「知的財産」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!特許→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で特許関連の質問をチェック

関連キーワード

ストラタシス・デー:
樹脂と金属のハイブリッド構造で課題を克服、人機一体による3Dプリンタ実践活用
ストラタシス・ジャパン主催「ストラタシス・デー」の事例講演に登壇した人機一体 知財開発部の野村方哉氏による講演「樹脂FDM方式を用いた3Dプリント部品と金属のハイブリッド構造を有する人型重機の開発」の模様をダイジェストで紹介する。(2024/6/10)

現地で見えたもの:
日本人が気づいていない、海外で売れる“ライトな”アニメグッズ
日本人が気づいていない、海外市場におけるIP(Intellectual Property、知的財産)活用の可能性について解説します。(2024/6/5)

ソニー、アニメなどエンタメに成長の活路 知的財産の相乗効果を進化
ソニーグループは23日、経営方針説明会を開き、稼ぎ頭のゲームや音楽、映画のエンターテインメント3事業の知的財産(IP)の相乗効果を進化させ、さらなる成長を目指す方針を明らかにした。IPの価値を最大化するため、市場規模が拡大するアニメなどの技術や基盤を磨き、成長の活路を見いだす。(2024/5/24)

ソニー、次の活路は? 「21世紀は感動を作ることに貢献したい」
ソニーグループは23日、経営方針説明会を開き、稼ぎ頭のゲームや音楽、映画のエンターテインメント3事業の知的財産(IP)の相乗効果を進化させ、さらなる成長を目指す方針を明らかにした。(2024/5/23)

CFO Dive:
攻撃者たちはAI特有の攻撃ベクトルを駆使している NSAが推奨する対抗策
機密データや知的財産を狙うサイバー攻撃者は、AI特有の攻撃ベクトルを駆使する可能性があると、NSAは警告している。(2024/5/20)

スタートアップに最大1500万円助成 知財の権利化などサポート 都の支援機関が募集中
中小企業の支援を手掛ける東京都知的財産総合センターが、事業化を目指すスタートアップを募っている。審査で一定の評価を得られた場合、知的財産の権利化などに関する経費について最大で1500万円まで助成する。申し込みの期限は4月12日まで。(2024/4/3)

知的財産は中国Slichemへ譲渡:
DIC、2024年12月末までに液晶材料事業から撤退
DICは、液晶材料事業について2024年12月末までに撤退することを決めた。同社が保有する関連の知的財産については、中国のSlichemへ譲渡することで合意した。(2024/3/27)

製造マネジメントニュース:
DICが液晶事業から撤退、世界初の液晶電卓向けから始まった50年の歴史に幕
DICは2024年12月末までに液晶材料事業から撤退すると発表した。生産拠点となっている埼玉工場の一部と中国の青島にある子会社の一部も閉鎖する。併せて、同事業に関連して保有する知的財産を中国のSlichemに譲渡することも決定した。(2024/3/26)

国内初「生成AI専用保険」を提供へ あいおいニッセイらが発表 情報漏えい時の費用などを負担
あいおいニッセイ同和損害保険とAI開発を行うArchaicは、「生成AI専用保険」の提供を3月から始めると発表した。Archaicが開発した生成AIを利用した企業で情報漏えいや知的財産権の侵害などが発生した場合、企業が負担する費用を負担する。(2024/2/29)

品質の向上、技術的負債の減少などのメリットを得るためには:
自社のオープンソースセキュリティポリシーを策定するための方法
オープンソースソフトウェアを使用すると、セキュリティと知的財産に関する懸念が持ち上がる。本稿では、適切な決定を下し、後悔する事態に陥らない方法を考える。(2024/2/8)

知財ニュース:
電気機器業界の特許取得プロセスを「AI知財生成ツール」で効率化
Tokkyo.Aiは、電気機器業界の特許取得プロセス効率化を、同社のAI知財生成ツールで支援する。発明の概要を入力するだけで特許文案を生成できる他、AIが作成した文案に基づいた類似特許の検索、分析などにも対応する。(2024/1/25)

G7の知財庁長官級会談、「cluster」上で実施される
メタバースプラットフォーム「cluster」を運営するクラスターは、日本国特許庁(JPO)と協力し、G7知財庁長官級会談をcluster上で実施したと発表した。会談はJPOが議長となり、15日に実施された。(2023/12/19)

