• 関連の記事

「NVIDIA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NVIDIA」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

モバイル向け製品も同時発表:
日常作業や2D CADを快適に――AMDが1スロットサイズのGPU「Radeon PRO W6400」を2022年第1四半期に投入 229ドルから
AMDが、コンパクトなプロフェッショナル向けGPUの新製品を投入する。競合の「NVIDIA T600」とほぼ同じ価格ながら、理論上の処理性能が「NVIDIA T1000」並みというお買い得さをアピールしている。(2022/1/19)

Fortnite、GeForce NOWのβ機能でiPhoneでのプレイが可能に
NVIDIAがゲームストリーミングサービス「GeForce NOW」のβ機能としてEpic Gamesの人気ゲーム「Fortnite」のモバイル版の提供を開始する。これにより、いわゆる“Apple税”を巡る争いでAppleおよびGoogle Playストアから削除されたEpic Gamesの人気ゲーム「Fortnite」をスマートフォンでプレイできる。(2022/1/14)

「クラスタ管理」という重要なニッチ市場:
NVIDIA、HPCソフトウェアのBright Computingを買収
NVIDIAは、かねて半導体IPベンダーArmの買収を表明しているが、今もまだ規制当局によって中途半端な状態に置かれたままだ。しかし、NVIDIAは2022年1月、Arm買収ほどの華々しさには欠けるものの、HPCソフトウェアを専業とするBright Computingの買収に成功したことを明らかにした。(2022/1/17)

Amazonに「GPUガチャ」が出品 2%の確率でRX6000シリーズなどが当たる? たどたどしい日本語文章 現在は品切れ
NVIDIAとAMDのGPUを搭載したグラフィックスカードがランダムで入っているという商品が、Amazon.co.jpに出品され、SNSなどネット上で話題になっている。13日午後4時時点では、商品ページは存在するが在庫切れとなっており、再入荷は未定。価格は1万4000円から1万5000円だったという。(2022/1/13)

NVIDIAがGeForce RTX 3080にメモリ12GB品を追加 AIで表示品質を改善する新ドライバも登場
米NVIDIAは1月11日、デスクトップPC向けGPU「GeForce RTX 3080」のグラフィックスメモリを10GBから12GBに増量した新製品を発売した。(2022/1/13)

CES 2022で披露:
NVIDIAが注力する車載AIとゲーム向けの新技術
NVIDIAは、米国ラスベガスで開催された「CES 2022」(2022年1月5〜7日)において、車載AI(人工知能)やゲーム向けとして近く発表予定のさまざまな新技術を披露した。また、AT&TやSamsung Electronicsとの連携による新たなイニシアチブも発表している。(2022/1/14)

メカ設計ニュース:
取り扱いソフトを簡単に利用開始できるGPUクラウドサービス
アスクは、同社で取り扱うソフトウェア製品を利用するための「GPUクラウドサービス」の提供を開始する。第1弾は、NVIDIAのプラットフォーム「NVIDIA Omniverse」、ストリーミングソリューション「NVIDIA CloudXR」で提供する予定だ。(2022/1/11)

MSIが第12世代Coreプロセッサ+GeForce 30シリーズ搭載のゲーミングPCやクリエイター向けPCを発表
MSIがIntelの第12世代CoreプロセッサとNVIDIAのGeForce RTX 30シリーズを搭載したパワフルなゲーミングPCを投入する。日本での展開は現時点で未定だ。(2022/1/6)

Lenovo、Core i9-12900H搭載240Hz表示ノートPCなどを発表
LenovoがCES 2022にあわせて新製品を発表した。目玉は最大でCore i9-12900HとNVIDIA GeForce RTX 3070Tiを搭載するゲーミングノートPC「Legion 5i Pro/5 Pro」だ。(2022/1/6)

CES 2022:
NVIDIAが「Omniverse」正式版を一般ユーザーに無料開放 GeForce RTXシリーズのハイエンドモデルも発表
米NVIDIAは1月4日(現地時間)、米ラスベガスで開催中のCES 2022の特別講演で3次元仮想空間再現ソフトウェア「NVIDIA Omniverse」を一般ユーザーに無料で提供すると発表した。また、GeForce RTXシリーズの新型GPUも発表した。(2022/1/5)

仕事で使うメタバース【前編】
Meta、Microsoft、NVIDIAのメタバースは「Second Life」の二の舞!?
にわかに脚光を浴びる「メタバース」を見ていると、Second Lifeの悪夢が脳裏をよぎる。メタバースは企業に何をもたらすのか。ビジネス視点でMeta、Microsoft、NVIDIAのメタバース戦略を紹介する。(2022/1/5)

