• 関連の記事

「統計」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

Social Media Today:
Xが2024年第2四半期の利用統計を公開 広告主へ必死の成長アピールの一方で残る不可解なポイント
Xが公表した新たな統計によると、少なくとも月次ベースではXの利用者数は増加しているようだ。しかし、このデータには、どうにも腑に落ちない点がある。(2024/7/11)

詐欺によく使われる決済方法 米FTCが調査 結果は……?
米連邦取引委員会(FTC)は5月、消費者が詐欺師に対して支払いを行う際に使用された決済アプリやサービスに関する統計を始めて公開し、その使用頻度を明らかにした。この統計は消費者からの詐欺報告に基づいており、FTCのWebサイトで発表された。(2024/7/9)

「トキ消費」とは? ライブ・エンタメ市場にもインフレの波
厚生労働省が発表した4月分の毎月勤労統計調査によれば、物価の影響を考慮した実質賃金は前年同月比0.7%減となり、過去最長を更新する25カ月連続マイナスの伸びとなった。(2024/6/27)

就労者数は増加傾向なのになぜ……
IT業界で「女性の大量離職」が起きていた残念過ぎる現実
英国家統計局の統計によると、英国IT業界全体の就労者数および女性の就労者数に変動が見られた。この動きを専門家は不安視している。どのような動きがあり、何が原因なのか。(2024/6/26)

東京23区で外国人が増えているのはどこか 富裕層の動向が影響
東京23区の過去5年間の「外国人増加率」が中央区、文京区、千代田区の都心部で急増していることが各区の人口統計の集計からわかった。(2024/6/25)

25カ月連続マイナスの実質賃金 “いつ浮上”するのか
厚生労働省の毎月勤労統計で、実質賃金が25カ月連続でマイナスとなった。プラスに転換する時期はいつごろか。早期にプラス転換させるには、どのような施策が必要だろうか。(2024/6/12)

大山聡の業界スコープ(77):
24〜25年半導体市況を見通す ―― WSTS春季予測はもっと強気でもよいのでは
WSTS(世界半導体市場統計)が2024年および2025年の世界半導体市場予測を発表した。2024年の成長率は前年比16.0%と予測されているが、条件次第ではもっと強気な予想も可能ではないか。今回は、これまでの状況を踏まえながら今後の市況見通しについて考える。(2024/6/11)

WSTS春季予測:
2024年世界半導体市場は前年比16%増、AI需要がけん引
WSTS(世界半導体市場統計)によると、2024年の世界半導体市場規模は2023年に比べ16.0%増の6112億3100万米ドルとなり、再拡大すると予測した。多くの製品がマイナス成長となる中で、メモリや一部のロジック製品などAI(人工知能)関連の需要が急拡大する。(2024/6/6)

やさしい確率分布:
[データ分析]二項分布とベルヌーイ分布 〜 離散型確率分布の基本
データ分析の初歩から応用まで少しずつステップアップしながら学んでいく連載(確率分布編)の第2回。推測統計の基礎となる確率分布のうち、離散型確率分布で代表的なベルヌーイ分布と二項分布の意味や特徴などを解説します。(2024/6/6)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(23):
パートタイム労働者の賃金が低いのは世界共通なのか? 国際比較で確かめる
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。今回はパートタイム労働者の統計データを国際比較してみます。(2024/5/27)

故障までの稼働期間、生涯故障率も報告:
28万台のHDD調査で分かったモデル別故障率 メーカー別推移が明らかに
Backblazeは、2024年第1四半期の自社データセンターにおけるデータドライブの統計レポートを発表した。(2024/5/10)

やさしい確率分布:
やさしいデータ分析【確率分布編】 新連載開始!
データ分析の初歩から応用まで少しずつステップアップしながら学んでいく連載の確率分布編です。第1回は出発点として、推測統計の基礎となる確率分布の意味や種類、特徴を解説します。離散型分布と連続型分布の違いや種類、確率分布を表す確率質量関数/確率密度関数と累積分布関数の意味や特徴などを見ながら連載の全体像を紹介します。(2024/5/9)

