• 関連の記事

「音声合成」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「音声合成」に関する情報が集まったページです。

CloseBox:
Alexaが故人の声で話すようになる それは良いことなのか?
Amazonが発表した、故人の声で本の読み聞かせをするデモ。これについて考えてみた。(2022/6/25)

顔認識サービスで「感情や年齢などを推論する機能」の提供を中止:
AIは「無制限に開発・構築してはならない」、Microsoftが「責任あるAI基準」公開 一部機能は中止へ
Microsoftは同社のAIシステムの構築方法を導くフレームワーク「Microsoft Responsible AI Standard v2」(責任あるAIの基準第2版)を公開した。さまざまな社会的な課題について、AIでどのように扱うのか、Microsoftの考えを示した。同時に社会的に悪影響を与えると考えられる同社のAIサービスの提供を中止した。(2022/6/24)

Microsoft、性別や感情を解析するAI顔認識ツールのAzureでの提供を停止
Microsoftは「Azure Face」の一部の機能提供を停止し、APIへのアクセスを制限すると発表した。音声版ディープフェイクの可能性のある「カスタムニューラル音声」へのアクセスも制限する。同社の「責任あるAIの原則」更新の一環だ。(2022/6/22)

日本おもちゃ大賞2022大賞:
家族の声を完コピ、AIが読み聞かせ タカラトミー「coemo」、子どもも納得の再現度
日本玩具協会が主催する「日本おもちゃ大賞2022」のエデュケーショナル・トイ部門で、タカラトミーの読み聞かせスピーカー「coemo」(コエモ)が大賞を受賞した。AI技術を活用し、アプリで登録した家族の声を再現する革新性と、豊富な読み聞かせコンテンツを生かした教育性が高く評価されたという。(2022/6/18)

ニコニコ、【ゆっくり茶番劇】投稿祭を開催 賞品に「おまんじゅう詰め合わせ」など
ドワンゴは、動画投稿プラットフォーム「ニコニコ動画」で「【ゆっくり茶番劇】投稿祭」と「ゆっくり動画投稿祭」を開催すると発表した。同人ゲームなどで知られる「東方Project」などの二次創作キャラクター「ゆっくり」を使った動画を募集する。(2022/6/3)

コードを1行追加すればWebページで対話的に操作できる:
ワシントン大学、オンラインデータ可視化ツールを改善するJavaScriptプラグインを開発
ワシントン大学の研究チームはWebページ内のデータ可視化に役立つソフトウェアを開発した。Webページにコードを1行追加するだけで、スクリーンリーダーのユーザーが、オンラインでインタラクティブに操作できるようになる。(2022/6/3)

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
議事録作りだけではない AI「音声認識」の可能性を考える
画像認識技術に比べて音声認識技術の用途は限定されている。ビジネスの場での活用は、コールセンターでの電話音声の文字起こしや会議の議事録作成にとどまっているのが現状だ。しかし、将来的には売り上げに貢献することが期待されているという。(2022/5/27)

パパやママそっくりの音声で読み聞かせできるスピーカー タカラトミーから「coemo(コエモ)」が9月下旬発売
「タカラトミーモール」で6月14日から予約受付スタート。(2022/5/24)

9月下旬から販売開始:
タカラトミー、AIがパパ・ママそっくりの声を作る読み聞かせスピーカー「coemo」を発売
実在人物とそっくりな声をAIがつくる読み聞かせスピーカー「coemo」が発売。アプリで声を登録し、好きな物語を選ぶと登録した声で読み聞かせが始まる。「子どもに本を読ませたいが、毎日の読み聞かせは大変」という保護者の声に応えていく。(2022/5/23)

親の声で「読み聞かせ」するAI音声合成スピーカー、タカラトミーが発売 複数の声で配役も
タカラトミーは親の声を合成音声にして子どもに童話などを読み聞かせるAIスピーカー「coemo(コエモ)」を発表した。(2022/5/23)

ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」問題に公式声明 「ジャンルとしての利用なら商標権侵害しない」
ドワンゴは「ゆっくり茶番劇」が文字商標登録された件について、「ゆっくり茶番劇」という文字列を動画のジャンル・カテゴリーの表示として使い、ニコニコ動画を投稿することは、商標権を侵害しないとする見解を発表した。(2022/5/20)

商標登録で話題の「ゆっくり」ってそもそも何? 浸透の経緯をゆっくり振り返る
商標登録を巡り議論が広がる「ゆっくり茶番劇」。話題が大きくなる裏側には、「ゆっくり」というコンテンツの出自が関わっている。ゆっくり誕生の経緯や人気の現状を探り、騒動の背景をひもとく。(2022/5/17)