本当に「ネイティブ超え」をしたのか? 新ツール「ICAT」で検証するNVIDIAの最新超解像技術の実力
NVIDIAがゲームにおけるグラフィックスの画質を比較するためのツール「Image Comparison & Analysis Tool(ICAT)」を開発した。これを使って、GeForceの最新ソフトウェアで実装された「 Image Scaling and Sharpening」「DLSS 2.3」の実力をチェックしていこう。(2021/12/30)

CADニュース:
仮想GPUを用いて3D CAD設計業務をVDI化するトヨタの取り組み
NVIDIAの仮想GPUを用いて、トヨタ自動車が3D CADによる設計業務のVDI化を進めている。CAD VDIの導入は目標の約5割を達成し、管理、設計、モデリング、実験、解析といったさまざまな業務で活用されている。(2021/12/28)

NVIDIAがノートPC向けGPU「GeForce RTX 2050」を発表、搭載製品は2022年春に登場予定
米NVIDIAは12月17日、ノートPC向けGPUの新製品「GeForce RTX 2050」を発表した。搭載ノートPCは2022年春に登場する予定だという。(2021/12/20)

NVIDIA、映画「マトリックス レザレクションズ」コラボのゲーミングPCを懸賞に
NVIDIAがWarner Bros. Picturesとのコラボで映画「マトリックス レザレクションズ」の世界に登場しそうなゲーミングPCを3台プレゼントするキャンペーンを開始した。いずれも最新の「GeForce RTX」を搭載する。(2021/12/16)

NVIDIAがゲームにおける“遅延の少なさ”の重要性を説くイベントを開催 実際にプレイしてグラフィックスカードを当てよう!
NVIDIAが、同社の低遅延技術「NVIDIA Reflex」をアピールするオンラインイベントを開催する。参加者の中から抽選で2人に日本未発売の「GeForece RTX 3080 Ti Founders Edition」がプレゼントされる……のだが、そもそもなぜ“低遅延”を強くアピールするのだろうか?(2021/12/14)

メカ設計ニュース:
NVIDIAが「Omniverse」の国内普及を加速、DRからCAE、デジタルツインへ
NVIDIAはメディア向けブリーフィングを開催し、「GTC November 2021」において一般向け販売の開始が発表された「NVIDIA Omniverse Enterprise」の国内導入を支援する団体「NVIDIA Omniverse Partner Council Japan」を結成したことを発表した。(2021/12/8)

競争上の懸念を示す:
FTC、NVIDIAによるArm買収案件で提訴へ
米連邦取引委員会(FTC)は、NVIDIAによるArm買収には競争上の懸念があるとして、それを阻止するために訴訟を起こすという。(2021/12/7)

古田雄介のアキバPick UP!:
プロ向けグラフィックスカード「NVIDIA RTX A2000」が登場するも取り合い状態で即入手困難化
NVIDIAのプロフェッショナル系グラフィックスカード「NVIDIA RTX A2000」が登場したものの、すぐに売り場から姿を消してしまった。その背景にはマイニング需要もあるとウワサされている。(2021/12/6)

NVIDIA、GeForce RTX 2060にメモリ12GBモデルを追加
NVIDIAは、GeForce RTX 2060のマイナーチェンジモデルとなる「GeForce RTX 2060 12GB」の発表を行った。(2021/12/3)

NVIDIAのソフトバンクGからのArm買収は競争を阻害すると米FTCが提訴
NVIDIAが昨年9月に発表したArmの買収は半導体市場の競争を阻害するとして、買収差し止めを求めて提訴した。NVIDIAは取引完了を2022年3月ごろとしていたが、裁判は2022年8月に開廷する。(2021/12/3)

さらなる調査を開始:
英国、NVIDIAによるArm買収の調査を拡大へ
英国政府は、NVIDIAによるArmの買収について、競争や国家安全保障などの面で懸念があるとして、24週間に及ぶ追加調査を開始したという。規制当局は、初期調査に関する詳細な報告書を発表しており、「NVIDIAのArm買収によって、技術イノベーションが阻害される可能性がある」と結論付けている。(2021/11/30)

ベタ塗りすら不要、NVIDIAのお絵かきAIが進化 文字からリアルな画像生成
米NVIDIAが、風景画像を自動生成する同社AI技術の最新版「GauGAN 2」を発表。従来はベタ塗りからリアルな画像を生成できていたが、GauGAN 2では文字情報を与えるだけで画像を生成できるようになった。(2021/11/24)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米国の小売売上・製造業景況指標は予想を上回る、FRB人事に注目
ヨーロッパや米国北東部。中西部でのコロナ再拡大が嫌気され、冬場の感染急増が懸念されました。電気自動車を2025年にも発売すると伝わったアップルや、好決算を発表したエヌビディアが最高値を更新しました。米国の小売売上高やフィラデルフィア連銀製造業景況指数は予想を上回りました。(2021/11/23)