調査レポート:
空き家数が30年で倍増、2023年は900万戸に 総務省統計調査
総務省の住宅/土地統計調査の速報集計によると、2023年10月1日時点の国内の空き家数は900万戸で、調査開始以来最多となった。1993年時点の448万戸から、30年間で倍増した。空き家率も過去最高の13.8%に達した。(2024/5/8)

社長の平均年齢は60.5歳と高齢化 平均年齢の高い業種は?
帝国データバンクは、2023年時点における全国の社長の平均年齢が60.5歳(前年比0.1歳上昇)だったと発表した。社長の平均年齢は、統計としてさかのぼれる1990年から毎年上昇しており、23年においても同様の傾向となった。(2024/4/19)

延べ約19万2000人が受講:
2024年も無料で学べる 総務省が「社会人のためのデータサイエンス入門」を開講
総務省は、データサイエンスのオンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」を2024年6月11日に開講する。同講座では、統計学の基礎や統計データの見方など、統計データ分析の基本的な知識を学習できる。(2024/4/12)

総務省、データサイエンス入門の無料オンライン講座を開催 「統計学の基礎」など解説
総務省統計局はオンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」の受講者募集を開始した。データサイエンスに携わる専門家が講師を務める。受講の前提条件はなく、誰でも無料で受講できる。(2024/4/10)

年平均故障率、過去3年の推移、生涯故障率を報告:
HDD約27万台を使用して分かった、サイズ別、メーカー別故障推移 Backblazeが発表
Backblazeは、2023年の自社データセンターにおけるデータドライブの統計レポートを発表した。(2024/2/20)

甲元宏明の「目から鱗のエンタープライズIT」:
「日本企業は平均値を重視し過ぎる」 “分かった気”で終わらせない統計データの使いこなし方
ニュースや資料では多くの調査データが紹介されています。中でも目立つのが「平均値」ですが、筆者は「日本企業は平均値を重視しすぎる」と警鐘を鳴らします。ビジネスに本当に役立てるための統計データの使いこなし方とは。(2024/2/9)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(19):
日本の労働生産性は昔から低水準だった! 統計データの国際比較で見えたこと
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。今回は「労働生産性」に注目します。(2024/2/8)

セキュリティニュースアラート:
OfficeやPDF形式のファイルの悪用が増加 2023年カスペルスキー調査
カスペルスキーは2023年のサイバーセキュリティに関する年次統計レポートを発表した。2023年1〜10月までの10カ月間で検知した悪意あるファイルの件数は2022年から3%増加し、1日当たり41万1000件だった。(2023/12/14)

大山聡の業界スコープ(72):
WSTSの世界半導体市場規模予測は強気――でも条件がそろえば達成可能か
先日、WSTS(世界半導体市場統計)が2023年秋季の世界半導体市場予測を公表した。今回は、WSTSの予測を見ながら2023年の着地および2024年以降の市況の見通しについて私見を述べる。(2023/12/13)

AI・機械学習の用語辞典:
トリム平均(Trimmed Mean)とは?
用語「トリム平均」について説明。昇順または降順に並べたデータの上位と下位から一定の個数または割合で値を除外(トリム)し、残ったデータで平均を求めること。特に外れ値を含むデータセットで統計的にデータを解釈する際に役立つ。(2023/12/11)

WSTS秋季予想:
24年の世界半導体市場規模、13.1%増で過去最高の5883億米ドルに
WSTS(世界半導体市場統計)は2023年11月28日、2023年秋季の半導体市場予測を発表した。それによると、2024年の世界半導体市場規模は、前年比13.1%増の5883億6400万米ドルと、過去最高を更新する見込みだ。(2023/12/6)

AI・機械学習の用語辞典:
「Average」と「Mean」の違いとは? 「平均」を意味する2つの英単語
用語「Average」と「Mean」の違いについて説明。両方とも「平均」と訳されるが、「Average」が日常的な会話や文脈の中でよく使われる一般的な用語であるのに対し、「Mean」は数学/統計学/機械学習といった専門的な文脈の中でよく使われる専門的な用語であるという違いがある。(2023/11/30)