「ゆっくり茶番劇」商標登録者が方針転換 使用料は不要も「権利は当社のもの」
「ゆっくり茶番劇」が商標登録され物議を醸している問題で、商標登録を発表した柚葉さんが、年間10万円としていた商標使用料を不要とすると発表した。商標の使用許諾を取るよう求めたガイドラインは取り下げていない。(2022/5/17)

「ゆっくり茶番劇」が商標登録され物議 担当弁理士事務所「皆さまに愛されているとは知らず」
「ゆっくり茶番劇」という単語を商標登録したとするツイートが物議を醸している。同件を巡り、担当弁理士が所属する事務所は「皆さまに愛されているとしらずご迷惑をおかけした」と謝罪。一次創作元やニコニコ動画などが対応を検討している。(2022/5/16)

喋る「ハローキティロボット」誕生 受付や接客での活用見込む サンリオとNTT東が共同開発
サンリオが、「ハローキティ」型のコミュニケーションロボットを8月に発売する。開発に当たってはNTT東と協力。価格は5年間のリース契約の場合で月額7万5900円。接客や受付業務での活用を見込む。(2022/4/22)

サンリオからの提案で:
NTTとサンリオ「ハローキティロボット」開発 一番の特徴は「声」
NTT東日本とサンリオは4月21日、共同で開発した「ハローキティロボット」を発表した。法人向けのコミュニケーションロボットで、一番の特徴は「声」。どんな活用方法があるのか?(2022/4/21)

人工知能ニュース:
ラズパイでそのまま動くが優位性に、エッジAIのIdeinがアイシンとの協業を深化
AIスタートアップのIdeinがエッジAIプラットフォーム「Actcast」の事業展開を紹介。会見には協業パートナーのアイシンも登壇し、これまでの開発成果に加え、自動バレー駐車システムや、自動運転バスなどへの搭載を想定しているマルチモーダルエージェント“Saya”の開発状況を説明した。(2022/4/15)

Innovative Tech:
スピーチに応じた“ろくろ回しポーズ”を自動生成、映像に反映 中国などの研究チームが技術開発
中国科学技術大学とJD AI Researchの研究チームは、発話に応じた上半身の動作を自動で生成するモデルを開発した。単調な動きだけを繰り返すのではなく、韻律(抑揚、音調、強勢、音長など)を考慮した自然な動作を生成する。(2022/4/1)

松田優作さんを“デジタルヒューマン”として復活させるプロジェクト、東映が発表
東映のツークン研究所は31日、新たな映像表現を目指す取り組みの一環として1989年に亡くなった俳優の松田優作さんを「デジタルヒューマン」として蘇らせるプロジェクトを発表した。(2022/3/31)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第3回):
絵文字がお題の“借り物競争”ゲーム 審判はAI、画像認識と正誤判定が早い! 開発の工夫を遊んで学ぶ
出題された絵文字と同じものをカメラで写すゲーム「Emoji Scavenger Hunt」を遊んだ。審判はAI。素早い画像認識と正誤判定を実現した開発の工夫に迫る。(2022/3/30)

小寺信良のIT大作戦:
TTSの発展は「誰でもオーディオブック」の世界を開くか 無料で商用利用もできる「VOICEVOX」の実用度
TTS(Text to Speech)の進化が著しい。これがオーディオコンテンツ作成にどう影響するのかを小寺信良さんが考察する。(2022/3/28)

自分の声を人気キャラの声に変換 AIボイスチェンジャーをドワンゴが4月に発売
ドワンゴとエーアイが、共同開発したAIボイスチェンジャー「Seiren Voice 結月ゆかり」「Seiren Voice 琴葉 茜・葵」を4月下旬に発売する。(2022/3/25)

ソニーの謎プロジェクト「雨宮天とポイック」始動 予告動画を公開
ソニーは25日、自社サイト内に新プロジェクトをうたう「雨宮天とpoiq(ポイック)」のティーザーページを公開した。4月4日から参加者の募集を始めること以外は明かしていない。(2022/3/25)

「レガシー脱却」にかける思いとは
Google元幹部が生んだ勘定系「Vault」を導入 新興銀行Lunarの狙いは
北欧のチャレンジャーバンクLunarは、Thought Machineの勘定系システム「Vault」を採用した。Lunarがシステム選定に当たって重視したポイントは。(2022/3/25)