MSI、NVIDIA T1200を標準搭載した15.6型モバイルワークステーション
エムエスアイコンピュータージャパンは、第11世代Core i7とNVIDIA T1200を搭載した15.6型モバイルワークステーション「WF66-11UI-1046JP」を発売する。(2021/11/18)

NVIDIA、売上高・純利益ともに過去最高 ゲームとデータセンターが好調
NVIDIAの8から10月期決算は売上高、純利益ともに過去最高を更新した。ゲームとデータセンター関連が好調だった。「Omniverse」によるメタバース参入は「氷山の一角」とファンCEO。(2021/11/18)

ネイティブ超えの新DLSSを追加――NVIDIAが「GeForce Experience」をアップデート Radeonでも使える超解像技術も公開
NVIDIAが、GeForceシリーズ用のコンパニオンソフトウェア「GeForce Experience」の最新版を公開した。GTXシリーズでも使える新たな超解像技術を搭載した他、RTXの超解像技術「DLSS」も最新版にアップデートされる。加えて、Radeonなど他社GPUでも利用できる超解像技術をオープンソースSDKとして公開した。(2021/11/16)

自動運転技術:
自動運転車をファーストクラスに、NVIDIAが最新プラットフォームを発表
NVIDIAは、オンライン開催のユーザーイベント「GTC 2021 Fall」(2021年11月8〜11日)において、メルセデス・ベンツと米国の市街地などで実施してきた自動運転車の走行テストについて紹介した。(2021/11/11)

NVIDIAがAmpereアーキテクチャ採用の「Jetson AGX Orin」を発表 200TOPSの処理能力実現
NVIDIAは、Ampereアーキテクチャを採用し高いAI性能を実現した組み込み向けワンボードコンピュータ「Jetson AGX Orin」の発表を行った。(2021/11/10)

ソフトバンクとNVIDIA、2022年に「AI-on-5G Lab.」開設 完全仮想化プライベート5Gの商用化を目指す
ソフトバンクとNVIDIAは、2022年に研究施設「AI-on-5G Lab.」を開設。vRANやMECが融合した環境で、AIを含むさまざまなソリューションの実証やビジネス領域への技術応用を行うことができる。(2021/11/10)

ソフトバンク、NVIDIAと「AI-on-5G Lab.」開設へ プライベート5G商用化に向けGPU搭載vRANなど研究
ソフトバンクが米NVIDIAと共同で研究施設「AI-on-5G Lab.」を開設する。プライベート5Gの商用化に向け、仮想化した5G通信環境下でAI技術などの実証や応用を進める。(2021/11/10)

組み込み開発ニュース:
「Jetson AGX Orin」はAmpereアーキテクチャを搭載、処理性能は200TOPSに到達
NVIDIAが組み込み機器向けAIモジュールの最新モデルとなる「Jetson AGX Orin」を発表。同社の最新GPUアーキテクチャである「Ampere」を採用するなどして、前モデルの「Jetson AGX Xavier」と同じフォームファクターとピン互換性を維持しながらAI処理性能で6倍となる200TOPSを達成した。(2021/11/10)

ロボット開発ニュース:
NVIDIAが「Isaac ROS」を発表、ROSロボットへのAI認識機能の実装を容易に
NVIDIAは、オープンソースソフトウェアのロボット開発プラットフォーム「ROS」の開発者向けに、同社のロボット開発プラットフォーム「NVIDIA Isaac」と連携することでAI(人工知能)による認識機能を容易に実装できるようにする「NVIDIA Isaac ROS」を発表した。(2021/10/25)

TSUKUMO、AIディープラーニングなどに適したNVIDIA RTX A6000×2基搭載のタワー型PC
ヤマダデンキは、NVIDIA RTX A6000を2基搭載したマルチGPU構成のデスクトップPCを発売した。(2021/10/22)

IoTセキュリティ:
「NVIDIA Jetson」対応のAIエッジシステム向けセキュリティ製品を発売
菱洋エレクトロは、トレンドマイクロと組み込みパートナー契約を締結し、「NVIDIA Jetson」搭載のAIエッジコンピューティングデバイス用セキュリティ製品「Trend Micro IoT Security for Jetson」を発売した。(2021/10/20)

人工知能ニュース:
ROSの機能強化やシミュレーションの相互運用で業務提携
NVIDIAは、Open Roboticsとの業務提携を発表した。NVIDIAのJetsonエッジAIプラットフォームやGPUベースシステム上におけるROSの機能強化、両社のシミュレーターのシームレスな相互運用を図る。(2021/10/15)

「さくらのクラウド」に「NVIDIA V100」搭載サーバを使える新プラン 1時間481円から
さくらインターネットが、IaaS「さくらのクラウド」の新プランとして、GPU「NVIDIA V100」を搭載した仮想サーバを1時間単位で利用できる「さくらのクラウド 高火力プラン」の提供を始めた。短期間に高いパフォーマンスの計算資源が必要な機械学習などで利用を見込む。(2021/10/8)

