• 関連の記事

「モーションキャプチャ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モーションキャプチャ」に関する情報が集まったページです。

庵野秀明、スペシウム光線を発射 「シン・ウルトラマン」のVFXメイキング映像公開 “中の人”は彼だった
「シン・ウルトラマン」公式Twitterアカウントが、VFXのメイキング映像を公開した。ウルトラマンがスペシウム光線を放つシーンの制作過程を収録。ウルトラマンのモーションアクターを務めたのは、同作の企画と脚本を務める庵野秀明さんだった。(2022/6/30)

いや、これは、けっこう良いのでは……? 「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー」レビュー
新キャストもハマりまくっていた。(2022/5/21)

山田涼介、実写版「鋼の錬金術師」続編は「厳しい声も含め反響を生かす機会に」 完結編公開前インタビュー
「原作がある作品をやる以上、いろんな声がつきまとってくることは百も承知」と山田さん。(2022/5/19)

Teslaのロボット「Tesla Bot」ついにお披露目? 歩く姿が怖いと話題に
4月2日に投稿されたある動画が広く拡散した。「tesla botを試すことができて興奮しています」と書かれたそのツイートには、女性に向かって歩いてくる米Teslaが開発中のロボット「Tesla Bot」の姿が映し出されている。(2022/4/4)

松田優作さんを“デジタルヒューマン”として復活させるプロジェクト、東映が発表
東映のツークン研究所は31日、新たな映像表現を目指す取り組みの一環として1989年に亡くなった俳優の松田優作さんを「デジタルヒューマン」として蘇らせるプロジェクトを発表した。(2022/3/31)

Innovative Tech:
ジャケットなど、ゆるい服の全身の動きを追跡 電子楽器「テルミン」をセンサーに利用
ドイツのDFKIとドイツのTU Kaiserslauternによる研究チームは、ゆったりとした衣服で全身の動きを検出するシステムを開発した。テルミン技術と導電性テキスタイルアンテナを使い、男性用ジャケットに組み込まれたプロトタイプでモーションキャプチャーを行う。(2022/2/14)

ジャンプ後半で揚力増加 「富岳」が小林陵侑選手の強さを解明
北京冬季五輪のスキージャンプ男子で金メダル獲得が期待される小林陵侑選手は、空中で風を受けて体を持ち上げる揚力がジャンプ後半に増加し、飛距離につながっていることが、スーパーコンピュータ「富岳」を使った分析で分かった。(2022/2/7)

Innovative Tech:
「頭をなでる」「ビンタ」「ハグの拒否」などアバター同士の接触を滑らかにするVR技術、東工大が開発
東京工業大学長谷川研究室の研究チームは、バーチャル空間でアバター同士もしくは3Dオブジェクトとの接触の際に、両者が自然な動きで表現できる技術を開発した。頭をなでる、ハグするなどの動きを滑らかなリアクションで表現する。(2022/1/24)

「Vカツ」突然の終了発表 アバターは利用不可に 「体なくなる」ユーザー困惑
アバター作成サービス大手「Vカツ」があと半年でサービス終了すると突然の発表。終了後はVカツのアバターは使用できなるなるという。「VTuber活動を継続できなくなる」など、ユーザーは困惑。(2022/1/13)

若者の車離れに一石:
日産が提案する次世代のEVとは? 5年間で2兆円を投資
トヨタ自動車がEVの世界販売台数を2030年に350万台とする目標を発表した。米テスラをはじめとして世界の自動車メーカーは一気に「EVシフト」を進めている。EVの先駆けである日産リーフを発売した日産自動車は、この潮流をどう見ているのかを取材した。(2022/1/6)

Innovative Tech:
飛行中に変形し、壁を登るサソリのようなドローン 韓国の研究チームが開発
韓国のKorea Advanced Institute of Science and Technology(KAIST)の研究チームは、空中飛行と最大90度の傾斜を登れる、サソリのようなドローンを開発した。(2021/12/27)

