インタビュー
» 2015年07月22日 11時00分 公開

「シャア専用オーリス」はなぜ「オーリス」でしかも「シャア専用」だったのかガンダムを知らないMONOist新人編集の突撃インタビュー(2/3 ページ)

[與座ひかる,MONOist]

反響を呼び一般販売、そして2代目へ

 初代シャア専用オーリスを発表後、トヨタ自動車は機動戦士ガンダムに登場するモビルスーツメーカーの「ジオニック社」と技術提携した(という設定の)「ジオニックトヨタ」というバーチャルカンパニーを立ち上げます。

 ジオニックトヨタは「シャア専用オーリスの市販化」を目標とし、一般ユーザーが社員として登録することができるという設定で展開しました。集まったのは2万6000人を超える社員(一般ユーザー)。ここで市販化モデルのコンセプト作りやデザインを募集し、実際に2013年10月に販売に至っています。

2015年7月17日に再始動した「ジオニックトヨタ」のWebサイト 2015年7月17日に再始動した「ジオニックトヨタ」のWebサイト(クリックでジャンプ)

 しかし、「シャア専用オーリスを発売しただけでジオニックトヨタの取り組みを終わらせていいのか。どうにかこの資産を使えないか」(宮崎さん)と考えた結果出てきたのが、今回の2代目となるシャア専用オーリスII コンセプトの発表とジオニックトヨタ再始動だったのです。

 「シャア専用以外でも良かったのでは?」と問うと「2015年4月にマイナーチェンジしたオーリスは、排気量1.2l(リットル)の直列4気筒直噴ターボエンジン『8NR-FTS』の搭載が決まり、走行性能が向上。“さらにシャア化”してしまったので、『3倍速い』じゃないですけど、もう一度シャアで行こうということになりました」(宮崎さん)。

オーリス「120T」がベースのシャア専用オーリスII、機能もデザインもシャア化が止まらない オーリス「120T」がベースのシャア専用オーリスII、機能もデザインもシャア化が止まらない(クリックで拡大)
前列2シートもグレードアップ。「かなりいい生地を使っている」(説明員) 前列2シートもグレードアップ。「かなりいい生地を使っている」(説明員)(クリックで拡大)
今回使用したタイヤのサイズは19インチ。オーバーフェンダーはモビルスーツのエアダクトをイメージした。タイヤのトレッドに刻まれた刻印は職人の手彫り! 今回使用したタイヤのサイズは19インチ。オーバーフェンダーはモビルスーツのエアダクトをイメージした。タイヤのトレッドに刻まれた刻印は職人の手彫り!(クリックで拡大)

 また、前回のユーザーの声で、「量産型ザクモデルも作って欲しい!」との声があまりにも多かったので、今回はそちらも製作したそうです。

ひとまず要望にこたえて作ったという「量産型ザクモデル」。こちらは外装のみ変更されたコンセプトカー ひとまず要望にこたえて作った「量産型ザクモデル」。こちらは外装のみ変更されたコンセプトカー(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.