「AIルフィ」爆誕 『ONE PIECE』のルフィが集英社の受付に 田中真弓さんのデータによる合成音声で会話
受付王に俺はなる!(2022/3/24)

「ONE PIECE」のルフィがAI化 集英社オフィスの受け付け担当に
セコムとDeNAは漫画「ONE PIECE」の主人公ルフィのAI「AIルフィ」の実証実験を始めた。AIルフィは来訪者が近づいたり話しかけたりすると、ルフィのイメージに合わせた動きと語りかけるような合成音声で自動応答するという。(2022/3/24)

集英社入り口にお目見え:
AIルフィが受付を担当 道案内や検温うながす DeNAやセコム協業
DeNAは、人気漫画「ONE PIECE」の主人公ルフィが「AIルフィ」として受付業務を担当する実証実験を、東京・神保町の集英社オフィスで始めた。来訪者への応対や、検温を促すあいさつ、道案内などをする。(2022/3/24)

機械の声で気持ちよくなれるか ささやきAIで「メイドさんASMR」動画作ってみた
AI音声合成ソフト「VOICEVOX」に、ささやき声を合成できる音源「九州そら」が登場した。疑似バイノーラル化技術を使って、AIを使った「ASMR動画」が作れるのか検証してみた。(2022/3/16)

AIで“ASMR”が作れる時代に ささやき声も出せる音声合成「九州そら」無料公開
SSSが音声合成ソフト「VOICEVOX」用音源「九州そら」をリリースした。九州そらは、せりふを入力するだけで人間らしい“ささやき声”を出力できるAIだ。(2022/3/16)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
初音ミクが生きてきた16年を振り返る 究極のバーチャルシンガーはどこがすごかったのか
NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」をネタに、初音ミクについて語りました。(2022/3/2)

バーチャルYouTuber「キズナアイ」がアニメ化、さらに音声合成AI化も決定 無期限活動休止前のラストライブで発表
ラストライブにも登場した「キズナ(#KZN)ちゃん」がリリースに向けて開発中です。(2022/2/27)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第2回):
今日から君もラッパーに! カメラで写した猫も楽器もAIでラップ化 「Giorgio Cam」でテンションUPだ
カメラで写したものをAIで認識して、即興でラップ化するWebアプリケーション「Giorgio Cam」で遊んだ。ペンや楽器、本物の猫などで試してみると、AIの得意/不得意が見えてきた。誤認識されてもラップでテンションは上がるので心配なし!(2022/2/22)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「VOICEPEAK」と「CeVIO Pro」、 新しい音声・歌声合成製品はどこがすごいの? 商用可能でMac対応でほぼ人間
人間と区別できないレベルの音声合成・歌声合成が可能なソフトが登場した。さらに重要なポイントが2つある。(2022/2/21)

1.6万円で商用利用も可 AI読み上げソフト「VOICEPEAK」登場 7音源付属、Win・Mac・Linuxに対応
AHSがAI読み上げソフト「VOICEPEAK 商用可能 6ナレーターセット」を発売する。価格は1万5800円からと安価だが、許諾を得なくても商用利用できる。対応OSはWindows、MacOS、Linux。(2022/2/17)

技術者のための資料作成とプレゼン講座(7):
ナレーション付きのオンライン用プレゼン資料を作る
どんなに素晴らしい内容の発表でも、それが読み手や聞き手にうまく伝わらなければ意味がない。本連載では、技術者の皆さんを対象に、相手に伝わる発表内容の構成や資料の表現方法などについて伝授する。第7回は、オンラインセミナーのコンテンツ作成をテーマに、“ナレーション付き”プレゼン資料の作り方を詳しく紹介する。(2022/2/17)

声のプロに音声合成AIの品質はどう映る 声優・森川智之さんが語る“技術への向き合い方”
声優の森川智之さんは小学館のプロジェクトでその声をAIとして保存した。声のプロから見たAI音声合成の質について森川さんは「まだまだ問題はある」としながらも技術の発展については好意的だ。(2022/1/24)

1月8日のGoogle Doodleはホーキング博士の声が人生を語る動画
Googleの検索トップページのロゴが1月8日、故スティーブン・ホーキング博士の80回目の誕生日を祝うものになった。クリックすると、博士が生前使っていた“声”によるナレーションの短い動画が始まる。(2022/1/8)

視点:
顧客価値創出へのAIの貢献
2000年代から続いている第三次AIブームは、ビッグデータを用いてAI自身が知識を習得する「機械学習」の実現から始まった。近年は、知識を定義する要素である特徴量をAI自身が習得するディープラーニングにより、ビジネスでのAIの実用利用が急速に進んでいる。(2021/12/20)