Innovative Tech:
ペラペラ曲がる紙に合わせて映像合成 NVIDIAなどが技術開発
動画内の画像を別の画像や映像に変換できるオプティカルフロー推定のための深層学習フレームワーク。(2021/10/8)

Innovative Tech:
ビデオ会議中のよそ見が可能に? 顔が常に前を向いているように見せる技術、NVIDIAが開発
相手と常にアイコンタクトを取っているように見せかける技術。(2021/10/5)

AIのエネルギー消費問題【前編】
「AI」の“電力食い過ぎ”問題 その意外な深刻さとは
AIモデルのトレーニングには大量のデータだけでなくエネルギーを消費する。具体的にどの程度消費するのか。NVIDIAによる検証結果や各種の調査結果から、実態を明らかにする。(2021/10/5)

PR:自由なスタイルで生産性アップと創造力のひらめきを支援する16型2in1ノートPC「Summit E16 Flip」の魅力
エムエスアイコンピュータージャパンの「Summit E16 Flip」は、2in1タイプのPCながら16型の大画面に、Intel最新CPUの第11世代Core i7-1195G7、さらにNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop GPUを内蔵したハイパフォーマンモデルだ。ペン操作も可能なユニークな製品の狙いを聞いた。(2021/9/28)

PR:待望のAMDモデル! 16コアCPU+RTX 3090のパワーを引き出す「Endeavor Pro9050a」の実力に驚く
16コア32スレッドのモンスターCPUを搭載可能なエプソンダイレクトのハイエンドデスクトップPC「Endeavor Pro9050a」。NVIDIAのGeForce RTX 3090を採用したモデルを細かくチェックした。(2021/9/28)

膨大なデータ処理を変える技術【後編】
「GPUDirect Storage」はストレージのスループット改善にどれだけ効果的なのか?
GPUによるデータ処理を高速化するNVIDIAの「GPUDirect Storage」は、大量のデータを扱う用途で活用が進む可能性がある。その可能性を考える上では、ストレージベンダーの取り組みが鍵になる。(2021/9/7)

Ryzen×RadeonのゲーミングデスクトップPC「G-Tune EP-A-6700XT」はどこまでいける?
ゲーミングデスクトップPCで採用例が多いのが、Intel CPUとNVIDIAのGPUという組み合わせだが、マウスコンピューターの「G-Tune EP-A-6700XT」はAMD製のCPUとGPUを採用したユニークな存在だ。実機をチェックした。(2021/9/2)

NVIDIAが「AI Enterprise」の一般提供を開始 高速AI処理を仮想化
NVIDIAは、「NVIDIA AI Enterprise」の一般提供を開始する。NVIDIA-Certified Systems(NVIDIA認証システム)でVMware vSphereを稼働させ、仮想マシン上でも物理サーバで稼働させたときに近い速度まで引き上げる。(2021/8/26)

メカ設計ニュース:
「NVIDIA Omniverse」が大規模拡張、BlenderやAdobeとの統合を実施
NVIDIAは、メタバースの基盤となるシミュレーション、コラボレーションプラットフォーム「NVIDIA Omniverse」の大規模拡張を発表した。BlenderやAdobeとの統合が実施され、数百万人のユーザーに同プラットフォームが開かれる。(2021/8/26)

慎重な調査が必要との結論:
英当局、「NVIDIAのArm買収は技術革新を阻害する」との見解を発表
英国の競争・市場庁(CMA:Competition and Markets Authority)は、NVIDIAによるArm買収に関する報告書をまとめ、「競争上の懸念の他、技術イノベーションが阻害される可能性もあるため、詳細な調査を行う必要がある」との見解を明らかにした。(2021/8/25)

人工知能ニュース:
AIの“民主化”に向け「NVIDIA AI Enterprise」を正式リリース、VMwareに対応
NVIDIAが、企業のデータセンター上でNVIDIA製GPUを用いたAIの開発環境を容易に運用できるようにするソフトウェアスイート「NVIDIA AI Enterprise」を正式リリース。VMwareの仮想化ソフトウェア「VMware vSphere」に対応することで実現した。(2021/8/25)

アスク、AI開発フレームワーク「NVIDIA Clara」を標準導入した医用画像処理向けワークステーションを販売開始
アスクは、レノボ製ワークステーションにAI開発フレームワーク「NVIDIA Clara」を標準導入した医用画像処理向けモデルを発表した。(2021/8/24)

膨大なデータ処理を変える技術【前編】
GPUのデータ処理を高速化 「GPUDirect Storage」はなぜ必要なのか?
GPUとストレージが直接データをやりとりできるNVIDIAの「GPUDirect Storage」が一般に利用可能になった。まずはどのような仕組みなのか、ざっくりと理解しておこう。(2021/8/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。