ボーナス平均支給額が高い職種 3位「基礎研究」、2位「法務/知的財産/特許」、1位は?
ボーナスが平均して高い職種は何か。dodaが調査結果を発表した。年代別の平均支給額や、冬ボーナスの金額なども明らかになっている。(2023/12/11)

シャープとHuawei、グローバル特許クロスライセンス契約を締結
シャープとHuaweiは、4G/5Gを含むセルラー通信規格必須特許を対象とした長期のグローバル特許クロスライセンス契約を締結。規格の標準化に貢献した両社が知的財産を認め合ったことで、標準化での協力を促進するとしている。(2023/11/27)

物流のスマート化:
商品の信頼性高め横流しも防止、知財保護システムに追跡/開封通知機能を追加
リーガルテックは、子会社のJAPAN MADE事務局が提供するブランド/知財保護システム「HyperJ.ai」に、詳細なトレーサビリティー機能と開封通知機能を追加したと発表した。(2023/11/16)

電子ブックレット(製造マネジメント):
モノづくり特許力ランキングまとめ
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、自動車部品や精密機器など様々な業種における、企業による知財への取り組みの程度をランキング化した記事をまとめ、「モノづくり特許力ランキングまとめ」としてお送りします。(2023/10/16)

開発者の約半数がコード生成以外のAI利用に意欲的:
「AI導入は不可欠だが、懸念も残る」GitLabが調査したソフトウェア開発におけるAI活用事情
GitLabは「ソフトウェア開発におけるAIの現状」の調査結果を発表した。開発者やセキュリティ専門家の83%が「AI導入は不可欠」、その反面79%が「AIが個人情報や知的財産にアクセスすることを懸念」と回答した。(2023/10/10)

知財ニュース:
AIによる解析技術で知財に基づく戦略立案を支援するサービス発表
日立製作所は、AIテキスト解析技術による高精度な分析によって、知財情報を生かした戦略立案を支援する「特許情報分析サービス」を発表した。特許文献の読み取りや分析を容易にする機能を提供する。(2023/9/27)

Microsoft、生成AIによる知的財産権侵害での法的リスクを負担する新方針を発表
Microsoftは生成AIの出力に関する知的財産権侵害での法的リスクを負うとする「Copilot Copyright Commitment」を発表した。(2023/9/14)

セキュリティニュースアラート:
半導体大手ローツェ 日本とベトナムでCrowdStrike Falcon Completeを採用
半導体大手のローツェはCrowdStrike Falcon Completeを導入した。この導入によってサイバーセキュリティの強化と知的財産権保護の強化が実現された他、IT作業負荷が大幅に削減されたという。(2023/9/13)

EPCがInnoscienceを提訴:
GaNの米中2大プレイヤー、特許係争に発展
次世代パワーデバイスの世界でも、知的財産の保護に対する意識が高まっている。米Efficient Power Conversion(EPC)は中国のInnoscienceを特許侵害で提訴した。(2023/8/23)

任天堂決算:
映画『スーパーマリオ』興行収入、ゲーム原作で歴代1位 IP関連収入が約3倍に
映画『スーパーマリオ』の世界興行収入がゲーム原作の作品として歴代1位になったと発表。作品の世界的ヒットで、IP(知的財産)関連収入が前年同期比190%増の318億円を記録。今後の作品展開にも意欲を示した。(2023/8/3)

NTT、汎用的な量子回路の難読化に成功 素因数分解アルゴリズムにも適用可 知財保護に期待
NTTが汎用的な量子回路を難読化する手法を発見した。これまで以上に難読化できる範囲が広がり、知的財産の保護につながるとしている。(2023/6/21)

生成画像で知財トラブルあればアドビが補償 画像生成AI「Adobe Firefly」にエンタープライズ版
米Adobeは6月8日(現地時間)、画像生成AI「Adobe Firefly」のエンタープライズ版を2023年下半期に提供すると発表した。「Creative Cloud」「Adobe Express」に加え、CMSソリューション「Adobe Experience Mnager」に、商用利用できる画像生成、編集機能を提供するという。(2023/6/9)

ウマ娘訴訟の影響? 知財情報サイト「IP Force」がつながりにくい状態に
知財情報サイト「IP Force」がつながりにくい状態に。SNSでは、コナミデジタルエンタテインメントがCygamesに対して起こした特許権侵害に関する訴訟を巡り、争点となっている特許をIP Forceで調べようとする投稿が見られる。(2023/5/17)

