連載
» 2013年05月29日 10時30分 公開

JTフォーマットを使いこなすツールの充実度は?ISO国際規格に承認されたJTフォーマットとは(3)(2/3 ページ)

[Ji Zheng Zhao シーメンスPLMソフトウェア,MONOist]

JT Openプログラム

 JTテクノロジーは業界イニシアチブである「JT Openプログラム」によってサポートされています。JT Openプログラムとは、PLMのグローバル企業によって推進・組織化されたコミュニティーです。

 JT Openプログラムの目的は、ソフトウェアベンダー、ユーザー、さらに製品製造サプライチェーンに関連する企業をメンバーとし、JTテクノロジーを普及させることです。それにより、JT対応アプリケーションを介して3次元ビジュアライゼーションデータの共有を可能にします。

 JT Openプログラムは参加メンバーにJTテクノロジーへのアクセスを等しく提供して、プログラム内のソフトウェアベンダーがアプリケーションを開発できるように推進します。

 このプログラムに新規に参加する場合はその関心領域に応じて、以下のメンバーシップカテゴリーのいずれかに属することになります。

  • 企業メンバー:JTフォーマットを自社のビジネスプロセスにおけるビジュアライゼーション、コラボレーション、データ共有のためのプラットフォームとして使用する企業
  • ベンダーメンバー:JT対応のアプリケーションを提供するソフトウェアベンダー
  • 利益団体メンバー:非営利の特定業界の団体または業界横断的な団体
  • アカデミックメンバー:研究や授業にJTTKを使用する教育機関
  • 協賛メンバー:JT Openプログラムのコミュニティーを支持するハードウェア、ソフトウェア、サービスのサプライヤ

JT Openプログラムメンバーのメリット

企業メンバーのメリット

  • データ互換性を心配することなく、独立系ソフトウェアベンダーが提供するアプリケーションを組み合わせて、自社のビジネスプロセスに組み込むことができます
  • アプリケーションのコストを計画的に引き下げられます
  • JTテクノロジーへの発言権を持ちます
  • 共通のデータフォーマットを使用するプロセスを推進することで、コストを削減することができます

ベンダーメンバーのメリット

  • JTTKを活用することができます
  • JTテクノロジーへの発言権を持ちます
  • JT関連市場に低コストで参入できます
  • 開発キットを利用できます

アカデミックメンバーのメリット

  • PLMベンダーのトレーニング施設でクラス研修を受けることができます
  • 他のJT Openアカデミックメンバーが開発したコースウェアが利用できます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.