Innovative Tech:
VTuberの動きをオーバーリアクションに自動変換 中の人の表情などをアニメーションに反映
米パデュー大学の研究チームは、バーチャルYouTuber(VTuber)の配信において、ストリーマーの実際の動きよりも表現豊かな動きとして拡張し出力するシステムを開発。ストリーマーのトラッキングから得た音声や表情などに基づいてアニメーション生成する。(2021/12/22)

メガネ1つで誰でもVTuber、「VTUNER」の可能性 顔バレリスクなしも表情は硬め
ジンズがセンサー内蔵メガネ「JINS MEME」ユーザー向けに、3Dアバターをリアルタイムに操作できるアプリ「VTUNER」をリリースした。実際に使ってみたところ、率直な感想は「可能性は感じるがまだまだ頑張ってほしい」といったところだ。(2021/12/2)

メガネを掛けるだけでVTuberになれる 「JINS MEME」用アプリ登場 エンタメ分野での活用探る
ジンズが「JINS MEME」で3Dアバターをリアルタイムに操作できるアプリ「VTUNER」をリリースした。モーションキャプチャーにカメラを使わないため、実写の風景を撮影しながらアバターをAR合成できる他、“顔バレ”のリスクも排除できる。(2021/12/1)

ここで言えない何かがある劇場版『攻殻機動隊 SAC_2045』 田中敦子、大塚明夫、山寺宏一のオリジナルキャスト3人に聞く本音
押井守版『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』から四半世紀以上、作品世界をともに創り上げてきた3人の実像と本音に迫りました。(2021/11/11)

アスリートの動き分析してトレーニングに活用 「トッパン・スポーツサイエンスラボ」開設
凸版印刷が、モーションキャプチャー技術を活用したトレーニングシステムを軸に、企業や研究機関とビジネス開発などを行う「トッパン・スポーツサイエンスラボ」を開設した。(2021/10/29)

Netflix、東京にアニメ制作の支援拠点 「人手不足で疲弊する制作会社を支援」
Netflixが、アニメ制作の支援に特化した新拠点を同社の東京オフィス内に開設した。当面は人手不足が深刻なアニメ制作初期のコンセプトアート作りなどに注力する。(2021/9/10)

「何着ててもカッコよくなっちゃう!」 冨永愛、圧倒的プロポーションで“全身タイツ”を着こなしてしまう
冨永服を選ばず。(2021/9/7)

Innovative Tech:
脂肪のプルンプルンも再現 人の細かい動きを市松模様スーツでモーションキャプチャー
モーションキャプチャーで筋肉や脂肪の動きまで詳細に捉えるための手法。(2021/9/7)

40年前のスーパーグループABBAが「絶頂期の姿で」デジタル化 新曲、バーチャルライブも
本人たちの演奏、モーションで、40年前の姿でパフォーマンスをする。(2021/9/3)

Innovative Tech:
全身の動きを予測するカーペット MITが開発
9000個以上の圧力センサーによって、その上で活動する人のモーションキャプチャーを取る。(2021/9/2)

Innovative Tech:
背面からジェスチャー操作できる半透明黒板ディスプレイ「HoloBoard」 Lenovoなど開発
教師はHTC Viveコントローラーでジェスチャー操作できる。(2021/8/31)

メカ設計メルマガ 編集後記:
東京2020大会で感じた中小製造業の生き残り戦略?
車いす系の競技は特に迫力がありますね。(2021/8/31)

Innovative Tech:
“iPhoneを手持ちで自撮りするだけ”の全身モーションキャプチャー センサーをフルに使い全身姿勢をリアルタイム推定
カーネギーメロン大学が開発したモーションキャプチャーは、iPhoneだけで、外部カメラやセンサーも必要としない。(2021/8/31)

あの「Fit Boxing」がアニメ化決定! 豪華声優キャストはそのまま、TOKYO MXで10月1日から
毎週金曜日21時54分から、全12話予定。(2021/8/26)

