特集
» 2020年02月27日 08時30分 公開

金属フィラメントにも対応する話題の3Dプリンタ「Adventurer3X」を試してみた製品レビュー(2/5 ページ)

[八木沢篤,MONOist]

設置位置は作業者の左手側がベスト

 筆者はAdventurer3X本体を、ダヴィンチ Jr.1.0がもともと置いてあったPCデスクに設置することにした。当然だが、ダヴィンチ Jr.1.0よりも圧迫感が少なく、フロントドアが縦開きではなく、横開きなのが地味にうれしかった。本体のインタフェース類を確認してみると、フロント部はタッチパネルとUSBポート、左側面(フロント部に向かって右側面)に電源スイッチ、背面にLANポートがある。フィラメントの交換も左側面からアクセスすることになるため、作業PCの横に置くのであれば、作業者の左手側にAdventurer3X本体を置いた方がよいだろう。

本体(1)本体(2) 開封直後の「Adventurer3X」本体 (クリックで拡大)
本体正面本体左 本体正面と左側面 (クリックで拡大)
本体背面本体右 本体背面と右側面 (クリックで拡大)
作業PCの左側 子供も興味津々。作業PCの左側に設置する方がアクセスがよい (クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.