浦上早苗の中国式ニューエコノミー:
AIは著作権を持てるか……中国でバーチャルヒューマンの「権利」を巡る初の判決
ChatGPTなどの生成AI技術に注目が集まるなか、AIを巡る知的財産権の法的枠組みの整備も急務となっている。AIを活用したバーチャルヒューマンの普及が進む中国では、バーチャルヒューマンの権利侵害を巡る訴訟で国内初の判決が下された。しかし、今回の判決では解決できない問題も残る。(2023/5/11)

ADSソリューションに統合:
キーサイト、Cliosoftを買収しEDAソフトを拡充
キーサイト・テクノロジーズは、Cliosoftを買収するとともに、Cliosoft製のハードウェア設計データや知的財産(IP)管理ソフトウェアツールを、自社EDAソリューションのポートフォリオに追加する。(2023/4/5)

医療機器ニュース:
全事業の研究技術開発機能を集約、メディカル事業も新拠点へ
日機装は、各事業の技術開発機能および知的財産管理などを集約して統括する「日機装技術研究所」を設立した。また、メディカル事業の技術開発拠点として、同研究所内に「メディカル技術センター」を開設した。(2023/2/1)

ストックフォトのGetty ImagesもStability AIを提訴 許諾得ずコンテンツを利用したとして
米Getty Imagesが、英Stability AIに対する法的措置を始めた。同社がGetty Imagesの知的財産権を侵害したと主張している。(2023/1/18)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(17):
スタートアップに潜む知財紛争リスクにご用心、M&A前に調査検討すべき項目
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第16回は、知財デューデリジェンスでも問われる職務発明規定の定め方について、留意点を解説する。(2022/12/27)

あのキャラクターも自社サイトで使えるようになる? 知的財産の使用権仲介サービス ピクスタが立ち上げ
画像素材サイト「PIXTA」などを運営するピクスタは、漫画やアニメ、ゲームのキャラクターなどの知的財産の使用権を仲介販売するプラットフォーム「PIXTA IP コンテンツ」を始めると発表した。(2022/11/18)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(16):
従業員の発明の権利を会社に帰属させる「職務発明規定」、どう定めるべきか
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第16回は、知財デューデリジェンスでも問われる職務発明規定の定め方について、留意点を解説する。(2022/11/15)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(15):
M&A予定のスタートアップにおける知的財産権の侵害リスク、どう評価すべきか
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第15回も前回に引き続き、知財デューデリジェンス(DD)における留意点の解説を行う。(2022/10/12)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(14):
M&A前に必ず把握すべき、スタートアップが持つ知財や管理体制
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第14回はスタートアップのM&A時に確認すべき知財の管理体制などについて解説を行う。(2022/9/13)

アマゾンジャパン、模倣品の取り締まりで財務省関税局と連携 国内流入防止に向け覚書を締結
アマゾンジャパンが、知的財産権を侵害する模倣品などの国内流入防止に向け、財務省関税局と覚書を締結した。両組織は今後、模倣品の水際取り締まりに向け、協力の強化を検討する。(2022/6/30)

「ゾイド」を超合金に、「ガンダム」はトミカに バンダイとタカラトミー、大胆コラボの理由
BANDAI SPIRITSとタカラトミーは、互いの代表的なIP(知的財産)と商品ブランドでコラボ商品を展開するプロジェクトを発表した。きっかけは昨年のおもちゃショー開催見送り。「玩具業界として何かできないか考えた」という。(2022/6/16)

ギンビスのロングセラー菓子:
「たべっ子どうぶつ」がカフェに 7月、東京・表参道に期間限定オープン
菓子メーカー、ギンビス(東京都中央区)が手がけるビスケット菓子「たべっ子どうぶつ」をコンセプトにしたカフェ「たべっ子どうぶつカフェスタンドOmotesando」が7月5日〜8月21日までの期間限定で、東京・表参道にオープンする。IP(知的財産)を活用しエンタメ分野で事業を展開するツインプラネット(東京都渋谷区)が企画・運営する。(2022/6/11)

スクエニ、「トゥームレイダー」など手放す 北米の開発スタジオとゲームIP売却 約390億円で
スクウェア・エニックス・ホールディングスは2日、カナダや米国にある3つの開発スタジオと「TOMB RAIDER」シリーズなどのゲームIP(知的財産)をスウェーデン企業に売却すると発表した。(2022/5/2)