SIMULIA Community Virtual Conference Japan 2021:
アシックスが挑むシューズ設計の効率化、パラメトリック最適化プロセスの適用事例
アシックス スポーツ工学研究所は、ダッソー・システムズ主催の年次コミュニティーカンファレンス「SIMULIA Community Virtual Conference Japan 2021」のユーザー事例講演に登壇し、「Isightとアルゴリズミックデザインを用いたランニングシューズの構造設計効率化」をテーマに、独自のパラメトリック最適化プロセスによるシューズ設計の効率化に向けた取り組みを紹介した。(2021/7/12)

デライトデザイン入門(3):
感性設計を基本とした常套的デライトデザインの方法
「デライトデザイン」について解説する連載。今回からデライトデザインの具体的な事例も交えながら理解を深めることとする。連載第3回では、デライトデザインの1つのアプローチとして、「感性設計」を基本とした常套的デライトデザインの方法について、ドライヤーを例に説明する。(2021/5/26)

スクエニ、堂本光一さんとコラボ 新アルバムに映像制作と作曲で参加
スクウェア・エニックスは、歌手の堂本光一さんの新アルバム「PLAYFUL」に協力したと発表した。「ファイナルファンタジー」シリーズなどを手掛けたクリエイターが作曲やムービー制作を行った。(2021/4/19)

「Ghost of Tsushima」映画化決定にネット沸き立つ 監督は「ジョン・ウィック」のチャド・スタエルスキ
仁役誰になるんだ。もしかしてキアヌ……?(2021/3/26)

Innovative Tech:
金魚のひらひらやヘビのくねくねを自動生成 アニメーションシステム「Complementary Dynamics」
前進するとヒレがひらひら動く様子を簡単にアニメーションできる手法。(2021/3/26)

スマート工場最前線:
カシオが取り組む“人作業の見える化”、ミズスマシなど準直接作業の効率向上
スマート工場化で障壁となるのが「人手作業のデータ化」である。この人手作業のデータ化に現在取り組んでいるのがカシオ計算機である。カメラやビーコンを使用し工夫しながら人手作業に取り組む同社の取り組みを追う。(2021/3/23)

Microsoft Focus:
離島の患者を「ホログラム」で診察 MSと長崎県の遠隔医療システムは未来の医療をどう変える?
高齢化や医療の過疎化が進むへき地や離島に専門医療を提供する――。MicrosoftのクラウドやAI、MRの最新技術を使った遠隔医療の取り組みが、離島の多い長崎県で進んでいる。高精細な映像を使ってリウマチ患者を診断でき、医師も患者も長距離を移動せずに済む。日本マイクロソフトの幹部が「世界初では」と語る取り組みは、遠隔医療をどう変えるというのか。(2021/3/15)

教えて!先輩VTuber:
まるで初代プレステみたいな“ローポリゴン” VTuber「蟹」が作る映像作品「空想料理店」が90年代レトロゲー好きの心をくすぐる
古くて新しい。(2021/2/17)

いまさら聞けないスマートファクトリー(5):
古い機械や人手作業、データ化されていない情報をどうスマート化すべきか
成果が出ないスマートファクトリーの課題を掘り下げ、より多くの製造業が成果を得られるようにするために、考え方を整理し分かりやすく紹介する本連載。前回から製造現場でつまずくポイントとその対策についてお伝えしていますが、第5回では、「データ収集」についてのアプローチと、データ化が難しい部分の対策について解説していきます。(2021/2/15)

Innovative Tech:
モーションキャプチャにも使えるリアルタイム曲げセンサー「ShArc」
リアルタイムで曲げ測定ができることでさまざまな用途が生まれそうだ。(2021/1/28)

2020年に最も見るべきアニメ「スプリンパン まえへすすもう!」がアマプラ見放題に降臨! 拡大版のクラウドファンディングも
この冬はおうちでスプリンパン!(2020/12/8)

Innovative Tech:
密集で隠れている人の姿勢をリアルタイム追跡 複数カメラで正確に
多人数のモーションキャプチャーを効率的に行う手法。(2020/11/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
リニアリティって何だ?
おそらく2020年は日本の自動車のビンテージイヤーになると思う。20年のクルマたちは、もっと総合的な能力で世界トップといえる実力を持っている。その総合力とは何かといわれると、それはおそらくリニアリティの圧倒的な向上だ。(2020/11/30)

