ニュース
» 2015年09月28日 06時00分 公開

ジャガーの新型「XF」は190kg軽量化、新開発ディーゼル搭載車も錦織圭の評価は「エア・ジャガー」(2/3 ページ)

[與座ひかる,MONOist]

ジャガーお手製のディーゼルエンジン

 ディーゼルエンジン搭載モデルの「XF Pure」「XF Prestige」には、排気量2.0l(リットル)で直列4気筒ターボの「INGENIUM(インジニウム)ディーゼルエンジン」(最高出力180ps/最大トルク430Nm)が搭載された。これは同社が設計から生産まで手掛けているもので、「ジャガーのパワートレインの中心となる自慢のエンジン」(若林氏)だ。

「INGENIUM(インジニウム)ディーゼルエンジン」 「INGENIUM(インジニウム)ディーゼルエンジン」(クリックで拡大)

 ガソリンエンジン搭載モデルのXF PureとXF Prestigeには排気量2.0lで直列4気筒ターボエンジン(最高出力240ps/最大トルク340Nm)が、「XF R-Sport」「XF Portfolio」「XF S」には、排気量3.0lでV型6気筒スーパーチャージャー付きエンジン(最高出力340〜380ps/最大トルク450Nm)が搭載されている。

ガソリンエンジンは車種に合わせて3つのパターンを用意 ガソリンエンジンは車種に合わせて3つのパターンを用意(クリックで拡大)

“ジャガー感”を残しつつ、空力も向上

 デザイン面では、ジャガー初となるアダプティブフル LEDヘッドライトを採用。「横から見て特徴的なのは、フロント/リヤの窓ガラスに加えて、後部にもう1つ窓ガラスを足していること。これは6ライトと呼ばれる手法で、室内に開放感を与える効果がある」(若林氏)。クーペを思わせるデザインが強調されているが、フロントバンパーに開口部を設けたことで、空気抵抗係数(Cd値)は前モデルの0.27から0.26に向上した。

新型「XF」、左から見たサイドビューリア部分 新型「XF」を左から見たサイドビュー(左)、リヤ部分(右)(クリックで拡大)

 また、インテリアは新開発のインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」(ディスプレイサイズは10.2インチ)を搭載。スマートフォンのように、スワイプやピンチアウトを利用しての操作が可能だ。メーターパネル部分には12.3インチのインストルメントクラスタを装備。ドライバー専用のナビゲーションディスプレイとしても利用できる。

新開発10.2インチ静電気式タッチスクリーンのインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」12.3インチTFTインストルメントクラスタ 新開発10.2インチ静電容量式タッチスクリーンのインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」(左)と12.3インチTFTインストルメントクラスタ(右)(クリックで拡大)出典:ジャガー・ランドローバー・ジャパン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.