「ドラゴンボール超スーパーヒーロー」とのコラボTシャツが発売 狙いは?
映画「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」の公開に先駆け、コラボレーションTシャツ2種が発売。人気IP(ゲームやアニメのタイトルやキャラクターなどの知的財産)とコラボレーションすることで、売り上げの拡大を狙う。(2022/4/22)

知財ニュース:
特許登録件数の国内首位は三菱電機、意匠登録件数は2位――特許庁レポート
特許庁は2022年3月30日、2021年における、同庁の知的財産に関する取り組みや国内外の動向をまとめた年次レポート「特許庁ステータスレポート2022」を発表した。同レポートから特許登録件数と、意匠登録件数に関する項目を抜粋して紹介する。(2022/4/14)

知財ニュース:
知財係争訴訟への対応力強化、トヨタが10年以上の電子データ保全に乗り出す
日本マイクロソフトは2022年3月31日、Azureを基盤とする知財DXプラットフォーム「Proof Chain of Evidence」をトヨタ自動車とスタートアップ企業のScalarが構築したと発表した。技術情報に対する証拠力を高め、知財係争訴訟への対応力を強化する。(2022/4/1)

NFTをめぐる知財訴訟【後編】
「NFTによる知財侵害」を訴えたエルメスとナイキ、それぞれの主張
高級ファッションのHermesやスポーツ用品のNikeなどが、非代替性トークン(NFT:Non Fungible Token)による権利侵害を争点に訴訟を起こした。両者の主張とは。(2022/3/29)

NFTをめぐる知財訴訟【中編】
「NFT」が引き起こす知財問題 企業に立ちはだかる「法的な曖昧さ」の影響は
活用が広がりつつある「NFT」(Non Fungible Token:非代替性トークン)。一方で企業が無視できない課題として、NFTによる権利侵害がある。法律専門家は問題の核心をどう見るか。(2022/3/22)

NFTをめぐる知財訴訟【前編】
NFTとは? 400億ドル規模に急成長、知財重視の企業には懸念も
「NFT」(Non Fungible Token:非代替性トークン)の市場が盛り上がりを見せている。一方で法律専門家は、知的財産権や著作権、商標権に関する法整備が追い付いていないことを危惧する。(2022/3/15)

Meta(旧Facebook)が構想した暗号資産「Diem」終了 資産は2億で売却、協会は解散へ
Mtaが2019年に発表した暗号通貨「Libra」(後の「Diem」)が終了する。Diem Associationは関連知財をSilvergate Capitalに売却し、解散プロセスに入る。「規制当局との対話で推進できないことが明らかになった」ため。(2022/2/1)

組み込み開発ニュース:
加賀FEIが太陽誘電の無線モジュール事業を承継、新ブランドは「CONTINECT」
加賀FEIは、太陽誘電からBluetoothおよび無線LANモジュールに関わる商権、開発製造技術ならびに知的財産権を承継した。新たに無線モジュール事業に参入し、超小型無線モジュールの受注を開始している。(2022/1/24)

太陽誘電からの事業継承が完了:
加賀FEI、無線モジュール事業に参入
加賀FEIは2021年1月5日、太陽誘電からBluetoothおよび、ワイヤレスLANモジュールにかかわる商標、開発・製造技術、知的財産権を承継し、無線モジュール事業に参入し、受注を開始したと発表した。(2022/1/5)

知財ニュース:
IBM Watsonを活用した知財情報などの技術動向分析システム稼働開始
AIを使った日本アイ・ビー・エムのテキスト検索、分析プラットフォーム「IBM Watson Discovery」を活用し、日本ゼオンが「技術動向予兆分析システム」の稼働を開始した。(2021/12/27)

製造マネジメントニュース :
「パナソニックに足りないのはスピード」CNS社CTOに就任した元MS榊原氏
パナソニック コネクティッドソリューションズ社は2021年12月1日、同年11月1日に同社CTO兼イノベーションセンター所長および知財担当に就任した榊原彰氏に対するメディア懇談会を開催し、報道陣の取材に応じた。(2021/12/3)

ベンチャーに学ぶ「知財経営の実践的ヒント」(3):
自社技術を知ってもらうために知財を使ってできること
貧困解決を目指すFinTechサービスを支える技術を保有し、知財ポートフォリオ形成による参入障壁構築を進めるGlobal Mobility Service。同社の知財戦略と知財活動からビジネス保護に使える知見を紹介する。最終回は知財を起点に国際的なビジネスマッチングを加速させる。(2021/11/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。