古いモデルの交換が奏功か:
猛暑でHDD故障が急増は本当? 26万台のドライブ調査でウワサを探る
Backblazeは、2023年第3四半期の自社データセンターにおけるデータドライブの統計レポートを発表した。(2023/11/21)

ソーラーシェアリング入門(63):
ソーラーシェアリングの最新統計、導入数や営農の状況・トラブルの傾向は?
ソーラーシェアリングについて解説する本連載。今回は農林水産省が公開した、営農型太陽光発電の最新統計の情報を紹介します。(2023/11/7)

Pythonデータ処理入門:
[NumPy超入門]データ処理の最初の一歩! 基本統計量からデータの特徴を把握しよう
データセットがどのような特徴を持つのか、その基本は最大値/最小値/平均値/中央値/最頻値/標準偏差などの基本統計量を使って調べられます。実際のデータを使って、これを体感してみましょう。(2023/10/27)

流通小売企業向け「ドコモリテールDXプログラム」提供 9600万超のdポイントクラブ会員データを活用
NTTドコモは、流通小売業のマーケティングをサポートする「ドコモリテールDXプログラム」を提供開始。同社が保有する各種データを組み合わせ、独自AIエンジン活用で統計化して課題解決をサポートする。(2023/10/25)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(16):
国内製造業の「労働生産性」は世界の中でも高いのか? 統計データで確かめる
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。(2023/10/24)

これまで約7万6000人が受講:
無料で「実践的なデータサイエンス」を学べるオンライン演習を開講 総務省
総務省は、データサイエンスのオンライン講座「社会人のためのデータサイエンス演習」を開講した。行政やビジネスでの活用を想定しており、業務やビジネス上での分析事例を中心に実践的な統計分析手法を解説する。(2023/10/12)

Pythonデータ処理入門:
[NumPy超入門]平均/中央値/最頻値や分散/標準偏差を求めてみよう
NumPyが提供する基本統計量を調べるさまざまな関数を使って、サンプルデータにはどんな特徴があるかを調べてみましょう。(2023/10/5)

四半期故障率とその推移、生涯故障率などを報告:
2023年上半期のSSD使用統計、最も故障しにくい4製品の名前は?
Backblazeは、2023年上半期の自社データセンターにおけるSSD使用統計レポートを発表した。(2023/10/2)

新卒向け「統計学の基礎」100ページ超 SaaS企業が無料で資料公開
ブレインパッドが、新卒研修で使った統計学の学習資料を公開した。統計学の基礎を解説したもので、ページ数は100ページ超。スライド公開サービス「Speakerdeck」から無料で閲覧できる。(2023/9/20)

湯之上隆のナノフォーカス(65):
史上最悪レベルの半導体不況に回復の兆し、生成AIという新たな“けん引役”も
“コロナ特需”から一転、かつてないレベルの不況に突入した半導体業界だが、どうやら回復の兆しが見えてきたようだ。本稿では、半導体市場の統計や、大手メーカーの決算報告を基に、半導体市場の回復時期を探る。さらに、業界の新たなけん引役となりそうな生成AIについても言及する。(2023/9/8)

シークレットの漏えい防止を支援:
GitHub、個人アカウントにプッシュ保護設定を追加 管理者向けのメトリクス機能も
GitHubは、シークレットの漏えい防止を支援するプッシュ保護機能の強化を発表した。個人アカウントにプッシュ保護の設定が追加され、組織の管理者はプッシュ保護の統計を確認できる。(2023/8/28)

年々増加する猛暑日 意外な原因の1つ「統計方法の変更」
この記事では、猛暑日の定義・年間日数や連続日数などの各種記録に加え、猛暑日増加の一因と考えられる「気温観測の統計方法の変更」について学ぶことができます。(2023/8/27)

北海道 暑さの記録更新 猛暑日多数
統計開始以来最も高い記録を更新した所があります。(2023/8/23)

2024年問題:
建設業の“月給”が全産業で最大の下げ幅に 前年同月比で3.9%減
厚労省の「毎月勤労統計調査(6月分結果速報)によると、建設業の月給額は56万1499円の前年同月比3.9%減で、全産業で最も大きい下げ幅となった。2024年問題に直面し、慢性的な人材不足に陥っている状況下でも、賃金がそれほど上昇していない実態が明らかになった。(2023/8/21)