獅子舞の動きをデジタルアーカイブ化 舞手がモーションキャプチャースーツ着用 DNPが鳥取で
DNPが、伝統芸能「麒麟獅子舞」の演舞をデジタルアーカイブとして記録する。撮影・計測の際は、舞手がモーションキャプチャースーツを着用する。取得したデータを、伝統芸能の継承や、教育、観光などに生かす予定。(2020/11/26)

実写のPVがエモい! 令和のフラガール描くアニメ映画「フラ・フラダンス」、2021年初夏に公開 主演に福原遥
2006年公開の映画「フラガール」に次ぐ良作になるかな。(2020/11/5)

モノづくりスタートアップ開発物語(4):
靴内センサーを小型化せよ、ベンチャーが挑む未経験のスマートシューズ作り
オープン6年目を迎えた東京・秋葉原の会員制モノづくり施設「DMM.make AKIBA」で社会課題を解決しようと奔走しているスタートアップを追いかける連載「モノづくりスタートアップ開発物語」。第4回はスマートシューズを開発しているno new folk studioのCEO 菊川裕也氏に、開発経緯などを聞いた。(2020/10/1)

Innovative Tech:
Webカメラ1台で多人数モーションキャプチャーする「XNect」 深度センサーも専用スーツも使わずリアルタイムで
安価なWebカメラで深度センサーや専用スーツを使ったモーションキャプチャーシステムを凌駕する。(2020/8/21)

狂気の映像兵器「がんばれいわ!!ロボコン」をきみは見たか コロナ禍で撮影された映画の新時代の幕開け
公開中の映画「がんばれいわ!!ロボコン」には狂気がギッチギチに詰まっていた(2020/8/4)

ゲームキャラの演技、表情はiPhoneで Epic GamesがUnreal Engine向けアプリ「Live Link Face」公開
iPhoneのTrueDepthカメラを活用し、表情をキャプチャーする。(2020/7/10)

アフターコロナの広告業界:
リモートワークで広告クリエイティブ制作の「3密」は変わるか monopoと東北新社が業務提携
東京発のグローバルクリエイティブエージェンシーmonopoと東北新社が遠隔で映像制作ができるサービス「STUDIO DISTANCE」を開始。コロナ禍への対処を超えた真の狙いとは。(2020/6/15)

USJが“完全リモート”で制作したダンス動画公開 技術力がすごいと称賛集まる
ソーシャルディスタンスを保てる振り付けを採用しています。(2020/6/7)

技能伝承:
日立建機が溶接ノウハウを定量的にデータ化、次世代への技能伝承を実現
日立建機は、建機製造における熟練技能者の溶接技能を若手に伝承するため、複雑な作業を定量的なデータで見える化する計測技術を開発した。今後、溶接現場で実証を行い、計測したデータを基に、若年技術者に技能を伝承する訓練システムの構築も進め、溶接技能の効果的な習得や習得レベルの個人差解消を目指す。(2020/5/11)

「攻殻機動隊 SAC_2045」とは何なのか 神山×荒牧両監督へのインタビューから浮かび上がった“攻殻機動隊”
保守派のハードファンである記者が数々の疑問を聞いたスペシャルインタビューです。(2020/4/23)

製造ITニュース:
溶接作業の技能レベルをデータで見える化、日立建機が新計測技術を開発
日立建機は溶接技能者の技量を定量的データで可視化する新たな計測技術を開発した。同計測技術を活用した新たな訓練システム開発に向けた実証実験も実施する予定。(2020/4/21)

スマートファクトリー:
デンソーがタイで取り組む製造現場のAI活用
「第4回 スマート工場 EXPO〜IoT/AI/FAによる製造革新展〜」の特別講演にデンソーインターナショナルアジアのバイスプレジデントである末松正夫氏が登壇し、「製造AIによる生産性向上」をテーマに、タイの製造現場におけるAIを活用した生産性向上の取り組みを紹介した。(2020/4/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。