連載
» 2017年06月07日 13時00分 公開

有機ELで4つ目の表示デバイス、テレビ生産が変わること変わらないことメイドインジャパンの現場力(10)(3/5 ページ)

[三島一孝,MONOist]

日産240台の組み立て生産体制

 基板実装ラインで完成した基板を含む部品を組み立てるのが組み立て生産ラインである。有機ELパネルに基板やスピーカー、端子類などを接着したり、はめ込んだりして、組み立てる工程だ。

photo 有機ELテレビの組み立て生産ライン。24人体制で日産250台を生産する。目標生産台数を確保するために指標として、標準作業時間に合わせた形でコンベヤーが動いている(クリックで拡大)

 主に部品を組み立てて行く組み立て工程と、パネル性能のばら付きをなくすエージング工程、最終的な品質の検査を行う完成工程を経て、包装を行う。この生産ライン全体で24人の従業員が携わっており、1日当たり約240台の生産を行う。

大型の有機ELパネルは専用器具で運ぶ(左)エージングの様子(右)(クリックで拡大)
表示検査を行う暗室(左)と包装工程(右)最終的にリモコンや付属品などの抜け漏れがないように重さを測定する(クリックで拡大)
photo 生産ラインレイアウトの概要(クリックで拡大)出典:パナソニック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.