだ。

[朴尚洙,MONOist]

 ハギワラソリューションズは、「第12回 Japan IT Week 秋」(2021年10月27〜29日、幕張メッセ)において「リモートエッジコンピュータ」を展示した。2022年内の発売に向けて開発を進めているところだ。

ハギワラソリューションズが開発中の「リモートエッジコンピュータ」 ハギワラソリューションズが開発中の「リモートエッジコンピュータ」。画面左上にある筐体が本体で、画面下側にあるタブレット端末からリモートで電源のオンオフなどの制御を行える[クリックで拡大]

 リモートエッジコンピュータは、インテル製CPUとWindows OSで構成される一般的な組み込みコンピュータについて、動作の冗長性を高めるための仕組みを取り入れたものだ。「組み込みコンピュータで万が一にも不具合が出てしまうと、その再起動を行うために現場に人員を送らなければならなくなる。ブルースクリーンが出るような致命的な不具合であれ、それよりも軽微な不具合であれ、リモートで対処するための仕組みへのニーズは高い」(ハギワラソリューションズの説明員)という。

 動作の冗長性を高める仕組みとしては、インテル製CPUとWindows OSのシステムとは別途、Armマイコンを用いた制御システムを組み込んでいる。この制御システムとネットワーク接続したPCなどの端末から、リモートでの電源のオンオフやUSB接続しているデバイスの挿抜(再認識)などを行うことができる。この他、組み込みコンピュータ本体の稼働状態のモニタリング、あらかじめ設定したスケジュールでの起動や電源オフなども可能だという。

「リモートエッジコンピュータ」の機能 「リモートエッジコンピュータ」の機能[クリックで拡大] 出所:ハギワラソリューションズ

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.