データサイエンティスト目指すVTuber「七夜聖りあら」デビュー ITパスポート対策動画など公開へ
データアナリストを目指すVTuber「七夜聖(なよせ)りあら」がデビュー。統計スキルやITリテラシーを高める教育動画などを投稿していく。(2023/8/18)

24万台のHDDを調べた:
8TBのHDDだけ故障率が高い謎――自社利用HDDの調査で分かった「気になる真実」とは
Backblazeは、2023年第2四半期の自社データセンターにおけるデータドライブの統計レポートを発表した。(2023/8/9)

AI・データサイエンス超入門:
初めてのデータ分析。手軽に体験してみよう
データ分析とは具体的にどのようなことをするのか? 全くイメージが湧かない人、自分ではやってみたことがない人に向けて、気軽な疑似体験を通してデータ分析の雰囲気をお伝えします。具体的には、データを整理/変換し、グラフを作成して統計量も計算。さらにデータから次の数値を予測してみます。(2023/7/13)

大山聡の業界スコープ(66):
2024年半導体市場の2ケタ成長は可能なのか? ―― WSTS春季予測を考察
2023年6月6日、WSTS(世界半導体統計)は2023年および、2024年の半導体市場予測を発表した。半導体市場のこれまでの状況を踏まえながら、今後の見通しについて考えてみたいと思う。(2023/6/16)

4年ぶりのマイナス成長に:
2023年世界半導体市場は前年比10.3%減、WSTS予測
WSTS(World Semiconductor Trade Statistics/世界半導体市場統計)は2023年6月6日、2023年春季の世界半導体市場予測を発表した。それによると、2023年の世界半導体市場規模は2022年比10.3%減の5150億9500万米ドルで、2019年以来4年ぶりのマイナス成長になる見込みだ。(2023/6/8)

ドライブ別、メーカー別でみた平均故障率を紹介:
23万台のHDD調査で分かった故障率ワースト1のメーカーとその理由
Backblazeは2023年第1四半期の自社データセンターにおけるデータドライブの統計レポートを発表した。(2023/5/19)

2022年度の国内携帯出荷台数、2000年度以降で過去2番目の低さに
MM総研は、5月16日に「2022年度通期 国内携帯電話端末の出荷台数調査」の結果を発表。総出荷台数は3193.3万台(前年度比12.8%減)で、2000年度以降の出荷統計では過去2番目の低さとなった。(2023/5/18)

徳島市が「燃やせるごみ」の名称を「分別頑張ったんやけど、燃やすしかないごみ」に変更 「ユーモアある」「ふざけてるのか」と賛否
統計資料の表記などはそのまま。(2023/5/16)

120万人のレシート分析:
マスク着用緩和で、「売上が増えた」商品とは?
東芝データ(東京都港区)は、電子レシートサービス「スマートレシート」約120万人分のデータを統計化して発表した。3月13日のマスク着用緩和開始に伴いマスクの購入が減少する中、ファンデーションやリップなどマスクを外すことで見える部分の商品が売れていることが分かった。(2023/4/25)

「e-Stat」や「jSTAT MAP」の使い方も学べる:
学びの季節に無料の「データサイエンス」講座はいかが? 総務省が受付開始
総務省は、オンライン講座「社会人のためのデータサイエンス入門」の受講受付を開始した。講座内容をリニューアルしており、最新の統計データを用いている他、グラフの見方や統計リテラシーなどの内容が追加されている。(2023/4/14)

メーカー5社/13モデルを調査:
2022年のSSD故障率、メーカー5社のうち故障率が高いのは?
クラウドストレージやクラウドバックアップサービスを提供するBackblazeは、2022年の自社データセンターにおけるSSD使用統計レポートを発表した。(2023/3/17)

働き方の見取り図:
出生数80万人割れ 成長が「無理ゲー」のいま、企業に残された最後の人事戦略とは?
出生数が1899年の統計開始以来、初めて80万人を割った。生産年齢人口の男性だけを戦力と見なした人事戦略では、この先の企業経営は立ち行かなくなる。人口減少社会で企業に残された人事戦略とは?(2023/3/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。