自動運転技術:
自動運転車をファーストクラスに、NVIDIAが最新プラットフォームを発表
NVIDIAは、オンライン開催のユーザーイベント「GTC 2021 Fall」(2021年11月8〜11日)において、メルセデス・ベンツと米国の市街地などで実施してきた自動運転車の走行テストについて紹介した。(2021/11/11)

音声AI特化の研究組織、サイバーエージェントが新設 接客などで需要増
サイバーエージェントの研究組織「AI Lab」が、音声合成や音声認識といった分野を専門に研究する組織「完全自動対話研究センター」を新設した。接客や問い合わせ対応と言った分野でコミュニケーションを自動化するニーズが高まっていることを受けた施策という。(2021/10/26)

QLNP普及に向けた第一歩か:
量子自然言語処理向けツールキット「lambeq」がオープンソースで公開 ケンブリッジ・クオンタム
ケンブリッジ・クオンタムは、量子自然言語処理向けツールキット「lambeq」をオープンソースとして公開した。Python 3.7以上に対応する。文章を量子回路に変換し、量子計算機を活用して自然言語処理アプリケーションを開発できる。(2021/10/21)

災害情報や防災無線の情報を電話で聞ける:
「ITリテラシーを問わずに確実に情報を伝える」 渋谷区が自治体・防災向けクラウド自動電話サービスを導入
東京都渋谷区は、ソフトフロントジャパンの自治体・防災向けクラウド自動電話サービス「telmeeもしもし」を導入した。住民や関係者に対して電話で自動的に災害情報を伝えるオートコール機能や、防災行政無線の内容の電話での再聴取に活用する。(2021/9/14)

声帯摘出者に“自分のAIボイス”を無料提供 「CoeFont」運営が支援策
AI音声合成を提供するYellstonが「CoeFont CLOUD」を声帯摘出者に無料提供する。事前に声を収録することで、摘出後も“自分の声”で会話できる。今後は、すでに摘出した人も“自分の声”で会話できるよう、当時の音声データをもとに音声合成を作成できる予定。(2021/9/13)

喉頭摘出者を音声合成と「電気喉頭」で再び会話可能に 発話用アプリも開発、名古屋大などが臨床研究
名古屋大学の研究チームは、頭頸部がんなどで喉頭(喉仏)を摘出し、自力での発声が困難になった患者を、音声合成技術と人工の喉頭「電気喉頭」を活用して再び会話できるようにする臨床研究を始めると発表した。(2021/9/7)

声優・森川智之の声をAIで再現、オーディオブックの一部を無料公開 小学館など2社
スタートアップのYellstonが、小学館と協力して、声優・森川智之さんの声を再現した音声合成AIで読み上げたオーディオブックを無償公開した。「小学館が進める、あらゆる出版物の音声化を目指す活動を受けて協力した」(Yellston)という。(2021/9/7)

人工知能ニュース:
機械学習プラットフォーム市場が大幅成長、AI主要8市場の調査レポート公開
ITコンサルティングを手掛けるアイ・ティ・アールは2021年8月26日、AI関連領域の主要8市場について、市場規模推移や予測結果を発表した。(2021/9/2)

2025年度には売上金額が1200億円に達する:
「AIは『ビジネスユーザーのための道具』として足場を固めている」 ITRがAI関連の主要8市場の市場規模を予測
ITRは、AI関連の主要8市場について、市場規模の推移と予測を発表した。ITRは2020年度の売上金額を対前年度比19.9%増の513億3000万円、2020〜2025年度の年間平均成長率を18.7%と見込んでいる。(2021/8/30)

AI関連の主要8市場が躍進、2025年度に1200億円規模へ 需要拡大の要因は?
アイ・ティ・アール(ITR)によると、AI関連の主要8市場は2020年度に前年度比19.9%増と高成長し、2025年度には1200億円規模に達する予測だ。市場躍進の要因とは?(2021/8/27)

Innovative Tech:
10万円以下で作れる表情豊かなヒューマノイド「Eva」 ラズパイで動くオープンソースロボット
ヒューマノイドの頭部を安価に製作できるオープンソースプロジェクト。(2021/8/26)

「AI加山雄三」が“歌ってみた”動画をYouTubeに 24時間テレビで反響
歌手の加山雄三さんが、自身の歌声を音声合成AIで再現したプロジェクト「バーチャル若大将」のYouTubeチャンネルを開設し、“歌ってみた”動画を投稿した。(2021/8/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。